フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

2018年 11月 06日 ( 1 )

パスポートの写真騒動

2週間の秋休みも終わり、日常生活が戻ってきました。
b0069848_06354153.jpeg
近所の友人宅でアペロの会があったので、手まり寿司を持参。

エビ、アボカド、カニかま、卵焼きと、
大根の漬物とBBQで残ったステーキをスライスして…。
久しぶりに作ったけど、定番の巻き寿司のほうが簡単だと実感。
まぁでも、好評だったからよかったかな。

……………………………………………………………………………………

秋休みが始まったばかりの頃、
パスポートの更新をするために一人でパリへと行ってきたのでした。
我が家は県境にあって、私は微妙に「地方」在住者。
地方在住者には、1日で発行してもらえる優遇措置があるのです。ありがたい。

で、その写真を撮るために、前日、いつものショッピングセンターへ。
スタジオでなく、いわゆるスピード写真な訳ですが、
ここの機械は3ユーロとやたらと安い。
いざ、髪を整えて咳払いをして、お金を入れて…。

え?噂には聞いてたけど、椅子が動かない。
高さ調節がどうのの問題でなく、
枠に入るように自分がカメラに近づいていかなければならないらしい。

椅子にお尻が届くかどうか…の中腰状態なので微妙に身体がブレて、
「はい、一枚目!」身体が斜めってる。😅

気を取り直して、もう一度。
「はい、二枚目!」ちょっと近づきすぎ?顔がデカい。😩

キャンセルってないの?で、しょうがないので、腿がプルプルしながら
「最後に、三枚目!」これ…ダメでしょ。
っていうか、メチャクチャすごい顔。😭

どれか選べって言ってるけど、どれも絶対にイヤ。
顔がテカっていてやたらと老け顔になってる!

で、待つこと少し。
出てきた写真を見て、私自身、気分的に倒れ、
一緒に来ていた娘は、プププとは言わないものの、ニヤニヤしておりました。

車に乗り込んで、別のショッピングセンターへ。
ここは5ユーロ。機械も新しくて前回よりは期待できそう。

ここのは、ガラス張りの中のカメラが動いて被写体の高さを自動的に感知してくれるらしい。
ちょっと期待!

が!やっぱり出来上がったものは、完全に納得のいくものでなくて、
どこの人?という感じ。
この写真で10年間はイヤだ〜〜!

終わってから、なんとなく思い出した…。
白い紙を膝の上に載せるとイイって、確か以前、どこかで読んだなぁ。
時すでに遅し。

結局のところ、「おばさん」化していたのでした。
この白い紙を忘れること自体、もう老化現象の一歩。

また別の所で撮ったとしても、きっと同じだと思うので、
この辺でやめておきました。
一応、大使館では受理されましたけど…。(笑)
ボケてますってはねられるかと思ったりもしたので、ちょっと安心。

パスポートを待ってる間、パリ在住の友人と この写真騒動の話をしたら、
彼女も同じような経験があったので笑ってしまった。
何度も撮り直しても納得いかず、
結局、旦那さんに「いつもの顔じゃない?」って言われたとか。😆
いやぁね〜〜。歳をとるってこういうことなのね、って思った日。
b0069848_05545462.jpeg
久しぶりにに乗った地元の電車は、こんなにキレイになってました。


[PR]
by exmouthcoco | 2018-11-06 07:33 | フランスでの日々のつぶやき | Comments(4)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco