人気ブログランキング |

フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

タグ:キャンピングカー ( 26 ) タグの人気記事

船の免許 その2

怒涛の4日間が終わりました。
もうグッタリ…。力尽きてます。

今日の午後、大きな港町で船の免許 permis côtierの試験を受けてきました。

もうドキドキ…。
30の質問の内、5つまでのミスはOK。
大丈夫か、私?
最初の2つくらいの質問はもうドキドキして
このままま続いたら倒れるんじゃないかと思いながら、
なんとか落ち着いて回答を済ませました。

担当のおじさんが、
「ご苦労さまでした。今日の試験、みんなパスしました!
お陰でボクの仕事が増えましたけど…」と。

やった〜‼︎💖
無事に合格できました。

一緒に通っていたクラスメイトたちも、学校の先生も、
良かったね〜!って喜んでくれて、ちょっとウルウル。
言葉のハンディが結構重くて苦しんでいただけに、周りに励まされて本当に嬉しかったです。



海上の標識などを知りたくて通ったわけですが、船の学校なのでもちろん、実技もあり。
b0069848_05463799.jpeg
このモーターボート3台、日替わりに1日2回操縦しました。
b0069848_05413118.jpeg
港を出る時。ニコラとNina、ミカが見送りに来てくれました。
頑張って来るからね〜。
b0069848_05461177.jpeg
初日は、海上にある標識(サイン)を見ながら、近くの沿岸へ。
2日目は、浮きを投げて、それを取りに行ったり、港に浮いてる浮きに近づいてロープを繋げたり、碇を下す練習。
b0069848_05445347.jpeg
3日目は、港の中でUターンしたり、ポントン(ポンツーン)やはしごのある壁に寄せる訓練。(車の縦列駐車みたいな感じ)

Codeの方は、1度教わったものを何度も何度も本物の試験のように繰り返し、覚えていくもの。
もう…これがツラかった。
詰め込みすぎて、途中、意識がどこかに飛んでいく…。😩
みんなの何倍も集中していないと、ついていけないのです。

毎日、キャミオンに戻ると、お昼ご飯と夕飯の支度をしてくれて、
私がいつも勉強できるような環境を作ってくれたニコラに大感謝。
毎日、Ninaとミカに振り回されて、本当に大変だったと思うのです。
どうもありがとう!
ニコラのサポートがあったからこそ、なのです。

朝早く起きて、操縦、勉強、勉強、操縦の繰り返し。
夜はキャミオンの中で真夜中まで教科書を読む毎日。
たった4日だったけれど、内容の濃い週末でした。
この苦労は…多分、もう忘れない。(笑)
教わった事も、忘れないようにしないと!これ大事。

さて…明日からまた船の作業に戻ります。やれやれ。




by exmouthcoco | 2019-08-13 06:48 | ■ bateau バトー■ 船の話 | Comments(10)

パパのいない週末

b0069848_19451434.jpeg
何にもなくても 遊んでいられる人。
これからの私達の生活には難なく対応できる人に少しずつなってきてるようです。

金曜の夜から、月曜にかけて ニコラは船の免許を取るためにちょっと大きな街まで通っております。
フランスではモーターボートやジェットスキーには船舶免許は必須ですが、実はヨットの操縦では免許は要らないのです。でも道路の交通法規のように基礎を知っておきたいこともあって、今回、免許を取ることにしました。

さて、パパのいない最初の夕方。
キャミオンで学校の近くまで行って、私たちは待ち時間にすぐ近くの海へ。
…のつもりでしたが、この近辺はどこの海も犬のアクセス禁止だし、ベンチはあるけれど日陰がなかったりして、果て、どうしようか。
張り切ってビーチグッズを持ってきたNinaには気の毒だけれど、海は諦めて近くの公園へ。
ちょっと休んで、結局、キャミオンへ戻りました。

夕飯、何にしようか悩んだ結果、今夜はクレープ。
b0069848_19460058.jpeg
ボウルと泡立て器、クレープ用のフライパンはないけれど、
卵と牛乳、小麦粉があれば…。
でも、計りがなかったんですね。目分量で。
b0069848_19461835.jpeg
後から帰ってくるパパのために、Ninaもお手伝い。

ご褒美に、生クリーム添えのクレープ。
b0069848_19463615.jpeg
こんなことができるのも 冷蔵庫やガス台があるキャミオンならでは。
でも私達のVan Lifeも もうそろそろ終わりなんですよね。
限られた(狭いとも言う)スペースで、限られた水で、シンプル生活。
これからのヨット生活に必要なことを学ぶ いいステップでもありました。


翌日、土曜日。
早朝からパパは免許学校。
私たちは船に残って、1日3人で過ごします。
b0069848_19470660.jpeg
お弁当作って、対岸のパークへ。
心地よい風が吹いて お昼寝日和。
b0069848_19473397.jpeg
さて…。
明日も早くから学校があるみたいだし、どうやって過ごそうか…。
お天気なのが救いです。


by exmouthcoco | 2019-08-03 20:41 | ■ bateau バトー■ 船の話

旅支度

夏時間に突入しました。
毎度のことだけれど、たかが1時間、されど1時間。
身体が思うようについていかないのです。
今日も、「まだまだ明るいし、さて夕飯でも準備するかな〜」って時計を見たら
なんとすでに19時!😱
陽が伸びて嬉しいけれど、夕飯が遅くなるリスクも多いのです。やばい、やばい。

b0069848_06105159.jpeg
今日はキャミオンの掃除をして、ベッド作りをしておりました。
この前、冬休みを迎えたと思ったら、来週末から2週間の春休み。
この2つを一緒にして、3週間にしてくれないかな〜〜。

……………………………………………………………………………………………

いよいよ4月に突入しましたね。
日本では新しい元号が発表されて、これから迎える時代に思いを巡らせる方も多いのではないかと思います。
いい時代になるといいですね。

さて、今年の初めにブログでちょっとだけ触れた「私たちの夢」も、少しずつ形になってきました。
まだ多くの事は語れませんが、このブログ上で少しずつ触れていこうと思っています。

まずは↓下の「夢の入り口」から どうぞ。


「夢の入り口」
by exmouthcoco | 2019-04-02 06:59 | ■ bateau バトー■ 船の話

ジロンド川のほとりで。

b0069848_05543657.jpeg
只今、秋休みの真っ最中。
ふと思い立って、週末をはさんで南西部へ出かけてきました。
我が家で南西部というとニコラの実家があるMédocですが、
今回はMédocの対岸にあたるジロンド川のほとり。

夕焼けがきれいでした。

小さなキャンプ場と併設して、
え?こんな所に港があるの?というロケーション。
b0069848_05511982.jpeg
実際、海はちょっと遠くて、Médocの河口から川を下るような感じで港に入るらしいです。
潮の満ち引きが激しいので、小さな港は水門で堰(せき)どめしてあって、
常に港の中に水が溜まった状態になっています。
b0069848_05513782.jpeg
今の時期、朝と晩に2回水門が開いてました。

こういう金属製の橋って、通常は犬は怖がるものだけれど、
ミカは平気らしい。
この近くに丸い鉄の棒が何本も横に渡した状態の橋があって、
小さな子供も怖がるレベルのものも、ミカはツルツル滑りながらもクリアー。
b0069848_05520143.jpeg
近くのお散歩コースを辿っていくと、ジロンド川の近くの小川に到着。
すごい ぬかるみ。
ジロンドも、いつも茶色によどんでます。

ケモノの臭いがしたのか、急にスイッチが入ってクンクン嗅ぎまわると思ったら、
泥んこの中に突進していくミカ。
b0069848_05522168.jpeg
その昔、ミカがまだ若い頃、湿地帯に入ってしまい、
動くたびに体が沈んでいった苦い経験があるのだけれど…
今回はさすがにやめていただきたい。
なんとか脚4本だけで済んだけれど、
チャコールグレーの靴下を履いたようになってました。😭
b0069848_05524498.jpeg
短かったけれど、楽しい滞在でした。

帰ってきたら寒い寒い。
南仏では雪が降ったりして 急に冬になった感じ。

そうそう、滞在中、冬時間に変わってました。
腕時計を見て食事の用意をしていて、なんかおかしい…。
携帯を見ると1時間ズレていて、腕時計が壊れたかも〜〜!ってマジで焦り。
TVを見ることもなかったし、ネットからも離れていたので、すっかり忘れてました。
たかが1時間、されど1時間。
フランス生活15年以上、つまりは夏と冬の30回はこの時間のトリックを経験してるわけだけれど、未だに慣れないんだなぁ…。




by exmouthcoco | 2018-11-01 06:57 | こんな所行った… | Comments(6)

一足先にヴァカンス中。

ご無沙汰しています。
元気です!

曇り空の北フランスを脱出して 太陽いっぱいの所へ。
b0069848_00285646.jpeg
人よりちょっ早く休みを取ってヴァカンス中です。

1週間ほどしたら戻ってきます…。


by exmouthcoco | 2018-06-18 00:32 | こんな所行った…
b0069848_05291496.jpeg
ラトヴィアからリトアニア、そしてポーランドでは、コウノトリの巣があちこちに。
有名なアルザス地方よりも、もっともっと見る機会が多かったかも。
特に、親子が巣の上で毛づくろいしてるのが可愛かったなぁ…。

ポーランドに入りまして、
途中、子供の遊具がある側にこうしたうれしいピクニックスペースが所々あって、
b0069848_05300050.jpeg
冷蔵庫の中の残り物でランチ。
b0069848_05293455.jpeg
物価が安かった事もあってレストラン続きだったので、
こうした軽食もなかなかうれしい。

そして、夕方にはGdańskグダンスクへ到着。(地図は前回の記事の赤いピンの所です)
b0069848_05303188.jpeg
夕飯食べて、また夜の街をフラフラ。
ここもまた、活気があって、道行く人はリラックス。
b0069848_05305133.jpeg
大きな街なので、結構歩きました。
b0069848_05311665.jpeg
すれ違う子供達が持っていた キラキラする風船。
Ninaっちは、どうもこれが欲しかったようで、
パパにおねだりして値段を聞いてる図。
「10ユーロ。」
うーーーん…………。 ちょっと高い。
というのも、ある子供が「あれ、もう点かない」って、色のない風船を持っていたのよね。
それも、2回も同じような光景を見て。
買ってすぐに壊れるのか…。
そりゃぁそうだよね。売ってる間、どれだけ点灯してるのか?
買って、新しい在庫のものをくれる訳でもないし…。
という訳で、却下!
これがね〜。今だに言われます。「バルーン マジックが欲しかった」って。😁

せっかくのヴァカンスなので、家族で楽しめるものを!と、
ニコラが選んだのがコレ。
b0069848_05315773.jpeg
観覧車。
3人で19ユーロくらいだったか…。
犬は無料。
b0069848_05345933.jpeg
1周で終わりなのかと思ったら、4周くらいしてました。
15分くらい?の時間制。
b0069848_05352005.jpeg
キレイな街の夜の観光を終えて、郊外へ。
お昼の写真のピクニックスペースのような所で、就寝。

b0069848_05355782.jpeg
街道沿いのハチミツ屋さん。
お店の人のオススメはモミの木の蜜なんだそう。色がかなり濃い。
白っぽいハチミツは?と聞いたら、目の前の菜の花畑を指差して、これよ、と。
我が家の近くも、菜の花畑が広がるけれど、ハチミツを採るなんて考えもしなかった。ここは農薬を使っていないんだね…。
悩んだ末に、モミの木、菜の花と色んな花の蜜ミックスの3種類を購入。
菜の花のハチミツをさっそくいただいてるけれど、優しい甘さで美味しい〜〜!

b0069848_05363091.jpeg
それからは、西へ西へと向かいます。

b0069848_05365791.jpeg
ドイツでは(も?)ビール。何故かピザ屋。(笑)
名も知れない街でようやく食べられる所を見つけたので、これはこれでいいんです。
お店の人の、優しかったし。

b0069848_05371711.jpeg
ベルギーでは、やっぱり名物のフライドポテト。
美味しい!

でもね…。写真見ててもわかるけど、段々とフランスに近づくにつれて、
外食の質が、軽食になってきてるのに気づきます。
↑同じ20ユーロだったら、やっぱりバルト三国の方がお店の雰囲気もサービスも、料理も格段によかった。😅

b0069848_05373585.jpeg
さぁて、やっとフランス。
あーぁ😩帰ってきてしまった、と思うのは何だろう。
ここからは、我が家まで2時間。

GPSが使えなかったり、クレジットカードが紛失したりとアクシデントがあったけれど、なんとか無事に到着したのでした。

ニコラが「この前、オイル交換したばかりなのに、またやらなくちゃ!」って。
これが現実。(笑)

旅行記はこれでおしまいです。
長々とお付き合いくださってありがとうございました。


by exmouthcoco | 2018-05-21 06:47 | こんな所行った… | Comments(5)

リトアニア Kaunasにて。

b0069848_05252093.jpeg
行きは通過しただけだったので、帰り道はリトアニアで一か所は立ち寄りたいね、という事でストップしたKaunas。
ここで街を散策して夕飯をとって、その後、ポーランドのGdańskに向けて夜中に走って行く予定でした…。
b0069848_05255993.jpeg
チューリップが満開!
b0069848_05263542.jpeg
午後8時。レストラン決めないとなのに、チビっ子は遊具へひとっ飛び。
b0069848_05265787.jpeg
我が家の方と またちょっと違って楽しいね。
ここから離れるのに苦労しました。
b0069848_05280650.jpeg
広い通りで開放感たっぷり。
道行く人も、みんなのーーんびりしてます。
b0069848_05273730.jpeg
この写真を撮るちょっと前に、銀行のATMで出金したニコラ。
ちょうどお金が出てきた時に、タイミング悪くNinaが隣でちょっかいをかけたらしく…
b0069848_05283039.jpeg
このレストランの後、クレジットカードがない事に気づく…。😱
ええっ?お金下ろしてカード取り忘れた…?らしい。

現金で支払って、すぐさま、先ほどのATMに行くけれど、まさかね…
さすがにカードが残ってるわけでもなく。
ATMに記載された電話番号にかけたら、オペレーターが出て(時間外でも一応は出るらしい)、翌朝、そこの銀行に行って、カードを返してもらうしかない、との事。

という訳で、急遽、この街に滞在せざるを得なかったのです。
パーキングスペースに車を停めて、この晩はここで就寝。

翌朝、目当ての銀行のオープンと同時に入って、カードの事を説明したら、
「このATMはウチの銀行のではないので開けられないんです」だって。😳
で、そのATMの持ち主の電話番号を聞いて、かけてみたら、
「ウチのカードではないので、(審査に?)2〜3日かかります。手数料は65ユーロです」と。

待ってても無駄だった…。 illil _| ̄|○ illilli
結局、フランスの自分の銀行へ電話して相談したら、再発行の手続きをしてくれて、4日で届きます、と。(結局は、10日くらいかかったんですけどね。)
でも、無料だったので良しとしましょう。

手持ちの現金と、私のクレジットカードで難なく旅は続けられたけれど、もしこれが一枚のクレジットカードに頼ってたら、と思うとゾッとしますね。
「自分がカードを取り忘れたのではなく、ATMにのみ込まれた」って、本人は言ってますが…。
どうやら、カードが先に戻って来るか、紙幣が先に出てくるかで時間のロスがあったのか、カードを取る時に音が鳴らなかったことも原因の一つだったみたいです。
みなさんも、くれぐれも気をつけましょうね…。
b0069848_05285084.jpeg
翌朝の、カフェでの朝食。
美味しかった〜!

街の雰囲気は良かったけれど、苦い思い出ができたリトアニア。
物価がエストニアよりも安いのか、今回通過してきた6カ国の中で、1番ガソリン代が安かったです。

ディーゼルの価格:
・フランス (自宅の近く) @1.389ユーロ/L
・ドイツ @1.279ユーロ/L
・ポーランド @1.200ユーロ/L
・ラトヴィア @1.182ユーロ/L
・リトアニア @1.040ユーロ/L
で…途中、ベルギーで高っ!って思ってフランスに帰ってきたら、
自宅近くのガソリンスタンド、@1.450/Lだったか。
また値上げ!😱
そのうち、1.80とかになるんでしょうか…。

まだ旅の話は続きます。


by exmouthcoco | 2018-05-19 06:48 | こんな所行った… | Comments(4)
Tallinn タリンの話、その続きです。

翌日、キャンプ場の近くにある フィールドアスレチック場へ。
ヨットハーバーから歩いて10分弱。

ちょうどお昼時になってしまったので軽く食べられる所…と思ったら、
アスレチック場のすぐ近くにお洒落でモダンなリゾートホテルが…。
ビーチが目の前だし、ちょっと高いかも、とその中のレストランに恐る恐る入ってみた…
ら、ロケーション抜群で内装もシックな割には値段設定が低くてビックリ。
後でわかったことだけれど、タリン市内にもあるチェーン店の一つでした。
b0069848_05005099.jpeg
写真だとわからないけれど、窓の外はビーチ。
開放感たっぷりで、すごく素敵な所です。

メニュー。
英語表記もあるので有り難い。
b0069848_05003013.jpeg
そうそう!街の中では、外国人だと思うと、皆さん、普通に英語で話してくれます。
しかも、かなり流暢に。

私の注文したポークロースト。これで5,9ユーロ。
ナイフが要らないんじゃないかってくらいにお肉が柔らかくておいしかった。
b0069848_05011386.jpeg
500mlのビールも2杯入れても、お会計は20ユーロ弱。
うーーん、エストニア、いいかもっ!
そういえば、今回の旅、どこのレストランでも犬連れOK。
ほとんどのウェイターさんがワンコのお水を聞いてくれます。優しいね〜。

食後は、Ninaっちお待ちかねのアスレチックへ。
私も子供の頃大好きだった経験から、Ninaにも機会があったらやらせてあげたいと思っていたけれど、我が家の近くにはなかなか無くて…。

子供料金5ユーロ。
b0069848_05233984.jpeg
優しいお姉さんがハーネス着けてくれて、ピストの所まで案内、説明してくれます。
b0069848_05023366.jpeg
子供用でも結構充実してて、長く楽しめる!
b0069848_05015336.jpeg
段々と、野生化していきます。
b0069848_05021266.jpeg


たっぷり遊んだ後は、早めにキャミオンへ戻って、夕飯の支度。
お昼にしっかり食べたので、夕飯は適当でいいのです。

そして、日が沈む前に向かったのは、タリンの旧市街。
b0069848_05030150.jpeg
日中は混んでるし、駐車スペースを探すのも一苦労なので、
大都市は夜に観光するのが我が家のスタイル。
b0069848_05341592.jpeg
城壁内は歩行者ゾーンになっていて、週末だったこともあって たくさんの人で賑わってました。
観光客なのか、地元の人なのか…皆さん、ご機嫌でパブのはしご?
お金をねだる人も無く、治安も良くて、ゴミも落ちてない。
何より、緊張せずに歩けるって素晴らしい!
b0069848_05032018.jpeg
首都のタリンだけの滞在でしたが、エストニアという国がとっても好きになりました。
またいつか行けるかな〜。

次回はちょっと南下して…また旅の話が続きます!


by exmouthcoco | 2018-05-14 05:55 | こんな所行った… | Comments(2)
日本人にはあまり馴染みがないエストニアという国。
フランスにいても、同じユーロ圏とはいえ、ほとんど知らない国。
給料水準が西欧に比べて低いイメージが先行して、貧しい国なのかと思ったら…。
意外や意外。フランスの田舎に住む私たちよりも、全然オシャレな格好をしてるし、
女性もしっかりメイクをして、キレイな人が多い!
街はゴミや犬のフンが落ちてないし、物乞いする人やパリのメトロのおしっこ臭いようなモノもない。
IT先進国で、あちこちでフリーのwifiに繋げられるし、
皆さん英語で普通に話してくれるので、旅行者にはとっても快適な国なのでした。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

長〜〜いドライブの末、やっと到着したTallinn タリン。
旧市街から車で10分くらいのPiritaピリタという地区に滞在。
ここは、1980年のモスクワオリンピックのヨット会場として造られたそうで、
聖火台らしきものがありました。
ヨットハーバーとホテル、レストラン、キャンピング場があって、のんびりするにはいい所。
b0069848_04563796.jpeg
海の横にあるキャンプ場。
ここに2泊しました。

ヨットクラブ内にあるちょっと雰囲気のいいレストランで一息。
b0069848_04570665.jpeg
後で、ここに置いてあったFreeの英語のダイニングガイドを読んでいたら、
エストニアではランチスペシャルというものがあって、お昼はメインが6ユーロくらいで食べられるそう。
b0069848_04573035.jpeg
確かに、ウェイターさんが、今日の日替わりは…って英語で説明してくれたんだけど、疲れのせいか、全ての料理が頭に残らず。(苦笑)
すんなりと頭に入ってきたパスタを注文しましたよ。
b0069848_05440096.jpeg
小さそうに見えて、実は結構大きい。
キノコたっぷりで、おいしいパスタでした。
次から次へとオシャレな客が入ってきて、ほぼ満席。
人気のレストランだったのかな?

お会計をしてビックリ。
500mlの生ビールを2杯、大人のメインが2皿、子供ランチで、合計で20ユーロくらい。
この雰囲気で、この食事内容だったら、フランスだと倍くらい…かな。

食事の後は、ヨットに乗せてもらって、
b0069848_04575409.jpeg
そのまま、海へ…。
b0069848_04581435.jpeg
Ninaっちの後ろに見えてるのが、タリンの街。↑

b0069848_04583621.jpeg
小さなキャプテン。

その後、スーパーへ買い物へ。
ショッピングセンターの中で珍しいものを発見。
b0069848_04590147.jpeg
なんだと思います?
b0069848_04592164.jpeg
ビール!
実はこれ、ビールの量り売りしてるお店でした。上は試飲中。
b0069848_04594025.jpeg
こんな感じで、ペットボトルにビールが注がれていきます…。
b0069848_04595966.jpeg
夜は、キャンピングカーの中でアペロ。
ハチミツの風味がして、とっても美味しかった〜!
普通に買うよりはちょっと割り高だけれど、珍しいのでたまにはいいかな。

タリンの話、まだ続きます…。


by exmouthcoco | 2018-05-11 06:21 | こんな所行った… | Comments(2)

パリから往復5000kmの旅

無事に自宅へ戻ってきました!

あぁ〜、疲れた!楽しかった!
今回の旅の経過はこんな感じでした。
b0069848_05425389.jpeg

緑のピンの我が家から、途中、ルートはちょっと違いますが、
目的地は赤いピン、エストニアの首都、Tallin タリン。
まさか、こんな遠い所まで車で行くとは思ってもみなかった…。
Tallinの対岸85km先は、フィンランドのヘルシンキなんだそう。
ここって…、飛行機で行く所よね。

フランス → ベルギー → ドイツ → ポーランド → リトアニア → ラトビア → エストニアまで、国境越えは6回。
Tallinに到着するまで、丸2日のドライブ。片道2500kmです。

ブログのお友達のteneteneさんから、「2500kmって、東京からモンゴルへ行ける距離。または、北海道から沖縄まで」って言われて、え〜〜!そんなに遠いんだ、と改めて思った次第。
帰ってきてから、近所の人に話すと「え?え?あの、北の国?」とか、「フライトは何時間なの?」って聞かれる訳だ。車で行く距離じゃない。

途中、私も運転の交代をしましたが、350kmのみ。
頑張ったつもりだけど、350/5000じゃねぇ…微々たるものです。
キャプテン、頑張ってくれました。

それにしても、ドイツの(ベルギーもね)高速はどこまで行っても無料で、本当にありがたい。
それに比べて、年々値上がりするフランスの高速って、なんなんだろう…。
b0069848_05573766.jpeg
↑ 休憩じゃなくて、警察だの税関だの、国境を越える度に車を止められる。
免許証、車検証、車の保険…それに加えて、
E.U.だけれど、それでもパスポートを求められ、
毎回、「犬のパスポートも要りますか?」って、皮肉をこめて質問するニコラに笑い。

途中、クレジットカードの紛失あり、
GPSが動かなくなり…
いろいろありましたが、まぁ、何とか戻ってこれて一安心。

GPSのケーブル破損で、携帯の地図でなんとかナビをしていたのだけれど、
これがもう大変!
携帯の設定がフランス語な為に、地名もフランス語表記だと気づくのが遅かった。

例えば、ケルンというドイツの街がKölnなのに、頼りの携帯にはその街はなく…。
どこだ?どこだ?と探していたら、Cologne コローニュ だと。

ポーランドの首都、ワルシャワも、全然違うVarsovie ヴァーソヴィ。

国の名前、ラトビア共和国も、Lettonie レトニー。

もう!フランス語、違いすぎ!
その点、日本語って、現地名にかなり忠実なのだと感じました。
あー、やれやれ。

また次回に続きます…。




by exmouthcoco | 2018-05-05 06:50 | こんな所行った… | Comments(2)

フランス生活16年。そろそろ終盤。念願の、ヨットで世界中を旅してきます。


by exmouthcoco