フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:フランスでの日々のつぶやき( 219 )

荷造りをして…

ただいま、Ninaっち、2週間の春休み真っ只中。

先週まで28度もあった北フランス。
夏服を引っ張り出して半袖の洋服を着ていい気分だったのに…。

キャンピングカーの掃除をして
b0069848_04442968.jpeg
荷物を詰めて…
b0069848_04450839.jpeg
ちょっとお出かけしてきます!

↑ え? コートが必要?
せっかく、初夏の気分だったのに、
行き先は朝は3度くらいしかない寒い所へ。(泣)

ちょっと更新が怠ります。
また戻ってきますね〜!


[PR]
by exmouthcoco | 2018-04-28 04:54 | フランスでの日々のつぶやき

伯父さんとのお別れへ

ちょっと更新が遅れました。
実は、ニコラの家族に訃報があり、南西部へ行ってました。

お世話になった伯父さんのお葬式…。
ニコラの実家がBordeauxの北へ引っ越してから、
以前に住んでいた Lot-et-Garonne ロッテガロンヌへは
なかなか行く機会がなくなってしまいましたが、
機会がある度に、親戚巡りはしていた私達。

伯父さんには、年末年始に会うことができたことが、何よりも心の救い。
実は、「tonton トントン(おじさんの意味)に会えるのは最後になるかもしれないね…」と言っていたのですが、実際、会ってみると、思った以上に元気そうだったので安心していたのですが…。

朝4時半前にパリ郊外の自宅を出て、キャミオンで高速を使わずに直行して、
14時45分に到着。セレモニーの15分前でした。(汗)
途中、外食する時間もなく、用意していたオニギリでなんとか腹ごなしをして…。

会場前にはたくさんの人。
懐かしい親族にも会うことができて、心が緩む瞬間。
1人の青年に挨拶しながら「誰だっけ?」って心の中で思いつつ、ニコラに聞いたら、従兄弟の名前を言うではありませんか。
イヤ、若すぎる。ってことは…息子?
14年ほど前に、その従兄弟の家に遊びに行って、小さな男の子がいたのだけれど、
名前を言ったら、まさにその子でした。
もう20歳…。おばちゃん、歳を感じた瞬間。(苦笑)

一方、私たちの結婚式に来てもらって以来、会うことのなかった 従姉妹の娘に、
「coco?変わってない〜〜!」って言われて、
ちょっといい気分になった瞬間。

ニコラのパパと、弟も来ていて、知った顔があってホッとしたのか、
Ninaっちはお爺ちゃんとくっついてました。

セレモニーが始まって、家族や友人が故人のことを話したりした後、
伯父さんの若い頃の写真から…兄弟、従姉妹、友人、家族…と、
たくさんの写真がスライドショーで映されました。
その中に、Ninaっちが赤ちゃんだった頃の私達、
もうちょっと大きくなったNinaっちと私達。
どちらも伯父さんと一緒に写っていたものですが、
それを見た途端に、涙がじわーーーーっと。
お世話になったんだなぁ、としみじみ思いました。

その日は、近くの従姉妹の家にお世話になることに。
セレモニーの間は上着も要らないくらい、汗ばむほどいい天気だったのに、
夜には豪雨。
b0069848_05245494.jpeg
晴れた後には、キレイな虹が二重に出てました。

家庭に問題があって親と暮らせない子供達を受け入れている従姉妹の家。
来る度に、笑顔で迎えてくれる女の子たちは、会う度に大きくなって…
今回は、Ninaっちの要望で、子供達だけでパジャマパーティー。
b0069848_05251401.jpeg
でも、この後、Ninaっち、私達のベッドへ潜り込みに来てました。
ズルい。

翌日、向かったのは、tontonでなく、そのパパ(つまり、ニコラのお爺さん)のお墓参りに。
b0069848_05253948.jpeg
前にも一度、来たことがあったけれど、お爺さんの名前が 亡くなった伯父さんと一緒だったという事に、
今更気づく…。

南西部は春休みに突入してましたが、Ninaっちはまだ学校。
(フランスでは、年末年始と夏休み以外は、
3つのゾーンに分かれて1週間ずつヴァカンスがズレています。)
4日振りに自宅へ戻ってきました。

やれやれ…という感じ。
人間も疲れてますが、お年を召した この方も、相当疲れているようで、
b0069848_05265189.jpeg
夜は、さっさと自分のベッドへ上がっていって、熟睡。

翌日、昼間も白目をむいて寝ております。
b0069848_05271029.jpeg
この、丸まった脚が好き❤️
b0069848_05272687.jpeg
そして、日常生活がスタート。
荷解き、買い物…で、なかなか元に戻れません。


[PR]
by exmouthcoco | 2018-04-13 06:48 | フランスでの日々のつぶやき | Comments(2)

幸せいっぱいの 誕生日

土曜の夜、ご近所3家族合同の食事会があって、
たくさん喋って、笑って、飲んで、食べて…
帰ってきてベッドに入ったのが深夜1時過ぎ。
翌朝、起きたら10時半過ぎてました。😁

そんなゆっくりな朝を迎えた誕生日。
お腹も空いてないのに、家事をしなくていいように、とニコラの配慮で外食へ。
私はお家ご飯のほうが好きなんだけどな…。

我が家から3つくらい先の集落にあるレストラン。
以前、来たことはあるのだけれど、オーナーが変わってからは初めて。

お腹空いてないと言いつつ、前菜にハムとソーセージの盛り合わせ。
b0069848_06460098.jpeg
ビールでお腹が膨れ… ここのパンが美味しすぎた。
ついついつまんでしまう。ううっ。
b0069848_06480827.jpeg
お子様メニューの人。
フライドポテトが自家製で美味しかった!
これ、ほとんど全部平らげて、デザートのアイスクリーム2つ盛りも完食。
b0069848_06561897.jpeg
待ち時間に描いた絵がなかなかイイ感じだけど、数字が鏡文字。惜しい!
いいのか〜〜?
b0069848_06563669.jpeg
大人のメイン。
体調崩してから、食事量がちょっと減ったので、私的にはツラいボリューム。
でも、お肉も、巨大frites(フライドポテト)も美味しかった。
ニコラのバーガーも、笑える大きさ。
デザートはお腹の余裕もなく、コーヒーのみで。

週末なので単品での注文だったので割高だったけど、
平日はかなりお得なmenu(定食)があるようなので、試してみたいな。

b0069848_06570337.jpeg
3月半ばなのに、雪。
春が待ち遠しい今日この頃。

b0069848_06571811.jpeg
↑セルフィーなので画像悪いですけど…。
友達に送った写真を拝借。

沢山の、お祝いメッセージをもらって、
温かい家族に囲まれて…
幸せいっぱいの誕生日でした。

さぁて!明日から、また頑張ろう〜〜!



[PR]
by exmouthcoco | 2018-03-19 07:30 | フランスでの日々のつぶやき | Comments(8)

ヘビも日向ぼっこ

今週から学校が始まって、通常通りの生活が戻ってきました。

が…。薬を飲んでるせいか、まだちょっと体が重い。
日に日に良くなってきてますが、いまいち、パキパキと動けないのです。
病気でなく、歳のせいか?(笑)

お天気だった日曜日。
久しぶりに森へ散歩に行きました。
日差しが眩しいこと。

森の小道で、日向ぼっこをしてるヘビに遭遇。
b0069848_06264902.jpeg
細くて、巻きが小さい。
Couleuvre à collier と言うらしいです。
可愛い顔だなぁって眺めていたら、脇からNinaが来て、踏みそうになった!
ダメだよ!って、腕を掴んだら、ヘビに気づいて固まってました。
多分、本物見るの、初めての人。(笑)

家族みんなで、大好きな森で!ミカは大喜び。
b0069848_06354368.jpeg
わざわざ、水に入ってかなくてもね〜って思うんだけど、
b0069848_06365510.jpeg
どうやら喉が渇いた犬。

どこでも生きていけるよ。
あ、家族の愛情と、食べ物さえあれば、ね。ミカたん。



[PR]
by exmouthcoco | 2018-03-15 06:40 | フランスでの日々のつぶやき

冬眠中の熊のように…。

ちょっとご無沙汰していました。
タイルの工事のその後を覗きに来てくださった方も多いのでは…。

先週末から体調を崩して寝込んでおりました。
まずニコラから。
買い物に行った時に悪寒がすると言っていたら、翌日の土曜日にダウン。
医者に連れて行って、その後、ベッドの人。

翌日に、私もなんとなく同じような症状が…。
先生に診てもらった時は元気だったのに〜。
クスリもなく、ニコラのを分けてもらってます。
b0069848_07102104.jpeg
同時に、Ninaっちも高熱が出てダウン。

解熱剤を飲んでは快復した気分になり、
薬が切れそうになると具合が悪くなる繰り返す私達。

Rhinopharyngite (鼻咽頭炎と言うらしい) だね、と先生の診断。
喉に痛みを感じて、食べ物を飲み込むのも大変なくらい。
鼻水、そして夜も眠れないくらいの沢山の咳と痰。
関節のあちこちが痛い痛い。
高熱に伴う頭痛…と、本当に辛かった〜。
2キロも体重が落ちましたよ。

幸い、お義姉さんがいてくれたので、私がベッドで休んでいる間に
食事の準備をしてくれて、本当に有難かった…。
そんな彼女も、熱はないものの結構咳をしてたから申し訳なかったのだけれど。
いつもの通りニコニコ笑顔で、しおれた花たち(私達)に栄養を与えてくれる。

昨日の朝、旦那さんが到着。
病気の巣窟に来てもらって申し訳ないと思ったら、
なんと、お義兄さんもかなりの咳!(苦笑)
どうやら、風邪が流行ってるらしい。

今日の午前中、2人は帰って行ったけれど、疲れは出ていないかな。

昼食後、冬眠中の熊のように、親子3人で丸まって熟睡。
こんなにゆっくり、皆んなで昼寝をするなんて 久しぶり。
悪くはないな。元気だったら、なおいいけど。

今回、お義姉さんが来たのは、ヴァカンス中のNinaのシッターもあるけれど、
実は、我が家の車の一台を彼女に譲渡したのでした。
そのために、タイル工事の他、車のメンテ、車検を通しに行ったり、
結構、予定が詰まっておりました。
この1週間、思ったほど作業は進まなかったけれど、
身体を休めろっていうサインなのよね。

興味深かったのが、家族全員病気になると、犬も元気がなくなるということ。
面白かったのが、最初にニコラがダウンした時、食卓にニコラの姿がないと思ったミカ。
ベッドルームへ「ゴハンだよ、ゴハン。食べに行こうよ。みんな待ってるよ」と言う如く吠えて呼びに行ってました。
家族の一員だもんね。

さて…冬休みは今週いっぱい。
まだ完治していないので、ぼちぼち、ゆっくりいきます。




[PR]
by exmouthcoco | 2018-03-07 08:08 | フランスでの日々のつぶやき | Comments(4)
ちょっと寒い時の、必需品。
b0069848_06264205.jpeg
もう8年前のことになるけれど、裏のボロ屋の屋根の葺き替えの時に、
ニコラが屋根から落っこちて、キネ(キネジテラピー 運動療法)に通っていた時に
勧められて買ったもの。
本人、ほとんど使ってなくて、私が毎日のように使いまくってます。
中は、豆でなくて、麻の種が入ってるみたい。
レンジで3分温めて、肩や腰にのせて使うのだけれど、
私はもっぱら、寝る時の湯たんぽ代わりに。
足が温まると、お腹、それから上にズルズルと…
最終的に、首の下にのせて寝るのだけれど、この適度な重さがとても心地いい。
量ってみたら、1,4kgでした。

もうちょっと小さいのが欲しかったので、
Ninaが着れなくなったワンピースを解いて、作ってみました。
b0069848_06281995.jpeg
小豆がなかったので、パイを焼く時の重石代わりに使っていた緑豆で。(笑)
660g。
ちょっと背筋が寒い時に、股に挟んでみたり、腰に当ててみたり。
重すぎず、軽すぎず、いい感じ。
紐を通す口を付けたらよかったかな。

カナッペに座って、手作りカイロを膝に乗せてブランケット掛けたら…
「こたつ」でぬくぬくしている気分。
たまには、こんな時間も大切にしないとね。


[PR]
by exmouthcoco | 2018-02-17 07:19 | フランスでの日々のつぶやき | Comments(4)

ソリに乗って…。

朝、起きたら外は銀世界でした。
b0069848_19374706.jpeg
翌日は熱があって、案の定、学校をお休み。
その夜、土曜日に一緒に遊んだお友達のママからSMS。
「明日、学校があるか知ってる?」
Ninaは熱があって学校に行かなかったので、明日のことはわからないと返事をしたところ、実は、お友達の方もNinaと同様に、嘔吐して熱があって学校に行かなかったと言われ、ちょっとビックリ。
そうか…!今、流行りのガストロか!

昨日の朝は、ちょっとお腹を下してたNinaだったけれど、熱も下がって元気だったので、ミカの散歩に一緒に行くことに。
でも、学校があるのかは不明。
こんなに雪が降ってたら、ないだろうね〜って話しながら。
b0069848_19385490.jpeg
登校風景。(笑)

ブロカントで買った、古いソリ。
普段はコーヒーテーブルにしたり、部屋のデコレーションの一部となっているのだけれど、
使わない手はない!
古い道具でも、こうして実用となるものが好き。
そのオブジェが、まだ生きてるような気がして。

b0069848_19391416.jpeg
ウチの裏に役場と学校があるのですぐ到着。
お友達に2人会っただけで、他には誰も…。
学校の門は閉まってました。やっぱりね。
隣村との送迎バスもストップするよね、この雪じゃ。
b0069848_19395473.jpeg
普段はNinaっちを学校へみんなで送って行って、そのまま、私とニコラとミカと散歩に行くのだけれど、
今日はNinaっちも一緒。
今日は農道と畑の境目が見えず。(笑)
b0069848_19402634.jpeg
こんなに頭を突っ込まなくても…。
雪の下に何かいるのかな?
b0069848_19404672.jpeg
家の中ではホコホコ温かいのが好きなのに、やっぱり雪は大好きらしい。
オバちゃんになった今でも、雪になるとテンション上がってます。
b0069848_19411542.jpeg
森の中でなく、村の中の小道。
こんなにたくさん木が茂ってると、楽しい事が待ってます。
b0069848_19413536.jpeg
バサッ!
!!!!!
b0069848_19420043.jpeg
ギャーーーーーーーッ!

これの繰り返し。(笑)
b0069848_19424014.jpeg
やれやれ、家に到着。
楽しかったね〜。朝の散歩。
b0069848_19432479.jpeg
疲れた犬はこの通り。
この写真見てるだけで、なんか温泉に浸かったようにほっこりしてくるから不思議。😊

夕方は…
b0069848_19430339.jpeg
アペロ(食前酒)のために、ビールを冷やします。

このビールの美味しかったこと‼︎
雪のある日は、またやろう!


さて今日も、学校はない様子。
このまま1週間、休校かな…。




[PR]
by exmouthcoco | 2018-02-08 22:02 | フランスでの日々のつぶやき | Comments(4)

静かな日

あっという間に2月に突入ですね。

毎日毎日、天気予報は雨マーク。
外れることなく、毎日 雨。
おかげで、この冬は氷点下になることもなく、暖かだったのですが、
今週からぐっと冷えるそうで…。

今日は、雪が降りました。
b0069848_05413371.jpeg
朝、雪の降り始め。

ちょうど、この前にミカの散歩に行っていて、なんか小さい粒が落ちてくるなぁと思ったら、雪でした。

朝から私にぴったりくっついてきて「ママ〜!好き〜!」って、離れなかったNinaっち。
なんだろうって思って、抱き上げようとした瞬間に、少し嘔吐。
ちょうどキッチンの流し台にいたので、汚れずに済んだけれど…。
具合が悪かったんだね。(なかなか気づいてあげられない母。😅)
b0069848_05425401.jpeg
珍しく、ベッドで大人しく過ごした日曜日。お天気だったのにね。
前日、クラスの女の子が遊びに来て、家の中で大暴れしたから疲れたのかな。
月曜日の今日も、熱があって学校を休んだのでした。
明日も、お休み、かな…。

そして、この方。
b0069848_05432164.jpeg
今年の5月で9歳になるミカたん。
オバさんになって、寝てることが多くなりました。
この、「掛け布団」に注目。
夏を除いて、いつも体の上にタオルだの毛布だの被せてもらうのがお気に入り。
部屋の中に暖房が効いていて、暖かくても必須。
普段はイビキをかいてグゥグゥ寝てる彼女ですが、ちょっと動いた隙に「掛け布団」がずれるようなものなら もう大変。
夜中でも、鼻をグゥグゥ鳴らして訴えて、
日中、誰かが近くにいないと、「ワンッ」と吠える。
何かと思って見に行くと、「掛け布団」掛けてくれ!と目で訴え。
甘やかしの結果(もちろん、パパのね)だと思われます。

あぁ、珍しく静かな日。
音が雪に吸収されてるだけじゃないよね、きっと。



[PR]
by exmouthcoco | 2018-02-06 06:16 | フランスでの日々のつぶやき | Comments(2)

Joyeux Noël

b0069848_23575408.jpeg
このブログを見てくださってる方にも、
ちょっとだけ ほっこりをおすそ分け…。

学校で一生懸命作ったとみられる 小さな置物と飛び出すカード。
大事そうに抱えて持ち帰りました。
b0069848_00253333.jpeg
パパとママは、一足先に Ninaサンタからの贈り物をもらいました。

私たち以上に嬉しそうで、カメラを向けても グフフフ…。
b0069848_00312099.jpeg
この小さな人の笑顔が、たくさんの人を笑顔にできますように。

楽しいクリスマスをお迎えください!





[PR]
by exmouthcoco | 2017-12-25 00:35 | フランスでの日々のつぶやき | Comments(10)

15e.

b0069848_07032983.jpeg
2週間ほど前のことになりますが、
Ninaの誕生会が終わって ホッとしていた頃…
結婚15周年を迎えました。

Ninaが生まれる当時、出産予定日が結婚記念日に近かったこともあって、
スウィートテン ダイヤモンドならぬ、スウィートテン べべに なるかな?って思っていたのですが、2週間も早く、満月の晩に私たちのところへやってきました。

生まれてすぐに手術&入院だったこともあって、
10周年の記念日なんて、すっかり忘れていたんですよね、当時は…。
あれから5年。心にも余裕が出てきました。
b0069848_07045405.jpeg
15年経った今でも、結婚した当時と変わらず、仲良くやっています。

ある時ニコラから「いつも洗濯物を干して畳んで仕舞ってくれて、ありがとうね」と。
かしこまった訳でもなく、会話の途中で ごく普通にサラリと言われたんですが、
改めて言われると、なんだか嬉しいものですね。
b0069848_07052117.jpeg
極めて日本人のような顔立ちなので、あまり「外国人、フランス人」という視線でオットを見ていないのですが、感謝の気持ちや、褒め上手なところが、やはり日本人とは違うところだな、と感じます。

多分、外国人のパートナーを持つ人はわかってくれると思うけれど、
よその人に、妻の事をを褒める、褒める。
冗談なのか?ネタなのか?(笑)
褒められる事に慣れてない私は、居心地悪いんですが…。
b0069848_07042046.jpeg
果たして、ウチの父は、母の事を人前で褒めたことあるのかな?
人前でなく、本人を前に褒めることもあったのかな?と、考えていた今日この頃…。
両親の世代は特別なのかもしれないけれど、今の若い世代の日本の人も、
パートナーを褒めることは普通にあるのかな?と思ってみたり。

でも、褒められるだけじゃダメなんですよね。
自分も、相手のことを褒めないと。
感謝はしてるけれど、口に出して伝えることが
なかなか素直に行動できない 典型的 日本人の私。
この点は、Ninaのほうが上。見習わないとですね。
子供に学ぶ、今の私。
b0069848_07035677.jpeg
毎日、目を見て たくさん会話をし、相手の事を褒める。感謝する。
これが、結婚生活において潤滑油のようなものなのではないかな、と最近思うのです。

先日、結婚70周年を迎えられた エリザベス女王には敵わないけれど、
これからも、まだまだ続く一緒の人生。
お互いに、健康で、楽しんでいけたらいいな。

この15年、どうもありがとう!

[PR]
by exmouthcoco | 2017-11-30 07:34 | フランスでの日々のつぶやき

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco