フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:我が家のリフォームとDIY( 246 )

寒いです…。

先週末から、Ninaっちは冬休みに突入。
それに合わせて、今週はニコラのお姉さんがDijonからわざわざ来てくれて、
Ninaっちの遊び係を引き受けてくれてます。やった〜!
嬉しいのは私だけでなく、Ninaっち。
大好きなtata(伯母)を独り占めできるんだもんね。

両親は何をしてるかというと…
b0069848_07175829.jpeg
長年放置していた、お風呂場のタイル貼り。

今頃か!って思われそうだけれど、裏のボロ屋の方に浴室を作ってからは、
そちらばかり使っていたのです。
キッチンのタイルを貼って、気分が良くなったところで、いざ浴室へ!

が…。
普段、使ってない場所だけに寒いんです。
しかも、急に寒波がやってきて、室内でも寒い寒い。
今朝は、マイナス8度でした。

タイルを切断する機械は水を入れるタイプなのだけれど、
切った側から凍っていきます…。
b0069848_07181834.jpeg
置いている台の脇にも氷柱が…。
そう、日中でも晴れているのに氷点下。
b0069848_07191890.jpeg
、明日は、もうちょっと気温が上がるとのことだけれど、寒いものは寒い。

早く終わらせて、ぬくぬくお風呂に浸かりたい…。







こーるどふぉとこんてすと



[PR]
by exmouthcoco | 2018-03-01 07:37 | 我が家のリフォームとDIY | Comments(2)
予定通り、週末にタイル工事が終わりました。
b0069848_06131313.jpeg
目地が入ると、パッと広く明るくなるから不思議。

何日か火を入れていなかった調理ストーブも、一昨日から少しずつ火を入れて…
正面のタイルはじんわりあったか。あぁ、これが床だったら、寝っ転がりたい!
という訳で、心配していたタイルは「今のところ」ひび割れもなく、大丈夫そうです。
b0069848_06133938.jpeg
この、木製のカウンターをヤスリがけして、専用オイルを塗って…
今日はどちらのカウンターも使えなくて、結構不便な思いをしました。

この何も置かないキッチンを目指して、オイルを塗りながら、あれこれ荷物整理。
断捨離中とはいえ、やっぱり必要なものが結構多くて、格闘中です。

タイル工事、楽しくなってきました。
近いうちに、長年放置だった、1階の浴室のタイル工事を計画中。


[PR]
by exmouthcoco | 2018-01-30 06:36 | 我が家のリフォームとDIY | Comments(15)
b0069848_06261891.jpeg
この何日か、キッチンのタイル貼りに励んでおります。
やらねばと思いつつ、他にも優先することがいっぱいあったので、
やっと!という感じなのです。

あ〜〜。カウンターに何もないって、本当に気持ちいい。
これこれ、これをキープしようではないか!
b0069848_06273231.jpeg
手前左の黒い空間は、薪の調理ストーブ。(天板が外してあります)
当然、工事の間は使わず、同時に掃除したりしてメンテナンス。
幸い、今の時期、そんなに寒くなく、隣の部屋のエアコンだけで、
なんとかしのげるありがたさ。
日本は寒いそうですね…。

薪ストーブがとても熱いので、正面のタイルが(目地も含めて)大丈夫なんだろうか、という不安もあるものの…やってみないとわからないですからね。
タイル工事が終わって、次に火を入れる時は、少しずつ暖めるようにしてみます。


b0069848_06291375.jpeg
こちら、反対側。
コンセントの数が多いので、それを測るのが結構面倒。
b0069848_06282358.jpeg
今日は、キャプテンが本業で不在なので、私1人、宿題を…。
b0069848_06285341.jpeg
久しぶりに、頭を使っています。

今週末には終わるかな。


[PR]
by exmouthcoco | 2018-01-26 06:50 | 我が家のリフォームとDIY | Comments(4)

我が家のBBQ台 兼 燻製器

b0069848_06205120.jpeg
先週、また スモークサーモンを仕込みました。

親戚に持って行った時に、どんな燻製器を使って、どうやって作るのか、
何度も聞かれるので、この場で我が家の燻製器をご紹介。

サーモンの下準備は、写真を撮るのを忘れました〜。
ゴメンなさい。
一応、作り方をサラリと書いておきますね。

*********** サーモンの下準備 ***********
鮭は冷凍でなく、生のフィレを用意。
(もちろん、丸のまま買ってきて、捌く時もあります。)
皮のついた状態で、骨を丁寧に取り除き、
ハラス(お腹の身の薄い部分。トロみたいな部分)は取り除く。
(ハラスは別に焼いて食べるとおいしいです。)

大きなトレーに網を置いて、サーモンをのせる。
粗塩をたっぷりサーモンに振りかけて、冷蔵庫に1日置く。
翌日、トレーに水分がたっぷり出てきてます。
サーモンがこの水に付かないように、網で浮かす状態にするのがポイント。

柔らかだったフィレが、締まった感じになっていたらOK。
水で塩を洗い流す。トレーと網も洗う。
キッチンペーパーで拭き取って、トレーにのせた網に戻す。
新しいキッチンペーパーで覆い、一晩置く。(水分を取るため)
翌日、ペーパーを取り除き、ラップをしない状態で更に1日、冷蔵庫内で乾かす。

これで、下準備は完了です。
**************************************************
b0069848_06180050.jpeg
これが我が家の燻製器。レンガで作りました。
あ、まだ蓋ができてないので、段ボールですけど。(笑)

1番下に薪を入れて燻します。
庭のリンゴやプルーンなどの枝を使用。
細い枝だと火がつきやすいので、ある程度の太さのものがいいようです。
b0069848_06183059.jpeg
ここは、ピザやパンも焼けるようになっていて、耐熱レンガを敷いてあります。
b0069848_06192917.jpeg
アンティークのパン窯の扉。
本当は、CAVEの窓に付ける予定で買っておいたものなんだけど、
ここに落ち着きました。

このパン窯の中に10cmほどの穴があって、
ここで出た煙が穴を通って、上の階に行くようになっています。
b0069848_06184934.jpeg
段ボールを開けるとこんな感じ。
燻製室になっていて、夏はここがBBQ台となります。

パン窯と燻製室の間には、断熱材が入っているので、
万が一、薪に火が入っても、直接熱くはならないようになっています。
b0069848_06190927.jpeg
燻製室にも、やはり穴があって、煙はこの煙突から出るようになっています。
この日は風が強かったので、煙は写ってないですけど…。
b0069848_06195063.jpeg
15時間くらいかな…。
じっくり燻して、こんな感じになりました。

できたては燻製の味が強いので、1日寝かせてからいただきます。
この時期、外でも大丈夫ですが、気温によっては冷蔵庫で。

塩梅といいますが、塩加減が結構重要。
少なすぎても保存は効かないし、多すぎても塩っぱくて食べられないし。
何度か作っていくうちに、コツが掴めると思います。

この記事を読んで作ってくださった方、(いらっしゃるかな?笑)
是非、感想をお聞かせください〜!




[PR]
by exmouthcoco | 2018-01-21 07:29 | 我が家のリフォームとDIY | Comments(10)
お待たせしました。
久しぶりにリノベーションの記事です。

改装中だった、以前のサロン。
前回の記事はこちらです。
完全にとは言えませんが、なんとかお見せできるくらいになったので、
この場で報告。

Ninaの誕生会を企画したこともあって、なんとか終わらせないと!と、頑張りましたよ〜。
六角形のトメット(テラコッタ)の目地を再度入れ直して、汚れないうちにワックスがけ。
b0069848_22330127.jpeg
日が暮れても、磨く、磨く!
Ninaも一緒に手伝ってくれたけど、
2人でいつまでも果てしなくやってる姿を見て、何か感じるものがあったのかな…。
b0069848_22323950.jpeg
でも、決して押しつけでなく、この通り、楽しみながら…
もうすぐ迎える、快適な空間を想像しながら、
ある意味、わくわくの作業でもあったのです。
b0069848_22332361.jpeg
以前は我が家のキッチンであった所。
ここに洗濯機が置いてあって、これも撤去しました。
自分たちのは洗面所にあるのですが、写真の洗濯機は一つ前のモノ。
ミカのタオルなど専用で、この度、ガレージに移動することにしました。
排水や配管が床から来ているので、これも撤去。
テラコッタを剥がして、また新しく貼り直します。
そして、目地 → 乾いた後にワックスがけ。
この作業、実は誕生会の前日にやってました。
b0069848_22280157.jpeg
さて、何とかできたところで、子供達を迎える準備に。
というわけで、こんな感じに変わりました。
b0069848_22270710.jpeg
我が家に来たことがある方のために、一応説明しておくと、
右の青い扉の向こうがトイレと浴室、ハマム。
b0069848_22272695.jpeg
暖炉は鉄板で隠さないといけなかったのに、ビスなどを留める時間もなく…。
ピアノが置いてある所には、将来、棚をつけて、テレビもこちらへ持ってくる予定。

ソファーと靴箱の間の凹みは、以前、冷凍庫を収納するために作ったもの。
今後は、棚と扉を付けて、クローゼットになる予定です。

b0069848_22274470.jpeg
玄関ドアを入って左側、昔のキッチンだった所。
白い扉はcaveへの通路。
隠してしまおうか迷ったパン窯は、残すことにしました。
だって、この家のチャームだものね。
ここまでするのに苦労したけれど、まぁ、何とか形になってよかったかな。
我が家に入ると、まず、ここでおぉ!ってなるんですよね、やっぱり。

天井が白くなって、パッと明るくなって、高さも感じるようになりました。
黒い梁はそれなりに重厚感があるけれど、圧迫感があるんですよね。
まだまだ、細かい作業は残ってますが、
とりあえずは、この空間はこれでAfterということで…。


[PR]
by exmouthcoco | 2017-11-18 05:10 | 我が家のリフォームとDIY

只今、改装中…。

b0069848_05374752.jpeg
このブログを長く読んでくださってる方には わかる、
我が家の母屋のサロンだった空間。

裏のボロ屋の作業に専念していたこともあって、
しばらく手付かずだった このちょっと薄暗い部屋を現在、改装中です。
b0069848_05380747.jpeg
石壁だった壁は、断熱材を入れてフツーの壁に。
ちょっと重い感じがしていた この梁たちも、化粧直し。
b0069848_05382267.jpeg
ただ… この家の長〜い歴史の中で、煙がこの梁に相当染み込んでいたようで、
白いペンキを軽く塗ったところで、うっすらと茶色いシミが出てくる。(涙)
格闘中です。

ふと 振り返ったら、この家に引っ越してきて12年。
たまにはヴァカンスに出かけるけど、毎日毎日、何かしら家の作業に専念してきた。
もうそろそろ、終わらせたいなぁ…。
終わらせなきゃ!

ということで、今まで以上にモチベーションがアップしている我が家でした。

そんな中、近所の友人から ショートメッセージが。
「森に散歩に来たら、キノコ採ってる人がいたよ〜」と、
パニエの中に大きなキノコが入ってる写真が送られてきた。

あぁ!キノコ狩りに行きたい!森に行きたい!
家の作業をしながら、気持ちは森に急ぐのでした。

週末には、お客様が…。
終わるのか?
頑張ろう〜〜!



[PR]
by exmouthcoco | 2017-09-19 06:03 | 我が家のリフォームとDIY

最後の? 石壁 その後…

裏のお婆ちゃんちとの境の石壁。
ネコが通るたびに崩れていた部分も補強して、
なんとか我が家の敷地まで完成しました。
ハシゴも取り去ってしまったので、前回とは同じアングルでは撮れなかったけれど、
こんな感じ。
b0069848_04413096.jpeg
、ずずーーーーっと奥まで。

で、終わった終わったと一息ついたところで、
崩れていた壁に積んでいった瓦や石の いわゆる新しい部分と、
元からあった石壁を目立たないように目地を入れよう!と始まったのはいいけれど…
b0069848_04415605.jpeg
これがですね…



やっぱり目地を入れるとパッと明るくなって、美しい。

どんな風に変わるかというと、
b0069848_04423928.jpeg
こーんな壁が…

b0069848_04430974.jpeg
こーんな風になっちゃうんですよ。

このまま終わらせないのも なんだかもったいないような気がしてきました。
だって、家の価値がグッと上がるもの。
b0069848_04421882.jpeg
と言うわけで、せっせと、予想外の仕事に明け暮れているキャプテンです。
やってもやってもなかなか進まない…。


↓↓↓ 向こう側の壁、左と右の違い、わかりますか?
b0069848_04434554.jpeg
一足先に水着に着替えて水遊びする人あり。
ここのところ、毎日 悔しいくらいのお天気が続いてます。

何故悔しいかって?
去年のお正月頃にも体調崩していた私ですが…
ここのところ、また胸の奥のほうに同じような嫌な痛みがあり、
医者に行って、抗生物質を処方してもらって飲んでいる状態。
このお薬は日光過敏症になる可能性があるらしいので、
こんなにお天気でも日陰の身なのです。😭
b0069848_04441233.jpeg
畑は耕して土ふかふかなんだけど…
まだ本格的には作業できない辛さ。

明日のパリは26度の予想。
プールだ!と騒いでいる娘、この週末から2週間の春休みです。




[PR]
by exmouthcoco | 2017-04-09 05:44 | 我が家のリフォームとDIY

最後の?石壁作り

最近の我が家…。
また、こんな事が始まってます。
b0069848_06133824.jpeg
ん?また?と思った方もいるかもしれませんね。
左の向こう側に見える部分は、去年の秋に完成した お隣のおじいさんとの境の壁。今回は、裏のお婆ちゃんとの境です。
壁というか、日本でいう「塀」。
我が家は大まかに4つの大きな塀に囲まれていて、
それぞれ一面ずつ、違うお隣さんと接しています。

我が家の所有となる塀(我が家がメンテナンスをする)もあれば、
お隣さんと共有の塀(メンテナンスは共同)もあって、
この 共有の場合は自分たちの思うようにいかなくて、結構ややこしいことも。

今回は、裏のお婆ちゃんとの共有の壁。
本来なら、折半で!となるところだけれど…
壁の修復の話になると、そうね、そうね…と言いつつも、なんとなく消極的。

我が家が引っ越してくる前に、お隣のおじいさんと裏のお婆ちゃんの壁の修復をしたそうだけれど、15年くらい前の物価で、1平方メートルあたり750ユーロだったか…
とにかく、高額な値段を払って工事をしたそう。
まぁ、我が家は職人さんに頼むことなく、自分達でやるのだけれど。
傷んだ石壁をネコが通るたびに、石が落ちて…
ここもスッキリさせたいなぁ、と 今回、この壁に着手。
b0069848_06135768.jpeg
左側がお婆ちゃんち。

ふらふらと見に来て、「壁の作業を始めたの?」とお婆ちゃん。
「Ça va?」どう?って聞いてはくれるけど、
お金のことになると、「なに〜〜?聞こえない〜。」って、耳が遠くなるお婆ちゃん。(笑)
ドリフの志村けんのお婆ちゃんを思い出してはニヤニヤしていたのでした。

一回のコンクリートミキサーに、砂バケツ3杯、砂利2杯…プラス石灰とセメント。
最初はプルプルしていた腕も、回数をこなすうちに なんだかムキムキ?
合計で何回、回すことになるかな。

ま、お金(資材費)は期待せずに、あくまでも自分達のペースで、やりたいように…。
お婆ちゃん側は大きな穴があったりして、結構ダメージがあるのだけれど、
その辺は孫にやってもらおう〜。
b0069848_06142340.jpeg
この、工事中のスペース、
実は、私の菜園なのです。
b0069848_06145458.jpeg
蒔いたソラマメがやっと芽を出し始めたけれど、
他は何もできず…。
早く工事を終わらせて、菜園生活をスタートさせたい今日この頃です。

[PR]
by exmouthcoco | 2017-03-18 07:11 | 我が家のリフォームとDIY

包む…

我が家の断捨離、まず屋根裏部屋から進行中。
たくさん出てきた不要なモノを処分したいのに、天気が悪かったり、他にやる事も多くて、玄関近くの部屋は物置き状態となっております…。トホホ。

b0069848_06482669.jpeg
何日か前から、少しずつ…

ペンキを塗り直そうかと、梁を包んでおります。
b0069848_06480638.jpeg
何もない空間はやっぱり気持ちイイ!
最低限のモノだけおいて、このままを維持したい‼︎

この後、ペンキ塗り。


包むといえば…。

餃子を作るべく、キッチンでこそこそやってると、いつの間にか側に来て、
「Ninaも作る〜!」と邪魔しにくる人。
b0069848_06484557.jpeg
2歳くらいまでは、端っこをあげたら小麦粘土の延長で遊んでいたのに、
4歳となると、そうごまかしは効かないらしい。
b0069848_06490753.jpeg
最近は、フライの衣を付ける時にお手伝いしてくれて、
パン粉係さんはなかなかキレイに付けてくれるのだけれど…

餃子は難しいだろう〜!
もう、冷や冷やというか、メチャクチャにされて、ため息つきっ放し。
子育ては本当に忍耐です。

と言うのも、大好きなアニメ、「マーシャと熊」で、ワンタンを作るエピソードがあるのですが、それを見る度に「これ作りた〜い」と。
↑英語バージョンですが、言葉が分からなくても楽しめるので貼っておきます。
(見れない場合はこちらを試してみてください。)


で…我が家のマーシャの作品。
b0069848_06493425.jpeg

え゛〜〜!
握ってる?
b0069848_06502469.jpeg
焼いてみたら、目立たなかった。(笑)
自分で作ると、いつもよりたくさん食べてくれるので(もちろん、褒めまくり)、
まぁ、いいのかな。

包むと言うより、包まる(くるまる)という感じがピッタリなのは、この子。
b0069848_06504641.jpeg
冬になると、包まってます。
夜は特に、タオル掛けないと「ワフッ」とちょい吠え。
「掛けてくれ〜〜」って…。
結構なご身分です。











[PR]
by exmouthcoco | 2017-01-16 07:33 | 我が家のリフォームとDIY

家の外観・進化中。

ボロ屋と呼んでいた、我が家の裏の家(実際は、くっついてます)の外壁。
全面が石壁とは言えず、漆喰のような部分があったりして、
しかも、ひび割れがあったり、一部が剥がれて落ちたりして、
かなり傷んでおりました。
b0069848_04141421.jpeg
一応、石の周りを削って、白セメントで目地入れ。
石がない部分は、しょうがない、石を付け加えられればはめ込んで、
ダメなら白セメントだけで、ということに。
b0069848_04145128.jpeg
どうやら、上の方は石が少ないみたい。
グレーっぽかった壁が白くなって、パッと明るくなった印象。
b0069848_04152143.jpeg
今の所、ここまで…。
足場が届かなくて、上の方はハシゴでの作業。
大変だ…。

一枚目の写真の下は、こんな感じに。
b0069848_04155079.jpeg
ガレージの脇の壁。実はこの壁の中は、我が家のcaveになっていて、
右下のアーチ型の裏側には、当時、冷蔵庫代わりに使っていた空間があるのです。
壁の一部がくり抜いてあって、そこに物を置いて保存していたそうで…。
で、くり抜いてあるから当然、その部分は壁が薄い訳で、
外壁が崩れかけていたこともあって、石の隙間から外の光がかすかに見える状態だったのです。
で、補強するにも石をはめ込むほど厚みが出せないので、
ニコラのアイディアで、このようなアーチ型に。
肝心のcaveの窓は、その型を使ってこれから手を入れるのだそう。

寒くなる前に、外回りの作業は何とかひと段落させたいところ。
本格的な寒さになるまでに、どこまでできるかな〜。



[PR]
by exmouthcoco | 2016-10-01 05:21 | 我が家のリフォームとDIY

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco