フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ
b0069848_722694.jpg
サルデーニャの最後は、東海岸のBauneiという所。
b0069848_6574097.jpg

Bauneiの町自体は結構大きかったけれど、
泊まった宿は町から離れていて、周りはゴツゴツした岩山だらけ。
しかも、泊り客は私たちだけ。
オフシーズンとはいえ、静か過ぎて何か落ち着かなかった印象が残ってます。
サービスも良かったし、のんびりできて良かったんですが、何かこう…手持ち無沙汰みたいな。
b0069848_702025.jpg
ちょっと足を延ばすと、ここにもキレイな海。
あぁ、釣り道具が欲しいところ。
b0069848_773348.jpg
山の斜面から、カランコロンと音がするなぁと思ったら、道の途中で、ツノの立派なヤギに遭遇。
b0069848_791283.jpg
ジョイアちゃんって言ったかなぁ…。
Ninaよりもちょっと大きい女の子。
b0069848_7111216.jpg
お互い、言葉を交わすものの通じなく、(苦笑)
かと言って、一緒にいて居心地悪いわけでもなく…
おっちゃんの名前はマリオ。覚えやすい名前です。

夕飯を食べに、ちょっと南の港町、Santa Maria Navarreseへ。
町のあちこちに、こんな感じでマリア様が飾ってありました。
b0069848_7144725.jpg
町の名前にもあるように、この日はSanta Mariaの行事があったようで、
町の中を村人たちが行進してきました。
b0069848_7183539.jpg

b0069848_7191740.jpg

朝はヤギたちが首に下げたベルで起こされたのでした。
この後、ヤギ達の大行進!
b0069848_712337.jpg


さて、宿を後にし、北上して港へ到着。
b0069848_7213970.jpg
今回は、以前に比べて小さめのカーフェリーです。
b0069848_7224774.jpg

これで、いよいよサルデーニャともお別れ。
イタリアを後にします。
b0069848_72540100.jpg
楽しかったなぁ、サルデーニャ島。
天気はいいし(暑すぎるとも言う)、人も優しいし…。
ユーカリがあちこちに生えていて、手付かずの自然もいっぱいで、
かつてニコラと一緒に旅をしたオーストラリアに似てると思いながら、
車を走らせてました。
b0069848_7241885.jpg
約1週間のサルデーニャ島、満喫しました!

---------------------------------------------------------------------------------


イタリアって、お隣の国だけれど、フランスと比較すると、いろんな点で違うことも多いですね。
一番ビックリしたのは、ガソリン代が高かったこと。
もちろん、サルデーニャは島なので、本土に比べると物価が高いのは承知の上ですが…
本土の方でも、フランスに比べてかなり割高でした。
パリ郊外の我が家の方で、ディーゼルが1,20ユーロ/L に対して、
イタリアでは、安くて1,40ユーロ/L。
サルデーニャで最高に高かったのは1,70/Lしました。(涙) 税金かぁ…。
物価も、モノによりけりだけれど、若干、イタリアの方が高いかなぁといういう印象が残ってます。

でも、食べ物はおいしいし、人も温かいし…
また来まーす!
[PR]
by exmouthcoco | 2015-06-17 07:44 | こんな所行った…
やっと、ネットがつながる所へやってきました。
実際の旅とちょっとずれてきていますが、更新を続けます〜。
b0069848_6573782.jpg

東海岸にある次の宿泊先に移動中のこと…。
b0069848_6582576.jpg

峡谷沿いの道を走ってると、キレイな川に遭遇。
ちょうどお昼時だったので、ここで食事休憩をすることにしました。
b0069848_6593249.jpg

水の流れも穏やかで、しかも水温がそんなに冷たくない。
ミカも、川の中だろうと、ズンズン付いてくるのでした。珍しいこと!
b0069848_701452.jpg

日差しが強いけれど、時たま吹く風が心地よくて…
花が至る所に咲いていて、水もキラキラ美しくて…
1日中、ここで川遊びをしても飽きないだろうな〜。
b0069848_721583.jpg
b0069848_711756.jpg

海も美しいけれど、川も負けずと魅力的なサルデーニャでした。
[PR]
by exmouthcoco | 2015-06-15 07:06 | こんな所行った…
b0069848_6565666.jpg
海のキレイな周辺をぐるぐるしてますが…
宿が変わって、Piscinasという名もない村へ。
カラカラの大地、突き刺さるような日差し。
砂漠の中にいるイメージ。
幸いにも、宿にプールがあったので、早速遊ぶNina。
b0069848_65851100.jpg

宿のオーナーが、「今日は村祭りがあって、村で催し物があるんですよ。
それと、今日は娘の誕生日でもあって、パーティーをするので、よかったら一緒にどうぞ!」と言ってくださったのだけれど、言葉は通じないし、気を遣って疲れるのもイヤだったので、
迷わず村祭りへ行くことに。

準備して部屋を出たら、なんと、突然、こんなものが出現!
b0069848_755864.jpg
すごい…!娘の誕生パーティーにこんなものを用意してしまうのか…。
早速、Ninaも入れてもらって、大きなお姉ちゃんたちに連れてもらいながら頂上に登ったものの、
b0069848_782744.jpg
ちょっと怖い。(笑)
考えた挙句、足から滑ってました。
b0069848_752686.jpg
Ninaが列に加わるたびに、登るのが遅いので、長蛇の列。
でも、みんな優しく迎えてくれたのでした。ありがとう〜!

b0069848_7154076.jpg
村の中心部って言っても、どこもそんなに人がいるわけでもなく…
でも、広場のような所にいくつかスタンドがあったりして、そこであることは間違いがないのだけれど、時間がちょっと早いのかな?

近くのBarでちょっと休憩。
b0069848_7172630.jpg
このビール、サルデーニャではお世話になりました。
喉が乾けば、迷わずコレ。軽いというか、ちょっと薄いな…という感じだけど。
b0069848_7193952.jpg
手にカゴを持ったおじさんが私たちのテーブルにやってきたと思ったら…
b0069848_721836.jpg
家で採れたのかな?
アプリコットを3つ、私たちにプレゼントしてくれたのでした。
甘くておいしい〜!
やっぱり、暖かいから収穫も早いんだな〜。
我が家のアプリコット、まだまだ先だもの。
b0069848_7234032.jpg
ここでは、街路樹もオリーブ。
羨ましい…。

広場に戻ったら、子供たちを対象とした大道芸人がパフォーマンス中。
b0069848_7263179.jpg
わかってるんだか、どうなんだか…ハイなこの方。
b0069848_7273915.jpg
パン釜で焼いたパンと、地元のオリーブオイル、そして、このチーズを購入。
b0069848_7291896.jpg

突然現れた 異国人ファミリーにも優しい、サルデーニャの人々でした。
ゆる〜い村祭り、なんだか面白かったです。




★ 明日からしばらくネット環境から離れるので、次回の更新がかなり先になります。
ご了承ください〜。
[PR]
by exmouthcoco | 2015-06-10 07:43 | こんな所行った…
迷路の村の周辺には素敵な海がありました。
b0069848_5464686.jpg

大きな岩が左右にあって、その間にひっそりと砂浜が…。
b0069848_5472858.jpg

この水のキレイなこと!
砂浜の手前の岩がゴロゴロした所に、なんだか不思議な物体がたくさん。
b0069848_5481890.jpg

最初は、いやだな〜、犬のフンだらけで…って思ったら、実は違う。
軽くて、こんな風にコロコロしてるんです。
b0069848_5485336.jpg

Ninaも、これをビーチに持って行って、
砂のお菓子のトッピングにしてみたり、波に浮かせて遊んでました。
波にさらわれても、まだまだたくさんあるもんね〜。

もっと南下して、岬のような所へ到着。
ボートが何艘か沖に浮かんでるだけの、静かな砂浜。
b0069848_5494244.jpg

この透明感!泳がないわけにはいきません。

最初の方は、靴に砂が入ってご機嫌斜めだったNinaも、
ここに来た途端、自ら脱ぎ始め…。(笑)
b0069848_5503044.jpg

ここにもありましたよ、例のまるまるたちが!
大きさも様々。
b0069848_5512054.jpg

遠浅で、波も穏やかなので、
普段は逃げていくミカも、ここでは妙に水辺に近づいてきて
「ねぇ、いつもみたいに水に入れてくれないの?」
なんだかそう訴えてるように思えて、
ニコラが抱きかかえると抵抗もせずに、気持ちよさそうに泳いでました。
b0069848_5521710.jpg

なんだ、泳ぎたかったのか!
どうも、泳いだ後は涼しくなることを学んでいる様子。

b0069848_5531389.jpg
滞在先が変わって、Iglesiasの周辺へ。
この辺りも、本当にキレイな砂浜があちこちに点在。
お弁当を持って、夕陽を見ながら、また海遊び。
人もほとんどいなくて貸切状態でした。
b0069848_553561.jpg


周辺のカタログにも載っている、キレイなポイント。
行ってみたものの、ちょっと遅かった…。
b0069848_5544037.jpg
日が陰ってしまってキラキラ見えなかったけれど、
ここはここで素敵だったな。
b0069848_5553676.jpg

夕陽を背中に宿に帰る毎日が続きました。

最後に、とっても心に残っているビーチのことを…。
b0069848_5565916.jpg
左下の島のSant' Antioco周辺。
この一帯は、白い砂と青い海のコントラストが素晴らしかったです。
Sant' Antiocoの港では、船から直接、魚を売っていて、買いたかったな〜。
b0069848_6284115.jpg

こういう日に限って、キッチン付きの宿ではないんですよね…。
次に来る機会があれば、是非、ここでゆっくり滞在したいです。

島の突き当たり、Calasetta周辺で見つけたビーチ。
b0069848_65917.jpg
ひっそりとして、岩場と砂浜のバランスがパーフェクト!
b0069848_662714.jpg
海水も温かいし、波も穏やかなので、
安心して遊べました。
b0069848_673761.jpg
もちろん、ミカもリフレッシュ。
そうそう!あのまるまるの正体がわかりました。
b0069848_685375.jpg
右に見えている 毛がボウボウしているもの…。
何かの植物なんですが、この繊維が波に洗われて まるまるになるみたいです。
実際、このビーチは波が穏やか過ぎて まるまるにはなりにくいらしく、原形のままが多かったです。
b0069848_611485.jpg
西海岸ばかりでしたが、サルデーニャの海、満喫しました。
[PR]
by exmouthcoco | 2015-06-10 06:26 | こんな所行った…
b0069848_6321687.jpg
今回の旅行、宿や船の手配はすべてニコラだったので、
どこに何日滞在するのか、どんな行程で旅を進めていくのかも聞かされなかった私…。
当日になって、印刷された紙を渡され、
「はい!今日の宿はここで、途中、キレイな所があればストップします。」
そんな感じの、ゆる〜い旅のスタイルなのです。
b0069848_633345.jpg
で、この日に泊まる宿も、
「今日はB&Bでなく、ホテルでもなく…山の上の一軒家に泊まるよ。」と。
ふーん、そうなのか…。と、ちょっと期待が高まります。
b0069848_646127.jpg
Cuglieri。
目的地である村へ到着したものの、その家が見つからない!
おまけに、この村、鷹の巣村のように丘の上にそびえ立っていて、
道も迷路のようにごっちゃごちゃ。
b0069848_720531.jpg

しかも、車が一台通るのがやっとなくらいの細い道で、
追い討ちをかけるように、道が急勾配!

何度も何度も村のくねくねした細い道を通り、
迷いながら、ここであろうという番地へ行こうと思うものの、
ここから先、車入れないでしょう?入ったら、車落るよね?
そんな道しかなく…。
別の道から行こうものなら、階段に出くわし…
大型免許もすべて持っていて、運転得意なニコラでさえ、
この村の道にはもうお手上げ状態。
b0069848_7205523.jpg
この、右の小道ですよ〜。
入って出てくる勇気、ありますか?

そんな私たちを前に、入れないであろう道にズンズンと入っていく車あり。
ありえない…。
イタリアの人、運転が上手いのでしょうか?
この国で、小さくて小回りの効く小型車が多いのに妙に納得したのでした。
b0069848_72221100.jpg

暑いせいか、住人はほとんど外におらず、ゴーストタウンのような印象。
きっと、外国人が来たから、家の中からそぉ〜っと見ているんでしょうね。
ニコラがあちこちの家をノックして、いろんな方に助けていただいてやっとその家までたどり着いたのでした。

b0069848_728860.jpg
一軒家とは言え、村の集落の家。
石作りの古い家をキレイにリノベーションしてありました。
日本式に言って、1階が浴室。2階がベッドルーム。
b0069848_7294644.jpg
3階がキッチンとサロンの作り。
これがなかなか面倒臭い。
歳とったら、無理だな、ここでの生活…。
と言っても、村人はご年配ばかり。

残念なことに、実際、廃墟と化してる家も多かったです。
b0069848_7305515.jpg

鷹の巣村って、ちょっと憧れたりもするけれど、
実際、生活するにはかなり苦労があるのかも。
色々と、いい経験をしました。

でも、この眺めは素晴らしい!
b0069848_7315187.jpg

ちょっと村人になった気分。
屋上に上ってテンション上がりまくり。
b0069848_7322253.jpg


初体験!道の上に、洗濯物を干してみた図。
イタリアらしいー。これだけで、嬉しくなったりして。
b0069848_733939.jpg


村を散歩してたら、おばあさんがNinaを見るなり
「あら〜!カワイイ子ね。キスさせて〜」と、寄ってきた図。
Ninaっち、逃げてました。(笑)
b0069848_7334424.jpg


興味あったゴミ収集車。
一回り小さな車がこうやってゴミを集めてました。
小さくてもパワフル。
b0069848_7342625.jpg


ここで日の入りを見たのは2回。
b0069848_7352681.jpg

空も、真っ赤。
キッチンも真っ赤に染まってます。
b0069848_7371646.jpg


次回は周辺の海を紹介します。
[PR]
by exmouthcoco | 2015-06-07 07:42 | こんな所行った…

大きな船に乗る

b0069848_40342.jpg
大きな港にやって来ました。
保育室で習った 船の歌を陽気に歌うNina。
どれかな〜?
b0069848_412354.jpg
そう!今晩は、船で移動です。
和子さんの所で作っていたサンドイッチは、
待ってる間においしくいただきました。

車が次々とやってきて、時間までボーッと過ごす人たち、
そしてたくさんのワンコたち。
明るい内に到着したものの、実際は 出港は23時過ぎ。
b0069848_42758.jpg
22時頃に、大きな船が入港してきました。
ずっと並んでる車たち、わかりますか?

早く来たので列も前の方だったため、すぐに船に入れることになり、
予約していた客室へGO!
b0069848_424562.jpg
船モードになったNinaは大興奮です。ずっと歌いっぱなし。
b0069848_433862.jpg
ちなみに、船の旅行(と言っても1泊ですが)が初めてなニコラもワクワクが隠せない様子。
目がキラキラして、ね、楽しいでしょ?来て良かったでしょ?の連続。(笑)
b0069848_444963.jpg
エンジン音がして不安そう〜なミカでしたが…
b0069848_463542.jpg
朝にはご覧の通り。
別のケモノ化しています。
よっぽど寝心地がよかったのか、旅の疲れか、
起こしてもなかなか起きない。

そうそう、今回利用した コルシカフェリー。
犬も客室で一緒に過ごせるんです。
なので、船内、犬ばっかり。
時々、犬同士のもつれ合いも聞こえてきたりして。

さて…どこへ到着でしょう?



b0069848_417314.jpg
答えは、


サルデーニャ島!




乗って来たフェリーが向こうに見えますが…
こんなに大きな港でも、海の水はとってもキレイ!
すばらしいです。

のんびりと、旅の様子を綴っていこうと思います。
が…、明日から2日ほどネット環境から離れるので、早速、更新が遅れます。
すみません。σ(^_^;)
[PR]
by exmouthcoco | 2015-06-03 04:21 | こんな所行った…
b0069848_23402985.jpg

突然ですが、イタリアにやってきました。
スイスを通過して、まずは、こちらへ。
b0069848_23414047.jpg

そう、長年のブログの友人でもあるカッラーラの和子さんの所です。
思いこせば、もう6年半?
最初の出会いは、私の実家の川越なんですが、それ以来のお付き合いです。
もっぱら、私の両親の方が和子さんにお会いする機会は多いという、何とも不思議なご縁。(笑)

夜中にフランスから南下して早朝に到着した私たちに、とっても温かく迎えてくださり、すっかり甘えさせていただきました。

熱があってNinaの体調がイマイチだったり、
夜勤明け&夜間の長距離運転で疲れていたニコラも、
ここですっかりくつろいで充電させていただきました。

お隣の国とは言え、なかなか行けずにいたイタリア。
日本の方が逆に近かったりするんですよね。

ブログで拝見していたものが目の前にあるって、こういう感じなんですね。
ブログを見てウチに来てくださった方が、「あぁ、これこれ、ここココ!」っていうのがわかります。
b0069848_23423320.jpg
ニコラが大いに感動していた、外のキッチン。
憧れのパン釜や、自分でも今、密かに製作中のBBQの台などがあったりして、
穴が空くほど見ておりました。
b0069848_23532526.jpg
もちろん、お宅の中もステキでしたよ。
和子さんに対するニコラの質問内容が、家づくりに関することばかり。(笑)
きっと、お客様でこんな質問する人、他にはいないんじゃないかな?
ニコラにとっても、とっても居心地よくて、興味深い滞在だったみたいです。
b0069848_234314100.jpg
大理石の大きなテラスで大喜びの二人。
どこをとっても素敵なので、写真選びに迷ってしまうところですが…。
b0069848_23434490.jpg
瓶詰めされたばかりだというワインたち。
このcaveの中、ものすごくいい香りがしました。(酒呑みにとっては特にたまらない。笑)
食事の時に、自家製のワインもご馳走させてくださいましたが、とってもおいしかったです。
b0069848_23441687.jpg
ニコラとNinaが休憩してる時に、私もちょっとだけ ブドウ畑のお手伝い。
自宅でもそうですが、やっぱり、畑で植物と触れ合ってると癒されます〜。
私にとっては、お昼寝するより もっとリラックス。

お買い物に同行して、私も、今日の夕飯のお弁当作りです。
メインは、パルマ産の生ハム。
b0069848_23445638.jpg

目の前で切ってもらったので(もちろん、和子さんにお願いしました。笑)
フレッシュで、そしてパック入りのよりも若干、薄いような…。
それにしても、キレイに包んでくださるんですね。
b0069848_23504766.jpg
フォカッチャに燻製されたミニサイズのモツァレラチーズ(っぽいもの)、フランスから持ってきた(冷蔵庫の整理とも言う)ミニトマトを挟んで、サンドイッチにしました。
b0069848_23512893.jpg

和子さんの所にはもっと滞在したいけれど、先があるので、泣く泣くお別れです。

たった1泊の滞在なのに、なんだかんだと40時間くらいゆっくりさせていただいて、
本当に申し訳ないくらい。
お喋りして、食べて、飲んで、楽しすぎて本当に濃い1日でした。
b0069848_23515873.jpg
和子さん、次回はフランスでお待ちしてます!
あ、でもまた、カッラーラにも必ず寄らせていただきますよ。
b0069848_23523185.jpg

和子さんの ブログでも紹介してくださった記事はこちら →

旅行記、続けられるだけ頑張って更新します!
[PR]
by exmouthcoco | 2015-06-01 23:57 | こんな所行った…

春の小旅行 その2

ブルゴーニュ旅行から戻って、さらに1週間後、
今度は北の海へ小旅行でした。

実は、2月にブレイクを兼ねて予約していたものの、日本から家族が急に来ることが決まり、
急いで2階の浴室の作業を仕上げないといけないこともあって、キャンセルしていたのでした。
幸い?行こうとしていた時期は、雪の予報で、氷点下2度。
いや〜、この時に行かないでよかったです。
Le Touquet-Paris-Plages ル トゥケ パリ プラージュに行ってきました。
b0069848_610119.jpg
写真、滲んで見づらくてスミマセン。赤ピンの所です。
地図からもわかるように、ロンドン、ベルギーが近い、北の海。
氷点下とはいかなけれど、到着早々は暗くて寒かったです。
b0069848_565560.jpg
ビーチには、肩をすぼめて歩く親子が。
b0069848_583899.jpg
どこからか急に現れたワンコに、ホッコリ和まされたのでした。
b0069848_5102977.jpg
かと思えば、滞在半ば頃から、急にポカポカと春の陽気。
b0069848_5113846.jpg
砂浜で太陽の日差しをたっぷり浴びてご機嫌な人。
b0069848_513318.jpg
鼻唄歌いながら、どこまでも行っちゃいます。追いかけるのも大変。
b0069848_5144165.jpg
砂浜が大好きな犬。
追いかけっこモードになって、気が狂ったように走り回ります。
写真のポーズは、「こっちへおいで〜」の図。お尻プリプリしてダンスします。
b0069848_5161468.jpg
ただ、疲れて固まってる時もあります。寝てるのか?
b0069848_5183566.jpg
これ、全部生きてたらなぁ…。
塩を持参するべきでした。マテ貝をとってみたい〜!
次回の課題です。

滞在したホテルは、街からちょっと離れた所にあったのだけれど、その周りはあちこち豪邸だらけ。
b0069848_5221389.jpg
どこも、家の隅々まで手入れがされていて、車で周って見ているだけで面白かったです。
b0069848_5245683.jpg
あの家がいいな、いや、これもいいな、なんて、空想の世界に入ってました。
b0069848_5262197.jpg
ホテルの部屋からの眺め。
乗馬施設が併設してあって、周りは馬、馬、馬。
客室よりも馬小屋のほうが数があったりして。
実際、向こう側の建物、馬小屋です。

今回は、キッチン付きの部屋を予約しました。
魔の2歳児との外食は、本当にストレス。食べた心地がいたしません。
b0069848_533224.jpg
こーんなになっちゃいますから…。
b0069848_5312427.jpg
自炊出来るって、素晴らしいです!
ホテルのロビーにて。
b0069848_535763.jpg
あれ?Ninaっち、宙に浮いてる?
部屋は清潔だし、ワンコは無料だし、朝食のレストランにも犬連れで歓迎されたし、
スタッフも皆さん、本当にいい人たちで、心からリラックスできるホテルでした。
また是非泊まりたいです。
b0069848_5394426.jpg
Le Touquetから川を渡ってすぐの街、Etaples エタプルでは、魚屋のマルシェが毎朝スタンドを出してます。
b0069848_5434167.jpg
最終日の朝、パリの方へ戻る前に、お魚を買って帰りました。
ホタテ殻付き、1キロ 5,40ユーロ。30キロで120ユーロ。
殻の重さがあるとはいえ、安いです。新鮮だし!
b0069848_5463285.jpg
この日は、カレイやヒラメがたくさん並んでいました。
我が家の方よりも、格段に安いです。しかも、ヒラメなんて、ヒラヒラ動いてるし…。

というわけで、自宅に戻ってからは、ホタテ祭りが始まります。
b0069848_5483651.jpg
殻を剥いてる最中…。
ちなみに、買うときに頼めば無料で殻を外してくれます。
でも、こちらの人は貝のヒモは捨てちゃうんだな…。(←実はコレが好きな人)
b0069848_5521284.jpg
旅の締めくくりは、ホタテのバター醤油焼き。もちろん、炭火で。
お刺身も好きだけれど、火をサッと入れたものも美味しい〜!

長々と読んでいただき、ありがとうございました。
次回からは、DIYのことに関して綴っていこうと思います。
[PR]
by exmouthcoco | 2015-04-04 06:07 | こんな所行った…

春の小旅行 その1

すっかりご無沙汰しています。
1ヶ月って、ほんとにあっという間ですね。
あれよあれよと月日が経ち、母と兄は日本へ旅立っていきました。

Ninaは予想以上に兄に懐いて、いつでも、tonton(伯父さんの意味)にぴったり。
いないなぁと思うと、トントンの部屋にいるんです。
お気に入りの童謡をYouTubeで見せてあげて、一緒に振りを付けて歌ってくれる…。
嫌いになるはずがありません。
この1ヶ月で、兄はフランス語と英語の、Ninaの大好きな童謡を覚えて、
幼児レベルのフランス語もわかるくらいに。すごいです。(笑)
子供の頃から音楽が好きだった兄。
メロディーを聴いただけでピアノが弾けるくらい、耳がいい人なんですが、
言葉も彼にとっては同じなんですね。羨ましい…。

この1ヶ月間、2回の小旅行に出かけました。
最初の旅は、このブログにもよく登場する ブルゴーニュ。
そう、ニコラのお姉さんのお宅にお邪魔してきました。
b0069848_792480.jpg
相変わらず優しいtata(伯母さん)にNina大喜び。
b0069848_7113864.jpg
外が寒くても、庭の小さな家で遊びたくて…。
b0069848_7154570.jpg
パパも付き合わされてます。(笑)

b0069848_7164142.jpg
3輪車を借りて街の散策。オーマ(母)に押してもらってます。
タイヤがプラスチック製なので、実はガラガラうるさいんですが、乗ってる本人、気にしてない様子。
b0069848_7184432.jpg
でも、途中で飽きてしまって、押す方に夢中。
b0069848_7194922.jpg
足が着いてないんだけど…。本人、一生懸命です。

b0069848_7204885.jpg
お絵描きもさせてもらいました。
うーーーん、面白いっ。
b0069848_7214573.jpg
満足&得意げ。

b0069848_7225584.jpg
楽しかった週末も終わり。さて、帰りますか!
運転手さん、どこかに寄って行きましょうか?
b0069848_7241826.jpg
普段は通過ばかりの Troyes トロワの街。
初めて市内を歩いたけれど、楽しかった 〜!
b0069848_7265483.jpg
ひっそり裏通りに入っても、裏切らない木組みの家があちこちに。
また来よう〜っと!
[PR]
by exmouthcoco | 2015-03-29 07:33 | こんな所行った…
b0069848_6655.jpg
いきなりのラブシーンですが…
娘の寝てる間に、ここぞとばかりにビズする父親。
何歳まで、こういうのを許してくれるんでしょうね。◟(∗❛ัᴗ❛ั∗)◞ 
b0069848_653062.jpg
滞在中に海には何度か行ったのですが、
最後に行った海は、水温も低くなく、波も穏やかで最高に気持ちよかったです。
b0069848_663210.jpg
これまでは砂遊びばかりだったNinaも、水着オムツに着替えていよいよ海デビュー。
パパに抱っこされて、最初はちょっと怖がってたNina。
b0069848_68298.jpg
徐々に、海に入って行って…

やっぱり、水が好き❤️
一人で楽しめるようになってました。
b0069848_69779.jpg
え?後ろの子?
Ninaの後ろで、ずーーーーーっと まっパではしゃいでおりまして、
写真に収めるつもりはなかったけれど、入ってましたね。(笑)
この子も将来はナチュラリストかな。
b0069848_693580.jpg
ミカたんも、イヤイヤながら ひと泳ぎ。
最近では、私が海へ引きずり込むことがわかってるので、
気配を感じて サササ〜〜っと遠くの方へ逃げていきます。(笑)
b0069848_6133243.jpg
夕方の空。日差しも強すぎることなく、快適に過ごせました。
b0069848_6154590.jpg
海のバカンスが終わる頃には、サングラスがなかなか板についてきたような。
Ninaにとっても いい想い出だったようで、今でもTVなどで海を見ると、
l'eau... l'eau... ロー、ロー! (海とは言えず、水、水!)と叫んでおります。

b0069848_6142074.jpg
バカンスの話もこれでおしまい!
長いこと お付き合い、ありがとうございました。

久しぶりに、コメント欄 開けておきま〜す。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-10-11 06:22 | こんな所行った… | Comments(18)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco