人気ブログランキング |

フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

最後の日

b0069848_05462310.jpeg
木曜日。
Ninaにとっては最後の登校日。

他の生徒にはこれからのカリキュラムがあって、自分はそこに当てはまらないという事を感じとったのか、この何日か前から 急に「学校に行きたくない」ってつぶやき始めた。
えぇ〜〜!って内心思う母。あんなに学校が大好きだったのに。

が、聞こえないふりしたり、あまり深く問い詰めることもなく、
「さ!学校行くよ〜〜!」で、何とか乗り越えてきた。
最終日の朝も、学校イヤ〜〜!の一言だったけれど、
何と給食でNinaの好物の「チーズ クレープ」がメニューにあったので、それで救われた感じ。
b0069848_05464799.jpeg
「今日は crêpe au fromage」だよ!の一言で 顔がパッと明るくなる。(笑)

b0069848_05470951.jpeg
通学路って言っても歩いて3分もかからないけど、この道を歩いて行くのも今日で終わり。

学校ではたくさんのお友達に囲まれて、たくさんのプレゼントをいただいてきたみたい。
相当嬉しかった模様。
「Ninaの旅のルートを辿って、子供たちも一緒に色々な国を勉強していきますね!」と、担任の先生。
そう!教室から離れてはいるけれど、先生やお友達とはネットで繋がっているのです。
文明バンザイ!

そして親の方は…荷造り!
大きな家から 小さな船へ。
溜まりに溜まったモノを厳選して減らすのにとっても苦労。
やってもやっても終わらない。😱
ラストスパートで全力逃走してる時に、ちらほら ちらほら人が会いにきてくれて、
毎日のように5組くらい、友人が顔を出してくれる。
この1週間で、3年分くらいの友達に会った感じ。
自分から出向かなくても、向こうからわざわざ私たちに会いにきてくれるなんて、
私達、なんて幸せなんでしょう!☺️

やってもやっても、荷造りは終わらない。😰
もうすぐ約束の時間なのに。

夕方、近所に住む不動産屋がお迎えに来てくれて一緒に公証人役場へと向かう。
無事にサイン終了!

晴れてSDF (Sans Domicile Fixe) 住所不定の身になった私達。😃
近所の友人が、SDFの私達のために夕飯を用意してくれ、かなり遅い時間まで話し込んでしまった。
元々我が家は彼女が若い時に住んでいたこともあるので(お父さんの所有)、
この家の歴史をよく知っていたし、家族のように毎日のように顔を合わせ、
ミカはこのお宅に1人でお邪魔し、この家の犬は散歩に出ると我が家に寄って、
いつもそのまま預かって帰りたがらず…お互いの犬の交換が毎日のようにあった。

別れが非常にツライ。
「coco、何年たっても そのまま cocoらしく いてね」
胸にドキュンと刺さった言葉。

さよなら!わが愛する村。
電車もバスも信号も、パン屋もスーパーもなく ひっそりとした田舎の村だけあって、
原住民(笑)の中に入っていくのは なかなか大変だった。
フランス人とはいえ、アジア系のニコラでさえ、
「フランス語上手いのねぇ」ってよく言われたし、
「いや、僕はパリ生まれです」って言っても、
「いや、本当に上手よ」って人の話を聞いてないオバちゃんも多かったし…。

でも、少しずつ村の中に受け入れられて、私達が知らなくて、逆に私達のことを知っている人も多かった。アジア人だから目立つのかな。

たくさんのお友達に恵まれ、楽しい時間を過ごした この村…。
どうもありがとう!

夜11時。
片道乗り捨てレンタルのキャミオンと、
我が家のNISSANに分乗して、2台で南西部へ。
( 中古売りのサイトでNISSANの方は売って、
本当はキャミオン1台だけで行く予定だったのだけれど、
引越し前日に買いたいという人が現れず、まぁいいやと、分乗する事に。)

今や人の手となってしまった 家の中に、とても大切なモノを置き忘れて…。😱

(次回に続きます)


# by exmouthcoco | 2019-09-22 07:16 | フランスで家を買う?家を売る?
ここのところ、なかなか眠れない。
やる事がいっぱいで、寝ながら明日は何をしよう?って考えてるらしい。
寝ようが寝まいが、夜が明けることに違いはないのにね。

自宅に戻ってきて 早10日。
実際、なーんにも進んでいない感じ。
とにかく、毎日来客が多かった!
普段でも、誰かしらふらりとやってくる我が家。
今の時期、多い時で4組。
会いにきてくれる嬉しさと、心の中で刻まれるチッチッチッという時計の音。
タイムリミットが近づくにつれ、段々と強くなっていく。
最後の家をゆっくりするどころか、毎日走ってるよ〜〜、私。😭


思い出のmalle マル。(木製トランク)
b0069848_05523814.jpeg
今日、このトランクに大切なモノを詰め込んでいる時、
16年前に日本を去る時に身辺整理をしていた自分と今が重なってみえた。
あぁ、あの時も大変だった。
独身時代の、好きなものに囲まれた部屋から、一つのバックパックに詰め込んで…。

彼の元に着いたら、ひょっこりと渡されたトランク。
古くて所々傷んでいたらしく、中も外も補修されていた。
「はい。これ使ってね。」と。
自分の部屋ができたみたいで、本当に嬉しかったなぁ。

近所の友人にアペロを誘われ、そこでもらったプレゼント。
b0069848_05525610.jpeg
古いホウロウのプレート。
我が家は28番地でもないし、28という数字にゆかりはないのだけれど、
このプレートが付いた木の棒(枠の一部ともいう)がなぜか我が家のCaveにあって、
なかなかプレート自体が取れないこともあって、友人にあげた覚えが。(元々、我が家はその近所の友人のお父さんの家だったので、ゆかりのある物は家族に戻すという理由で友人にあげていたのでした)

あっ!あのプレート!取れたんだね〜〜!素敵!

そして、その娘のお手製の革ケース。
厚みのあるモノを縫うのって本当に大変な事を船の巨大3点セットで知ったので、
これを見た時に、ジーーーンと感動。
一生懸命作ってくれたんだね…。😂

さて、いつか…28番地の家を探さなきゃ!


P.S. しばらくコメント欄お休みしまーす。

# by exmouthcoco | 2019-09-16 06:37 | フランス雑貨・蚤の市

Ninaっち、再び学校へ

ヨットで世界旅行へ行くということは、学校に通えないわけですが、
フランスにはCNED クネッドという素晴らしい通信教育のシステムがあって、
ウチの娘もそれを利用することになっています。
こちらのサイトでわかりやすく説明されています。

4ヶ月ほど前から用意して、すべての書類を送ったのに…。
(申し込み用紙の他、何故CNEDを希望するのか、教育委員会、担任の先生や役場のサインなども必要だったり、書類を揃えるのが結構大変だったのです。)

なかなか返事がなくて気をもんでいたのですが、9月に入って世間では新学期が始まっている頃、パリへ向かう日の午前中、夫の携帯にメッセージが入りました。
「送ってもらった書類のうち、一つが足りない」と。
今更…。😩
しかも、ちゃんと全てスキャンして、コピーアウトして郵送で送ったのに!

電話をしたら、どうやら前任の人が失くしたらしく、60km離れた事務所のある街まで来てもらったほうがいいとの事で、早々に出かけて行きました。(夫が😁)
新しく引き継いだという女性が山のようにある書類を見せながら、
今度はウチの送った書類が(全て)見つからない、と。😤
探しに探し、もう一度書類を作り直そうかと一悶着してる頃に、
奥の方から見つかったらしく、それでもやはり一部足りない状態。
その場でサインをして事なきを得ましたが、
フランスのお役所って、どうしてこんなにイケてないんでしょう?

9月に入って 直ぐに始めるのか思いきや、一応、優先的に手配してくれる事にはなったものの、しばらく待つ事になりそうです。
で、そのホームスクーリングが始まるまでは、学校へ行けるらしく…

帰り道に、学校へ寄って、担任の先生に短期間でも通うことができるか尋ねてみると、
OKとの事。(ヤッタ〜!)

筆記用具、ノートやファイルなど、一式、船においてきてしまったので、
急いで必要なものだけ買いに走りました。
b0069848_06481607.jpeg
たった7日間。
だけれど、私たちにとってはとてもありがたい!
仕事もはかどるしね!

久しぶりにクラスメイトに会って、「Nina〜!」って呼ばれちょっと恥ずかしそう。
ママ友達からも、何か必要があったら言ってね!と言われ、
あぁ、慣れた所はいいもんだなぁとしみじみ思ったのでした。



# by exmouthcoco | 2019-09-10 06:56 | のんびり子育て | Comments(8)

世間では新学期

b0069848_02285979.jpeg
あ〜〜、おいし❤️

Bordeauxと船のある港を行ったり来たりだった この頃。
biminiを始め、巨大3セットのうちの2点はなんとか終わり、
残すはクジラのように長いLazy Bagを残すのみ。
b0069848_02292299.jpeg
採寸していると邪魔しに来る犬。ネコみたい。
構って欲しいのではなくて、単に布の上に居たいだけ。
b0069848_02293990.jpeg
こーんな風にくつろいでる姿を見てしまうと、邪魔だとも言えず…。
b0069848_02295633.jpeg
船の中には、前のオーナーが残していってくれた お裁縫キットが。
ヨットの帆のための 太い針と糸、
指ぬきではなく、手のひらで針をググッと押す器具…。


そうそう、今回、船を置いている港のオーナーが私たちのために用意していてくれたのが、このパスレル すのこ階段。
b0069848_02301341.jpeg
今までは、ハシゴだったので本当にありがたい。

けれどある時、ミカがこのすのこ階段を上ってきてしまって、青くなった私達。危険!
それ以来、みんなが船にいる時は抱えて一緒に上がり、
下りるときは抱えて下るという…大変なことったらない。
当のミカは抱っこされた時に、周りの景色を見て喜んでいるようだったけれど。


対岸のお爺ちゃんの家に立ち寄る前に、近くのビーチへ。
b0069848_02303197.jpeg
新学期が始まって誰もいない海。
もの寂しい気持ちと、学校に行かずにのんびりしている娘に焦る気持ちと…。
そんなNinaも、近々新しい「学校」が待っています。

そして、パリへ戻ってきました。
b0069848_02364293.jpeg
夏休み明けのTGV。
Bordeauxからパリ方面へ、大人10ユーロ、子供5ユーロ、お犬さま30ユーロ。
犬が一番高いという…。座席ももらえないのに…。😩
今回の目的は…引越し!
短い間にやることがいっぱいです。
最後の家を満喫する時間はあるのかな?

# by exmouthcoco | 2019-09-06 02:46 | こんな所行った… | Comments(2)
長い月日をかけて リノベーションをしてきた我が家。

あと20日ほどで手放すことになりました。

何かをするごとに写真に収めて このブログでも記事に書いてきたけれど、
振り返ると 懐かしい思い出と共に、ここまでよくやってきたな〜、というのが正直な気持ち。
モチベーションがここまで続いてきたのが奇跡なのです。

屋根の葺き替え、大小含め合計で5回。
その都度、大量のゴミは出るし、
新しい瓦を何千枚も階段やハシゴでせっせと運んだこともあったっけ。
通りすがりの人は「素人なの〜〜?」って驚く人もいたけれど、
近所の人は「また始まった。」って思ってたかも。

屋根の作業初日、手伝いに来てくれた同僚に巨大なハンマーで利き手の中指を叩かれて(わざとでは無い)、翌日からは左手での作業という大変なスタートから始まって、
屋根から落ちたり、頭に鉄の棒を受けたり…と、大怪我も。

娘が生まれてから、私は作業のお手伝いする時間が減り、ペースダウンしましたが、
やっと人にお見せできるレベルの家になりました。

家族でゆっくりできるのは、本当はこれからのはずなのに…。
休みに家でのんびり過ごしたり、ショッピングや娯楽に出かける人がどんなに羨ましく、
埃やクモの巣とは無縁のキレイな家に住んでいる人たちがどんなに眩しかったか…。

色々な想いを込めて、我が家のリノベーションの動画を作りました。


ベッドと食事を提供する代わりに、日本からわざわざお手伝いに来てくれた方も沢山いらっしゃいました。それぞれの方との楽しい思い出も胸に抱いて…。
お手伝いくださった皆さん、どうもありがとうございました!
こんなに素敵な家に生まれ変わりましたよ〜〜。

遊びに来てくれる人みんなが居心地のいい家だと言ってくれて、
ボロボロだった家も、さぞかし喜んでくれてるでしょう。

築200年。
この先も、ずーーーっと…
みんなに好かれる家でいてくれますように。






# by exmouthcoco | 2019-08-29 06:00 | 我が家のリフォームとDIY | Comments(14)

フランス生活16年。そろそろ終盤。念願の、ヨットで世界中を旅してきます。


by exmouthcoco