フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

2018年 05月 11日 ( 1 )

日本人にはあまり馴染みがないエストニアという国。
フランスにいても、同じユーロ圏とはいえ、ほとんど知らない国。
給料水準が西欧に比べて低いイメージが先行して、貧しい国なのかと思ったら…。
意外や意外。フランスの田舎に住む私たちよりも、全然オシャレな格好をしてるし、
女性もしっかりメイクをして、キレイな人が多い!
街はゴミや犬のフンが落ちてないし、物乞いする人やパリのメトロのおしっこ臭いようなモノもない。
IT先進国で、あちこちでフリーのwifiに繋げられるし、
皆さん英語で普通に話してくれるので、旅行者にはとっても快適な国なのでした。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

長〜〜いドライブの末、やっと到着したTallinn タリン。
旧市街から車で10分くらいのPiritaピリタという地区に滞在。
ここは、1980年のモスクワオリンピックのヨット会場として造られたそうで、
聖火台らしきものがありました。
ヨットハーバーとホテル、レストラン、キャンピング場があって、のんびりするにはいい所。
b0069848_04563796.jpeg
海の横にあるキャンプ場。
ここに2泊しました。

ヨットクラブ内にあるちょっと雰囲気のいいレストランで一息。
b0069848_04570665.jpeg
後で、ここに置いてあったFreeの英語のダイニングガイドを読んでいたら、
エストニアではランチスペシャルというものがあって、お昼はメインが6ユーロくらいで食べられるそう。
b0069848_04573035.jpeg
確かに、ウェイターさんが、今日の日替わりは…って英語で説明してくれたんだけど、疲れのせいか、全ての料理が頭に残らず。(苦笑)
すんなりと頭に入ってきたパスタを注文しましたよ。
b0069848_05440096.jpeg
小さそうに見えて、実は結構大きい。
キノコたっぷりで、おいしいパスタでした。
次から次へとオシャレな客が入ってきて、ほぼ満席。
人気のレストランだったのかな?

お会計をしてビックリ。
500mlの生ビールを2杯、大人のメインが2皿、子供ランチで、合計で20ユーロくらい。
この雰囲気で、この食事内容だったら、フランスだと倍くらい…かな。

食事の後は、ヨットに乗せてもらって、
b0069848_04575409.jpeg
そのまま、海へ…。
b0069848_04581435.jpeg
Ninaっちの後ろに見えてるのが、タリンの街。↑

b0069848_04583621.jpeg
小さなキャプテン。

その後、スーパーへ買い物へ。
ショッピングセンターの中で珍しいものを発見。
b0069848_04590147.jpeg
なんだと思います?
b0069848_04592164.jpeg
ビール!
実はこれ、ビールの量り売りしてるお店でした。上は試飲中。
b0069848_04594025.jpeg
こんな感じで、ペットボトルにビールが注がれていきます…。
b0069848_04595966.jpeg
夜は、キャンピングカーの中でアペロ。
ハチミツの風味がして、とっても美味しかった〜!
普通に買うよりはちょっと割り高だけれど、珍しいのでたまにはいいかな。

タリンの話、まだ続きます…。


[PR]
by exmouthcoco | 2018-05-11 06:21 | こんな所行った… | Comments(2)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco