人気ブログランキング |

フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

南西部に行ってました。

b0069848_05574215.jpeg
来仏中の両親を連れて南西部へ行っていました。
もちろん、この港。船を見せたかったのです。
b0069848_05572700.jpeg
本来なら、船の中で寝泊まりできるのだけれど、陸に上がった状態でハシゴの上り下りが危険な事もあって、近くに宿を取りました。
大きな農場の中の、田舎の家。
豪華な作りでないけれど、生活に必要な物は揃っていて不便さは無く…
ただ、アリ達と共存しなくてはならなかったり、大雨が降ると暖炉の煙突部分から雨漏りがするという…今の都会生活ではありえないことが多くて、興味深かったです。
b0069848_05575925.jpeg
家の目の前にはロバさん達がいて…
b0069848_05581534.jpeg
痒いのか、お互いに背中をガシガシと嚙りあって、目を細めているこの子達。
b0069848_05583146.jpeg
ちょっとした吊り橋があって、Ninaっち、アスレチック気分で大喜び。
b0069848_05584893.jpeg
借りてる家の隣には、BIOのパン屋さんが…。
飾り気のないアトリエだけれど、それがかえっていい雰囲気。
b0069848_05590342.jpeg
イギリス出身なのだそう。
後ろの窯で焼いて作っているパンを一つ分けてもらいました。
b0069848_05591834.jpeg
右のパンがそれ。
ずっしり重くて香ばしい香り。
うーーん、個人的には、もうちょっと気泡が入ってる方が好みだな。
噛めば噛むほど美味しいだけに、食感が詰まっていてちょっと残念。

南西部の話、ちょっと続きます…。

by exmouthcoco | 2019-05-20 06:32 | こんな所行った… | Comments(2)

Avatar アバター?

b0069848_05531955.jpeg
南西部の小さな港。
秋にも訪れたジロンド川のほとりです。
何を勘違いしたか、ガロンヌ川としつこく書いてしまったのですが、「ジロンド川」が正解です。訂正させていただきました。
b0069848_05541574.jpeg
この近くの作業場で、船の修理&メンテナンスをしています。


船底のペンキ塗り ★
by exmouthcoco | 2019-05-13 06:36 | ■ bateau バトー■ 船の話 | Comments(0)

TGVに乗って…

更新が遅れて申し訳ありません。
書きたいことは山のようにあるのだけれど、やる事が盛りだくさんでなかなかPCの前に落ち着くことができずにいます。

今日は、Ninaが海合宿から戻ってきた時の事を…。
b0069848_06554700.jpeg
フランス版新幹線 TGVに乗って、パリのモンパルナス駅に到着。
この日はパパは出勤だったので、私一人でお迎えです。
b0069848_06562513.jpeg

車内のNinaを発見!
お友達と静かに座ってました。
b0069848_06564267.jpeg
今回の合宿は相当に楽しかったようで、聞いてないのに自分からあーだこーだと報告してきました。
b0069848_06572706.jpeg
お昼時だったので、近くのベトナム料理店へ。
私もバカンスから戻ってきたばかりだったので、恋しくなるのはアジアの味。
あー、ホッとするね。

冬に続いて2度目のコロニー、ちょっと余裕ができたのか、「ママン、次のコロニーはNinaが自分で選んで決める!」って言っておりましたが…
残念ながら、もうしばらくコロニーはないなぁー。
だって、家族で大冒険旅行に出るんだもの。
コロニーよりいいに決まってる!


春休みが終わって直ぐに、日本から両親がやってきました。
この前、ドルドーニュで一緒にカヌーを漕いで、
ブルターニュでガレットを食べたばっかりな気がするのに、もう2年近く経つんですね。
時間の流れの速さにあらためてビックリです。



by exmouthcoco | 2019-04-26 05:22 | のんびり子育て | Comments(0)

春の海合宿

ご無沙汰しておりました。
ネットが繋がりにくい所にいたので、ブログの更新もできずにおりました。
昨日の深夜、自宅に戻りました。

前回の更新の1週間後、なんとか体調は良くなり、
スーツケースを持ってNinaと向かったのはこちら。
b0069848_05582607.jpeg
ボルドーから1番近い海、アルカッション湾。
パパと何か話してますね。
1週間、楽しむんだよ、って言ってるのかな?
この反対側は、こんな素敵な建物が…。
b0069848_06010237.jpeg
これ、Ninaがこれから滞在する合宿所なんです。
公園にあるような遊具あり、温水プールありで、どう見ても楽しそう!
本来はパリで集合してグループ行動なのですが、
この時期私たちもこの付近に滞在しているので直接連れてきたのでした。

グループの責任者が優しい笑顔で迎えてくれて、Ninaとはここでお別れ。
今回は女子3人男子5人の、8人だけのグループなのだとか。
この小さなグループに付き添いが2人。至れり尽くせりだなぁ〜。
b0069848_06195163.jpeg
コロニーのブログで写真を見ることができるのだけれど、
小さな船に乗ったり、潮干狩りをしたり、自転車に乗ってお散歩したり、
大きな砂丘に登ったり、アルカッション湾の観光船に乗せてもらったり…
b0069848_06201573.jpeg
(写真はコロニーのブログからお借りしました)

毎日毎日、盛りだくさん!
楽しんでくれてるといいなぁ。

長いようで短い1週間ももう終わり。
明日はTGV(フランスの新幹線)でパリに戻ってきます。
一回り、成長したかな〜。再会が楽しみ。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

「私たちの夢」にアクセスいただき、ありがとうございます。
先週、続きをアップしていたのでお知らせです。
(既にご覧くださった方、ありがとうございます!)
下のリンク★からご覧ください。

「チャンネル登録」をいただけると、次回アップの際にお知らせが届きます。




★「私たちの夢」の続きはこちらから
by exmouthcoco | 2019-04-20 07:00 | のんびり子育て | Comments(6)
今日は朝から1人電車に揺られてオルリー空港へ。
b0069848_05591785.jpeg
電車、ガラガラ〜〜。

Ninaっち、お昼の便でコロニーから戻ってきました。
b0069848_05593612.jpeg
周りの人に囲まれて緊張気味な顔だったのが、
私の存在が分かると急にほころんだ顔に。

団体のみんなとお別れした後は、リラックスしたようで、いつもの笑顔が。
b0069848_05595315.jpeg
帰りの電車に大喜び。
エスカレーターではしゃぐこと!
そうだよね、いつもは車で移動だし、電車って乗らないもんね。
b0069848_06001705.jpeg
飛行機の中でもらった塗り絵。
こういうお子様グッズに喜ぶお年頃。

コロニーの間、パパとママがいなくて淋しくならなかった?との質問に Non。😁
へぇ〜〜。そうなんだ。

実は私も Ninaがいなくて淋しく感じることはなく、
自分のやりたいペースで家事や作業がどんどん進んでいくことが嬉しかったりして。
前はこうだったのよね〜、って懐かしくさえも感じていたのでした。母親失格?
ちなみにパパの方はNinaがいなくて淋しいと言っていましたよ。

早朝からの長距離移動と、親に会って緊張がほぐれたこともあって、
駅から車に乗った途端に崩れ落ちました。爆睡。

帰りの電車の中、いろいろな事を質問したかったけれど、
犬ぞりは楽しかったけど、スキーはあまり好きじゃなかったとか…
自分の言いたいことだけズンズン喋る。
そのうち、何をしてきたか少しずつ話してくれるのだろうな。
とりあえずはパパとママのいない生活というのは大変だということはわかったらしい。

さて、月曜日から学校再開。
宿題をやらないとね〜〜!


更新を通知する


by exmouthcoco | 2019-02-24 06:47 | のんびり子育て | Comments(2)

親離れ 子離れ

b0069848_05311101.jpeg
はぁ〜〜。
この何日間か、スーツケースと持ち物リストとにらめっこ。
自分のだったら、詰めるだけ詰んでおしまいってところだけれど、
今回は念には念を入れて。
実はコレ、Ninaっちの荷物なんです。

b0069848_05312940.jpeg
今日から1週間、ピレネーにスキー合宿。
持ち物リストは相当前から送られてきたのに、2週間くらい前になって、
IDカード、またはパスポートを忘れないように、とのSMS。
パスポート?
てっきり貸切バスで行くと思っていたのに、集合場所はオルリー空港。
え?飛行機?
なんでなんで?ロワシー(CDG)だったら近いのに、何故にそんな遠くの空港になる?😂

2つ持っているパスポート。
フランスのは1月に切れてしまって、幸い、日本のパスポートが生きていた。ホッ。
急に持ってきてって言われても困るよねぇ…って思っていたら、
やっぱりIDもパスポートも無い子がいて、結局は飛行機に乗れず帰って行ったみたい。
b0069848_05314585.jpeg
今回、初めてのコロニー。
1人で寝れるし、パパとママが居なくても結構ケロッとしているタイプなので、その点は心配はしていないのだけれど、荷物の管理をするにはまだちょっと小さいかな。

手袋、マフラーなど学校でよく失くしてくるので、
コロニーの間に失くしてしまって困ったら?とか、
その日のアクティビティによって着る物も違うだろうから、
下着などを含めて 自分で洋服を選んで着れるかな?とか、
シャンプーした際に、ちゃんとすすぎはできるかな?とか…
どうでもいい事なんだけれど、不安もあるのです。
b0069848_05320286.jpeg
昨日、最後の買い物に行った帰り、
車の中で「1週間ってあっという間だもんね」とNinaっち。

そうだよね。
パパとママのことなんて忘れて、1週間、思いっきり楽しんでおいで!
b0069848_05571823.jpeg
(画像はコロニーの会社のサイトからお借りしました)

犬ぞりやスキー、イグルーを作ったりして遊ぶようです。
いいな、楽しそうだな。

帰ってきたら、一回り成長している事を願って…。
パパもママも、子離れの練習。

あぁ…それにしても、家の中が静かなこと!
家の作業が進む進む!😁





by exmouthcoco | 2019-02-18 06:37 | のんびり子育て | Comments(4)

ジロンド川のほとりで。

b0069848_05543657.jpeg
只今、秋休みの真っ最中。
ふと思い立って、週末をはさんで南西部へ出かけてきました。
我が家で南西部というとニコラの実家があるMédocですが、
今回はMédocの対岸にあたるジロンド川のほとり。

夕焼けがきれいでした。

小さなキャンプ場と併設して、
え?こんな所に港があるの?というロケーション。
b0069848_05511982.jpeg
実際、海はちょっと遠くて、Médocの河口から川を下るような感じで港に入るらしいです。
潮の満ち引きが激しいので、小さな港は水門で堰(せき)どめしてあって、
常に港の中に水が溜まった状態になっています。
b0069848_05513782.jpeg
今の時期、朝と晩に2回水門が開いてました。

こういう金属製の橋って、通常は犬は怖がるものだけれど、
ミカは平気らしい。
この近くに丸い鉄の棒が何本も横に渡した状態の橋があって、
小さな子供も怖がるレベルのものも、ミカはツルツル滑りながらもクリアー。
b0069848_05520143.jpeg
近くのお散歩コースを辿っていくと、ジロンド川の近くの小川に到着。
すごい ぬかるみ。
ジロンドも、いつも茶色によどんでます。

ケモノの臭いがしたのか、急にスイッチが入ってクンクン嗅ぎまわると思ったら、
泥んこの中に突進していくミカ。
b0069848_05522168.jpeg
その昔、ミカがまだ若い頃、湿地帯に入ってしまい、
動くたびに体が沈んでいった苦い経験があるのだけれど…
今回はさすがにやめていただきたい。
なんとか脚4本だけで済んだけれど、
チャコールグレーの靴下を履いたようになってました。😭
b0069848_05524498.jpeg
短かったけれど、楽しい滞在でした。

帰ってきたら寒い寒い。
南仏では雪が降ったりして 急に冬になった感じ。

そうそう、滞在中、冬時間に変わってました。
腕時計を見て食事の用意をしていて、なんかおかしい…。
携帯を見ると1時間ズレていて、腕時計が壊れたかも〜〜!ってマジで焦り。
TVを見ることもなかったし、ネットからも離れていたので、すっかり忘れてました。
たかが1時間、されど1時間。
フランス生活15年以上、つまりは夏と冬の30回はこの時間のトリックを経験してるわけだけれど、未だに慣れないんだなぁ…。




by exmouthcoco | 2018-11-01 06:57 | こんな所行った… | Comments(6)
松ヤニ小屋で静かな夜を過ごした翌日は、友人と港でRDV ランデヴー。

またあの砂の道を戻って、アスファルトの道に出たところで、アクシデント?
一台の車が止まっていて、マダムが携帯で何か話しながら、
ウチの車に「止まって」のジェスチャー。
よく見ると、道の脇には2人のサイクリストがいて、
そのうち1人が何かもがいている様子。

どうやらサイクリストが発作を起こしたらしく、
通りすがりのマダムが救急車を呼んでいるところだったらしい。

待っている間、私達に出来る事は水と濡れタオルを用意して、
病人の自転車をキャミオンに積んで持っていく事。
偶然、指定された場所が私達のRDVの港だったのでよかった…。
b0069848_05531833.jpeg
救急隊が到着。
こういう現場、普段はなかなか見る機会がないけれど、
Ninaっち、興味深そうに見守ってました。

港に向けて走って、すぐに大通りに出たら、
何と有名なピラ砂丘のふもとだった事が判明。

(↓↓13年前の記事ですが(苦笑)、ピラ砂丘のこと書いてます。)
松ヤニ小屋は、砂丘の近くだったのか〜〜!

b0069848_05593124.jpeg
アルカッション湾に到着。
港の指定場所で自転車を下ろして、私たちは友人と合流。



これ、前日の写真なんですが、
b0069848_05492669.jpeg
陸揚げされた状態の船。
これ、bateau ostréicole と言って、牡蠣の養殖業者が使う船なんだそうです。
もともとかなり傷んでいたモノを買い取って、自分たちで修復したそう。
b0069848_05490441.jpeg
金属製の新しいタイプももちろん存在する訳ですが、
この木製の船は朽ちてしまったらそれでアウト。
新しく作る事はできないのだそう。
Plateとも呼ばれるだけあって、浅瀬でも大丈夫な構造らしいです。
b0069848_05494549.jpeg
牡蠣の養殖場があちらこちらに。
瓦に白い塗料が塗ってあるのは、牡蠣が白いモノにつく習性があるからなんですって。
(…と、自分ではすっかり忘れてましたが、過去の記事で新たに思い出す。笑)
b0069848_05501022.jpeg
この日は、修理に出した港から、自分の港まで運んでいくというミッション。
ニコラとNinaっち、同乗させてもらって一足先にクルージング体験。


翌日に戻りまして…
さて、いよいよ出航です!
b0069848_05484073.jpeg
アルカッション湾は潮の満ち引きが激しいので、
沖に出るには満潮にならないと出られない訳です。
この日は、正午くらいから、夕方4時だったか5時だったか…
それまでに帰って来ないとダメなんですね。
↑写真の長い棒は、底を突っついて船の向きを変えるためのもの。

多くの船が出航を待っている中、この底が浅い船は1番に沖に出られる特権が!
b0069848_05504273.jpeg
奥に見えるのが、牡蠣の養殖小屋。
場所によっては、試食できたりします。
b0069848_05510469.jpeg
こういうの、目の前で初めて見ました。
楽しそう…。
b0069848_05513702.jpeg
アルカッション湾の地図の写真にもありますが、2つの小屋の近くまで。
この辺りは浅瀬なので、大きな船は入れないのです。
b0069848_05521888.jpeg
その近くでランチタイム!
なんというロケーション。
アルカッションには何度も来ているけれど、湾の中に、しかも ils aux oiseauxと
cabanes tchanquées と呼ばれる小屋の付近まで来たのは初めて。
b0069848_05515886.jpeg
もちろん、牡蠣!
でも、私、最近、あまり食べられないんですよね…。
具合が悪くなることもたまにあって。
でも、美味しくて自分の制限を超えていただいてしまいました。

食べて、飲んで、昼寝して…。
気付いたら4時。
港へ向かいます。周りの船も、港を目指して何だか面白い。

なかなか経験する事のできない楽しいクルージング体験でした。

旅行記はこれでおしまい。
長くお付き合いいただいて、ありがとうございました。


余談ですが…
この船を降りて、キャミオンでニコラの実家へ行く途中、
見事に気分が悪くなり、冷や汗たらり。
キャミオンにトイレがあってよかった〜〜と感じた瞬間。
やっぱり、牡蠣は体質に合わないのだろうか…。(←いつも懲りずに食べる人)



by exmouthcoco | 2018-07-22 07:05 | こんな所行った… | Comments(0)

松ヤニ小屋で…

b0069848_05501878.jpeg
友人を訪ねて ボルドー近くの海へ。
海の話は次回にして、今日は、初めて体験した松ヤニ小屋でのことを。

住宅街の友人宅を後にして、友人の車の後を追ってちょっと走ると森の中。
アスファルトの道から、森の中に入る砂の道の前で友人が車を停めて忠告しに来る。
「ねぇ、ここから1,5km、ブレーキかけずにゆっくり走ってね」と。
つまり、その…砂道なんです。
ウチの近くでもそうだけど、森の中って、砂道が多いですよね?
スタックしたらどうしよう〜!と、ハラハラ助手席で心配する私をよそに、
「こんなのへっちゃら。大型トラックでこういう道走ったことあるよ」と、余裕のニコラ。

そうしてたどり着いたところは、広い広い森の中 にある小屋。
b0069848_05510791.jpeg
これ、松ヤニを採取する人のための小屋なんです。
b0069848_05520532.jpeg
という訳で、周りは松林。
現代では、松ヤニを採る人はいないとのことだけれど、
ここではこうして、友人の息子さんが趣味で採ってるとのこと。
b0069848_05512834.jpeg
この素焼きのポットは見たことあるけれど、実際に使われてるのを見たのは初めて!

b0069848_05522473.jpeg
この手の松ヤニ小屋は、現存しているものだけで、
新しく作られることはないのだそう。
代々、権利を受け継いで、使わなくなったら朽ちていく…。
そういうシステムらしいです。
b0069848_05525068.jpeg
薪は山のようにあるので、暖炉の火も豪快!
実際、小屋に入ると炭の匂いがして、懐かしい気分になるのです。
炎の前の鉄の網は、火の粉が飛び散るのを防ぐ網なのかと思いきや、
後にこれがBBQのグリルの網となって、肉と魚が並んでおりました。(笑)

驚いたのが、こんなに周りから閉ざされた所なのに、
固定電話とインターネットが使えること!

不法侵入者がいたり、火事の恐れもあるので、
仕事の合間に1日2回はこの小屋に来るのだそう。
定年でなく、現役で働いていらっしゃる方なんですけどね…。
息抜きも兼ねてるのだろうけれど、ここまで2回も往復って凄い。

「ゲストルームあるわよ」と言われたけれど、広い森の中で…
b0069848_05504455.jpeg
今夜はここでお休みです。

次回は、旅行記最終回。海へ行きまーす。

by exmouthcoco | 2018-07-17 06:39 | こんな所行った… | Comments(0)

海岸線を横断。

b0069848_05405252.jpeg
渓谷を後にして、今度は地中海側へ。
b0069848_05482777.jpeg
(またまた見づらくてスミマセン。)
たどり着いたのは、赤いピンの港町。
Le Grau du Roi ル グロー デュ ロワ
夜も街を散歩する人達で賑わってました。
b0069848_05411141.jpeg
翌日はパラソル持ってビーチへ。
ヴァカンス前だったので、人もまばら。
ニコラとNinaは海で遊ぶ人。
私とミカはパラソルの下で日陰の人。

ビーチを後に、西へ西へ。
b0069848_05485605.jpeg
Ninaっちに見せてあげたかった!と、紫のピンの所、
carcassonne カルカッソンヌへ。
b0069848_05491924.jpeg
城壁の中は、それはそれは大きな中世の街。
前に来た時は、隅から隅まで歩き回ったけれど、
今回は暑さと足の痛さでミカもあまり歩きたがらなかったので、
メインストリートをつるっとお散歩したのみ。
学校で習った騎士やシャトーが目の前に存在して、Ninaっち、嬉しそうでした。
(↑お土産物屋、大好きな人)

カルカッソンヌを後にして、ボルドー方面へ。
内陸部に親戚がいるので、寄らせてもらいました。
年末年始、春休み(法事)、そして今回と…なんだかんだと今年に入って3回もお世話になっていることに気づく…。
b0069848_05500352.jpeg
たくさん移動したね〜。
ちょっと休憩。
b0069848_05503978.jpeg
洗濯させてもらって、気分もスッキリ。
心のオアシスなのです。
b0069848_05512347.jpeg
私たちが来るちょっと前にようやく天気になったらしく…
水が冷たいのに泳ぐ人達。

次回は、ボルドーの海へ向かいます。



by exmouthcoco | 2018-07-14 06:27 | こんな所行った… | Comments(4)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco