人気ブログランキング |

フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

別れの季節

b0069848_03551075.jpeg
心地よい季節。
外にいると、ミカもつられて出てきて、ふと見るとこんな格好で寝てる。
そうだよね〜〜。わかる、わかるよ、その気持ち。
b0069848_03555667.jpeg
毎日、摘まないと、ぼたぼたと落ちてしまうフランボワーズ。
そのまま食べるのが1番だけど、なぜかみんな手が出ない。
傷んでしまう前に、せっせとジャム作り。
思えば、この庭ができてからジャムを買うことがなくなった。
そのうち市販のジャムを買うことになるのかな。
b0069848_03561510.jpeg
去年、エストニアに行った時にあちこちで見かけた植物の組み合わせ。
好きだなぁ、このコンポジション。
ただ、このぶら下がっている植物は日差しにそう強くないので、
日当たり良好の我が家ではあまり置き場がないのが残念。
b0069848_03563394.jpeg
きっと最後になるであろう、屋根に上る人の図。
煙突掃除屋さんに予約を入れていて、その前にちょっとやっておきたいことがあったらしく、
煙突の帽子の確認。
本来は、保険適用のためにプロの煙突掃除屋にお願いしないといけないのだけれど、
ステンレスの管なので火事の心配もないし、こまめにやったほうが安心だということで、我が家はいつも自分たちでやっていたのです。
ただ今回は、家を売るに当たって煙突掃除をしたという証明が必要だったのでお願いしました。


Ninaは昨日で学校も終わり、小学一年生が無事に終了。
これから長〜〜い夏休みに入ります。
普通なら9月から2年生になるのだけれど、
Ninaの場合は、CNED クネッドという通信教育。
これに関しては、プログラムが始まってから少しずつ紹介しようと思っています。

お友達とのお別れ、淋しくないのかな?
結構、シラ〜〜っとしててクールな娘。

実は、私の周りでも、別れの季節。
日本へ里帰りしてしまう前に(というか、私達がいなくなってしまう前に)、
日替わりで誰かしら会いに来てくれる今日この頃。

私達の出航は、潮の満ち干きにもよるので、結構流動的。
荷物の積み込みも時間がかかるだろうし、家の本契約のサインとかで
イマイチいつなのか、私にもわからないのです。

泣いてくれる友達がいる。
長年の夢が実現することに心から喜んでくれると同時に、
私達がこの土地からいなくなることに悲しみ、涙を流してくれる友達がいる。
お互いに胸がいっぱいになって 思ったことを口にできなかったけれど、
心の中ではいつでも繋がっているよね。
しばらくは会えないけれど、人生の中ではきっとほんの一瞬。
そんな友人に巡り会えたことに感謝なのです。

---------------- お知らせ ---------------

私たちの船 Siesta シエスタの動画がアップされました。
(チャンネル登録いただいて、すでにご覧くださった方々、ありがとうございます!)

今回は、船の内部の紹介です。
出航前までに、船内の一部をペンキ塗りしたりする予定(あくまでも希望。笑)で、
この状態からまた少し変化しそうです。


こっそりと、プロフィール欄も追記しました。
お気づきになられたかどうか…
以前から、ニコラの夢には「フランスを脱出して、ヨットで世界を巡ること」とあったのですが、
それがやっと実現しそうです!


# by exmouthcoco | 2019-07-07 05:14 | フランスでの日々のつぶやき | Comments(19)

家を売りました。

ちょっと遡って、5月半ばの話。
近くの不動産屋に見積もりをお願いして、家を売りに出しました。
b0069848_06570545.jpeg
えぇ〜〜!売ってしまうの〜〜?と思った方も多いはず。
賃貸も考えたりしましたが、長い間不在にする事、未払いの問題が多い事、大きな家なので例え貸したとしても保証金だけではその後の改装などの費用に足りない事などから、キレイさっぱり売りに出す事に決めたのでした。

「金曜日の夜にネット上でアノンスが出ます」って聞いていたのに、実際は木曜の夜。
売れるのかな〜〜、どうかな〜〜って緊張していたら、
すぐに「土曜日に見学者が来ます」との事。
déjà? もう?って感じです。

見学に来たのは、若いお姉ちゃんとお兄ちゃん+不動産屋。
家の価格帯から、私たちと同じ世代の人か、もうちょっと年配の人だと想像していたのに、玄関扉を開けたら若いカップルだったのでちょっとビックリしたのを覚えています。

当日はニコラが出勤だったので、私1人で対応。
ちょうどその頃、日本から両親が来ていたので、彼らは見学者の邪魔にならないように、適度に避難。(笑)
質問されては答え、まぁ、ほとんど不動産屋が説明してました。

すぐに帰るのかと思いきや、なんだかんだと45分近く見学。
「あの〜〜。親に見せたいので、30分後にまた見学していいでしょうか?」と、
今度はさらに大人数で我が家の見学。

毎回の見学に こんなに時間がかかるなんて先が思いやられる〜!と思っていたら、
不動産屋から、「買いたいそうですっ!」との連絡がありました。
アノンスが出てから1組目で、しかも1時間半で即決!
こんなにスムースに事が進むのは珍しいです、と不動産屋は言ってました。

何よりも、私たちが心を込めて築き上げてきたこの家を気に入ってくれたこと、これが1番嬉しかったです。

そんな愛する我が家。
14年の歳月をかけて改装してきたものを今回、お見せしようと思います。

まず、この家の間取り図から。
b0069848_06525934.jpeg
1番上の図 、RDCというのは地上階。
中央部の凹みが玄関の扉になっています。
ちなみに、水色は窓。壁についてない水色は天窓です。

玄関を入って右に折れていくとSalle de Bains 浴室があって、
その上にBureau 事務室、Grenier 倉庫があります。(真ん中の図)

1er というのは日本式でいう2階部分。
Chambre は部屋、Palier は踊り場といったところでしょうか…。
b0069848_06531701.jpeg
2èmeというのは、日本式で3階。
( Chambre 4 の窓を2つ書き忘れてますが…)

Appentiはガレージ、
Caveは地下にあるカーヴです。

b0069848_05584671.jpeg
玄関を入ると、この空間。Séjourと書いてあるところ。
中央の扉は地下のcaveへ。
すぐ右に見えるカーテンは上へ登る階段。
さらに右にカーテンと同じような色に見えるのは壁で、ここからキッチンへ入ります。
b0069848_05590535.jpeg
反対側。
大きな暖炉と、先日作ったクローゼット
b0069848_05594118.jpeg
ハマム。
b0069848_05595831.jpeg
その隣にはお風呂。
脇に洗い場があるのがフランスでは皆無。
あちこち濡れてもOKなので犬のシャワーもとってもラクでした。
日本式って、素晴らしいですね。
b0069848_06001805.jpeg
ハマムの上にはちょっとした部屋が。
間取り図ではBureauとなってます。

実はココ、当時、庭がなかった我が家のランドリールームとして作った空間でした。
洗濯物を干したり、アイロンがけをしたり…という想定で、壁に蛇口や排水口も作りましたが、その後、裏のボロ屋を買って庭ができたため、倉庫として使っておりました。
b0069848_06003963.jpeg
キッチン。Cuisine.
カウンターからカウンターまでの距離が結構広いです。(笑)

b0069848_06005795.jpeg
すぐ隣は、庭に面したサロン兼 食堂。Salon.
ここで過ごす事が1番多いかな?
日当たりも抜群で、とても心地のいい空間です。

b0069848_06011469.jpeg
2階に上がって、Ninaの部屋。Chambre n°2
小さいけれど、子供には十分な広さだと思います。

b0069848_06013436.jpeg
すぐ隣の、ちょっと広い部屋。Chambre n°1
最初はここが私たちのベッドルームでした。
天井は低いけれど梁が立派な部屋です。

b0069848_06015284.jpeg
2階の踊り場。Palier n°1
昔は、この本棚の脇に屋根裏に上る階段がありました。

↑↑左の階段から先は、裏のボロ屋の部分。

b0069848_06031731.jpeg
暗かった洗面所もこの通り。トイレとシャワーがあります。Salle d'eau WC.

b0069848_06023120.jpeg
私たちのベッドルーム。Chambre n°3
天井が高くて開放的。
庭の眺めも良くて、1番贅沢な部屋です。
b0069848_06025779.jpeg
本当は、遊び心でハンモックのような網を
ある程度の高さで付けたかったんですよねぇ…。(笑)
b0069848_06033599.jpeg
屋根裏部屋の一部。Bureau n°2
アイロンがけやミシンがけをするアトリエのような空間。
b0069848_06035332.jpeg
すぐ隣はベッドルームになっています。Chambre n°4
b0069848_06041243.jpeg
反対側から。
ここに来ると、どうしても屋根工事をした時のことを思い出すんですよね。
屋根がなくて、近所の家の屋根が丸見えだった…。
懐かしさと同時に、あの頃はよくやったなぁ、と。

先日、公証人立ち会いのもと仮契約をしてきました。
クーリングオフ期間が過ぎて、3ヶ月後には本契約です…。



# by exmouthcoco | 2019-07-04 06:43 | フランスで家を買う?家を売る? | Comments(16)

一区切り

b0069848_05300628.jpeg
ちょっとご無沙汰しておりました。

学年末と、週末と…。
毎日のようにスケジュールが埋まっていて、カレンダーとにらめっこ。

先週末は、近くに住む日本人女子5人が久しぶりに集合して、我が家で食事会。
ハマム大会でまったりした後は、なぜかチビッコたちのお風呂大会に。
静かにしてるなぁとお風呂場に行ったら、この有様。
b0069848_05311939.jpeg
mousse, mousse, mousse...泡だらけ!
そりぁ楽しいよねぇ。何時間でも遊んでいられる!
日本だったら、まぁ違和感がないこの写真。
日本みたいに湯船の脇に洗い場がないフランスでは、まずこの光景はあり得ないかも。

ちょっと日が遡りますが、6月の前半のある日、ニコラは最後の出勤でした。
b0069848_05303289.jpeg
最後の日は夜勤。
今月中は休暇中の扱いで、7月から無給休暇に入ります。
最初は1年。その後、また申請して最長2年。
2年後には、また元の職場に戻る予定。
その頃、どうなってるかな〜〜。

今まで定期的にお給料が入ってきていたのに、それがないと思うとちょっと不安。
無駄遣いする方ではないけれど、さらに気を引き締めないと…。
b0069848_05304925.jpeg
今までは感じなかったけれど、着なくなった瞬間に急にくたびれた感じがするのはなんでだろう?
お財布を買い換えた時に、今まで使っていたものが急にボロボロに感じるのと同じ。

パリ空港、実は今月半ばから制服が変わりまして…
ちょっと前に、大きなダンボールが2つ分、会社から送られてきたのですが、受け取り拒否。
着る機会もないし、船に持って旅をする意味もないのでしょうがないけど、
拒否って…。強気だなぁと思った、弱気な日本人。(苦笑)


あんなに寒かった5月なのに…
夏至を迎えてから急に夏。
今週は猛暑の予報で、どこの家も雨戸を閉め切って、村の中はゴーストタウンのよう。
b0069848_05310484.jpeg
ウチは雨戸がないのでカーテンですが…
クーラー付けなくても十分涼しい我が家。
古い家の特典です。


# by exmouthcoco | 2019-06-26 06:23 | フランスでの日々のつぶやき | Comments(11)

楽しい週末

盛りだくさんだった週末…。

金曜の夜。
b0069848_06352871.jpeg
学年末という事で、Ninaのクラスのお芝居を見に学校へ。
学校全部(3クラス)だと思っていたら、なんとNinaのクラスだけだった…。
Ninaはチョイ役。(笑)学校ではおとなしいらしいので、先生の配役はごもっとも。
緊張してるのが伝わってきたけど、一応、みんなに聞こえる声を出していて一安心。

ストーリーは、「Dingo Machine」(フランス語読みで ダンゴ マシーン。
ダンゴ製造機みたいで笑えた。)という機械があって、これに入ると人が別の人に変わってしまうというストーリー。
なかなか笑えました。
最後の挨拶でも子供達、みんな楽しそう。いいクラスで良かったね。。
それにしても、30分近いこの劇を上手くまとめた先生に拍手。
今までの苦労と、終わった開放感で、先生、泣いていらっしゃいました。
みんな、Bravo!

土曜の夜。
b0069848_06361443.jpeg
いつもの仲良しのご近所 3家族合同食事会。今回は我が家。
朝から掃除と、食事の仕込み。
パンを焼いて、ご飯を炊いてお寿司を作って(←これはあくまでもアペロ用)…。
b0069848_06354653.jpeg
子供代表のキャプテンは、すでに子供用アペロの準備済み。

夕方、ちょっと曇って肌寒かったのでアペロのテーブルを室内にセットしたのだけれど、ちょうどいい具合に晴れて来たので、外に出す…。
b0069848_06363126.jpeg
大人7名、子供3名+赤子1名、犬3匹。
暑過ぎず寒過ぎず、ちょうどいい…。これで20時半。
テーブルに移動して、食事スタートが21時半。
ローストビーフとポテト、サラダ、前日仕込みのデザートで、もうお腹がパンパンっ。

喋って笑って、食べて飲んで…。
お開きは0時半でした。😬

日曜の朝。
b0069848_06364725.jpeg
今日はパパの日。
学校で作ってきたプレゼントのカードを読み上げる娘。
b0069848_06370377.jpeg
↑ 喜ぶ父。
眠い母。(写真なし)


覗き見ですか?
b0069848_06373513.jpeg
いやいや、もう寝る時間。明るくて昼間のように見えるけど、
実はもうすぐ22時。
b0069848_06372081.jpeg
色々なことがギュギュギュと詰まった週末、楽しかったね〜。

さぁ、これでリセット。
明日から、また1週間の始まりです。


# by exmouthcoco | 2019-06-17 07:37 | フランスでの日々のつぶやき | Comments(2)

6月の庭

b0069848_04464493.jpeg
雨が降ったと思ったら、晴れ間が出てきて…
1日のうちに何度もそれを繰り返す 最近の北フランス。
日差しが出るとカーーーッと暑くなるのに、雲が多かったりすると寒いくらい。

そんな、低気圧がくるくる回ってる状態なので 野菜たちの成長は本当にのんびり。
b0069848_04485930.jpeg
菜園も、いまいち気が乗らないというか、天気と常ににらめっこなのです。
そんな中、地道に成長してるのはこの子。↓
b0069848_04491793.jpeg
これ、レンズ豆。
何が凄いって、これ、Ninaが幼稚園の年長さんの時にクラスで種まきをして持ち帰ってきたもの。もう2年経ちます。
ヨーグルトのポットに入った状態で、そのまま死んでしまうかな?と思いつつ、冬はそのまま霜の当たらないところに避難。翌年、今の所に植え直して、冬はガラス板で覆って風が当たらないように育ててきました。
春に小さな花が咲いてるな〜と思ったら、ちゃんと豆ができてる!
娘以上に私が嬉しかったりして。

b0069848_04493234.jpeg
アーティチョークの蕾が出来てて感動!
4年くらい前に義パパから苗をもらって植えていたのだけれど、隣に植えたもので影が出来て育たなかったり…今の場所に移動して、やっと2年目でこの場所に落ち着いたみたいです。これの他にもう一つ。まだ小さいんだな。食べるかな。鑑賞かな。

b0069848_04495427.jpeg
自分で種を蒔いて育ててるのは、イタリアンパセリ、ポワローねぎ、
人参、ほうれん草(これはもう終わりかな)、ニラ、シブレット(細ネギ)、
スナップエンドウ、カボチャ、キュウリ、ビーツ…
b0069848_04470860.jpeg
そら豆、レタス、トマト…。

キレイに作りたいけれど、去年の種がこぼれて
トマトやコリアンダー、葉セロリがニョキニョキと色々なところから出てくる、
ある意味便利な庭。
b0069848_04473080.jpeg
今はそら豆の季節です。
豆の鞘が空を向いて生えるのだけれど、大きくなってくると重さで垂れ下がる感じ。
b0069848_04501045.jpeg
だって、こんなに大きいんですよ!
ニラと比較してみました。
b0069848_04502655.jpeg
ふかふかのベッドで寝てる豆たち。
通常は量り売りなので、鞘の重さのせいで高価なお野菜ですね…。

b0069848_04480415.jpeg
そして、ウチの方にもさくらんぼの季節が到来。
先月、南西部でさくらんぼを収穫して喜んでいたウチの両親でしたが…
やっぱり南は暖かいんですね。

摘んでいる傍で「カリッ」と音がすると思ったら…
b0069848_04482404.jpeg
もぅ〜〜!ミカたん!
食いしん坊にもほどがある。
犬はぶどうをあげてはいけないと聞いてるけれど、さくらんぼはどうなんでしょう?
b0069848_04484064.jpeg
今日の収穫。
半分はこのまま食べて、残りはジャムに。
雨が当たって傷みやすいので、この何日かさくらんぼ狩りを強制されそうです。
b0069848_04512655.jpeg
20時。夜8時。
西日がいつまでも当たるこの空間が、この空気感が 好き。
夏至の頃には日没が22時ごろになります。
この家で過ごす最後の夏を満喫します。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■ お知らせです ■

先週、新しい動画をアップしました。
(チャンネル登録してくださった方、ありがとうございます!)

通常は動画の後、関連して続編が脇に出ると思うのですが、見当たらないという場合、
「Sailing Siesta シエスタ」で検索してみてください。
ちなみに、我が家の船は、Siesta シエスタ号 です。




# by exmouthcoco | 2019-06-13 05:44 | ■mom potager■ 畑の話 | Comments(6)

フランス生活16年。そろそろ終盤。念願の、ヨットで世界中を旅してきます。


by exmouthcoco