フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

タグ:キャンピングカー ( 23 ) タグの人気記事

フロントガラスが…

7年半くらい 野ざらしになってたこともあって、
部分によってはサビが進んでるところもいくつか…。

特に気になっていたのは、フロントガラス周辺。
上部から運転室内に水漏れらしきものがあって、ガラスの下はこんな状態。
b0069848_56193.jpg
サビ止め処理を…と、ゴムのパッキンを外してたら、反対側が…
b0069848_565849.jpg
パキーーーっと。
上にヒビが入ってるの見えますか?
あちゃー。
どうやら 以前、何らかの理由でフロントガラスを交換して、その業者の仕事が悪かったのか、
パッキンを外しただけで、上にも下にも、隙間だらけ。
つまり、接着剤がちゃんと埋まってなかったんだよね…。

さぁて、どうしようか。
保険で交換できるとタカをくくっていたら、この車にかけている保険ではカバーされないとのこと。
というのも、メンテナンスをして、キャンピングカーにするまでは基本的に外に出ないから、最低限の保険しかかけてなかったんだよね…。

いくつかの業者に問い合わせてみたら、一番安くて400ユーロくらいから。
うーーん。
「じゃぁ、注文して自分たちでつけてみよう!」って事で、
早速、国内でフロントガラスの大手メーカーに注文。
b0069848_536051.jpg
丁寧に取り外して、この後、YouTubeで取り付け方のビデオを見て(←あるんだねー。便利な世の中)
2人で何度かイメージトレーニング。(笑)
b0069848_5381541.jpg

ちゃんとできるのか、ドキドキ そわそわ落ち着かない私に対して、
注文したガラスが届くまで、冷静に、車のメンテナンスを続けるニコラ。
b0069848_5403785.jpg
パッキン取って、細かな所までお掃除。
b0069848_5414530.jpg
フロントガラスがない車って、初めて見たかも…。
っていうか、普通は自分じゃ交換しないよね。
b0069848_5425710.jpg
でも、自分たちでガラス交換でよかったのかも。
業者に頼んだら、このサビは見てみないフリだろうな…。
b0069848_5452071.jpg
サビ止め塗って、ヤスリかけて…ペンキ。
後は、ガラスが届くのを待つばかり。

ドキドキ…。
[PR]
by exmouthcoco | 2016-06-22 05:52 | キャンピングカーを作っちゃえ!

車の掃除と、ペンキ塗り

この車を友人から譲り受けた時は、運転席と荷物室の境目のパネルが外されていて、
さて、これを使うか、いっその事外してしまうべきか…
車のサイズとレイアウトを考えながら悩む悩む…。
b0069848_5384476.jpg

結局、運転中の冷暖房の効率がいいように、パネルをはめ直すことに決定。
元々、グレーだったパネル。
サビ止めを塗った後に、住居空間側は白に、
運転席側は、元のマットなグレーで塗り直すことに。
b0069848_5425782.jpg
エアブラシで。
タバコのような細い筒があるのは、穴から裏にペンキが垂れないように…ニコラの知恵?

塗った後の、はめ直す作業が…座席を外したりして大変だったのだけれど、ここでは省略。
こんな感じになりました。
ちょっと明るくなった❤️
b0069848_5512928.jpg
同時に、下に敷いてあるパネルを外して、車内を掃除。
パネルも…塗っちゃうか!
実際は、パネルの上に床材を貼ることになるので必要ないのだけれど、
ペンキも余ってるし、途中の作業も気分良く済ませたい。
b0069848_5573723.jpg
ということで、ローラーを使って、私もお手伝い。

乾かしてる間に、床や壁に、断熱用の素材を貼ることに。
途中の写真ですが…。
b0069848_62959.jpg
うーーん、なんだかそれらしくなってきた。
ワクワクな状態。
希望でいっぱいというのは幸せなこと。

この後の悪夢を知る前は…。
[PR]
by exmouthcoco | 2016-06-19 06:09 | キャンピングカーを作っちゃえ!
あっという間に6月も半ばに突入。
学年末ということで、Ninaの幼稚園も遠足があったり、お遊戯会があったり…
何かと慌ただしい日々を過ごしています。

それとは別に、最近の我が家。
家の作業も放ったらかしで、あることが進んでます…。





なーーーーんだ?







ジャンっ!
b0069848_5311655.jpg

車です。
フランスではキャミオンというのだけれど、日本では、大型ワゴン車?
友人から譲り受けたものです。

実は、この過程になるまで、かなり時間と手がかかってるのです。
友人宅で何年も野ざらしになっていて、エンジンも動かず、挙げ句の果てには、いろんなパーツが盗まれ…
致命的だったのは、プロペラシャフトと呼ばれる部品が盗まれていたこと。
b0069848_54455.jpg
(ネット上より画像をお借りしました。)
こんなに長くて重い鉄の棒を何故、何のために盗む???
理解不可能、フランス生活あるある。

レッカーで処分か?というところで、元・メカニックのニコラ、エンジンの修理。
そして、何度もあちこちのディーラーに通い、必要なパーツのシリアル番号を聞き出し(←普通は教えてくれない)、ネットで割安で購入。
友人宅へ往復し、パーツを無事に取り付け、何とか我が家までたどり着きました。
この時、家路までが長かった…。故障したら どうしよう〜、って何度も思ったっけ。
で、この状態までにするのに、何ヶ月…。

最初の頃の状態は残念ながら写真は撮ってないのだけれど、
この車がどんどん蘇っていく様子を綴っていきたいと思います。
[PR]
by exmouthcoco | 2016-06-17 06:14 | キャンピングカーを作っちゃえ!

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco