フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

タグ:薪ストーブ ( 5 ) タグの人気記事

新しい調理ストーブで…

12月に買ってきた 調理ストーブ。
新しいキッチンの準備ができてきて、4月の半ば、いよいよ移動しました。
ちょうど この時期、日本から、Ninaとそう変わらない赤ちゃん連れのご夫婦が手伝いに来てくださっていたので、旦那さんにヘルプをお願い、私とニコラの3人での移動でした。
b0069848_6444452.jpg
木材を積んで、板の上に載せて滑らせて… この階段を上り詰めた時は、思わず笑顔が出ましたよ。
やってる本人(私)は夢中だったけれど、脇で見ていた奥さんは、ヒヤヒヤ…。どうなることかと思った、と言ってました。
確かにそうだ。私、もうこの感覚は麻痺してるみたいです。

キッチンはまだ完成とは程遠いけれど、試運転を兼ねて点火。
そうなると、あれこれ作ってみたくなります。
この日は確か…スープを作ったんだった。
b0069848_646984.jpg
左側が、ペレットを入れておく部分。
中央が、薪を入れるところ。そして、右がオーブン。
タイマーで、朝と夕方に自動的に点火してくれるのですごくラク!
ペレットだけだと割高なのと、調理するには温度が足りないので、薪を入れるのだけれど、
庫内が800度近くになると、ペレット注入は自動的に停止されて、かなりエコノミーです。
b0069848_651944.jpg
ストーブならではの、いつもお茶がすぐに飲める幸せ♥︎
あぁ、今から この冬が楽しみです。
b0069848_6581851.jpg
調子に乗って、食パンと、ミニ・コーンブレッドを作ってみました。
まずまずの出来。(^∇^)
b0069848_703410.jpg
でも、温度調節がイマイチまだわからない…。
オーブンまで自由に使いこなすには、もうちょっと経験が必要です。

*********************************************************

ちょっと前から、エキサイトプロフィールを退会させていただきました。
その機能をいまいち使いこなせなかったことが主な理由です。
せっかくメッセージをくださる方に失礼してしまうことも多々ありました。
エキサイトの「いいね」をいつもクリックしてくださった皆さん、今までどうもありがとうございました。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-05-23 07:11 | 我が家のリフォームとDIY

調理ストーブの話

我が家にある 薪ストーブといえば
b0069848_6593067.jpg
この子たちと、
b0069848_6595979.jpg
この大きな子。
緑の調理ストーブに至っては、とっても便利で私の大のお気に入りだったけれど、実は、しばらく使っていなかったのでした。
新しいキッチンで活躍してもらおうかな〜、って思っていたのに、キャプテンから、まさかの却下。
ホコリが気になるんだって。私には、作業のホコリの方がよっぽど気になるんだけどな。

「新しいキッチンには、新しい薪の調理ストーブを買うよ」そう宣言していたニコラ。
でもねぇ〜。数ある薪ストーブの中でも、調理ストーブって、本当に数が少なくて、どれも高い。
いろいろ調べていくうちに、薪の他に、ペレットを燃料とするストーブも選択肢に入ってきた。
けれど、薪を使うタイプよりも、さらに高い!(●`3´●)凸

薪にもペレットにも、それぞれ長所と短所があり、なんとも悩むところ。
薪は、今のところは、燃料としては一番安い。
けれど、調達してから、実際に使うまでに結構、体力が必要。
薪を積み直したり、第一、それを確保する場所もある程度必要。

ペレットは、ちょっと割高だけれど、価格が安定している。
何より魅力なのが、タイマーで点火をコントロールできること。朝、起きた時に暖かいのはありがたい。
でも、熱量は薪には敵わない。

ある時、ニコラが見せてくれた薪ストーブは、薪とペレットが両方使えるもの。すごい〜!
でも、値段が…。夢のまた夢だわ。

そしてある時、ニコラがボンコワンという売り買いのサイトで、その夢の調理ストーブを発見!

ワンシーズンしか使ってないので状態は抜群。
お値段は、かなり魅力。
色は白。本当は黒が欲しかったんだけれど、贅沢は言いません。
でも…悩んだ悩んだ。
というのも、売り主が、遠かった…。(´Д` )
かなり、遠かった…。_| ̄|○
b0069848_71129.jpg
74 Haute Savoie オート サヴォワ県。アルプスです。
ちなみに、パリは★マーク。
我が家は、★から北東に行ったところ、60と77の境目です。

売りに出ていたアノンスから ちょっと時間が経っていたので、もう売れちゃったかも?と思いつつ、コンタクトを取ったら、まだありますとのこと。

と言うわけで、買いに行きましたよ〜。
それが、この時だった訳ですね〜。

で、一人でトレーラーでSavoieに向かったニコラ、こんな感じで帰ってきました。
ストーブの後ろに載っているのは、おまけに いただいたペレット約600kg。
b0069848_713676.jpg

自宅に到着して、これを家の中に運ぶのが至難の技。
この調理ストーブ、325kgだそうです。軽く言うなぁ…ニコラ。
でも、私も慣れっこです。
いつも、なぜか、なんとかなる。
テコの原理を上手く使って、サロンに鎮座。
もう、動かしたくない〜。いや、もう、動かせない。

玄関ドアを入った所に、4ヶ月。
通路の邪魔になっていた調理ストーブを、やっと移動しました。
はぁ〜、広くなった。

長くなるので、続きは次回に!
[PR]
by exmouthcoco | 2014-05-19 07:06 | 我が家のリフォームとDIY | Trackback
久々にリフォームの記事はお休みして、日常の話題。

11月って、まだ秋真っ盛りというイメージだけど、
北フランスではもう冬!って感じがする。

薪ストーブに火を入れたのも、もうかなり前のことだし、
きのこ狩りに行ったのも、遠い過去のような記憶が…。(笑)
b0069848_2275936.jpg
今年は暖炉よりも薪ストーブのほうが大活躍。

火をボーーっと見つめるのも好きだけど、
ほんわかじっくり温かくて、料理もできる薪ストーブのほうが私は好き。
b0069848_22212770.jpg

この古い薪ストーブに、しっくりなじむ日本の鉄瓶。(右)
3月に里帰りした時に、大叔母からいただいたもの。
姥口と呼ばれるこのタイプ、個性的でお気に入り。
お茶の時間に活躍してくれてます。

左の鋳物の鍋は、実はこの薪ストーブを買った時に一緒に購入したもの。
以前にも書いたけれど、この薪ストーブ、マニアの人から求めたもの。
この方、いろんなグッズも持っていて…私が以前から欲しかった鋳物の鍋を持ってたんですねー。
しかも、古いモノなんだけど、未使用品。

このストーブを使うにあたって、実はあるパーツがが不足しておりました。
2つの鍋の間に写る、変形のチューブです。
古いモノだけに、そこらへんのお店で買えるものでもなくて、
古いモノを扱う店でやっと手に入れたと思ったら、
我が家のストーブとは形が違うことが判明。(ガックリ)

今回、南西部に帰った時に、この部分を鉄工場に勤める知人に注文していたら、
なんとなんと、ぴったり合うものを作ってくれました。感謝!

ブログ仲間で、薪ストーブを作っていらっしゃるるしょうすけサンのところにマジで注文しようかとも考えていたり…。(苦笑)
しょうすけサン、その際は、温かいメッセージ、ありがとうございました。

b0069848_22441097.jpg

さて!食事の支度の時間になると、薪ストーブの上も混雑が始まります。
シチューのような煮込み料理やカボチャのスープ。

そうそう!今年はカボチャが大豊作だったのに加えて、
ニコラが知り合いの人からたくさんのポティマロン(=カボチャの一種)をもらってきて、
我が家のカボチャのストックはすごいことに!
b0069848_2247668.jpg
階段の下のほうまで続くカボチャ…見えます?
二人家族とは思えないくらい。

いろんな人に配って、在庫がなんとなく減ってきたと思ったら、
急遽、一時帰国が決まったので大慌てで食べてます。

毎日、毎日、カボチャのスープ。

おかずに、お菓子に…。
主食はカボチャ?ってくらいに。(笑)

ストーブの上でコトコト煮込まれて、味がまるくなったカボチャのスープ。
近所のフランボワーズのおじいさんの所にもおすそわけ。
とっても喜んでもらって、私もにんまり。

さて、まだまだカボチャ尽くしは続きそうです。
[PR]
by exmouthcoco | 2008-11-16 23:03 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(20)
勢いついでに、今回も薪ストーブの話題デス。

書類を整理してたら、出てきました!

b0069848_1910173.jpg


当時のカタログ!

というのも、この薪ストーブ、コレクションされてる方から買ったもの。
個人のお宅なのに、ガレージの中はまるで薪ストーブの博物館のようでしたわ。(笑)

なんだか、このイラストがなんとも言えないねー。

b0069848_1914975.jpg


当時のパンフレットも大切に大切に保管されていたのね。
たくさんの書類の中から探してきてくれた、おじさん…。

b0069848_1915416.jpg

我が家と同じモデルのを発見!
こういうのを見つけると、ニヤニヤしてしまう…。
他のカラーもあるのかなぁ。ブルーとか。

さて、これから薪でもくべるかな。

今日のパリ郊外の気温、1度だそうデス。
外は霧で真っ白け。冬真っ盛り…。
[PR]
by exmouthcoco | 2006-12-15 19:19 | フランス雑貨・蚤の市 | Trackback | Comments(26)

薪ストーブと過ごす1日

暖炉の続きをアップしたい気持ちも山々だけど、今日は薪ストーブの話題でお付き合いください…。

強風だと煙る我が家の暖炉…。
快調に煙が上っていても、強い風の音がしたと思うと、煙が部屋にちょっと逆流してきたりする。

風向き?風速?気圧?チューブの太さ?長さ?
そんなわけで、実験の日々が続いてる訳デス。

どんな状況でも煙らない暖炉じゃなければダメなのダー。
妥協は許されない。

昨日は結構強い風が吹いていたので、暖炉は諦め、薪ストーブを使うことに決めた。

b0069848_85965.jpg

暖炉の隣に置いてある、
1920年代の薪ストーブ。

調理台も兼ねている便利なもの。

ただねー、このゴールドのフレームがイヤなのよね。



b0069848_8102172.jpg

さて、火がついて暖まってきたら、忙しくなりますよー。



b0069848_8113554.jpg

コトコト コトコト… 

カボチャのスープ


b0069848_8123411.jpg

オーブンではバナナキャラメルケーキ


この日、他に作ったもの。
・圧力鍋で大豆を茹でる → 納豆用
・圧力鍋で赤いんげんマメを茹でる → チリ・コン・カーン用
・夕飯はタイスキ! スープで野菜を煮る… などなど。

後は、夜、寝る時の陶製 あんか を温める。

b0069848_8235178.jpg

食事が終わったら、
このお湯で食器を洗いマスー。


なんだか使わないと損、損!って気になってくる。

あ~~~便利!コレ、日本にあったら大ヒット商品だろうなぁ。

b0069848_8251641.jpg


楽しみにしていたバナナキャラメルケーキ!
2台焼いたんだけど、1つ焦げちゃったよ。
温度調節が難しいのぅ。

最近、焦がすことが多い私。暖炉でまる焦げにならないよう、気をつけよう~。
[PR]
by exmouthcoco | 2006-12-13 08:29 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(37)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco