フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

・・・ありえない! あってはイケない! エレベーター破損の巻

今日は連休明けの火曜日。
朝、地下にゴミ捨てに行ったら、ガーディアン(管理人)のおじさんにこう言われた。

「Bonjour. お宅、27番地の方だよね。エレベーターが壊れていて、
直るまでに6週間かかるから、ご主人にも伝えておいてね」

本来ならば、「えぇぇぇ~~~~。エレベーターが壊れたぁ?しかも6週間だってぇぇ~~?」と大騒ぎするところだが、私ったら、その予想はできていた。
いや、覚悟というのもあるかもしれない。 6週間、エレベーターなし!

幸い、我が家はRez-de-chaussée(地上階=日本式に言うと1階)なので、エレベーターを使うのは、地下の駐車場とゴミ捨てに行く時だけ。
最上階の方々、ご愁傷様です。(イェ~イ)


事の発端は、連休前の金曜日のことだった・・・。
その日、私は家に閉じこもり。オットのニコラは、前の日に譲ってもらった車を修理するために朝から出かけていていた。

夕方、突然、廊下のほうから、ド~~ンと大きな音がした。
大きな音には、もう結構慣れっこで、またか!というカンジだったので特に気にせずにいた。


というのも、ウチのアパート、外から入ってくるときにキーをかざして第1の関門を抜けると郵便受けのある共同スペース。ここまでは、家の中のインターホンで解除可能なのだ。
例えば、友達が来た時や、家族でカギを忘れたものがいた場合、インターホンで喋って、カチっとボタンを押して解除してあげる。

ところが、共有スペースから廊下に入るまでの第2の関門は、キーをかざすか、内側からボタンを押さない限り入れない。友達が来た場合などは、わざわざここまで下りて来ないとダメなのだ。

おもしろいもので、ここの第2関門、いつもドアをガンガンする人たちがいる。子供だけでない。大人も同じく…。カギがないと開かないってわかってるのに…ガンガン ガンガン・・・。まただ!
ニコ曰く、「また、あの黒人のオバサンだ。わかんないのかなぁ?」
(学習能力ってもんがないのか?)

前置きが長くなったが、こういうわけで、ドアがバンバン、ガンガンというのには、気にしない。
でも、その音はさすがにすごかった。普段よりももっともっと大きな音だった。

しばらくして、もっと大きな「ドカ~~~ン」という音がした。
さすがに、この時は何か尋常でないものを感じた。

廊下に出ず、玄関の覗き窓から観察…。(キョロキョロ…)
すると、ニコラがエレベーターではなく、第2関門のほうから登場。
我が家の前を素通りしてエレベーターのほうへ…。

それから帰ってきた。
「どうしたの?すごい音がしたよ。」と、私。

「そうなんだよ。地下でエレベーター待ってたら、スゴイ音がして…


エレベーターが落ちたらしい。

えぇぇぇっ?なんだとぉ~。エレベーターが落ちたって、アンタ・・・。
ありえない。セ・パ・ポッシィブルだよ。

「もし、中に僕がいたら、lapin(←ニコラのこと)は死んでいないよ、ラピヌー。」 (えぇぇ…)

考えてゾッとした。そんなことって、あってもいいのか?
というか、中に誰かいるんじゃないの?

「いや、エレベーターの呼び出しボタンを押して、初めて動いたからね。
中には誰もいないはずだよ。でも、これ、修理の人を呼ぶのに、連休明けだから、4日間はこのままだね。ウチはいいけど、上の人、か わ い そ。」

b0069848_4174481.jpg
ということで、今日撮った写真。ウチの目の前のエレベーターでございます。

わかりますか~?右下がヘニョ~っと曲がってるの。
オットが今日、ガーディアンに会ったので聞いてみたら、どうやら、住人の誰かがこのエレベーターを内側から蹴っ飛ばして (それで、大きな音がしたんだ) 、内側のドアも壊れ、エレベーターが動くに動けず、ひっかかりながら 歪みながら落っこちたらしい。

でもねぇ…一体、何のためにこういうことする必要があるの?

C'est comme ça.... 理由はないけど、こうなんだよ、

人々って・・・

新車を見たら傷をつけたり、ゴミ箱があっても、中に入れないで脇に置いたり、
キレイに植えてあるお花を持ち帰ったり…みんな理由もなくやってるのと同じ。

フランスって・・・

フランス人って・・・ 


病んでる。
[PR]
トラックバックURL : https://exmouthcoc.exblog.jp/tb/2389389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maple at 2005-03-30 10:27 x
直るまでに6週間ですか!?
「ええーーいっ、俺が行って直してやりたいっ!」と言いそうな人が我が家にいます。
はい、主人は元エレベーター会社勤務でした。
ま、主人の性格では「フランス」さんとは相性が悪そうです(^^)
実際、スペインに2ヶ月出張したとき現地スタッフと口論の毎日だったそうです。
Commented by lesmimosas at 2005-03-30 15:27
本当にc'est pas possibleなお話です!エレベーターを壊すなんて、ありえません・・・おっしゃる通り、フランス人って病んでる、歪んでる・・・

我が家は家賃の安い団地で色々な人種の人が住んでますけど、入り口のガラスが割られていたことがあります。それから、カーブでの麻薬、これが問題になってカーブは閉鎖されました。それからそれから、そのカーブの放火もあり、消防車が来て大騒ぎになったことも・・・それらは悪がきの仕業だと思いますが、次に何が起きるかハラハラ状態です。
Commented by exmouthcoco at 2005-03-30 17:00
Θ mapleさんの旦那様は、エレベーターの会社にお勤めだったのですねぇ…。
ご主人だけでなく、私も、ウチのオットも、「フランス」とは相性がよくないです。(爆)
直るまでに6週間って…やたら長いですよね。まぁ、我が家はぜんぜん関係なしなのでいいんですけど。犯人が、最上階であることを願うばかりです。(笑)
Commented by exmouthcoco at 2005-03-30 17:05
Θ mimosaさん、ホント、セ・パ・ヴレェ~~~~ってことがありすぎます。
実は、前に住んでいたアパートは、やっぱり破損が多くて(一人の子供のせいだったんですが)、共益費がだんだんと上がっていくんですよね。
共有スペースの1枚700ユーロする鏡を毎月のように割ってましたから。
母親は、ウチはお金がなくて保険に入ってないから払えません、って…。(愕)
他人の悪ガキのために、お金を払うのは嫌なので、出た次第です。
引っ越しても、どこも一緒なのかなぁ~。モラルなさすぎですよね。
学校で「道徳」の時間、作らないといけないですよ、フランス。
Commented by paillette at 2005-03-30 17:36
蹴飛ばすのもどうかと思うけど、それで壊れちゃうエレベーターもどうかと・・・(いや、すみません・・)。さすがフランス。
私の住んでる所は、めちゃうるさいガンコジジィが建物を(勝手に)仕切っているため、共有スペースでのこういう事って全くないです。
修理に6週間とか平気で言えちゃう神経がまた信じられない。
こんなんでよく国が成り立ってるよなー
Commented by exmouthcoco at 2005-03-30 17:50
Θ pailletteさん、こんにちは!そうなんですよ~~。 (*ー*)
なんでまた、蹴っ飛ばすだけで壊れちゃうかなぁ~。でも、古いわけではないんですよ。このアパート、まだ1年3ヶ月ですから…。1er prixなのかなぁ、使ってる製品が・・・。(笑)
頑固ジジイ、いいじゃないですか!そういう人、普段はとっつきにくいけど、いわゆる「風紀委員」ですよね。そのじいさんのような人、このビルにも住んでくれないかなぁ・・・。結構若い人が多いのですよ。年配の方、お見かけしないんです。
あぁ~、フランスの将来が不安。
Commented by oeuf1 at 2005-03-30 19:13
こんばんは、cocoさん。
うーん確かに病んでるって気分ですねー。セパポッシーブルですよ、絶叫ものですよ。って思って読んでたら、pailletteさんのおっしゃる、それで壊れるのもどーかと思うってのに、あ、なるほど。そりゃそうだ。
確かに、蹴飛ばすほうもほうだし、壊れるものものもだし、修理する期間も期間だし..。でもつまりは、セコムサなんですよね。主人にも時々理解できない現象の説明を求めたりするんですけど、セコムサ。こだわらないのか、受け入れてるのか。友人のフランス人が、セコムサの訳語として「仕方ないよ」をあてていました。言い得て妙な気分。複雑な気分です。
Commented by えま at 2005-03-30 19:26 x
うっそー、と読んでいて思わず言ってしまいました。ホント、中に人が乗っていたらどうなっていたんでしょう?旦那様、何事もなくて本当に良かったですね。。。しかし修理に6週間って本当にすごい。フランス人の人って辛抱強いのか、短気なのかよくわからなくなりますね。
Commented by mojyao55 at 2005-03-30 20:24
ホント、あってはならない事です!!!
読んでいてビックリの連続・・・。ニコさんが乗っていなくて良かったですね。ホッ!
ところで、なぜエレベーターの内側からドアの蹴ったのか?ですよね。
ムシャクシャしていたとか・・・。でも、これだけドアが曲がるって事は
普通の蹴り方ではないですよね。
それになおるまで6週間。長い道のりですね。
Commented by exmouthcoco at 2005-03-30 21:22
Θ oeufさん、そういえば、セ・コムサ…って、諦めの気持ちを込めて使うことが多いですね。今まであまり意識したことがなかったけど。
フランス生活って、セ・コムサの出番が多いですよ。
日本じゃないから、しゃぁないのぅ~、と思いますが。あまりうれしいことじゃないですよね。
Commented by exmouthcoco at 2005-03-30 21:27
Θ えまさん、ヴァカンスは楽しく過ごされたようですね~。フューチャースコープ、いつもボルドーに行く途中に通り過ぎるのですが、気になる存在です。楽しそうですよね。
オットの心配をしてくださって、ありがとうございます。ホント、無事でよかったです。
早く、このアパートから脱出せねば!と思う意識がもっと強くなりました。
他のフランス人の方たち、きっと諦めなんだと思います。騒いだところで、業者の人がすぐにやってくる社会じゃないですもんね。
Commented by exmouthcoco at 2005-03-30 21:31
Θ mojyaoさんも心配してくださって、ありがとうございます。
なぜ内側から蹴ったのか?う~~~ん…そこがフランス人(特に若者)のわからないところで…それが、私も非常に理解に苦しむんです。モラルがないんですね。
でも、あれだけ曲がってしまったって、かなり足を痛めたんじゃないかと
私も思いました。
最初のスゴイ音がしたときに、玄関から犯人を見ればよかった、と今さら後悔です。オットは、顔を見られたら危ないから、こういう時は絶対に玄関を開けてはいけない、と言いますが…。住みやすい社会にしていこう、ってみんなが思わないところが不思議です。
Commented by びぶ at 2005-03-31 00:40 x
ガクガクブルブル
怖いね~エレベータが落ちたって!?うちのアパートはけっこう新築で5年ぐらい?
でも、手抜き工事?なところがあって、お風呂場がちとヤヴァイかも…

あっ、申し遅れました木曜日にお会いしたランス在住の者です。
車の調子はどうでつか?
私たち、多くのシャンパーニュ地方住人は、クレープの日にもシードルじゃなくて、シャンパーニュで代用してまつ。
少し贅沢のような気もするけど、他の地域に比べて安いらしい。飲める時に、飲んでおけ。と私は自分に言い聞かせていますw
アルコーリックでは、決してありません。

それにしても、やっぱりフランスから去るとなると、後悔すべきことが色々とあって…例えばディズニーランドとか、カーブ見学+試飲とか、ドライブetc...
また、フランスに戻ってきたら、よろしくね。
(私ね、どうしてもディズニーランドに行きたいん←しつこい?)


Commented by exmouthcoco at 2005-03-31 05:37
Θ びぶさん、こんにちは~~。お久しぶりです。その節はどうもありがとうございました。車、ちゃんと動いてますよ~。早速、知り合いのガレージに持ち込んで、パーツを変えたりしています。明日はサスペンションを換えるそうです。
エレベーター、怖いですねぇ。このビル、まだ新築で入ったので1年と3ヶ月しか経ってないんですよ~。手抜き工事?思い当たるふしが結構ありますよ。我が家の周辺は、新興住宅地でアパートがどんどん建ってるので、急いで建てたんだろうなぁって思いますもの。
もうすぐ帰国ですね~。1年学校、頑張ってめでたく卒業してきてくださいね。またフランスに戻ってきた際は、お会いしましょう!
という前に、このブログにも遊びに来てくださいね。
loloさんによろしくお伝えください~。
Commented by lovecarrie1 at 2005-03-31 18:05
イギリスにも居ますよ〜、そういう非常識な馬鹿な人たち(怒)。全部の人が全部そうじゃないって分かっているんですが、でも平気で人の迷惑なことをする輩が居ますよね。個人主義にヨーロッパって日本のように“人目”って気にしないじゃないですか?それが良い意味の時もあるけど非常識人間が勝手気ままに振る舞っても回りが放任してしまうような悪い風潮もありますよね。ロンドンでも(多分イギリス中)意味なく電話ボックスのガラスを割ったりリサイクルの入れ物に放火したりバスの停留所のベンチにガムをベタベタ貼付けてみたりされているの見ると本当にがっかりします。イギリス人も病んでます〜!
Commented by exmouthcoco at 2005-03-31 19:42
Θ lovecarrieさん、イギリスもそうですか~。でも、きっと世界各国どこでもこういう人、いるんですよね。日本もいるはず。ただ、まだそんなに目立ってないだけだと思います。
個人主義のこと、よ~~~くわかります。いい時もあるけれど、人のこと気にしない、自分が大切!って人、結構多いですよね。もちろん、すべてがそうではないんですけど。
意味もなく、公共の物を壊すのだけはやめて欲しいです。自分のもの、家族のもの、恋人のもの、すべて壊してから出直して来いっ、てカンジです。
Commented by ふらんす at 2005-04-01 19:25 x
以前高層アパートに住んでいたのでエレベーターが必須でしたがなにしろここはフランス、壊れたら、そして万が一閉じ込められてもインターホンも壊れてたりして・・・とか心配がたえませんでした。夫に「エレベーターってさ、こう、上からド-ンと落ちたりしないのかな」と言ったら「壊れてもまっすぐに落ちないように引っかかるシステムになっているんだよ」と自信たっぷりに言われて納得していたのですが・・・やはり落ちるんじゃないですか。あー、引っ越してよかった。
Commented by exmouthcoco at 2005-04-01 20:11
Θ ふらんすさん、こんにちは~。今日はいいお天気ですねぇ~。(^エ^)
そうそう、エレベーター、やはりひっかかりながら落ちるようです。(笑)
すんなりとスルッとは落ちないみたいですね。でも、落ちるものは落ちるんだから怖いですよね、ホント…。万が一閉じ込められたら、どうしましょうね、ココの国だったら。救出されるのが3日後とかあってもおかしくないかも!です。
私も、早く家探さないと!とマジで思ってます。このビルから脱出しないと!
by exmouthcoco | 2005-03-30 04:38 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(18)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco