フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ
松ヤニ小屋で静かな夜を過ごした翌日は、友人と港でRDV ランデヴー。

またあの砂の道を戻って、アスファルトの道に出たところで、アクシデント?
一台の車が止まっていて、マダムが携帯で何か話しながら、
ウチの車に「止まって」のジェスチャー。
よく見ると、道の脇には2人のサイクリストがいて、
そのうち1人が何かもがいている様子。

どうやらサイクリストが発作を起こしたらしく、
通りすがりのマダムが救急車を呼んでいるところだったらしい。

待っている間、私達に出来る事は水と濡れタオルを用意して、
病人の自転車をキャミオンに積んで持っていく事。
偶然、指定された場所が私達のRDVの港だったのでよかった…。
b0069848_05531833.jpeg
救急隊が到着。
こういう現場、普段はなかなか見る機会がないけれど、
Ninaっち、興味深そうに見守ってました。

港に向けて走って、すぐに大通りに出たら、
何と有名なピラ砂丘のふもとだった事が判明。

(↓↓13年前の記事ですが(苦笑)、ピラ砂丘のこと書いてます。)
松ヤニ小屋は、砂丘の近くだったのか〜〜!

b0069848_05593124.jpeg
アルカッション湾に到着。
港の指定場所で自転車を下ろして、私たちは友人と合流。



これ、前日の写真なんですが、
b0069848_05492669.jpeg
陸揚げされた状態の船。
これ、bateau ostréicole と言って、牡蠣の養殖業者が使う船なんだそうです。
もともとかなり傷んでいたモノを買い取って、自分たちで修復したそう。
b0069848_05490441.jpeg
金属製の新しいタイプももちろん存在する訳ですが、
この木製の船は朽ちてしまったらそれでアウト。
新しく作る事はできないのだそう。
Plateとも呼ばれるだけあって、浅瀬でも大丈夫な構造らしいです。
b0069848_05494549.jpeg
牡蠣の養殖場があちらこちらに。
瓦に白い塗料が塗ってあるのは、牡蠣が白いモノにつく習性があるからなんですって。
(…と、自分ではすっかり忘れてましたが、過去の記事で新たに思い出す。笑)
b0069848_05501022.jpeg
この日は、修理に出した港から、自分の港まで運んでいくというミッション。
ニコラとNinaっち、同乗させてもらって一足先にクルージング体験。


翌日に戻りまして…
さて、いよいよ出航です!
b0069848_05484073.jpeg
アルカッション湾は潮の満ち引きが激しいので、
沖に出るには満潮にならないと出られない訳です。
この日は、正午くらいから、夕方4時だったか5時だったか…
それまでに帰って来ないとダメなんですね。
↑写真の長い棒は、底を突っついて船の向きを変えるためのもの。

多くの船が出航を待っている中、この底が浅い船は1番に沖に出られる特権が!
b0069848_05504273.jpeg
奥に見えるのが、牡蠣の養殖小屋。
場所によっては、試食できたりします。
b0069848_05510469.jpeg
こういうの、目の前で初めて見ました。
楽しそう…。
b0069848_05513702.jpeg
アルカッション湾の地図の写真にもありますが、2つの小屋の近くまで。
この辺りは浅瀬なので、大きな船は入れないのです。
b0069848_05521888.jpeg
その近くでランチタイム!
なんというロケーション。
アルカッションには何度も来ているけれど、湾の中に、しかも ils aux oiseauxと
cabanes tchanquées と呼ばれる小屋の付近まで来たのは初めて。
b0069848_05515886.jpeg
もちろん、牡蠣!
でも、私、最近、あまり食べられないんですよね…。
具合が悪くなることもたまにあって。
でも、美味しくて自分の制限を超えていただいてしまいました。

食べて、飲んで、昼寝して…。
気付いたら4時。
港へ向かいます。周りの船も、港を目指して何だか面白い。

なかなか経験する事のできない楽しいクルージング体験でした。

旅行記はこれでおしまい。
長くお付き合いいただいて、ありがとうございました。


余談ですが…
この船を降りて、キャミオンでニコラの実家へ行く途中、
見事に気分が悪くなり、冷や汗たらり。
キャミオンにトイレがあってよかった〜〜と感じた瞬間。
やっぱり、牡蠣は体質に合わないのだろうか…。(←いつも懲りずに食べる人)



[PR]
# by exmouthcoco | 2018-07-22 07:05 | こんな所行った… | Comments(0)

松ヤニ小屋で…

b0069848_05501878.jpeg
友人を訪ねて ボルドー近くの海へ。
海の話は次回にして、今日は、初めて体験した松ヤニ小屋でのことを。

住宅街の友人宅を後にして、友人の車の後を追ってちょっと走ると森の中。
アスファルトの道から、森の中に入る砂の道の前で友人が車を停めて忠告しに来る。
「ねぇ、ここから1,5km、ブレーキかけずにゆっくり走ってね」と。
つまり、その…砂道なんです。
ウチの近くでもそうだけど、森の中って、砂道が多いですよね?
スタックしたらどうしよう〜!と、ハラハラ助手席で心配する私をよそに、
「こんなのへっちゃら。大型トラックでこういう道走ったことあるよ」と、余裕のニコラ。

そうしてたどり着いたところは、広い広い森の中 にある小屋。
b0069848_05510791.jpeg
これ、松ヤニを採取する人のための小屋なんです。
b0069848_05520532.jpeg
という訳で、周りは松林。
現代では、松ヤニを採る人はいないとのことだけれど、
ここではこうして、友人の息子さんが趣味で採ってるとのこと。
b0069848_05512834.jpeg
この素焼きのポットは見たことあるけれど、実際に使われてるのを見たのは初めて!

b0069848_05522473.jpeg
この手の松ヤニ小屋は、現存しているものだけで、
新しく作られることはないのだそう。
代々、権利を受け継いで、使わなくなったら朽ちていく…。
そういうシステムらしいです。
b0069848_05525068.jpeg
薪は山のようにあるので、暖炉の火も豪快!
実際、小屋に入ると炭の匂いがして、懐かしい気分になるのです。
炎の前の鉄の網は、火の粉が飛び散るのを防ぐ網なのかと思いきや、
後にこれがBBQのグリルの網となって、肉と魚が並んでおりました。(笑)

驚いたのが、こんなに周りから閉ざされた所なのに、
固定電話とインターネットが使えること!

不法侵入者がいたり、火事の恐れもあるので、
仕事の合間に1日2回はこの小屋に来るのだそう。
定年でなく、現役で働いていらっしゃる方なんですけどね…。
息抜きも兼ねてるのだろうけれど、ここまで2回も往復って凄い。

「ゲストルームあるわよ」と言われたけれど、広い森の中で…
b0069848_05504455.jpeg
今夜はここでお休みです。

次回は、旅行記最終回。海へ行きまーす。

[PR]
# by exmouthcoco | 2018-07-17 06:39 | こんな所行った… | Comments(0)

海岸線を横断。

b0069848_05405252.jpeg
渓谷を後にして、今度は地中海側へ。
b0069848_05482777.jpeg
(またまた見づらくてスミマセン。)
たどり着いたのは、赤いピンの港町。
Le Grau du Roi ル グロー デュ ロワ
夜も街を散歩する人達で賑わってました。
b0069848_05411141.jpeg
翌日はパラソル持ってビーチへ。
ヴァカンス前だったので、人もまばら。
ニコラとNinaは海で遊ぶ人。
私とミカはパラソルの下で日陰の人。

ビーチを後に、西へ西へ。
b0069848_05485605.jpeg
Ninaっちに見せてあげたかった!と、紫のピンの所、
carcassonne カルカッソンヌへ。
b0069848_05491924.jpeg
城壁の中は、それはそれは大きな中世の街。
前に来た時は、隅から隅まで歩き回ったけれど、
今回は暑さと足の痛さでミカもあまり歩きたがらなかったので、
メインストリートをつるっとお散歩したのみ。
学校で習った騎士やシャトーが目の前に存在して、Ninaっち、嬉しそうでした。
(↑お土産物屋、大好きな人)

カルカッソンヌを後にして、ボルドー方面へ。
内陸部に親戚がいるので、寄らせてもらいました。
年末年始、春休み(法事)、そして今回と…なんだかんだと今年に入って3回もお世話になっていることに気づく…。
b0069848_05500352.jpeg
たくさん移動したね〜。
ちょっと休憩。
b0069848_05503978.jpeg
洗濯させてもらって、気分もスッキリ。
心のオアシスなのです。
b0069848_05512347.jpeg
私たちが来るちょっと前にようやく天気になったらしく…
水が冷たいのに泳ぐ人達。

次回は、ボルドーの海へ向かいます。



[PR]
# by exmouthcoco | 2018-07-14 06:27 | こんな所行った… | Comments(4)
b0069848_06064455.jpeg
電気ボートを半日借りて、渓谷クルーズ。
b0069848_06053046.jpeg
キレイだねぇ…。
b0069848_06060182.jpeg
途中、洞窟があったり、鳥の巣があったりして全然飽きない。
何と言っても、地層の力強さには圧巻!
b0069848_05413962.jpeg
家の中でパパに反発することも増えてきたNinaっち。
でも、旅行中はとっても仲良しなのです。
b0069848_05421602.jpeg
ボートの操縦に興味があって、パパの元で指導を受けていると思ったら…
b0069848_05424389.jpeg
なーんか、本物のプティット・キャピテンヌになってるんですけど…。
b0069848_06363447.jpeg
(↑見づらくてスミマセン。)
紫のピンの所がスタート地点。
大きな湖まで行って 戻って終了。
楽しかったね〜〜。
b0069848_05430621.jpeg
水面から見てもキレイだったけれど、上から見てもまた違う美しさ。
b0069848_05433251.jpeg
渓谷沿いを車で走って、この高低差に目が眩む…。
b0069848_05435608.jpeg
地図上にある赤いピンは Moustier saint marie ムスティエ サン マリーという街。
b0069848_05445223.jpeg
観光客が一息つけるようなお店やお土産屋さんがたくさんあって、
山間のオアシスといったところ。
b0069848_05442881.jpeg
ここのレストラン、味もサービスも雰囲気も良かったなぁ〜。

またまた次回へ続きます。


[PR]
# by exmouthcoco | 2018-07-12 06:28 | こんな所行った… | Comments(0)

プロヴァンスにて

先日ちらりとアップした「ちょっと早い夏休み」の記録をさらりと書いていこうと思います。
b0069848_06033708.jpeg
南仏プロヴァンスへ行って来ました。
6月半ば…。ラベンダーの時期には まだちょっと早かったけれど、
人も少なくて、まぁいい季節だったのです。

今回、義弟夫婦が1週間バカンス村に滞在するとのことだったので、
4泊ほど私達も合流。
その合間に、小さな村や 渓谷を訪ねて 楽しんできました。
b0069848_06010795.jpeg
「フランスの美しい村」の一つである Roussillon ルシヨン。
b0069848_06053368.jpeg
有名な村だけあって、観光客も多い…。
b0069848_06083435.jpeg
ゴミ箱も凝ってる〜。
観光客があるという事は、村も潤ってるんでしょうね。
b0069848_06063515.jpeg
この村で私が気に入ったのは、オークルの土の採取場。
なんだか懐かしく感じたのは、その昔、旅したオーストラリアに似てたから?

b0069848_06091709.jpeg
どの村に行っても、毎回、トロティネット(キックボード)の人。↑
そして、関節が痛い犬。この時はヨロヨロ歩いてました。
路地に猫が横たわっていても、見てないフリしてスルー。(猫が怖いのか?笑)
普段だったら、追いかけて行くのに…。
b0069848_06142877.jpeg
絵にはなるけど、実際、自分の家だったら、出入りするのに草が邪魔だろうなぁ、と現実的な事を考える私。(笑)
b0069848_06165849.jpeg
湖のほとりでは、Ninaっち、カモさん達のアイドルになってました。

次回に続きます…。

[PR]
# by exmouthcoco | 2018-07-11 06:03 | こんな所行った… | Comments(2)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco