フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

ちょっといい話。

先週の日曜日の話…。

近くの村でブロカントがあって、出かけついでにスーパーに行った。
このスーパーに行くのは実は初めて。
普段行くハイパーマーケットに比べて規模は小さめ、だけど日曜日に開いているということもあって結構お客さんも入っているようだ。


ちょうどこの時期、ほとんどのスーパーでFoire aux vin といういわゆるワインフェアをやっている。
ただでさえ、スーパーのワインコーナーにはたくさんのワインがずらりと並んでいるのに、さらに特設会場を設けてワインで埋め尽くされる。

私はワインは飲むけれど、そんなにこだわりはない。
おいしく楽しく飲めればいい、ただそれだけ…。

一方、オットのニコラはちょいと違う。
味や値段もそうだけど、彼の場合はアニバーサリーの年号に弱い。

結婚した年のワイン、
自分が生まれた年のワイン、
そして私が生まれた年のワイン…
実は、私の生まれ年のワインを独身時代にもらったのだが、飲んでしまった。ははは…。
未だにチクチク言われるけど、いいのだ。



そんな感じで我が家のcaveには記念の年コレクションが並びつつある。


スーパーに行くと、私は日常のお買い物、ニコラはワインコーナーへとそれぞれ分かれて行動する。
この日も彼はワインコーナーへ…。

そして、見つけてしまったのが、1994年のSauternes ソーテルヌ。
トロっと甘い、貴腐ワインだ。

1994年は私たちが出会った年。どうもコレが欲しいらしい。

1本の値段、14,95ユーロ。約2,250円。
日本だったら、まぁこんな感じの値段なのかな。

デモね…我が家でいつも買う毎日のワインは1本3ユーロくらい。450円くらいか…。
しかも、ニコラの実家の隣の農家からはBioの自家製ワインを1リットルあたり0,75ユーロくらいで分けてもらえるし…。
それを考えると、このソーテルヌがどれだけ高いかわかってもらえるかな。

しかも、2本お買い上げ?マジで?いいよ、1本で。

b0069848_5511529.jpg


そうなのですー。やっぱり2本。

レジに持っていったとき、ボトルの後ろにバーコードが貼ってあるにもかかわらず、機械が読み取ってくれない。

レジのお姉さんが、「あれ?これ…ダメねぇ。いくらでした?」と言うので、「14,95ユーロ」と伝えると、え?そんなに高いの?ってな顔をして、売り場担当者に内線電話をかけた。

しばらく待たされた後、「おいくらっておっしゃいました?」とまた聞くので、繰り返して「14,95ユーロって書いてありましたよ。木の箱に飾って入ってたの。残りは3本だったかな…。」

受話器の相手にそれを伝えるレジのお姉さん。

すると…


「コレ、差し上げます。お店からのオファーです。」

と、レジのお姉さん。

「え?どうして?いいの、本当に?」

「正直に値段を言ってくださったので、売り場責任者からのオファーだそうです。」

ということで、約30ユーロ分、無料になってしまった。うひひ。

うれしい気持ちと、別に普通のことしただけなのに、いいのかなぁ、という気持ち。
でも、きっと嘘つく人がそれだけ多いんだろうね。

こんな粋なことをしてくれる担当者がいるお店、なんかいいぞ!
フランス生活も捨てたもんじゃないなって思える。


ワイン売り場の担当者、後に2本もオファーだとわかったら、ショックだろうなぁー。

ニコラ曰く、全部買っときゃよかった!だって。ははは。
トラックバックURL : https://exmouthcoc.exblog.jp/tb/5827999
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oeuf2 at 2006-10-08 07:07
salut coco et nico ! ca fait longtemps !
やっと元気になって少し自分宅(のブログ)からお外にも出られるようになってきたoeufです。いい話ですねー。こちらまで嬉しくなってしまう。
日本じゃ絶対割り引いてはくれないけれど、普通に正しい金額をいうし普通に払うよね。普通にこういうことが行われていることに時々エリックは驚きと感動をあらわすけど、こういうこと日本人として誇っていいよねー。さらにワイン30ユーロおめでーとございます。貴腐ワインだなんて。いいなー。ご相伴にあずかりたい。
Commented by croquettes at 2006-10-08 08:45
やっほぉ。
そんなにワインが安いんだ....そんなサービスがこの世にあるんだ...
わたしゃ、カルチャーショックっすよ。。。。
粋ですなぁ。。。
Commented by Hiro at 2006-10-08 17:52 x
すんごいラッキーだったね。
それにしてもそのスーパー太っ腹!!
アニバーサリーの年号を気にするニコラって、とってもロマンチック。
日本人の男にはなかなかいないなあ。少なくとも私の周りには。
Commented by netherbury at 2006-10-08 18:38
すごいサービス。小売店だったらありえる話しかもだけど、スーパーじゃなかなかないよね〜。ココさん達ラッキーでしたね。「全部買っとけばよかった」っていうニコラさんも笑えるね。2本買っただけでもラッキーだったかもね〜。アニバーサリーをワインでってなんだかいいですね〜。^^
Commented by kingyo at 2006-10-09 05:10 x
古い言葉ですが、「正直者の頭に神宿る」ではないでしょうか?当ったり前のように暮らしていくのが良いんでしょうネ。これからもハッピーでありますように。
Commented by ダビ at 2006-10-09 08:34 x
 ワインゲット。よかったですね。
 日本では現地の3倍ほどの値で売られてます。
 爺は1000円程度のしか買いません。よく飲むので。
 正直に値段いうのは普通なんですけどね、お店の人もよっぽどうれしかったんですね。
Commented by momocyoko at 2006-10-09 21:44
うーん正直者は損をする!なんて言葉を吹き飛ばして正直に生きてるcocoさんに神様からプレゼントだね^^それも二人の記念のワインてとこがまた憎い!!今度は飲んじゃわないよーにね
にしても値段を正直に言っただけで2本もサービスとは・・・日本人てやっぱり全うな人が多いのかしら?
タクシーだって日本であからさまにボルタクシーってあんましいないし外人相手にぼるタクシーはいないのでは?まあ日本人外人に弱いからね~
Commented by beau_tableau2006 at 2006-10-09 22:25
そんなに良い話があるのですね^^正直ってやっぱりいいことなんだなぁ。
貴腐ワインおいしそうですね。日本じゃ何倍になって売られるのでしょう。
普段用ワイン450円でも日本で飲むのと違うんだろうなぁ~フランスに
行って思いっきりワインを楽しみたいです☆私もこのところ会計の間違
いに当たることが多くて・・・正直に間違えていることを教えているから
そのうちきっと良いことがあることでしょう(笑)
Commented by teinei at 2006-10-10 22:56
記念日のワインを集めるなんて素敵!2本ってコトは1本はすぐに飲んじゃうのかしら?
ワイン大好きな私。でも、日本では、まあまあなワインでも1000円くらいはしちゃいますよ~。安くて美味しいワイン飲みたいな!
Commented by mashiz_t at 2006-10-11 04:01
ニッポンの我家にもアメリカ・ナパヴァレーで買って帰ってきた1995年の赤ワインがあることをこの記事で思い出しました。どーなっているのだろう ... ・・)

ディジョンの学生寮にちょっと泊まったことがあったんですけど、部屋でみんなで食事をしているときに、空ペットボトルにワインを入れてもってきた学生がいたんです。フランスじゃワインの量り売りが当たり前だよと言っていたのを覚えています。しかし、そんなに安いとは思いませんでした^^
Commented by exmouthcoco at 2006-10-11 05:03
Θ oeufさん、こんにちは!本当、お久しぶりです。
日本のサービスって、よく言えば丁寧。反対に言うと、マニュアル化されたロボットみたいだなぁって、たまに思うのですよ。でも、平均的というか、誰と接してもそう変わりないサービスが受け入れられる。安心感がありますよね。
フランス的接客って、「お客様は神様」の精神はまったくなし。でもその反面、レジのおばさんでも、たまに店員としてでなく単なる個人として仕事以外の言葉を交わしたり…そういうのもステキだなぁと思ったりします。
ワイン代30ユーロ、なんかうれしいですね~。
caveに入れないとなのに、このうれしさを味わうようにまだ眺めてるニコラです。(笑)
エリックさまにヨロシクお伝えください~。
Commented by exmouthcoco at 2006-10-11 05:12
Θ コロケツさん、こんちくわ~。
そぉなんです。やっぱりワインは日本に比べて安いです。
農家の自家製ワインはかなり特別だけど…。
でも、なんで日本に行くとそんなに値段が上がるかなぁ…。
前に親戚の家で、フランスワイン頒布会のワインを飲んだ時ちょっと驚きました。ごくごくフツーのテーブルワインだったんです。
せっかく高い送料を出して輸入するなら、もっといいワインを選べばいいのに、と余計なことを思ったりもしました。ははは。
それにしても、この売り場担当者、粋なことするよね?江戸っ子みたいだねー。(笑)
Commented by exmouthcoco at 2006-10-11 05:17
Θ Hiroちゃん、こんばんは~!
うん、とってもラッキーだった。ニコラは、また買いに行こうよ~って言ってるよ。
たまに商品のバーコードを読めなくて、レジの担当者もいい加減疲れ果てて、調べもせずにその品物を無料にするってことは、ニコラも何回か経験してるらしいんだけど…。30ユーロって大きいよね。
アニバーサリーの年号、気にしすぎだって!
今日、カルフールで同じワインがあるかなぁって見てたらあったの。2000年だったけど。
それをニコラに伝えたら、あ、それも買わないと!再会した年だから、だって。
ここまでくると、もぅいいです、って感じです。(笑)
Commented by exmouthcoco at 2006-10-11 05:23
Θ netherburyさん、こんばんは☆彡
そう、小売店だったらありうるかもね。お得意さんとかに。
まだ残り3本あるはずだから、また買いに行こうとニコラはせがんでます。(笑)
うまい話はそう転がってないよねー。
アニバーサリーのワイン、買ったものを眺めるもよし、それを味わうのもよし、なかなかいいものだよね。
甥や姪の生まれた年のワインも一応確保してありまーす。
成人になったら飲みにおいで~と言ってあるけど、果たして来るだろうか?
こうしたワイン、年を経るたびにわずかだけど値上がりしていってます。
これもお宝となるんでしょうかね~。
Commented by exmouthcoco at 2006-10-11 05:31
Θ kingyoさん、こんにちは!
普通のことをしただけなのに、なんかうれしい気持ちと複雑な気持ちと…。
「正直にいこうよ」そんなメッセージをもらったような気がします。
温かいメッセージありがとうございました。
kingyoさんにもたくさんの幸せが届きますように~!
Commented by ozakkocyama at 2006-10-11 10:39
こんにちわ^-^
お久しぶりです。
もぅニコラさんいいですね。
私の夫は全くといっていいほど、アニバーサリーなぞ関係ないぞという人なので、ニコラさんのようにこだわりのある男性はすてきですよね。
そしてワイン、サービスしてもらって良かったですね。
日本だと絶対にないことですよね。
私まで温かい気持ちになりました。
Commented by nabe at 2006-10-11 17:06 x
cocoさん、こんにちは!日本に帰りましたー。
記念の年のソーテルヌなんて、nicoさんたらロマンチック♪
是非2000年も買って、ノエルにでも飲んでくださいね!
Commented by exmouthcoco at 2006-10-12 00:18
Θ ダビさん、こんにちは!
このワインをコレクションに入れてうれしいのと、これを飲むであろう日に、またこの時のことを思い出して2重の喜びとなるんでしょうね。
爺さんはワインはお好きなんですねー。我が家もよく飲みます。
「フランス人は水代わりにワインを飲む」って昔、誰かが言ってたようなきがするんですが、水とはちょっと違うけど、やはりないと寂しい…。習慣となってるからでしょうね。
Commented by exmouthcoco at 2006-10-12 00:19
Θ momocyokoさん、こんにちはー。
あ、私と同じこと考えてた!海外旅行でボラれる(日本人を含む)観光客、その反面、日本に観光に来てくれる外国人にボルことってゼッタイにありえないよね。
この違いは一体ナンなんだろうね。日本も昔とは違ってきてるとは思うけど、まだまだ正直者が多くていい国だわ。
このワイン、2本あるからね~。いつかは1本開けるだろうケド…
ニコラには「ムール貝(の調理)には使わないでねー」って念を押されてます。
信用されてないらしい、私。へへっ。

Commented by exmouthcoco at 2006-10-12 00:19
Θ b_tさん、こんにちは~!
そうそう、そのうちb_tさんにもきっといいことがやってきますよ~。
ウチ?これできっと運を使い果たしてしまったかも。(笑)
フランスでもワインと言ったら値段はピンからキリまで…。
高いからおいしいとは限らないと思ってます。
自分の懐具合と、味の好み、そして楽しい食事!
このバランスが大切ですよね。
Commented by exmouthcoco at 2006-10-12 00:20
Θ teineiさん、こんにちは。
記念の年のワインって、なんかいいでしょう?
以前はアパート暮らしで、1年を通して1定の温度で暗い場所を探した結果…トイレに落ち着きました。(苦笑)cave代わりでした。ははは。でもちゃんと棚は設けてありましたよ~。
今はキチンとしたcaveが一応あるので、それぞれの節目のアニバーサリーワインを蓄えています。どんどん増えていくのかなぁ。
この2本のソーテルヌ、1本はきっと何かの記念日に飲むでしょう。ふふふ。
Commented by exmouthcoco at 2006-10-12 00:28
Θ mashiz_tさん、こんにちは!
mashiz家の95年のワイン、おいしく寝てるんでしょうね~。
帰ってから探すのが楽しみではないですか!宝探しみたいで。
ワインの量り売り、地方に行くとあります、あります。
常連さんたちは10リットルのボトルを持っていって、詰めてもらうんですね。
先日、コルク栓閉め器なるモノを買ったので、我が家も今度はまとめ買いして、家で瓶に詰める予定です。
ワインが手頃な値段のフランスですが、スペインやイタリアに行くと、税金のせいなのかもっともっと安いです。
Commented by exmouthcoco at 2006-10-12 00:43
Θ okakiさん、こんにちは~!お久しぶりです。
そういえば、男性ってあまりアニバーサリーには関係ない人多いですね。
我が家では、プレゼントがどうのというよりも、節目節目に私のほうが忘れてることが多いような…。(汗)
お店からのワインのプレゼント、かなりうれしかったです。
このワインを飲む時に、また思い出してうれしくなるんでしょうね。
Commented by exmouthcoco at 2006-10-12 00:51
Θ nabeさん、こんにちは!
しばらくブログ巡りをできなかったら、もう日本へ戻られてしまったのですねー。なんか寂しいなぁ。
パリのレストラン情報、どうもありがとうございました、nabeさん!
今回行けなかった所、是非次回に持ち越しです。なんかパリに行く目的ができたようでうれしいな。
2000年のソーテルヌ、年はこっちのほうが新しいのに値段は18ユーロ近くしてました。お店の利益に関係するのかな。
ノエルは日本で迎えられたらいいなぁ~と…。nabeさんの日本に到着の記事を読んで、里帰りしたい!って思いました。お寿司食べたい~。
Commented by chocoyumiko at 2006-10-12 13:19
cocoさん、こんにちは~!
貴腐ワインが2,250円とは!安いですね~!
しかも1本おまけ付き。正直者には福来るですね☆金の斧or銀の斧・・・
nicoさんはワインがお好きなんですね。
記念の年のワインを選んでくれるだなんて、なんてステキな旦那様。
貴腐ワイン、冷たく冷やして~、あともう1本はクリスマスのときに乾杯するのもいいですね♪
もうすぐボジョレーですね~☆


Commented by parasail at 2006-10-13 00:00
すんごくご無沙汰です!
ワインが豊富に安く買えるってはやり魅力的。
でも最近は、これでもあまり飲まなくなってしまいました。

ビンテージ物のワインは、私も欲しくなっちゃう!!
やっぱり自分の生まれ年のと、最近気になる彼の生まれ年のが
欲しいかも~~
今度遊びに行ったら、そのソーテルヌ見せてね!!
Commented by exmouthcoco at 2006-10-13 00:16
Θ chocoyumikoさん、こんにちは~!
貴腐ワイン、やっぱり日本だとお高いようですね。でも、こちらでも普通のワインに比べて高価です。
おまけは2本なんです。2本ともプレゼント!
アニバーサリーのワインを選んでも、当分は自分のコレクションに加えるだけですからね…。当分、栓は開けないでしょう。(笑)
ボジョレーの解禁日はもうすぐですね。
日本ほど盛り上がらないフランスですが…我が家も、季節モノなので毎年買ってます。今年のできはどうでしょうね~!
Commented by exmouthcoco at 2006-10-13 00:19
Θ parasailちゃん、こんばんは!お久しぶり~!
昨日、そちらのブログに久しぶりに遊びに行って、なんだかドキドキ・ニヤニヤしてしまった…。なんか新鮮だワッ!
今でもワイン会とかよく行ってるのかな?
ウチのcave、まだまだ手を加えないとなんだけど、そのうち、ステキなcaveにさせて見せるわ。ほら、一緒に行ったシャブリのcaveみたいに!
去年同様、また年末に里帰りの予定~。ワイン買って行くから飲みに来てね!
Commented by lovecarrie1 at 2006-10-16 22:54
ニコラさんたら何とロマンチックな♡そういう風にお買い上げのは飲まずに飾っておくのかな?私もワインは外食した時にグラスに一杯くらい頂くのが好きです。うちの夫はワインを飲むとすぐ偏頭痛になっちゃうので我が家ではボトルで買えないのが残念(涙)。
お店の人ったら「もう分かんないからいいわ」って思ったのかな。それにしてもラッキーでしたよね。そういう体験があるのもフランスならではな感じがしますよ(^-^)v
Commented by javin.bowie at 2006-10-17 02:17
cocoさん、ばんわ☆
なんて素敵なお店だこと。
ニコさんの「全部買っときゃよかった!」発言に馬鹿ウケ!!(笑)
それにしても、ニコさん記念日大切にしてるなぁ。
ダッチョにも見習わせたいわ!!
Commented by exmouthcoco at 2006-10-17 04:41
Θ lovecarrieさん、こんばんは~!
お風邪のほうはいかがですか?少しはよくなられましたか~?
loveさんの旦那サマはワインはダメなんですね。そうなると、う~~ん、ボトルは辛いかも。イヤ、私がそうだった場合、1人で何日かに分けて飲みますけど。(笑)
日本のサービスも好きですが、こんな例外があるフランスもたまにはいいかな、って…お調子者の私です。
loveさんはそういう体験、おありですか~?
Commented by exmouthcoco at 2006-10-17 04:44
Θ ジャビコさん、こんちくわ~。
ステキなお店でしょう?初めて行ったんだけど、通いたくなっちゃったわ。
って、それから行ってないんだけど。(笑)
売り場に合ったボトル、全部をカゴに入れてたら、ニコラは大喜び、
後から知った売り場責任者はブルーになったでしょうね。
残りがあるはずだから買いに行こうよ~って、いまだに言われてます。
うまい話は2度とないよね!?
Commented by cinq-etoiles at 2006-10-19 20:36
ヒャ~!エエ話ですわ~♪
こんなことってあるんやね。。。フランスのサービスも捨てたもんじゃない?!
Sauternesが大好物なワタシにとっては、ぜひそのスーパーに押しかけたい。(笑)
やっぱり正直なフランス人って少ないってことを証明してるんかしら?^^;
Cocoぽんのお隣の’’Bioの自家製ワインを1リットルあたり0,75ユーロ’’
ってのにも、食いついてしまったわ!
Commented by exmouthcoco at 2006-10-20 05:01
Θ サンクさん、こんばんは~!
ええ話でしょう?あれ以来、まだこのスーパーには行ってないんだけど、もう売れちゃったかなぁ…。残りは確か3本。サンクさん、買いに行く?(笑)

Bioの自家製ワインねぇ、すごく優しい味がするの。ただ、防腐剤とか入ってないので3年くらいのうちに飲まないとダメなんだって。
赤ワインはお好き?11月にニコラの実家に里帰りする予定でたくさん買ってくるつもりだから、次回お会いする時に1本おすそ分けするわ~。
楽しみにしててね!
by exmouthcoco | 2006-10-08 06:18 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(34)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco