フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ
思えばNinaっちが2歳頃から小麦粉粘土をよく作っていた私。
市販のPlay-Dohをもらったり、買ったりはしていたけれど、
片付けずに乾燥させてダメにしてしまったり、
いろんな色を混ぜて、終いには触るのも嫌なくらい気持ち悪い色になっていたり…で、
せっかくのPlay-Dohなのにっ!と、私の方がストレスに。
それなら手作りで!ってせっせと作っていたのだけれど…。

日本のサイトで見たものは、どれも小麦粉と塩、粉に対して1/3くらいの水。
まるで、餃子の皮みたいだな〜って思っていたりして。
(逆に餃子を作っている時に、皮の生地を粘土代わりにあげることも。笑)
楽しいんだけれど、なんだかやっぱり市販のものとは違う。
手が粉っぽくなるし…。乾きやすいのが難点。
b0069848_05153376.jpeg
そんな訳で、しばらく作っていなかった小麦粉粘土。
あるフランス人の子育てブログを読んでいたら、小麦粉粘土のレシピが!
題して「自家製のPlay-Dohの作り方」
早速作ってみたら、本当に市販の粘土みたい。
加熱するので、出来立ては熱いけれど、つきたてのお餅みたいというか、
むにむに感がたまらない。
簡単にできるので、是非トライしてみてください。

[材料] (子供のこぶし大の大きさ1個分)
・小麦粉 60g
・塩 大さじ1
・重曹 大さじ1/2
・サラダ油 小さじ1
・ 水 60g
・ 食紅

すべての材料を小鍋に入れて混ぜ、
中火にかけながら、木べらで混ぜる。
しばらくするととろみが出て、次第にひとかたまりになるので取り出す。
(火傷に注意)
取り出した後のお鍋はこんな感じ。
こびりついてますが、水に浸けておくと後で簡単に落とせます。
b0069848_05160641.jpeg
サイトでは、ヴァニラなどの香料を入れていたけれど、
食いしん坊のミカ(犬)が盗み食いをしてしまう可能性もあるので、
入れませんでした。
チョコやイチゴの香料とかがあったら、おいしそうでしょうね…。
b0069848_05174050.jpeg
クッキー作った〜!って喜ぶ人と、
その脇で熟睡する犬。
b0069848_05185017.jpeg
実は、その朝、Ninaっちと一緒にクッキーの生地を作っておりまして…
生地を寝かしてる間に、小麦粉粘土の出番となった訳です。
私はちょっと忙しかったので、型抜きはパパとの共同作業。
「結構、難しいもんだね。」とパパ。
そうだろう!知らないでしょう〜!
しかも、このちびっ子と一緒にお菓子を作るのが、簡単にいかないことを…。

そんな、子供との共同お菓子作業でちょっと学んでもらったパパですが…
夕方、パスタマシーンを使ってマカロニ作ってました。
b0069848_05191592.jpeg
おいしそう⁉︎


b0069848_05193813.jpeg
ボロネーズは妻。
パスタは夫。
共同作業の夕飯でありました。

[PR]
# by exmouthcoco | 2018-04-19 06:28 | のんびり子育て | Comments(2)

伯父さんとのお別れへ

ちょっと更新が遅れました。
実は、ニコラの家族に訃報があり、南西部へ行ってました。

お世話になった伯父さんのお葬式…。
ニコラの実家がBordeauxの北へ引っ越してから、
以前に住んでいた Lot-et-Garonne ロッテガロンヌへは
なかなか行く機会がなくなってしまいましたが、
機会がある度に、親戚巡りはしていた私達。

伯父さんには、年末年始に会うことができたことが、何よりも心の救い。
実は、「tonton トントン(おじさんの意味)に会えるのは最後になるかもしれないね…」と言っていたのですが、実際、会ってみると、思った以上に元気そうだったので安心していたのですが…。

朝4時半前にパリ郊外の自宅を出て、キャミオンで高速を使わずに直行して、
14時45分に到着。セレモニーの15分前でした。(汗)
途中、外食する時間もなく、用意していたオニギリでなんとか腹ごなしをして…。

会場前にはたくさんの人。
懐かしい親族にも会うことができて、心が緩む瞬間。
1人の青年に挨拶しながら「誰だっけ?」って心の中で思いつつ、ニコラに聞いたら、従兄弟の名前を言うではありませんか。
イヤ、若すぎる。ってことは…息子?
14年ほど前に、その従兄弟の家に遊びに行って、小さな男の子がいたのだけれど、
名前を言ったら、まさにその子でした。
もう20歳…。おばちゃん、歳を感じた瞬間。(苦笑)

一方、私たちの結婚式に来てもらって以来、会うことのなかった 従姉妹の娘に、
「coco?変わってない〜〜!」って言われて、
ちょっといい気分になった瞬間。

ニコラのパパと、弟も来ていて、知った顔があってホッとしたのか、
Ninaっちはお爺ちゃんとくっついてました。

セレモニーが始まって、家族や友人が故人のことを話したりした後、
伯父さんの若い頃の写真から…兄弟、従姉妹、友人、家族…と、
たくさんの写真がスライドショーで映されました。
その中に、Ninaっちが赤ちゃんだった頃の私達、
もうちょっと大きくなったNinaっちと私達。
どちらも伯父さんと一緒に写っていたものですが、
それを見た途端に、涙がじわーーーーっと。
お世話になったんだなぁ、としみじみ思いました。

その日は、近くの従姉妹の家にお世話になることに。
セレモニーの間は上着も要らないくらい、汗ばむほどいい天気だったのに、
夜には豪雨。
b0069848_05245494.jpeg
晴れた後には、キレイな虹が二重に出てました。

家庭に問題があって親と暮らせない子供達を受け入れている従姉妹の家。
来る度に、笑顔で迎えてくれる女の子たちは、会う度に大きくなって…
今回は、Ninaっちの要望で、子供達だけでパジャマパーティー。
b0069848_05251401.jpeg
でも、この後、Ninaっち、私達のベッドへ潜り込みに来てました。
ズルい。

翌日、向かったのは、tontonでなく、そのパパ(つまり、ニコラのお爺さん)のお墓参りに。
b0069848_05253948.jpeg
前にも一度、来たことがあったけれど、お爺さんの名前が 亡くなった伯父さんと一緒だったという事に、
今更気づく…。

南西部は春休みに突入してましたが、Ninaっちはまだ学校。
(フランスでは、年末年始と夏休み以外は、
3つのゾーンに分かれて1週間ずつヴァカンスがズレています。)
4日振りに自宅へ戻ってきました。

やれやれ…という感じ。
人間も疲れてますが、お年を召した この方も、相当疲れているようで、
b0069848_05265189.jpeg
夜は、さっさと自分のベッドへ上がっていって、熟睡。

翌日、昼間も白目をむいて寝ております。
b0069848_05271029.jpeg
この、丸まった脚が好き❤️
b0069848_05272687.jpeg
そして、日常生活がスタート。
荷解き、買い物…で、なかなか元に戻れません。


[PR]
# by exmouthcoco | 2018-04-13 06:48 | フランスでの日々のつぶやき | Comments(2)

イースターの卵たち。

ちょっと出遅れましたが、先週末から月曜日まではイースター休暇でした。

毎回、Ninaっちが学校で作って持って帰ってくる工作が可愛くて、
何かと楽しみにしている母なんですが…
その連休の前に、やっぱり何か持って帰ってきました。(嬉)
b0069848_04513135.jpeg
手描きの模様のパニエと、折り紙のニワトリ。
b0069848_04515056.jpeg
中にはきちんと藁が敷いてあって、ヒヨコちゃんと卵のチョコレートたちが!

きちんとセロハンでラッピングされていて、かなりの完成度。
これを1人に1つずつ作らせるのって、結構な労力がいると思うのですが、
先生、頑張って下さいました。

そして、毎年恒例の村主催の卵探し。
b0069848_04453723.jpeg
今年はすぐ近くのスタジアムで。
週末の天気が微妙だったので、チョコ探しは無理かな〜と思っていたけれど、
開催時間にはパッと晴れてきて一安心。

去年よりは子供の数は多かったようで、賑わってました。
担当の方に、ちゃんと見つけられたかな?って聞かれて、
「いくつかのチョコを交換してもらっていい?」と小さなチョコを4つほど回収。
「これは、これから来た子達に探してもらおうね。代わりに、あっちで大きなチョコレートをプレゼントするね。」と、巨大なチョコレートの包みをゲット。

その日は、さらに別の2人のお婆ちゃんから
またたくさんのチョコレートをいただいて…
b0069848_04520993.jpeg
棚の中のサンタのチョコがやっと無くなる!と思ったら、
また振り出しに戻って、大量のチョコレート。
この時期、毎年言ってるけど「チョコは買いません」。(笑)

さて、話は変わりますが、先週行った、幼稚園での日本の紹介。
今日は、日本語のアトリエに行ってきました。
b0069848_04522682.jpeg
と言っても、難しいことはなかったのですが…。
先週、用意していった子供たちの名前を先生がパウチして、
それをコピーしたものも用意して下さいました。
b0069848_04524812.jpeg
先ずは、パウチしたカタカナを手でなぞってもらい、
コピーした方に、ペンでなぞる。
はい、それだけです。

私が1つのテーブルの担当となって、子供たちが順番に作業をしに来る、という感じでした。
書き順はあってもないようなもの。
まぁ、楽しんで自分なりに書いてもらえばいいんです。
面白かったのが、紙の方向を90度回転させて書こうとした子がいたり。
そうだよね、場合によってはその方が書きやすかったりするだろうね。
字を学ぶという意味ではNGだけど。(笑)
b0069848_04533895.jpeg
ちょっとの空き時間に、教室の中の1部をパチリ。
Ninaの脇に書いてあるのが、結構興味深くて…。

点呼をする人、ホワイトボードに日付を書く人、
整理整頓、ホワイトボードをキレイにする人、
プリントを配る人…などなど、それぞれが「責任者」と名が付いていて、
日替わりで担当が代わるということ。

子供達に、それぞれ小さな仕事を持ってもらい、
それに関してはクラスの代表という意識を持たせるのだろうけど、
みんなが平等に責任者。それも毎日。(笑)
なかなかいいアイディアですね〜。

最後に、また子供達と囲むように座って、最後の挨拶。
子供達から、楽しかった〜!
どうもありがとうございました。って言われて、やっと肩の荷が下りたのでした。
でも、喜んでもらってよかった〜!
日本との距離がちょっとだけ、縮んだかな。






[PR]
# by exmouthcoco | 2018-04-05 06:05 | のんびり子育て | Comments(4)
幼稚園での授業が終わって、肩の荷が下りたところで、
待ちに待っていた 自分へのご褒美。

近くに住む日本人の友人達と、3人でパリへ外出!
前から計画していたけれど、なかなか実行できず、
半年以上が経っていたのでした。

パリの中華街の1つ、Belleville ベルヴィルにおいしい餃子のお店と、
豆腐屋さんがあるということで行ってきました。

余談ですが、ニコラは20区のベルヴィル生まれ。
10年くらい前に、ニコラのお姉さん達がパリに来た時に、当時住んでいたアパートがあるのか探検しに行ったことがありました。
で。ニコラの家族が住んでいたアパート?
ありましたよ〜!

「いいなぁ、いいなぁー」というニコラにNinaっちの学校のお迎えをお願いして、
軽やかな気分でいざ!

運良く、車の駐車スペースも見つかって、早い時間に目的の餃子レストランへ。
b0069848_05544652.jpeg
海老の入った水餃子。6ユーロだったかな?
おいしぃ〜!
体が温まる。
b0069848_05551366.jpeg
焼き餃子も注文。こちらも確か6ユーロ。

美味しくて、黙々と食べてしまう。
「カニ食べてるみたいだね、私たち…」って言いつつ、
周りのお客さん、フランス人ばかりだったせいか、皆さん黙々とお食事中。
1番賑やかだったのは、キッチンから聞こえる中国語でした。(笑)

量が多くて食べきれず、残った餃子を持ち帰りでお願いしたら、
気持ち良く包んで持ってきてくれました。
これ、普通なら「ドギーバッグ」なんだけど、我が家は「旦那バッグ」。(爆)
案の定、夕飯にニコラとNinaっちが完食してました。
美味しいもんね!

そして、お目当てのお豆腐屋さんで…
b0069848_05553353.jpeg
大きなお豆腐、油揚げ(量り売り)、豆乳ときな粉を購入。
この豆腐、こんなに大きいのに1,20ユーロでした。

餃子を食べ過ぎて、夕飯もお腹が空かなくて…
久々に 冷や奴でいただいたら、美味しいのなんの!
毎日食べたい!通いたい!レベルのお豆腐でした。
Ninaっちも、翌日のオヤツに豆腐をリクエストしていたくらいですから…。😁
お揚げも、ふっくらとして美味しかったです。
もっと買ってくればよかった…。

いっぱい喋って、たらふく食べて、いい気分転換になった1日でした。



[PR]
# by exmouthcoco | 2018-04-02 06:58 | 食べること、大好き♪ | Comments(4)
前回からの続きです。

とうとう日本の事を紹介する日がやってきてしまいました。
午前中の休憩時間が終わる頃に来るように言われていたので、
そわそわしながら学校に到着すると、子供達の熱烈なお迎え攻撃。
小さな学校なので、遠足などの付き添いに行ったこともあって、
ほとんどの子を知っているせいか、それぞれが話したがる。
わぁ〜っと、たかられて前に進めない。(笑)
やっとの思いで教室に入って準備をした頃に、子供達が戻ってきました。

ホワイトボードの前に椅子を置いて、
周りには子供たち用の3つの長椅子を囲むようにして、
先生というよりは、ピンポンパン(分かる方は、私と同じ世代です。笑)、
または、おかあさんといっしょのお姉さんならぬ、オバさんのノリ。
つまり、子供達との距離がとっても近いんです。
なので、緊張せずにやりやすい。

ネットで色々探して、自分なりに良さそうなものをピックアップして…
(参考にさせていただいたリンクがわからなくなってしまいましたが)
これから同じような事を体験される方のために、
今回やった事を参考までに書いておきますね。

先ずは、日本とフランスの距離感をわかってもらうために、世界地図を用意。
b0069848_06015491.jpeg
これ、100円ショップのレジャーシートです。

余談ですが、我が家はこれが大活躍。
シャワーブースの下に引いたり(使い始めにヒヤリとしない)、
旅行先では、ホテルの浴室でバスマット代わりに使用。
すぐ洗って乾かせるので便利。
日本のトイレは清潔だけれど、海外在住の方で、外出先でオムツ替えする時に、
コレに寝かせてあげるのもいいんじゃないかと…。

話が逸れましたが、動物の絵があったりして、子供も興味津々。
先生は、太平洋側中央にあるこの地図を見て、新鮮だわって言ってました。
確かに、ヨーロッパの世界地図は日本が左の端っこにあるものね…。

国名がカタカナなので読めるわけもなく…
「フランスはどこかな〜?分かる人〜!」って、1人指名して探してもらい、
「じゃぁ、ジャポンはどこかな〜。知ってる〜?」とまた指名して…
細長い国を指すが、ちょっと違う。惜しい!(笑)

日本へは飛行機で12時間から13時間かかること。
正午に出発したら、真夜中に着くけれど、
時差が7時間あるので、朝になってる、とか…。

山が多く、火山もあるので地震が多いこと。
けれど、悪いことだけでなく、こんな素敵な温泉も各地にあるよ〜と言いながら、
若いお姉さんが露天風呂に浸かってる写真をiPadで見せました。
「うわぁ〜。大きなプール!」「しかも、温かいんだよ」と言いつつ、
温泉に浸かる猿たちの写真を見せて、子供達、口があんぐり。(笑)

食べ物のこと。和食を知ってる人〜って聞いて、
何を知ってるか聞くと、やっぱりSUSHIですね。
1人、「お米をたくさん食べるんだよね」と、ズバリな回答の子がいてビックリ。
フランスではパンを沢山食べるように、日本ではお米をたくさん食べることを教えました。
お箸の話をしたら、かなりの子が手を挙げて「私も持ってる〜!」「僕も〜!」と、
4割くらいの子が、話したくてうずうず。
結構、持ってるんだ〜、と、逆に驚いたのでした。
先生も、クラスでやらせようと購入済みなのだとか。
実は、家から持って行こうかと思ったのですが、子供が目を突いたりしたら大変だと思って持っていかなかったんですよね。
そこまで心配しなくてよかったのか…。

後は、日本の住居について。
靴を脱いで生活すること、畳の部屋があること、
お風呂の話(湯船のお湯は綺麗なまま、家族全員使い回す)と説明。
それからなぜか、ちょっと逸れて、柔道の話に。
放課後に柔道に行ってる子が多くて、これまたビックリ。
「Ninaちゃん、みんな習ってるよ〜」って、思わず言ってしまいました。
当の本人、シラーーーってしてましたけど。

堅苦しい話になってきたので、ポケモンとキティのフィギュアを見せたり、
折り紙の花火やでんでん太鼓も喜んでくれて、
すべての物が、小さな手から手へと順番に回ってました。(笑)

ちょうど、何日か前に、友人からもらった 乗り物の絵本があったので持って行ったら、
まさにビンゴ!
こちらの子って、消防士さん好きなんですよね。
消防車やパトカー、新幹線など、飛びつくように見てました。

そして最後に、ちょっとだけ日本語のことを。
ひらがなは日本固有のもので、カタカナは外来語に使うこと。
漢字は中国から伝わったけれど、中国人と話しても通じないこと。
でも筆談だったら、ほとんど意味がわかると説明したら、不思議そうな顔をしていました。
木を1つ書いて、2つ書いたら林。3つ書くと森になるよ〜、と言ったら、先生がなるほど!って。

そして、最後に「こんにちは」「ありがとう」と「ございます」を教えて、
先生のリクエストで童謡を1つ、みんなと歌って〆となりました。

あっという間の1時間だったけれど、退屈そうな子はいなくて、
逆に乗り出してくるくらいの勢いでみんなが興味を持ってくれたので、
やり易かったです。

先生の、「みんなどうだった〜?楽しかった〜?」との質問に、
「Oui ウィ〜〜〜!」の大合唱。
ホッとした瞬間でした。

用意していったNinaの浴衣も着せるのをすっかり忘れてしまったし…。
一枚ずつ書いた名前の紙は、来週に日本語のアトリエをやるという事で、
また次回に。

終わったような、終わってないような…。
でも、楽しい経験でした。
何よりも、子供達のまっすぐな視線が可愛い…。
このまま大きくなってね、って思いながら、家路に着いたのでした。


[PR]
# by exmouthcoco | 2018-03-29 06:29 | のんびり子育て | Comments(6)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco