フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

旅立ちはドラマチック

040.gif040.gif040.gifすっかりご無沙汰してしまいました。040.gif040.gif040.gif

18日(月)の夜にパリを出る予定だったのに、ある理由から翌日に変更となり自宅へ直行。(涙)
まぁ、近いからいいんですけどー。

空になった冷蔵庫を前に、冷凍庫を覗きながら夕飯の支度。
翌日、また空港へ出向いたものの成田行きには乗れず、関空へ行ってしまうという、大変な旅立ちとなりました。トホホ…。

関空ってどの辺にあるの~~?どうやって関東方面に向かったらいいのだ~~?
こればかりが頭をグルグル。
パリの空港から実家の母上に電話をし、関空⇔東京間の格安での移動方法を探してもらっておりました。

キャンセル待ちの末、やっと取れた座席はビジネスクラス!
座席にはマッサージ機能がついていたりして、快適でした。037.gifほほほ。

楽しみにしていた機内食。
b0069848_2238944.jpg

テーブルにはキチンとクロスがかけられ、ちょっと偉くなった気分。
メインのお魚もおいしかったです。

快適なフライトとはいえ、12時間はやっぱり長い。
前日の、飛行機に乗れなかった疲労感と、関空に行ってしまったショックもあって、かなりげっそりな今回の移動。

関空に到着し、母に電話したら、関空発のお得な飛行機のチケットをネットで手配してくれてました。
できます、ウチの母。
羽田には父が迎えに来てくれて、スムースな移動となりました。両親に感謝感謝!
本当に、どうもありがとう。

b0069848_22384232.jpg
帰りの便はまだ決めてませんが、今回は1ヵ月の予定…。

まだしばらく楽しめそうです~。

今週はちょっと忙しいので更新はできそうにありませんが、また来週、この場でお会いしましょう。041.gif
[PR]
by exmouthcoco | 2008-03-23 22:47 | こんな所行った…

ウチのオットは有名人?

お待ちかね、空港での出来事デス…。

いよいよ旅立ちの日。
場所は、成田空港の搭乗ロビー。
あぁ、雑誌でも買ってくるんだった!と、後悔しつつ、
私は日本での楽しい思い出に浸り、
オットのニコラは帰った後のリフォームのことを考えて、ポーーーっと待つ私たち。





ニコラさん?あれ?ニコラさんだよね?



ある女性が、私の隣に座ってるオットに向かってこう言った。

この時の私の顔がカメラに映っていたら、きっと口をぱかんと開けて、バカ面していたに違いない。
頭の片隅で、「ニコラ、こんな所に知り合いがいるんだ、へぇ~。」なんて、考えていた。


一方、当の本人…


Qui c'est? キセ? 誰? Qui c'est? キセ? 誰? Qui c'est? キセ? 誰?

彼の頭の上には はてなマークが浮かんでおりました。(笑)


その女性、スペインにお住まいのYさん。
たまにこのブログを見てくださっているそうで、ニコラを見た時、あれれ?と思われたそうだ。
Yさんのご主人はスペイン出身のFさん。彼の方はフランス語もペラペラなので、ニコラと会話が弾む。
「有名人だね~~。」

搭乗を待つ間、会話が弾む。
どうやら、Yさんご夫婦も、家を購入して、リノベーションをするらしい。
リフォーム仲間だ!なんだかとっても親近感♥
とってもサンパでステキなご夫婦でした。

機内に乗り込んでからは、座席がかなり離れていたこともあって、
パリに到着後もお会いできなかったのだけれど、またいつかこうして再会できることを夢見て…。

ブログでの出会いに感謝!な瞬間でした。
[PR]
by exmouthcoco | 2008-01-21 08:22 | こんな所行った… | Trackback | Comments(22)

帰りました!

b0069848_5555354.jpg

フランスに戻って来ましたっ!
松の内も過ぎてしまいましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

帰って来てから早々、体調を崩し、この2日間、ベッドで過ごしてました。

だって、家に帰ったら、寒いんだもの。4度ですよ~。
外にいる方が暖かいくらい。石の家って、一度冷えると冷蔵庫並みに冷たくなっちゃいます。
この何日か、絶えず薪をくべて、大分暖かさが戻ってきました。

私のほうも、お医者さんに処方してもらった薬が効いてきたようで大分ラクになり、
PCにも辿り着くことができて一安心。


まだちょっと日本でのことを…。

そもそも、年末年始に向けて里帰りしたのは、オットに日本の年越しを経験させてあげたかったから。

b0069848_683139.jpg
おせち料理も、
お刺身も、
目が輝いていましたよ~。


b0069848_691473.jpg
母の郷、
博多風のお雑煮。

ブリが入ります。

あぁ、やっぱりおいしいなぁ。


忙しいのに、あれこれ作ってくれてありがとう、お母さん。


元旦には、お墓参りに行って、その後、川原に行って、大人遊びを体験。(笑)

b0069848_6135170.jpg
ウチの父デス。

この歳になって、スーパーマンのついた凧を喜んで操ってマス。
← すごいでしょ?この凧。
スーパーマンの脚と腕といい、笑える…。



b0069848_616923.jpg
ニコラも一緒になって…。

il||li _| ̄|● il||li

脇にいる父の満面の笑みに注目!(プッ)




新年を迎えたと思ったら、あっという間に荷造りが迫ってきて、後半はのんびりするどころではありませんでした。
毎日、買い物に繰り出してる感じ。

中でも思い出に残ったこと…。
b0069848_6213323.jpg

実家近くの消防署にお邪魔して、一緒に写真を撮っていただきました!

そもそも、オットのニコラは空港でポンピエ(消防隊員)と仕事する機会が多く、同僚たちもたくさんいます。彼も一応、救急救命などの資格も持っているのだけれど、ポンピエにはなりたがらず…。(← 血を見るのが怖いのだろう、と、妻の勝手な想像)

この何年か、この実家近くの消防署を通るたびに、挨拶したくてしょうがない。(笑)
甥を連れて、突撃デス。
最初はドキドキしましたが、皆さんの優しくて、面白いキャラクターに終始笑いっぱなし。
上の写真、わかります?
紺色の制服を着せてもらったニコラと、ヘルメットまでかぶさせてもらった甥っこ。
消防団の皆さん、楽しい時間と、貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました!
また次回、お邪魔させていただきますね。


さて、続きは…
「空港で起こったビックリ仰天!なこと」
お楽しみに!
[PR]
by exmouthcoco | 2008-01-12 06:43 | こんな所行った… | Trackback | Comments(42)

ニッポンへ ---山編---

皆さま~~、お待たせいたしました!

旅行の続き、後半の山編デス。

伊豆の海を後にして向かったのは、箱根。

ここでは、ウチの両親の友人ご夫妻と合流し、箱根巡りをしてきました。

そのご主人が以前にお勤めだった会社の保養所にお世話になりました~~。
それがとっても豪華な所で、贅沢な作りに圧倒されっぱなし。 ← 田舎モノの私たち。
b0069848_2117118.jpg
どの部屋もスィート。お風呂も気持ちよかったデス。

箱根巡りの思い出と言えば…
箱根登山ケーブルカーに乗って、ロープウェーに乗り換えて…
このロープウェーのゴンドラにベルギーの夫婦と同乗!
アクセントからしてフランス語圏ではなかったようだけど、
地球の裏側で、お隣さんに出会うなんて…と、ちょっと驚く。
b0069848_21574186.jpg

そして、ニコラのお待ちかね、大涌谷に到着!
空から見下ろす大涌谷は、まるで宇宙基地のようでした。(笑)

たくさんの観光客!
日本人を始め、中国や韓国からのお客さんも多かった~!
b0069848_2202850.jpg
温泉がプクプク。o○ と湧き出てる様子は、ニコラにとっては興味深かったみたい。
何枚も写真を撮ってました。


b0069848_2205017.jpg
ここに来たら食べないとね!!


● ● ● 名物!
黒たまご ● ● ●

これを1つ食べると、
7年寿命が延びるそうデス。


「7年も長生きしたくないよぅ~~。」と言いつつ、食べるニコラ。
そんな脇では、私、卵を食べて喉を詰まらせて、ひゃっくりが出てマス。

観光が終わって、部屋でのんびり自由時間…。
じっとしていられない私たち、外に散歩に出かけてみました。
そうしたら、とってもキレイな石の小道を発見!その階段を上っていったら…
b0069848_21221655.jpg

なんとまぁ…




いつの間にか





個人のお宅!

に、侵入してました。(爆)

いやぁ、焦りました。(汗)
最初のうちは、
こんなにキレイな自然がいっぱい。探検気分だわ♡ とか、
さすが、箱根だなぁ。どこも手が行き届いてるわ。
なーんて思ってたのに。

不法侵入者となってからの私たち、冷や汗かきながら出口を必死に探します。

ここで捕まったら、シャレにならないでしょうね~。
散歩してました、じゃ、言い訳にならなし。

なんとか家主に会うことなく、門に到着。
何事もなかったように澄ました顔をして、門を乗り越えて脱出。
ちょっとしたハプニングでした。

楽しかった旅行もこれで終わり。
お風呂も、お食事も、ゆっくりと堪能してきました~~~。


さて、今年も残すことあと2時間弱となりました。
去年に引き続き、家のリノベーションで明け暮れた1年となりました。
忙しさのあまり、更新が思うようにできずにいましたが、
いつも遊びに来てくださっていた…






あ・な・た ♥


どうもありがとう!
そして、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さま、どうぞよい年をお迎えください。
[PR]
by exmouthcoco | 2007-12-31 22:23 | こんな所行った…
b0069848_7153323.jpg

我が家のリフォームは途絶えることなく、延々と続いておりマス…。
実は、前回のsacchilaさんご夫婦の訪問は予行練習のようなもの。
その何日か後に、フロリダから友人夫婦が遊びに来て、我が家はさらに大変なことに!

床のトメットを貼る段階で、置いてあった家具をすべて撤去してあって、
それがゲスト用ベッドルームに移動してあったので、もぅ、引越し業者のように上から下への繰り返し。
いつまで経ってもギリギリでバタバタしております、我が家。
1歳の赤ちゃん連れだったので、サロンに置きっぱなしだった工具類が妙に気になったけど、そこまで手が回らなくタイムアウト。ごめんねぇ~。

友人がこちらに着いた翌日早々、一緒に小旅行に出かけました…。

行き先は、アルザス方面。
b0069848_6213731.jpg

6月に母が来た時にも行ったのだけれど、飽きることなく可愛らしい街並みを堪能。
木組みのお家には結構見慣れてるつもりだったけれど、ストラスブールはやっぱり格別!
おとぎ話に出てきそうな、まさにメルヘンチックな街。
Noëlの時にまたゆっくりと遊びに来たいなぁ。

フランスを旅してて、おもしろいなぁと思うのが、地方によって屋根の瓦の素材や形がさまざまなこと。
日本だと、たいていどこでも同じだものね。
アルザスの瓦は平べったい素焼きのもので、下が丸くなってるのが特徴なのかな。
b0069848_6223166.jpg

6月に行った時に撮った写真。
職人さん2人がせっせと屋根の作業をしていました。
この瓦の丸いカーブと、雨戸のハート型のくり抜きがメルヘンチックにさせてるのかもね。

そして、そして…アルザスと言えば、


これですよ、コレ。
b0069848_6242746.jpg

わかります~?

ほら、てっぺんに何かあるでしょう?


b0069848_6251391.jpg

コウノトリ サンです。

この角度からは見えないけど、脇に赤ちゃんがにいましたよ~。
↑ って、人間の赤ちゃんじゃないよ。
コウノトリサンの赤ちゃんデス。



この時、初めてコウノトリを見たもので、われわれご一行は大ハッスル!
一方、運転手ニコラ氏は、「ボクは疲れたから車で寝てるよ~。行っておいで」と、一人、車で休む人。

さて!写真にも収めたし!出発~~~ぅ。
「可愛かったよ、赤ちゃんもいたしっ!」って説明したら、

「えっ?ニセモノじゃないの?」 だって。
どうやらウチの運転手、屋根の上のコウノトリ、ヤラセだと思ったらしいデス。(爆)

b0069848_6561093.jpg


このコウノトリの話も、6月の旅行の出来事。
今回も、密かに楽しみにしていたんだけど、やっぱり秋なのね~。
季節が季節なだけあって、コウノトリサンも赤ちゃんも、巣にはいませんでした。残念!

アルザスからブルゴーニュを経由して、その帰りにお友達のルミコちゃんのお宅へ寄らせていただきました。
b0069848_7151241.jpg

最近、何かとちょくちょく寄らせていただいてます。
いつも温かく迎えてくれてありがとうね~~。
とても楽しい時間を過ごして小旅行は終了。

アルザスから戻ってきて、友人一家はイタリア、そしてボルドーへ足を延ばし、
フランス滞在最後の夜にまた我が家に戻ってきました。
その間、ハプニングあり!(苦笑)でも、楽しかったみたいで、良かったね~。

今頃は家に着いて、ホッと一息してる頃でしょう~。
常夏のフロリダから、晩秋並みの気温のパリへ。
今度は私たちがUSへ出向きますからね~~。って、いつになることやら。
[PR]
by exmouthcoco | 2007-09-28 07:21 | こんな所行った… | Trackback | Comments(24)

南西部の街中の家

久しぶりの更新デース!
来客の予定があるので、リフォームと掃除に励んでました。進んでないけどね。(笑)

南西部に帰ったとき、ちょっとステキなお宅にお邪魔してきた。
ニコラの友人の家…。

b0069848_758545.jpg


いわゆる maison de ville.
街の中にある家というか、隣同士がくっつきあってる家ってあまり興味がなかったんだけど、
悪くないな、って思った。

人のお宅にお邪魔すると、つい、あちこち見て周りたくなる。
興味は尽きないよね。

この家のドアのノブがとってもかわいくて、自分の家にも欲しくなってしまった。
b0069848_821891.jpg


この手の部分を左にスライドさせるとドアが開く…。ホント、これがノブになってるのね。

内側から見た図。
b0069848_832162.jpg


あはぁ~~、なるほど、簡単な仕組み。
それにしても、この古い鉄の雰囲気のいいこと!

ここのオバちゃんの一番のお気に入りの場所はココ。
b0069848_854718.jpg

石でできた階段。

建物は3階建てなんだけど、天窓から入る光と階段の曲線がなんともやさしい。

下のテラコッタは、このオバちゃんが丹念にオイルを塗って磨き上げたらしく、ピカピカ、スベスベ。

あぁ、我が家の床もこんなに磨かれてピカピカになる日が来るのかのぅ。
今はホコリでツヤ消し状態。(笑)


みなさんが気にかけてくださっている暖炉はまだ未完成。
ここのところ、寒さが緩んで結構暖かいフランス。
また急に寒さがやってくるんでしょうねー。

暖炉が完全に出来上がるまで、調理台を兼ねた大きな薪のストーブを登場させてマス。
これが暖かいんだ…。

*******************************************************

またちょっと忙しくなりそうな気配なので、更新が遅れそうです。
コメントの返事がすぐにできないかもしれませんが、お許しください。
[PR]
by exmouthcoco | 2006-11-26 08:18 | こんな所行った… | Trackback | Comments(29)

ボルドーのお土産

sud-ouest(南西部)から戻ってきましたー。

留守中に遊びに来て下さった方…
はい、お土産です。

b0069848_6102845.jpg

なーんだ?

ボルドーのお菓子と言えば、

そう、カヌレですな。


b0069848_6124746.jpg

色が濃いのはよく焼けてカリカリ香ばしいもの。

色が薄めのは、もっちり感が最高。

お酒がほんのり効いていてウマイっす。



ニコラの弟の家の近くにあるカヌレ工場…。

そこでは3種類の大きさのカヌレを売っているんだけど、
これは、ミニミニサイズ。

一箱ください~と言うと、箱に20個バサバサっと入れるんだな。
キチンと並んでない、このいい加減さ。

工場から運ばれた小売店では、きっと宝石のようにきちんと並べられてるんだろうなぁ。



b0069848_6231926.jpg

今回、またまた実家の隣の農家で、
今年のヌーヴォー・ワインを譲ってもらってきた。
ペットボトルに詰めて41リットル…。



家に着いた翌日、早速、ガラスのボトルに積み替えて、ワインの栓をする。

b0069848_6274311.jpg

ニコラの実家の離れから出てきた
アンティークのボトルたち。

赤いワインを入れると、
文字が浮き立つ。

これは飲むというよりも
飾り用だな。(笑)



まだまだ若いワインだけど、caveで寝かせると深い味に変わっていく。
防腐剤が入っていないので、何年も保存はできないとのことだけど、
毎年、2本ずつくらい残してある。

今日は世間では、ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日。
関係ないけど、我が家は4回目の結婚記念日。
お祝いするつもりでいたのに、暖炉のリフォームで追われて簡単な食事で済ませてしまった。
・・・_| ̄|●・・・はうぅ・・・

もうちょっと文明的な生活がしたい今日この頃…。
[PR]
by exmouthcoco | 2006-11-17 06:44 | こんな所行った… | Trackback | Comments(58)

夏の思い出 その4

さて、最終回はパリ編ですっ!

と言っても、1ヵ月の夏休み、パリに行ったのはなんと1日だけ。
毎日、忙しくてね~。田舎ばかりにいたもんだから、パリの予定がどんどん削られていく…。(苦笑)

姪のリクエスト、ルーブル美術館。

モナリザを見に来たんだけど、映画の影響か、すごい人だかり。
子供は手すりよりも前に入れさせてくれて、じっくり目の前で見ることができた。
よかったね~。しかも、子供は入場無料だったし。

b0069848_5194894.jpg

写真はミロのビーナスのうしろ姿

後ろ姿ってあまり見ないでしょう?

何よりも、カメラを構えてる人たちが面白い。



ファラフェル食べに行ったマレ地区で…
道路工事の真っ最中。
大人なら、(工事の音が)うるさいなぁって、すぐに通過しちゃうところだけど、甥は興味津々。
b0069848_5202898.jpg

だって、石畳を作ってるところなんて初めて見るもんね~。

へぇ~~、こうやって道を作るんだ…。



家でリフォームに励んで、お留守番していたニコラのために…おみやげ。
b0069848_5212384.jpg

ラデュレのケーキ! mocomocoさん、ごちそうサマ♥
実際、シャンゼリゼのお店に行ったのは夜7時近く…。
もう売れ残りしかないだろうねーって店内で列に並んでいる時からドキドキもの。
だって、お目当てのケーキがどんどん減っていくんだもの!
アレとコレと…と、後ろのおばさんも狙ってるチョコレートケーキを頼んだ時は快感!
ウ~ララ~。ゴメンなさいね。ほほほ。

日にち変わって、子供たち念願のディズニーランド・パリ。
実際、この家に引っ越してくる前はホントにすぐ近くに住んでいたのに、
パーク内に入ったのは今回初めて!

いろいろ噂は聞いてたけど…やっぱり東京のほうが楽しいね。 (-公- )ゥ~ム
赤字続きで経営難だと言われてるパリのディズニーだけに、もうちょっと空いてるかと思いきや…
やっぱり夏休みだねぇ。人だらけ!東京のディズニーと変わらない位だった。

b0069848_5222877.jpg

着ぐるみ(何て言うの?)のキャラクターがいるたびに人だかりなんだけど、いつの間にか腕を組んでる甥っ子。
あっちこっちのキャラクターとくっついては、いろんな人の写真に納まっている様子。
あ、私もミニーちゃんの後ろに入ってた。(笑)


こんな感じであっちこっちへのフランス旅行。
田舎も楽しかったし、街も新鮮だった。
でも…子供たちもやっぱり疲れるのかな。
我が家に帰って、ホッとする時間。

姪の作品で、夏休みの話題を〆たいと思いマス…。
b0069848_5271943.jpg


ハヤシライスで作った「いえ」 (笑) 何やってんだか…
[PR]
by exmouthcoco | 2006-09-08 05:44 | こんな所行った… | Trackback | Comments(32)

夏の思い出 その3

長らくお待たせしましたっ!夏休みの続きでーす。

写真を整理してると出てくる、出てくる!青い空☼とステキな街並み…。
私たちが生息している(笑)所ではもう当たり前の景色となってるので哀しいことにあまり感じないんだけど、やっぱり違う地方に行くと新鮮なせいか、これぞフランス!って感じがするね。

旅の後半は、フランスの東側へと向かいました~。
ニコラのお姉さんがいるブルゴーニュに泊まって、それから翌日はお兄さんのいるAix-en-Provenceへ。

b0069848_6413671.jpg

ニコラの兄ちゃん、初登場。 似てないんだよね… 
甥にあたるDiegoもトラの仮面をつけて登場ですっ。
いやいや、この日は学校の行事でフェイスペインティングをしてきたらしく、夜までこの顔でした。
姪っ子のまあや、挨拶のビズ(キス)をするの、嫌がってたな。
「ヤだ…!」って。(爆) そりゃぁそうだわな。顔が真っ黄色になっちゃいそうだもんね。

b0069848_6464893.jpg


ステキな街並みが魅力のGordes ゴルド (上の写真・左下)からすぐ近くにある Fountaine de Vaucluse フォンテーヌ・ド・ヴォークリューズ に初めて行ってみた。
すぐ近くなのにね…なんで今まで行ったことなかったんだろう?

b0069848_6541046.jpg

たった1枚のちっぽけな写真じゃ、このよさが表現できないのが残念!
このお水の透明感…どうでしょう?ここのお魚になりたいくらい!


b0069848_76296.jpg

← 水を見ると遊びたくなる人たち…。

すいかを冷やしておきたくなるほど冷たくて、

そのまま飲みたいくらいにキレイなお水だった~。

vaucluseさん、ご近所ですか~~?
うらやましいぃ~。


ニコラの兄ちゃんに言わせると、ここは「観光客の罠」と呼ばれるそうで…
名前の通り、あちこちにお土産屋あり、レストランやカフェあり、アイスクリームあり…
子供たちも罠に引っかかっておりました。
みやげ物も、隣の村Gordesに比べて種類も多いし、結構お手頃価格だったような…。
というわけで、私も姉も、姉妹で罠にかかってました。ははは…。


b0069848_7195950.jpg
さて、念願だったアルプスへもちょいと足を延ばしてみました。
途中、立ち寄ったイタリアとの国境付近の街…
カラフルで可愛かったなぁ。



b0069848_7215525.jpg
アルプスと言えば?ハイジとヨーゼフ!

そこで、こんなニクイ奴にお土産屋さんで遭遇。
ちっ!カメラ目線だよ。(笑)
杖の先っちょがこんなになってました。
芸が細かい~。


b0069848_7302844.jpg
ちなみに、こんなヤツも。

彼はけんかっ早いのか、目の下に傷アリ。

人相悪いよね。



行く予定はなかったけれど、近くだったのでイタリアまで足を延ばしてきました~。
b0069848_7405846.jpg

冬のオリンピックがあったトリノから30キロくらいフランス寄りの街、Susa.

ここについた時は真っ昼間。
当然、シエスタの真っ最中でして…街はゴーストタウンのようだった。
スペインもそうだけど、観光する側にはこのシエスタという習慣はある意味辛いのよね。
b0069848_7451762.jpg

ショーウィンドーの中にこんなカワイイ缶を発見。
もぅ!どうしてお店閉まってるのさ。
外国のパッケージのものって妙に可愛く感じるよね。なんで?
フランスモノは、慣れのせいかカワイイとさえ感じない今日この頃…。
今の私にゃぁ、日本のパッケージのほうが気になる気になる…。

さて、夏休みの思い出、次回は最終回。Paris!
お楽しみにー。
[PR]
by exmouthcoco | 2006-09-03 07:53 | こんな所行った… | Trackback | Comments(32)

夏の思い出 その2

b0069848_52751.jpg

キレイなところにたくさん行った。
フランスは景色はキレイだけれど、地面を見ると汚い…。
残念だけど、子供の目から見た正直な感想。
でも、そうなんだよね。地雷(おイヌさまのフン)があちこちに落ちてるもんね。

b0069848_5272842.jpg
子供たちの念願の
モン・サン・ミッシェル…

b0069848_5281167.jpg
海の水でお塩を作ってるところ。

これはノワムティエ島…
キレイなところだったねぇ。


この1ヶ月、子供たちはいろんなことを体験した。
最初はフランス式の挨拶・ビズ(ほっぺたをつけてチュッチュっと音を立ててキスをする)ができなかったし、言葉も全然わからなくて、自分の名前を言うのがやっとだった。

姪は、自分の名前を言うたびに、「まぁ、ステキな名前ねぇ~」って、すぐ覚えてもらえた。
それもそのはず、彼女の名前は「まあや」。
フランスでも「みつばちマーヤ」をやってたんだもんね。
b0069848_5291820.jpg


甥は、人とフランス語に興味津々。持ち前のキャラクターで、人にあれこれ話しかける。
b0069848_5301739.jpg
教えてもらった長いフランス語の文もきちんと伝えられたし、自分なりに整理してそれを応用してる…
たいしたものだ。
いいなぁ、子供の適応力。



出会いがあれば別れもあって…その場を立ち去る時の寂しさを味わった。
お世話になったお礼を言いたいけれど、それを伝えられないもどかしさ…その悔しさを感じただけでも成長したんだなぁと思う。

b0069848_5352442.jpg
彼らが大人になった時、この夏休みのことはどれだけ覚えてるのかなぁ。
楽しい記憶がいつまでも残りますように…!



またまた後半の旅に続く予定~。
[PR]
by exmouthcoco | 2006-08-26 05:45 | こんな所行った… | Trackback | Comments(29)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco