フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

Noëlの飾り、始めました

b0069848_06390465.jpeg
先月のこと。
Ninaがお友達の家に遊びに行って帰ってくるなり、
「うちにもサパン(モミの木)の飾りをして〜〜!」と。
じゃぁ、12月になったらね。と約束していたのはいいけれど、
去年まで使っていた 小さな小さなモミの木が見つからない。
あれ、どこにしまったっけ?って探しながら、
はっ!そういえば、捨ててしまったかも。😅

元々、知人の引っ越しの時にゴミ同然でもらってきたものだったので、
頭の中の「いつでも処分できるリスト」に入っていたせいもあるかもしれない。
このサパンだと、そろそろNinaも文句を言うかもしれない、と勝手な思い込みだった。

何でないの〜〜!って、ちょっと不満そう。
じゃぁ、小さいの買おうね、ってなだめながら、
あぁ、また荷物が増える〜と頭の中のどこかで考えている私。

今まで毎年用意してきたNoëlの飾りは、
Ninaが保育室や幼稚園で作ってきた飾りをいくつか使いまわし、
他の材料はNoëlが終わると捨てられるものだった。

2016年
2015年
2014年

今年はとうとう、イミテーションのサパンを買うのか…と考えながら、
納得できずに、手だけが動く。

b0069848_06410361.jpeg
トイレットペーパーの芯と、庭のノワゼットの剪定した枝、
棚を作った後の切れ端、これは薪の中から発見。
b0069848_06412161.jpeg
これに穴を開けたり、ペンキ塗りしたりして出来上がったのが、このオブジェ。
全部ゴミとは思えないでしょ?(笑)
b0069848_06413988.jpeg
ノワゼットの細い枝で小さなリースを作って、これもペンキをちょっと塗って…
b0069848_06415904.jpeg
剪定した枝をサパンの形に切って、ツリーに。
b0069848_06403615.jpeg
後は少しずつ、Ninaに好きなようにデコレーション(これも工作で)していただきましょう。

やれやれ…とりあえず、これでいいかなと思っていたら、
「ねぇ、これくらい小さいのでいいから、サパン買おうよ〜〜!」だって。
ガックリ。
ダメかな、これじゃ…。

[PR]
# by exmouthcoco | 2018-12-08 07:37 | のんびり子育て | Comments(0)

革命は起こるのか?

b0069848_06494301.jpeg
あっという間に、今年最後の月に突入してしまいましたね。
パパが買ってきてくれたアドベントカレンダーにNinaっち 大興奮!
毎日、一つずつのチョコレート。
小さなチョコだけど、大きな楽しみでもあるようです。

ニュースから目が離せない今日この頃。
2週間前の土曜日に、フランス全土で大規模なデモが起こりました。
ガソリンなどの燃料の高騰に対する市民たちが「Gillet Jaune」(黄色いベスト)を着て、主要道路が閉鎖されて、それはそれは大騒ぎ。

この様子、日本でもニュースになってるのかなと日々、ネットで海外ニュースをチェックしていましたが、フランス関連はカルロス ゴーンのことばかり。

その翌週、土曜日も、また大規模なデモ。
パリのシャンゼリゼ通りが戦場のようになった姿を、今回は初めて、海外での報道をこちらのニュースでも流していました。

そして、3週目の土曜日、シャンゼリゼ通りは早朝に閉鎖され、全国各地から集まってきた黄色いベストの集団は、凱旋門のあるエトワール広場へ。
今回もまた大変な事態に。
b0069848_06540800.jpeg
(画像はネット上からお借りしました)

パリだけではなく、フランス各地でも大規模なデモが起こっています。
興味のある方は、googleで 「gilet jaune」と検索、「画像」をクリックすると、
たくさんの画像やビデオがご覧いただけます。
b0069848_06551529.jpeg
(画像はネット上からお借りしました)

海外のメディアでは、破壊された街と、デモ隊と警察の衝突を放映するだけかもしれませんね。
黄色いベストを着た人たち = (イコール)暴れる人たちではなく(こちらはむしろ、便乗する人達)、燃料の高騰だけでなく、生活に重くのしかかった税金にうんざりして、
政府に対して怒りの気持ちを表しているのです。
警察官も、制服を脱いで黄色いベストを着て一緒にデモに参加したいんじゃないかしら、って思うのは私だけかな?
b0069848_06560824.jpeg
(画像はネット上からお借りしました)

華やかなイメージがまとわりつくフランスですが、庶民の生活はかなり質素。
どこの国も同じかもしれませんが、以前に比べて生活は苦しくなってきています。

なんの憧れや情熱もないままフランスに来て結婚生活をスタートさせた16年前。
当時(2002年)は、確かディーゼルが0,76ユーロ/Litreだったような。
今年に入って、ディーゼルは倍になりました。😭

こちらに住み始めた頃、いつかこの国にまた革命が起こるんじゃないか、ってジワジワと感じていたのを覚えています。
周りのフランス人に野心家が多かったのか、税金や政治のことを熱く語る人が多いこと!
所詮は革命を起こしてきた子孫だものね、って思っていましたが…。

個人では微力だけれど、こんなにたくさんのフランス人が一帯になって国を揺らすことも可能だという事が、ある意味素晴らしいなとも思う今日この頃。
せめて、この動きが無駄でないように、何らかの形となって実って欲しいところ。
そうでないと、さらに夢のない国になってしまいそう…。

Noëlまであと3週間。
多くのフランス人が、心晴れやかに、温かいNoëlを過ごせますように。




[PR]
# by exmouthcoco | 2018-12-04 07:30 | フランスでの日々のつぶやき

リンゴ祭り

b0069848_07072106.jpeg
ご無沙汰しておりました。

ちょっと前に初雪が降ったのですが、その前に、庭のリンゴを収穫しました。
今年の夏は雨がほとんど降らなくて、加えて摘芯もしていないので、
実がとっても小さいのですが…
b0069848_07083337.jpeg
こーんなに!
一本の木から、こんなに大量のリンゴが採れるのは、今回が初めて。

虫喰いはないけれど、中から傷んでくるリンゴもあって、
丸ごと調理はできないのですが…
パキッと歯応えがあって、味はギュッと甘く、美味しい〜〜のです。

b0069848_07092775.jpeg
一方こちらは、Ninaの人参。
畑仕事をしていた夏のある日、
すぐそばで、穴を掘って何かをしてるので、また泥遊びでもしてるのかと思ったら、
「キャロットの種を蒔いたの」と。
こんな適当に蒔くなんて、育つわけがない!って思っていたのに、
秋のある日、ニンジンが欲しくて掘ってみたら、
ちゃんと育ってる❤️
「Nina〜〜、Ninaのニンジン、もらったよ〜」と断りを入れて調理。
もちろん、大満足で食べていましたよ。
食育は意識していないけれど、ちゃんとそれなりに育っているのだなと実感。

b0069848_07095802.jpeg
私よりもパリ寄りの郊外に住むお友達から、銀杏がたくさん届きました。
手作りのクッキーもたくさん!(すみません、もうかなりいただいた後の写真 ↑)
プロの味、子供のくせによくわかってるNinaっち。
どちらも、おいしぃ〜って叫びながらいただいてます。
私にとっては、ちょっと早いクリスマスプレゼント。
大好きな銀杏、ゆっくりいただきまーす。
K代さん、どうもありがとう〜〜!


[PR]
# by exmouthcoco | 2018-11-28 08:01 | ■mom potager■ 畑の話 | Comments(0)

16e.

16回目の結婚記念日でした。
b0069848_06292318.jpeg
これは今日作ったもの。
日中、Ninaのお友達が2人遊びにきてくれたので、半分をみんなで食べて、
夕飯の時に、残りの半分を。
キャラメルクリームが子供達に大好評でした。😄

結婚記念日の昨日は、ニコラの粋な計らいで近くの街にあるレストランへ。
b0069848_06303063.jpeg
メニューはこれだけ。
前菜 + メイン + デザート で22ユーロのコースを注文。
すべて自家製らしい。

一応、ドリンク担当のマダムはいたけれど、
若いシェフが1人で切り盛りしてるみたいで、
自ら注文を取って 料理も運んできてくれる、小さなレストラン。
b0069848_06314189.jpeg
レストラン大好きなNina。うれしくてたまらない様子。
b0069848_06352932.jpeg
私の頼んだ前菜。
クレッソンのスープ。ニシンの燻製とオニオンの和え物とクリーム添え。
周りに散らしてある ほのかに甘い刻みナッツとの食感がおいしい!
b0069848_06364542.jpeg
ニコラは ブーダンブランを。
何かのムースの上にのってました。
b0069848_06372047.jpeg
子供メニューがないので、シェフに子供用に何か…ってお願いしたら、
こんなにカラフルな一品を作ってきてくれました。
野菜とブーダンブラン、フランボワーズのソースで。フライドポテトも熱々。
b0069848_06375614.jpeg
私のメインはお魚。ソースがちょっと甘めだったけれど、おいしかったです。
b0069848_06382060.jpeg
ニコラのメインは、巨大なステーキ。
焼き方(好み)を聞かれなかったけれど、ちょうどいい加減。
お肉の味がおいしい!ソースもいいお味。
ポテトも揚げたてで、イモ兄ちゃん、大変喜んでいました。
b0069848_06350407.jpeg
デザートには2人同じもの。
b0069848_06385213.jpeg
ホワイトチョコのプリンのようなものに、ノワゼットのコーヒーソース。
甘味と苦味と、カリカリナッツ。
b0069848_06394331.jpeg
子供用に持ってきてくれたデザート。
チョコレートムースの上に、イチゴのアイスキャンディ。
このアイスも手作りっぽい。Ninaっち、満足でした。
b0069848_06400755.jpeg
ゆったりした雰囲気で、お腹もいっぱい。
会計に行ったニコラが戻るなり「子供はサービスです」って言われたらしいので、
帰り際にシェフにお礼を込めてチップをはずんだら、
喜んでくださってお互いにいい気分。
リピートしたい、レストランでした。


ちょっと前に15周年を迎えたと思ったのに…
一年って本当に早いですね。
b0069848_06404985.jpeg
最後に、Ninaが撮ってくれた写真。
ワイングラスの上に顔がそれぞれのっている。(笑)
2人で写真を見て、それぞれ、「歳とったねぇ…」

2人の物語は これからもまだまだ続くのです。


[PR]
# by exmouthcoco | 2018-11-18 07:54 | フランスでの日々のつぶやき | Comments(2)
b0069848_07033905.jpeg
この秋休み中にNinaっち、誕生日を迎えました。
毎年、ハロウィーンの頃になると、ボンボンを用意しないと!と思うのと同時に、
誕生日ケーキは何にしようか悩む時期でもあるのです。

これは、学校に持って行ったケーキ。チョコレートケーキの上にチョコプレートをのせてあります。
b0069848_07035565.jpeg
ケーキ用のデコレーションの砂糖菓子をちょっとあしらってみました。

今年は家庭内で色々とやることが多くて、去年のように大勢を呼んで盛大な誕生会はできなかったのです。Ninaには気の毒だけど、しょうがない。
学校が休みの日に、仲のいいお友達何人かに遊びに来てもらおうかなと思案中。

家族で祝うお誕生日は、ホワイトチョコとクリームチーズのテリーヌ仕立て。
デコレーションはないです。(笑)
b0069848_07041219.jpeg
濃厚なので1日で食べきることができず、2日目だというのに、
しつこくロウソクを立てて吹き消したい人。

歴代のデコレーションケーキ、リンクを貼ってみました。
少しずつ、私のケーキも進化してるかな?

2ans

3ans ①

3ans ②

5ans ①
5ans ②


[PR]
# by exmouthcoco | 2018-11-11 07:37 | のんびり子育て | Comments(4)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco