フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

幼稚園生活 最後の日

今日は Ninaっち、幼稚園の最後の日でした。
昨日、持ち帰ってきた たくさんの作品たち。
b0069848_06340318.jpeg
絵や工作はもちろんだけど、驚いたのが 結構な数のノート。

写真にはないけれど、アルファベット練習帳とか、
左の緑のは、実験ノート。
氷を溶かしたら水になって、それを沸かしたらお湯になって蒸発する、とか、
水に浮くもの、沈むもの…など、
毎回の実験の様子が、Ninaっちの絵と一緒に記録してある。
子供にしたら楽しいだろうな、いろいろな実験。

右のは自分で作ったABCアルファベット図鑑。
AからZまで、それぞれのページが毎回、いろんな手法で塗られたり、貼られたり…
見ていても楽しいもの。
b0069848_06342705.jpeg
そして中央は、旅の手帖。
この一年、先生が決めたテーマは「世界旅行」。

オオカミのぬいぐるみが世界を旅して、旅行先から子供達宛てに手紙を送ってくれて、
その手紙と旅した国の資料などが貼ってあって面白い。
b0069848_06344514.jpeg
秋にフランスを出発して、イギリスとイタリア、ロシアへ。
冬になって、サンタクロースの住む フィンランドのさらに北の国を旅して、
春になる頃、旧正月を中国で過ごし、
(私がいるので、日本にもちょっと寄ってくれて)
初夏にはアフリカ大陸へ行って、実際に子供達は遠足で動物園へ…。
四季に沿って行事もこなし、世界中の国々を旅して、もう旅行も終わってたのかと思ったら、最終日の今日も、また続きが…。

実は、先生の娘さんと息子くんも今日はNinaのクラスに来ていて、
娘さんが、オオカミからの手紙を読み上げて、実はオオカミはぬいぐるみで、
手紙を書いてたのは先生だった!と披露。
(今日の様子は写真付きのプリントをいただいたので、わかってる訳です。)
そりゃ、子供達にはオオカミはぬいぐるみだって事 わかってるだろうけれど、
細かい演出がなかなか憎いのです。

自分が幼稚園の頃、こんなにも内容の濃いことしてたかな?

代替えの先生として9月からお世話になって…
慣れてきた頃に、本来の先生が来るのかな?って学期が変わるごとに心配したけれど、
結局、一年通してお世話になりました。
Ninaっち、いい先生に教わってラッキーだったね!

さて、明日から長〜い夏休みに突入。
子供は嬉しいだろうけど、親としてはゲッソリなのです。
頑張れ、私。






[PR]
Commented by akiko_tp at 2018-07-18 15:16
実験ノートとか、世界旅行とか、なかなかニナちゃんの先生、凝ってますねー!
うちの幼稚園は、PSのときは全く何をしているかわからず、学年末にまとめてどさっとノートを持ってきて、なるほどー。という感じで、MSは休みごとにまとまってアクティビティノートを持ち帰ってきて、GSはちょこちょこプリントを持ち帰って、まとめて箱に入れてある、みたいに先生によって本当にバラバラでした。
先生運ってのもありますよね。GSのもう一つの先生はサボり癖があるようで、なんだかんだ理由つけてよく休んでました。最後の3週間なんてずっと代行の先生だったり、、、(この代行の先生が同じアパートのご近所さんなので、事情通に)うちは弟が今度入園するので、その先生に当たらないかドキドキです。

それでもやっぱり幼稚園での滞在時間が長いからなのか、自分が行ってた幼稚園より内容が濃くて充実している気がします。日本は14時とかに帰ってきちゃいますもんね、、、
Commented by exmouthcoco at 2018-07-20 05:09
> あっこさん、
村の学校は2クラスだけなので、実際、先生も2人なんですが、年少 年中見てくださった先生があまりやる気がないのか、毎年同じようなことの繰り返しで…ついてなかったです。本当に運ですよね…。不公平だな〜ってよく思いましたよ。その先生も休んでばかりいたし。
その苦い経験の後だったので、今年の先生のお陰でNinaも精神的にもかなり成長したし、本当にありがたかったです。
弟くん、いい先生に当たるといいですね〜〜!
マグネットの件、ありがとうございます。あっこさんのブログにコメントを残しておきますね。
by exmouthcoco | 2018-07-07 07:31 | のんびり子育て | Comments(2)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco