フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

あぁ、クロノポスト… (´-`).。oO(追記あり)

今日は落ち込むと同時に怒りを感じたことがありまして…
この場で書いていいものか悩みましたが、一人でも被害が出ないよう、書き留めておきます。

それは「クロノポスト」
日本から郵便を送る時にEMS(国際スピード郵便)扱いにすると、フランス側では郵便局ではなく、クロノポストという会社が請け負います。

このクロノポスト、在仏日本人には評判がかなり悪いのです。
パリなどの大都市では、アパートの上まで届けるのが面倒なのか、いるにもかかわらず不在表が入れられたり、サインもしてないのにドアの前に置き去りにされたり…。

幸い、私の住む区域では、クロノポストのトラブルは今までにありませんでした。
今日もね、ちゃんと届いてましたよ。

ドアをノックする配達員のお兄さん。
「こんにちは。荷物が届いてます。
税関からの催促で○○ユーロのお支払いをお願いします」と。



へ?



荷物と引き換えで、支払わないといけないそうで…。
「誰が決めるの?」って、思わずお兄さんに詰め寄ってしまいましたよ。
お兄さんが悪いわけでもないんだけれど。σ(^_^;)

言い方は悪いかもしれないけれど、「この小包が欲しかったら、金よこせ」みたいな、
まるで身代金を要求されてるような、この傲慢なやり方…。
クロノポストのせいではなくて、きっとフランスの税関の方針なんだろうけれど。

結局、ニコラと相談した結果、受け取り拒否を選んだ私たち…。
だって…内容物の相当額とほぼ同じ料金を請求されたのですよ。
明らかに、ギフトだってわかるのに…。
腑に落ちない!

配達員のお兄さんには申し訳ないと思いつつ…
しばらくして、拒否したことが良かったのか悪かったのか…頭の中でぐるぐる回ってました。

きっと、Ninaの出産祝いをサプライズで送ってくれたんだよね…。
私たちのことを思って品物を選んで、忙しいのに郵便局から送ってくれて…
その子の気持ちを考えると、グっと悲しくなります。
さっさとお金を渡して、気持ち良くありがとうメールを送ればよかったな…。
後悔は尽きません。

でも、こんなやり方でお金を巻き上げるフランスの税金システムに納得がいかなかったんです。
それに対してボイコットしたかった!
普通の航空便やSAL便だと、この税関からの督促ってほとんど来ないんです。
クロノポスト経由だと確率が高いようで…。

あぁ〜ぁ。悲しくて、悔しい今日の出来事。

皆さん、フランスにEMS(国際スピード郵便)を使うのはやめましょう。
普通の郵便で十分です。トラブルなしで返って早く到着します。
お知らせまで…。


*********************************************************

追記です。(3月1日)

フランスだけでなく、イギリス、アメリカ、スペインやイタリアなどでもこうした例はあるみたいですね。
イギリスに在住の Saoriちゃんも、似たような経験があるらしく、ご自身のブログにも書かれています。
在英のみなさん、要注意です!
関税の話、その後

いずれにしても、日本から外国へ向けて小包を送る際は、
EMSはなるべく避けたほうが無難なようです。

それか、上のリンク内に書いてあるように、内容物の欄に、”Non Commercial Value”と書いてもらうか。
これ、いい案ですね。

イタリアでは通常扱いでも関税がかけられた例もあるようで…
もう、こうなったら運が悪かったと思うしかないんでしょうね。
[PR]
トラックバックURL : https://exmouthcoc.exblog.jp/tb/20083046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by exmouthcoco | 2013-02-28 06:59 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco