フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

2018年 07月 02日 ( 1 )

浴室のタイル、その後。

旅行の話に触れる前に…我が家のリノベーションの話題を。

2月末に始めた 1階部分の浴室のタイル、覚えていらっしゃいますか?
あの頃は、タイルを切断する機械の水さえ凍ってしまうという…。
今は逆に、脳みそが溶けてしまうのではないかと思うほど猛暑の北フランスです。
b0069848_05114516.jpeg
ガラスブロックをはめたところや、壁のアングルとなるところにはめ込む枠。
きちっと決まると、美しい仕上がりになるのはわかっているけれど、これが結構、面倒なんですよね…。
こういう図りものは私の仕事。
額縁屋さんになった気分です。
b0069848_05245939.jpeg
元々、タデラクト(モロッコ風の漆喰)をする予定だったので、角という角は全て丸くしてしまったために、本来あるべき角の部分を想定しながら、タイルの大きさを決めるという…これも私の係。
b0069848_05294268.jpeg
目地を入れる前。
でも、だいぶそれらしくなってきました。
b0069848_05305665.jpeg
右のガラス扉はハマムの入り口。


そして、目地入れ後。
b0069848_05314990.jpeg
b0069848_05324304.jpeg
ずっと下地のグレーの壁だったので、
急にパッと明るくなって気分も上々。
b0069848_05333201.jpeg


ここは、ちょっとした間違いをおかしてしまったところ。
b0069848_05350613.jpeg
わかる人にはわかる、でしょうね…。(苦笑)

後は、バスタブの側面の、小さなタイルを貼るのみ。
これもややこしいんですが、ゆっくりやることにしましょう。




[PR]
by exmouthcoco | 2018-07-02 05:44 | 我が家のリフォームとDIY | Comments(2)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco