フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

伊豆に旅行に行った時のこと…

南伊豆から西伊豆に向かう途中、波勝崎に寄ってみた。
伊豆には子供の頃からよく遊びに来ているが、ここを訪れるのは初めて。
ここには野生の猿が生息しているらしく、観光ガイドには浜で遊ぶ猿たちの写真が載っていたりする。

野生の猿ということで、私の頭の中は、かつて大阪の友達に連れて行ってもらったある場所(箕面だったのかな?)が頭に浮かぶ。
道路のあちこちに猿がいて、車が来ようとも動じない。
スキを狙ってバッグを盗まれたりするらしいが、
時には人間と猿との立場が逆になるような、なんとなく滑稽な世界をまた見たかったこともある。

国道から脇道に入って、海のほうへとクネクネした道を下っていく。
猿があちこちにいるはずなのになぁ…そんなことを考えながら外を見るが、どこにも猿は見当たらない。

後でわかったのだが、ここは大阪の箕面のように道路を通過している間に猿がいるのではなく、
猿のいる「施設」になっているようだった。当然、有料。
なーーんだ、がっかり。

話が反れるが、私は個人趣味でやっているような施設ってあまり興味がない。
地方に行くとわんさかある ●●ミュージアムだの、△△の博物館、■■パークなど…はっきり言って苦手。
その土地にゆかりがあるわけでもないのに、なんでワニだのサボテンをを見なきゃいけないのか?
当然、この波勝崎の猿苑も同じ部類に入るわけで、「施設」とわかった時点で、却下。

とりあえず、行けるところまで行ってみよう、と、車で降りていく途中、
毛づくろいをしているお猿のカップル?に遭遇♪
b0069848_655954.jpg

道の至る所に「ここでエサを与えないでください」と、しつこいくらいに看板があったので、何もあげることもなく、車を停止して、写真を撮らせてもらった。それがこの写真。
車の窓を開けた途端、くつろぎモードの猿たちの顔が急にひきつったような風に見えた。
警戒してるのか?ここのお猿たちは…。

その後、もう一組の猿のカップルの脇を通り過ぎて、辿り着いたのはだだっ広い駐車場。
チケットを売っている売店のようなものがあり、マイクロバスが停まっていた。

中に入る気もなかったので引き返そうとしていたら、売店から離れた所に猿の親子を発見。
車を降りて見に行った。

そうしたら…後ろのほうから、おじさんが近づいてきて
「お猿たちがたくさんいる浜のほうへマイクロバスで案内しまーす。バスがそろそろ出ますのでどうぞ~」だって。
わざわざ一人一人に勧誘しに来た。(苦笑)

なーんだかなぁ。商売っ気満々だなぁと思いながら、車に戻り、国道目指して来た道を戻って行った。

途中、車の中から観光客がミカンを猿に与えていた。
うーーん、やっぱり気持ちはわかるよなぁ。

途中、カーブを上っている最中、ある光景が目に入った。

一人のおじさんが何かを投げている…!
猿たちが大慌てで移動していくのが見える。

一瞬、フルーツかな、と思った。この人も猿に何かあげてるんだ…。
と、思いながら、頭の中が???マーク。
投げてたもの、黒かった。果物の色じゃぁなかった。
しかも、すごいスピードで森の中に落ちていった。
じゃぁナンだ??

ウチの車がそのおじさんの脇を通過する時にすべてがわかった。
軽トラックに積まれた、こぶしよりももっと大きな石たち。
見られた?という感じでおじさんは苦笑い。この顔は忘れられない。

ここに猿がいてくれちゃ困るんだ。
(客に)ここで満足してもらっちゃ困るんだ。

まさにそんな感じだった。

自分たちの生活のためかもしれない。
だからって、動物虐待していいとは限らない。
猿たちがここに生息しているからこそ、自分がその仕事についているわけだし。

哀しみというよりも、怒りを感じた波勝崎。
帰り道、あのおじさんの顔を思いながら、
あぁ、あのおじさんの写真をアップで撮っておくべきだった。
ビデオに撮っておくべきだった…と、悔しく思った。

日本人は商売のためならこんなこともするのか?
そう思われたくはなかったけど、否定はできない。
それ以前に、同じ人間として、哀しく思った。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-03-25 07:27 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(50)

冬の海へ…

家の作業に追われてる中、友人二人がやってきました。

b0069848_19285592.jpg
二人のために、と、ニコラが作ったスモークサーモン。

他に、ホタテやビーフジャーキー、鴨や(市販の)ソーセージもスモークしてみました。


b0069848_19302324.jpg
サーモンに早速食らいつく
友・その1。

お味?おいしかったです!



到着早々に出かけたのは冬のノルマンディ~ブルターニュ。
そう、目的は また あの モン・サン・ミッシェルです。
せっかく行くのなら冬よりも夏がいい…けれど、リクエストがあるからしょうがないですね。
それにしても、オフシーズンの港町はどこもかしこも寂しくなるような雰囲気でした。
b0069848_19323676.jpg

右の写真はSt.Malo サン・マロの港にて。
赤いネットに入ったの…ホタテです。こんなにたくさん!
うぅ~~、買って帰りたい!売ってください~~~。011.gif

サン・マロの街の中で小さな魚屋発見!
b0069848_19385340.jpg

さすが…ホタテが安いっ!1キロで3,60ユーロですゼ。
b0069848_19383750.jpg

その日の宿がキッチン付きだということもあって、ホタテを4キロ購入。

お兄さん、木箱に詰めてくれてマス。


このお店の人たち、皆さん親切で、水槽に入っていた猫ザメをわざわざ水から取り出して触らせてくれたりして、サービス旺盛!
それにしても、猫ザメ、お目目がとっても可愛くて、おじさんのペットのように懐いてました。(笑)

写真はないけれど、お向いの小さなバター屋さんで買った海草入りのバター。
これがめちゃくちゃおいしくて、味見程度にと少ししか買わなかったのがちょっと後悔。
塩のバランスといい、磯の薫りといい、クリームの味といい、パーフェクト!
バターそのものを食べたいくらいです。

La Maison du Beurre
9 rue de l'Orme
35400 SAINT-MALO intra-muros

7月・8月 9時~13時、15時~19時30分 <日曜午後・水曜休み>
それ以外は 9時~13時、15時30分~19時30分 <日曜午後・月曜休み>

日本でも有名なんですね。関連記事発見。
サン・マロに行く目的が1つ増えました!!

実は今回、友・その1が腹痛に襲われ、2日目にダウン。
翌日、宿の近くの薬局でお医者さんを教えてもらい、診察してもらうことに…。

友・その1のクレジットカードに含まれる保険でまかなえるのかどうか考えていたら、
そのお医者さんがとっても親切で優しい方で、
保険の返還手続きとかが面倒だから、と、なんと無料で診察してくれて、
処方箋まで出してくれました。
こんな方っているんですね~。一同、感激。

人の優しさに触れた旅でもありました。


忙しい毎日で、なかなか皆さんのブログにお邪魔できずにいます。
いろんな人からもメールをいただいたりしておりますが、返事ができない今日この頃。
もうちょっと落ち着いたら返事をさせていただきます。ごめんなさい~。

来客はまだ続きますが、近いうちに、またこの場で…。
A bientôt !!
[PR]
by exmouthcoco | 2009-02-01 20:14 | こんな所行った… | Comments(18)

行きも帰りも一人ぼっち

b0069848_22149100.jpg


みなさん、ご無沙汰していまーーーす!
日本に来てからすでに3週間。
来た時のことが遠い昔のようデス。

成田空港のお手洗いに入って便座に座った瞬間、あ、日本に来たな~と感じたっけ。
なぜなら、



便座が低い!



椅子に腰掛けるつもりで、椅子がなかった時のあの感覚…アレに近いものが。
実家に戻ってからも、トイレに入るたびに、ドスンっとやってしまう…
それを何日か繰り返す。懲りない私。
きっと、フランスに戻ると便座の位置が高く感じるんだろうな。


それはさておき、今回の里帰り、実はかなり大変デシタ。
ちょっと特別なチケットで来たもので…
予定していた帰国便には乗れず、一度自宅へ帰ることに。(泣)
まぁ、空港から近いからいいんですけど。
後からわかったことだけど、勤労感謝の日を挟んだ週末だったので、
連休明けまでに帰らないといけない日本人の方で溢れていたようで…。
民族大移動…恐るべし!

結局、「1名だけ空席がありますが、乗りますか?乗りませんか?」と、究極な選択を強いられ、私一人、ゲートが閉まるギリギリで飛び乗って帰ってきました。

案内されたシートはビジネスクラス060.gif
b0069848_221258100.jpg
一人虚しく写真を撮ってかなり恥ずかしかったので、隣の人には「オットに何を食べたか報告しないと!」と言い訳。さすがに「ブロガーですからっ」なんてことは言えなかった。ははは。

で、その隣のシートのフランス人男性と話をしていたら、なんだか妙に共通点があることに気づき…
「お義兄さんの名前、ひょっとして●●●●・フランシス?」なーんて言うじゃありませんか!
ニコラのお兄ちゃんの元同僚で、お義姉さんのことも、子供のこともよーく知った人でした。
世間って本当に狭い!

一方、ニコラが何日の、どの便で来るのかさえも知らない私。
私が飛行機に乗ってる間、ニコラは実家の母と電話で話し、連休明け翌日の第一便で帰ると伝えたらしい。言葉がお互いにカタコトなのに、よーーーく伝わった。ニコラも母も、すごいすごい!

b0069848_22321595.jpg
久しぶりに行った皇居。子供の頃は、日曜日にこのあたりを貸し自転車でクルクル周るのが好きだったなぁ。今もやってるんだろうか?
本当は東御苑に行きたかったんだけど、入場時間に間に合わなくて桜田門だけ。
でも、やっぱり美しい。

b0069848_22403631.jpg
日をあらためて行った六本木ヒルズ。
クリスマスのイルミネーションがキラキラ**+素敵だった。
地味な田舎の村に生息してる私にとっては、眩しすぎて…田舎モノ丸出し!

b0069848_2243587.jpg
ニコラと一緒に森ビルの展望台まで上ってみた。
Tokyo City View
普通あるようなガラス張りの部分はもちろん(ここも雰囲気抜群!)だけれど、
さらに上の「スカイデッキ」は言葉を失うほど、素晴らしかった~。
こんなに高い場所の空気を肌で感じられるなんて!
我が家の屋根なんて、低い低い。(苦笑)
とってもロマンチックなスポットでオススメ!

忙しく過ごしているうちに、ニコラの帰国も迫り…
何日か前に一足先にフランスへ戻ったニコラ。

成田行きのバスを見送って、胸がキュンと締め付けられる。淋しいなぁ…。
実家でぬくぬくコタツに入ってる時も、お風呂に浸かっている時も、
おいしいご飯を食べている時も、この幸せを共有できないってことが哀しくて、
自分の体のどこかが欠けてしまったような気持ちになる。

1日に多い時は5回くらい電話をくれるんだけど、その時くらいかな、ホッとするのは。
やっぱり夫婦は一緒じゃなきゃいけないんだな。

私の滞在も残り1ヵ月弱。帰りの便も私は一人…。
あ、それ以前に、1ヵ月間、サバイバル暮らし、頑張ってね、ニコラ。
[PR]
by exmouthcoco | 2008-12-14 23:23 | こんな所行った… | Trackback | Comments(31)

1000km 日帰りの旅

しばらくぶりの更新です!

先週はニコラの休みが1週間あって、家の作業に追われる中、
日本からお客様がいらしていたので、レンタカーを借りてこの場所へ行ってきました。
朝4時半に起床。パリのホテルまでお二方をピックアップして、そのまま直行デス。

b0069848_7542480.jpg
おなじみ、モン・サン・ミッシェル。

毎回、ここに来ると、この小路を通りたくなる私。
b0069848_5243095.jpg
わかるかな?

人が一人通れるのがやっとなくらい。

お相撲さんはムリ…だろうな。



b0069848_525467.jpg
観光客のほとんどの人は、この小路の存在を知らないみたい。

みんな前を向いて歩いてるのみ。

メインの道に通じるこの小路、
次回訪れる際は探してみてください。


b0069848_5254096.jpg

風もほとんんどなくて、穏やかな日。
海に面したテラスを歩いて、家の構造を見て周る私たち。
他の人とはちょっと視線が違うかも。
b0069848_526490.jpg

肉眼で遠くを見てると、干潟に何かある。
双眼鏡で見てみたら、豆粒大のもの、人間でした。(苦笑)
「干潟を歩こうツアー」みたいなのがあるのかな?
歩いてる人の中には馬にまたがった人もいて、結構たくさんのグループ。
疲れるだろうなぁ。


さて、お次はサン・マロへ。
パノラマで撮ってみました。(^^ゞ
b0069848_5264118.jpg

b0069848_5274255.jpg

全部つなげられないので、想像してみてください~~。

ここで、イギリスからやってきた親子に遭遇。
b0069848_7254532.jpg

なんと、子供たち、自転車のリヤカーに乗ってました。
b0069848_726898.jpg

一人は疲れちゃって寝てるの。もう一人はペコちゃんみたい。超かわいい。

日帰りでの強行の旅。
ゆっくりしたいのは山々だけど、早々に帰路に向かいます。だって、遠いんだもの。
途中、ある街に寄りたかったけれど、時間の関係で見送りに。あぁ、もったいないなぁ。
パリまでは高速道路があるんだけど、ウチのほうにはそれがない!
田舎道を高速でぶっ飛ばしていきます。

というのも、お客様のために隣村のシャトーホテルに予約を入れていたのと、
わが村の唯一のレストランにこれまた予約をしていたから。
もぅ、焦る焦る。焦りまくりです。

予定の時刻より30分遅れでレストランに到着。
今回はカメラを持参したので、ちゃんと写真を撮ってきましたよ~。
b0069848_755838.jpg
前菜: サーモンのタルタル…だったかな?ライムの香りがして美味でした。

b0069848_756728.jpg
メイン: 前回、気になったブルギニヨンのソースがのったステーキを注文。
おいしかったんだけど、今日のお肉はちょっと筋っぽかったのが残念!
前に食べたのは、とろけるような感触の赤身だったのになぁ。

b0069848_7563863.jpg
チーズ: 豪快に好きなだけサーヴしてくれます。
ちょっとだけで十分。もうお腹がいっぱい。

b0069848_757582.jpg
デザート: 前回頼んだものと同じものを。
ウォッカの中に、レモンのシャーベットが2つ。んん!んまいっ。

b0069848_7584482.jpg

最後に、レストランのオーナー(右手前)と共に。
この人、結構役者です。かなりユーモラス。
みんないい表情してるでしょう?楽しくて、おいしいひと時でした。

その後、シャトーホテルまでお見送りして、この日は終わったわけですが…
1日の走行距離、なんと1000km!
東京から関西方面まで行って帰って来れる距離だよねぇ。(苦笑)

疲れたけれど、楽しい1日でした!!
[PR]
by exmouthcoco | 2008-06-20 08:17 | こんな所行った… | Trackback | Comments(22)

帰ってきました!

b0069848_1702576.jpg
ご無沙汰しております~!

何日か前に、フランスに戻ってきました。


春のせいなのか?時差ボケなのか?眠いんです。
整理する荷物は山ほどあるのに…。
まだまだ日常生活には復帰できずにいます。

前回の記事の頃から忙しくて、更新できずにおりました。
日本で大工してました。

b0069848_1745141.jpg
実家の物置部分の波板を交換。

ただそれだけの予定だったのに、骨組みを取り替えて、
かなり大掛かりな仕事に。


b0069848_1764215.jpg
物置というよりも、
「家」の骨組みのようです。

部屋ができるんじゃないか?というくらい。(笑)


ホームセンターに通い詰めた私たち。
日本は、業者に頼む人が多い国なのに、細かい材料はかなり充実してました。
しかも、フランスに比べてほとんどの物が安い!


b0069848_1775967.jpg
実家の家の壁と同じ色の外壁ボードを発見!

サイディングというのですね。軽くて、安くて、仕上がりもきれいでした。

ほら、「新築そっくりさん」みたいな。



ただ、機械工具類がないため、波板からサイディングからすべてノコギリで手切り。
これにものすごく苦労しました。


帰国予定日から何日か前、両親に招待されて那須高原へ行ってきました。
b0069848_17233358.jpg
ホテルの部屋でくつろぐニコラ。
「ボク、畳ルームを作るからねっ!」
しつこいくらいに宣言しております。(苦笑)


b0069848_17245990.jpg
ホテルには、もちろん温泉もあるのだけれど、プールやジャグジーもあって、
かなり楽しみました。
ほとんど貸切で泳ぎまくり。


朝食を摂っていたら、実家のご近所さんに声をかけられビックリ。
不思議なこともあるんですね~。

さて、小旅行も終わって実家に戻り、また大工仕事を再開。
買い物に行く時間も、友達と遊ぶ時間もなくて、
ひたすら仕事でした。

が!終わらない。(汗)

結局、帰る日を1日ずらして、次の日に帰ってきました。

b0069848_17371425.jpg

日本での最後の晩、大好物のウナギをいただきました。
いつものより脂が乗りすぎてる感じだったけれど、
久しぶりのウナギはおいしかった~。
ニコラは「ウナギ=怖い」というイメージがあるらしく、
完食したものの、素直においしいとは語りませんでした。
「ソースがおいしい!」だって!


今回、予定が合わなくて会えなかった方… ごめんなさい。
またいつか、お会いしましょう!

コメント欄、次回の記事から再開します。
さて、お片づけ、お片づけ…。
[PR]
by exmouthcoco | 2008-04-21 17:39 | こんな所行った…

サクラの国を満喫中

この時期に帰って来た甲斐がありました…。
b0069848_2134510.jpg

実家の近くのお寺にて。

この何日か後、お友達とお弁当を持ってお花見に行ったのに、寒くて寒くて…。
春は気候が不安定ですねー。

先週は「観光客」になりました。
b0069848_2144485.jpg

電気屋があるたびに、マッサージチェアを試すオヤジ ニコラ。
この時は、一番安い商品を選んでしまった様子。プププ。
私だったら、一番高いのを試すけどな。

b0069848_21422370.jpg

池袋・トヨタのショールーム アムラックスAMLUXにて。
同行した友達が車好きなもので…。
触るのはもちろん、乗ってみるのもOKなので大興奮の様子。
シュミレーションもあったし、この手のゲームももちろん無料で喜んでました。

b0069848_2148038.jpg

実家近くのお寺さんで。
意味不明のポーズ。

b0069848_21485043.jpg

浅草のちょっと裏通りにて。
刃物屋さん、好きだよなぁ~~。
この大きな包丁に興奮し、ポーズをとるニコラ。

さて、今週は、実家にて、またまた大工をしております。
ご近所さんに話しかけられ、励まされ…。
日本だと、こうやって素人が大きな音を立ててトンテンカンテンするのは珍しいものね。

また時間のあるときに更新しまーす。
それまでみなさん、お元気で。
[PR]
by exmouthcoco | 2008-04-02 21:58 | こんな所行った…

旅立ちはドラマチック

040.gif040.gif040.gifすっかりご無沙汰してしまいました。040.gif040.gif040.gif

18日(月)の夜にパリを出る予定だったのに、ある理由から翌日に変更となり自宅へ直行。(涙)
まぁ、近いからいいんですけどー。

空になった冷蔵庫を前に、冷凍庫を覗きながら夕飯の支度。
翌日、また空港へ出向いたものの成田行きには乗れず、関空へ行ってしまうという、大変な旅立ちとなりました。トホホ…。

関空ってどの辺にあるの~~?どうやって関東方面に向かったらいいのだ~~?
こればかりが頭をグルグル。
パリの空港から実家の母上に電話をし、関空⇔東京間の格安での移動方法を探してもらっておりました。

キャンセル待ちの末、やっと取れた座席はビジネスクラス!
座席にはマッサージ機能がついていたりして、快適でした。037.gifほほほ。

楽しみにしていた機内食。
b0069848_2238944.jpg

テーブルにはキチンとクロスがかけられ、ちょっと偉くなった気分。
メインのお魚もおいしかったです。

快適なフライトとはいえ、12時間はやっぱり長い。
前日の、飛行機に乗れなかった疲労感と、関空に行ってしまったショックもあって、かなりげっそりな今回の移動。

関空に到着し、母に電話したら、関空発のお得な飛行機のチケットをネットで手配してくれてました。
できます、ウチの母。
羽田には父が迎えに来てくれて、スムースな移動となりました。両親に感謝感謝!
本当に、どうもありがとう。

b0069848_22384232.jpg
帰りの便はまだ決めてませんが、今回は1ヵ月の予定…。

まだしばらく楽しめそうです~。

今週はちょっと忙しいので更新はできそうにありませんが、また来週、この場でお会いしましょう。041.gif
[PR]
by exmouthcoco | 2008-03-23 22:47 | こんな所行った…

ウチのオットは有名人?

お待ちかね、空港での出来事デス…。

いよいよ旅立ちの日。
場所は、成田空港の搭乗ロビー。
あぁ、雑誌でも買ってくるんだった!と、後悔しつつ、
私は日本での楽しい思い出に浸り、
オットのニコラは帰った後のリフォームのことを考えて、ポーーーっと待つ私たち。





ニコラさん?あれ?ニコラさんだよね?



ある女性が、私の隣に座ってるオットに向かってこう言った。

この時の私の顔がカメラに映っていたら、きっと口をぱかんと開けて、バカ面していたに違いない。
頭の片隅で、「ニコラ、こんな所に知り合いがいるんだ、へぇ~。」なんて、考えていた。


一方、当の本人…


Qui c'est? キセ? 誰? Qui c'est? キセ? 誰? Qui c'est? キセ? 誰?

彼の頭の上には はてなマークが浮かんでおりました。(笑)


その女性、スペインにお住まいのYさん。
たまにこのブログを見てくださっているそうで、ニコラを見た時、あれれ?と思われたそうだ。
Yさんのご主人はスペイン出身のFさん。彼の方はフランス語もペラペラなので、ニコラと会話が弾む。
「有名人だね~~。」

搭乗を待つ間、会話が弾む。
どうやら、Yさんご夫婦も、家を購入して、リノベーションをするらしい。
リフォーム仲間だ!なんだかとっても親近感♥
とってもサンパでステキなご夫婦でした。

機内に乗り込んでからは、座席がかなり離れていたこともあって、
パリに到着後もお会いできなかったのだけれど、またいつかこうして再会できることを夢見て…。

ブログでの出会いに感謝!な瞬間でした。
[PR]
by exmouthcoco | 2008-01-21 08:22 | こんな所行った… | Trackback | Comments(22)

帰りました!

b0069848_5555354.jpg

フランスに戻って来ましたっ!
松の内も過ぎてしまいましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

帰って来てから早々、体調を崩し、この2日間、ベッドで過ごしてました。

だって、家に帰ったら、寒いんだもの。4度ですよ~。
外にいる方が暖かいくらい。石の家って、一度冷えると冷蔵庫並みに冷たくなっちゃいます。
この何日か、絶えず薪をくべて、大分暖かさが戻ってきました。

私のほうも、お医者さんに処方してもらった薬が効いてきたようで大分ラクになり、
PCにも辿り着くことができて一安心。


まだちょっと日本でのことを…。

そもそも、年末年始に向けて里帰りしたのは、オットに日本の年越しを経験させてあげたかったから。

b0069848_683139.jpg
おせち料理も、
お刺身も、
目が輝いていましたよ~。


b0069848_691473.jpg
母の郷、
博多風のお雑煮。

ブリが入ります。

あぁ、やっぱりおいしいなぁ。


忙しいのに、あれこれ作ってくれてありがとう、お母さん。


元旦には、お墓参りに行って、その後、川原に行って、大人遊びを体験。(笑)

b0069848_6135170.jpg
ウチの父デス。

この歳になって、スーパーマンのついた凧を喜んで操ってマス。
← すごいでしょ?この凧。
スーパーマンの脚と腕といい、笑える…。



b0069848_616923.jpg
ニコラも一緒になって…。

il||li _| ̄|● il||li

脇にいる父の満面の笑みに注目!(プッ)




新年を迎えたと思ったら、あっという間に荷造りが迫ってきて、後半はのんびりするどころではありませんでした。
毎日、買い物に繰り出してる感じ。

中でも思い出に残ったこと…。
b0069848_6213323.jpg

実家近くの消防署にお邪魔して、一緒に写真を撮っていただきました!

そもそも、オットのニコラは空港でポンピエ(消防隊員)と仕事する機会が多く、同僚たちもたくさんいます。彼も一応、救急救命などの資格も持っているのだけれど、ポンピエにはなりたがらず…。(← 血を見るのが怖いのだろう、と、妻の勝手な想像)

この何年か、この実家近くの消防署を通るたびに、挨拶したくてしょうがない。(笑)
甥を連れて、突撃デス。
最初はドキドキしましたが、皆さんの優しくて、面白いキャラクターに終始笑いっぱなし。
上の写真、わかります?
紺色の制服を着せてもらったニコラと、ヘルメットまでかぶさせてもらった甥っこ。
消防団の皆さん、楽しい時間と、貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました!
また次回、お邪魔させていただきますね。


さて、続きは…
「空港で起こったビックリ仰天!なこと」
お楽しみに!
[PR]
by exmouthcoco | 2008-01-12 06:43 | こんな所行った… | Trackback | Comments(42)

ニッポンへ ---山編---

皆さま~~、お待たせいたしました!

旅行の続き、後半の山編デス。

伊豆の海を後にして向かったのは、箱根。

ここでは、ウチの両親の友人ご夫妻と合流し、箱根巡りをしてきました。

そのご主人が以前にお勤めだった会社の保養所にお世話になりました~~。
それがとっても豪華な所で、贅沢な作りに圧倒されっぱなし。 ← 田舎モノの私たち。
b0069848_2117118.jpg
どの部屋もスィート。お風呂も気持ちよかったデス。

箱根巡りの思い出と言えば…
箱根登山ケーブルカーに乗って、ロープウェーに乗り換えて…
このロープウェーのゴンドラにベルギーの夫婦と同乗!
アクセントからしてフランス語圏ではなかったようだけど、
地球の裏側で、お隣さんに出会うなんて…と、ちょっと驚く。
b0069848_21574186.jpg

そして、ニコラのお待ちかね、大涌谷に到着!
空から見下ろす大涌谷は、まるで宇宙基地のようでした。(笑)

たくさんの観光客!
日本人を始め、中国や韓国からのお客さんも多かった~!
b0069848_2202850.jpg
温泉がプクプク。o○ と湧き出てる様子は、ニコラにとっては興味深かったみたい。
何枚も写真を撮ってました。


b0069848_2205017.jpg
ここに来たら食べないとね!!


● ● ● 名物!
黒たまご ● ● ●

これを1つ食べると、
7年寿命が延びるそうデス。


「7年も長生きしたくないよぅ~~。」と言いつつ、食べるニコラ。
そんな脇では、私、卵を食べて喉を詰まらせて、ひゃっくりが出てマス。

観光が終わって、部屋でのんびり自由時間…。
じっとしていられない私たち、外に散歩に出かけてみました。
そうしたら、とってもキレイな石の小道を発見!その階段を上っていったら…
b0069848_21221655.jpg

なんとまぁ…




いつの間にか





個人のお宅!

に、侵入してました。(爆)

いやぁ、焦りました。(汗)
最初のうちは、
こんなにキレイな自然がいっぱい。探検気分だわ♡ とか、
さすが、箱根だなぁ。どこも手が行き届いてるわ。
なーんて思ってたのに。

不法侵入者となってからの私たち、冷や汗かきながら出口を必死に探します。

ここで捕まったら、シャレにならないでしょうね~。
散歩してました、じゃ、言い訳にならなし。

なんとか家主に会うことなく、門に到着。
何事もなかったように澄ました顔をして、門を乗り越えて脱出。
ちょっとしたハプニングでした。

楽しかった旅行もこれで終わり。
お風呂も、お食事も、ゆっくりと堪能してきました~~~。


さて、今年も残すことあと2時間弱となりました。
去年に引き続き、家のリノベーションで明け暮れた1年となりました。
忙しさのあまり、更新が思うようにできずにいましたが、
いつも遊びに来てくださっていた…






あ・な・た ♥


どうもありがとう!
そして、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さま、どうぞよい年をお迎えください。
[PR]
by exmouthcoco | 2007-12-31 22:23 | こんな所行った…

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco