「ほっ」と。キャンペーン

フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

タグ:キャンピングカー ( 9 ) タグの人気記事

キャミオン、その後。

毎日、夜遅くまでキャミオンの作業をしていたりして なかなかブログまでたどり着けず…更新が遅くなりました。

ヴァカンスは木曜日からで、月〜水の午前中までNinaは学校だったのだけれど、先生が病気だったらしく、月曜と火曜は自宅待機。
これで更に仕事がはかどらず…
結局、土曜日に出発となったのでした。

出発前の、なんとか最低限の設備までした様子をアップしたいと思います…。

b0069848_04382277.jpeg
電気のケーブル達を、ブレーカーに収める…
けれど、これがなかなか複雑で。
b0069848_04385951.jpeg
左が先ほどのブレーカー。
右の物は、12vから220vへの変圧器。
これで、炊飯器や携帯の充電器とかが使えるわけです。
電源の元は、現在は、大容量のバッテリー2つ。
走行中に充電できるようになってます。
将来的には、ソーラーパネルを載せる予定。
キャンプ場や気ままな所で連泊する場合、車を移動しなくても電源確保できるのだとか。
b0069848_04393585.jpeg
座席を撤去して、電気ケーブルの配線。
車のバッテリーに繋いだものを、キャミオンの下から運転席の下部分に通して…
b0069848_04395795.jpeg
これが大変なのなんの!
1人がキャミオンの下に潜って、もう1人が上からケーブルを引っ張って…。
b0069848_04404573.jpeg
お水ももちろん確保します。
タンクの容量170リットル。
お風呂の湯船くらいの大きさ。
もちろん、これでシャワー、トイレ、洗い物もするので、節水です。
b0069848_04402438.jpeg
水を汲み上げるポンプ。

b0069848_05033391.jpeg
ベッドには、1人ずつLEDのライト。

そして、キッチンはこんな感じに。
b0069848_04410810.jpeg
ガスレンジと、ガス給湯機。
冷蔵庫もキャンピングカー仕様なのが届きました。

シャワーとトイレは、今回はタイムアウトでなし。
キャンプ場を利用する事にしました。

で、荷物を積んで、水を貯めてやっと出発、という時に大変な事が!
まさかの水漏れ!

ポンプに繋いでいたリングが締め方が甘かったようで、頭の中真っ白。
何とか、水を全て抜いて、空のまま出発。

そして、ニコラのパパの家に着いて、ゆっくりココで修理しました。

大体の行程は決めているけれど、気ままにのんびり旅してきます。



[PR]
by exmouthcoco | 2016-10-25 05:12 | キャンピングカーを作っちゃえ!

ヴァカンス前に…

10月に入ってから、家の作業は一休みして、キャンピングカーの作業に専念しております。
というのも、20日から2週間の秋休み。
この休みにどこかに行こうじゃないか!と計画を立てております。
この前、9月の新学期が始まったばかりなのに、もう休みかい!って感じがしないこともない…。
b0069848_05181350.jpeg
こちら、キャミオン内部。
アルミのシートを遮熱用に貼って、その上からグラスウールの断熱材。
そして、天井にはパネルを固定するための木材を渡して、
さらにアルミシートを貼って、天井のパネルがはまります。
b0069848_05184036.jpeg
この後、電気ケーブル(12vと230v)、照明、スイッチ、コンセント…の配線、
貯水タンクからのチューブ…など、車内はケーブルだらけ。
まるで一軒の家みたい。
小さな空間なので、凝縮されて、凄いことになってます。
b0069848_05193386.jpeg
天井の一部、こんな感じ…。
照明用のコードが出ております。
b0069848_05191572.jpeg
こちらは、水の管。
我が家の場合、左側に水のタンク、右側にキッチンなので、床材を敷く前にこれを忘れると大変なことに!

そして、いよいよ床材に着手。
こういう作業をしていると、必ずやってくる人。
b0069848_05202474.jpeg
こういう所が彼女の遊び場…。

クリップ式なので簡単なようで、タイヤの出っ張りがあったりして、結構難しい…。
でも、出来上がった時の嬉しさといったら…。
コタツでいい!雑魚寝でいい!このまま旅に出たい。(笑)
b0069848_05213127.jpeg
そんな事が通用するわけもなく、ベッド作り。
2段ベッドです。Ninaっちが上。
キャプテンは下。
って、早速寝てる人がいますが…。
b0069848_05223825.jpeg
私は通路か、食事スペースのカナッペか、どちらかに寝るかな。
通路にハンモックでもいいかもしれない。
b0069848_05245320.jpeg
幅、60cm。
ちなみに、通路は50cm。

後ろから見た図。
左側がベッド。右の仕切りはシャワーとトイレ。
狭いけど、無いよりはいい!というか、無いと困る。
b0069848_05221690.jpeg
さて、この後、どうなることやら…。
出発できるんだろうか?









[PR]
by exmouthcoco | 2016-10-15 06:12 | キャンピングカーを作っちゃえ!

私たちの 夏休み②

8月に入って最初の週末、「思い立って」ピカルディー〜ノルマンディーの海沿いに出かけてきました。
家の作業などでちょっと疲れた時に、気分転換に急に出かけるのが我が家流。
そいうい訳で、「思い立って」。

8月のヴァカンスシーズン真っ最中ということもあって、ホテルの空きがあるのかどうか…。
最初は日帰りで行こうと思っていたけれど、ゆっくりできないということで、
あのキャミオンで行くことに決定。
当然、中も何もできてないので、この通り、質素なお座敷風キャンピングカーです。(笑)
b0069848_23451995.jpg
まぁ、それでも大喜びのNinaっち。
恥ずかしいとか、みすぼらしいとか、文句は言わない年齢なのが救いだったりして。

高速を使わずにゆっくりと車を走らせること2時間半。
ピカルディーの端っこの我が家から一番近い ピカルディーの海へ。
b0069848_23483820.jpg
ちょっと風がひんやりするけれど、天気もいいし、気分はヴァカンス。
甘い父親は、早速ムスメにアイスを買ってあげてました。
b0069848_23501818.jpg
この笑顔を見ると、アイスもだけど、パパも溶けるよね。??

この周辺の海沿いには、キャンピングカーが無料で停まれるスペースが点在しているのだけれど…
限られたスペースの中にギュウゥゥっと並び、大きさや豪華さを競う感じがして、
例え自分たちがどんなに立派な車を持っていても、ハイシーズンに ここに停めることはないと思うという気持ちは私もニコラも同意見。

あらかじめgoogle earthでチェックしていた、海の目の前の小さな駐車場を目指して
ノルマンディー方向へ…。
b0069848_023549.jpg
人のほとんどいない、ひっそりとした小さな村の丘の上に整備された公園&駐車場があって、今日はここに決まり。
b0069848_04324.jpg
キラキラしていて、神秘的。
b0069848_052952.jpg
濡れてはならない靴を履いてきてしまった母は、ゴロゴロの石のビーチでお留守番。
親子2人プラス1匹、気持ち良さそうでした。
(水着も、お砂セットも持ってきたのにね〜。役立たずだったよ、この旅は。笑)

夜は、キャミオンで初めての雑魚寝。
マット敷いて寝袋で寝たけれど、床が硬いのと、寒さでよく眠れず。??
遮熱用シートを貼ってるとはいえ、換気扇の合間から冷気が入ってきたりして寒い寒い。
考えてはいたけれど やっぱり断熱材は必須。何事も経験です。
夏とはいえ、北フランスの朝と晩は冷え込むのです。
この日も、確か朝の気温は10度ちょっとだったか…。

翌日、海沿いを西の方へ移動。
馴染みの街を散歩して
b0069848_08322.jpg

さらに西へと進んで、Étretat エトレタへ。
b0069848_033147.jpg
寒いっ!風が冷たい。
トレッキング行っちゃう?というような格好の人もいて、皆さん、かなり厚着。
b0069848_0351998.jpg
何度も来てるけれど、こんなに人で溢れていたのは初めて。
ただでさえ大きい車で苦労するのに、この混雑で駐車場を見つけるのも嫌なので、早々と退散。
近くの町で ブロカントをやっていて、そこでゆっくりして帰ってきたのでした。

短い日程だったけれど、ワイルドで楽しかった〜。
次回は、もうちょっとグレードアップして、快適に寝れるといいな。


夏休みシリーズ、まだ続きます…。


【 追記 】
この記事を、広島のレストラン セイホウ・オンブラージュ
「四季を感じる ブログ集」にご紹介いただきました。
ありがとうございました。
セイホウ・オンブラージュ |<!--br<br />
class=

広島で極上のフレンチを世界遺産の島・宮島を望む美しい景観とともにご堪能下さい。
[PR]
by exmouthcoco | 2016-08-17 00:47 | こんな所行った…

換気用の天窓をを設置

火曜日でNinaの学校も終わり、長い夏休みが始まりました。
親にとっては、本当に長い…。
滑り台に行きたいだの、水遊びしたいだの…早々に振り回されています。

さて、キャミオンの続きを…。
b0069848_5483712.jpg
ある時、上に登って何かをしてる?って思ったら…



b0069848_5493245.jpg
四角くくり抜いてました。
(もちろん、機械ですよ)
この鉄板の厚み、かなりあるんですね…。
実際に見ることってあまりないかも。丈夫な車だ…。
b0069848_5513385.jpg
その枠にはめ込んだのは、換気用の天窓。
すんなりハマるかと思いきや、難関が。
車の上のシマシマの出っ張りが邪魔!
これのせいで、どうしても隙間ができてしまうんです。
b0069848_5571496.jpg
車の凹凸を叩いたり切断するわけにもいかず、結局は、換気窓の枠を一部切断することで解決。
水漏れ防止にシリコンを一周ぐるりと。
b0069848_5593125.jpg
このちょうど下が、キッチンとダイニングスペースなので、換気扇付きです。

そして、後方にも 換気扇なしの天窓を一つ。
b0069848_611097.jpg
この下にはシャワーとトイレが来ることになってます。
換気扇があってもなくても、一応は、雨が入らないような仕組みになっていて、換気は常にできてる様子。
b0069848_635434.jpg
天窓がついてからは、ドアを開けた時の「もわっ」と暑い空気が淀んでる感じがなくなりました。

あぁ…やることいっぱい。
[PR]
by exmouthcoco | 2016-07-10 06:09 | キャンピングカーを作っちゃえ!
b0069848_4504927.jpg
フロントガラス用接着剤を絞り出したところで、いざ!

ぶつけないように、落とさないように注意しながら踏み台へ。
せーの、で載せたところで、「もっと下」のニコラの言葉に対して、
「もっと上!上げないと!」と私。
「いや、下。」「上!」とドキドキしながらやってると、




ん?


サイズが…合わない?
ってか、小さい?

下に合わせると、上の部分が3cmほど隙間が。
え?ダメじゃん。

・゚゚(p>д

とりあえず外して、接着剤を剥がすことに。
その間、ニコラは注文した会社にサイズが違うことを電話で連絡。

実際は、ネット注文後の発注ミス?ということらしい。
最初、注文してカード決済をしたのに、自分の注文履歴に何の注文も入ってないことに気づき、
その会社に電話で問い合わせたニコラ。
オペレータの女性が、「あら、本当だ。代金はもらってるのに注文が入ってないわ。」と、
それから口頭で、車のメーカーと種類、年式などを伝えて、注文完了。

どうやら、それが間違いだったようで、同じメーカーの同じ種類のキャミオン(ワゴン車)でも、高さによってフロントガラスの大きさも違うらしい。
大きい方と伝えていたのに、小さいキャミオンのサイズが来てしまったという訳。

…っていうかサ、届いた時点でサイズ図ろうよ。

サイズが合わないと電話したら、その時に注文を受けた女性ではなかったようで、
交渉の結果、引き取りに来てくれる業者に払う手数料50ユーロの半分を負担してもらい、接着剤キットを無料でつけてもらうことで承諾。
工場直売ということもあって、他のサイトよりもかなり安かったので、
25ユーロを負担しても損はしないから、いいかな…とニコラ。

そんな電話交渉の間、私の方は、えらいこっちゃ。
ガラス用接着剤ということだけあって、ガラスにこびりついたまま剥がれない…。(°_°)
幸い?車の方に接着剤を絞り出していたので、ガラスの方はそれほどついてはいないのだけれど、それでも、残ったところは剥がれない。(−_−#)
力を入れ過ぎて割れちゃったら困るし、傷をつけてもいけないし…。

はぁ〜〜〜〜。
しばらくして、電話を終えてニコラも参戦。
2人で指紋がなくなるまで、頑張りました…。
とどめは、「運送屋が取りに来るから、元の箱に入れて戻して」(●`з´●)
あぁ、箱をめちゃくちゃにしないでよかった…。

後日、運送屋がブツを回収に来て、ひとまずホッ。
そして何日後に、正しいものが届きました。
(サイズ図りましたよ…。)
b0069848_5502345.jpg
で…後は、前回同様、同じことの繰り返し。
今回は、ガラスの方に接着剤をのせました。
b0069848_5524241.jpg
で、すんなりとはめ込んだ図。
一度、経験してるので、気分がちょっと軽い。
ドキドキ感も、前回ほどではありません。(笑)
b0069848_557989.jpg
ちゃんとはまってる〜〜!
内側からも、吸盤を使って引き寄せます。
b0069848_5582221.jpg
面白いほどにくっつく吸盤。
元・お隣さんが会社の備品を借りてきてくれたもの。
どうもありがとう〜〜。Merci, Nicolas H. (お隣さんも、ニコラ。笑)

ちょっと遡るけれど、以前はこんなに傷んでいた部分も…
b0069848_615685.jpg

こんな感じにキレイになりましたよ。
b0069848_623681.jpg


フロントガラス、結局、自分たちで交換できました。
終わって、 ちょっとホッとしています。

最低からでも400ユーロって言われていたけれど、
ガラス本体と接着剤で180ユーロくらい。(思ったより安い)
オーダーミス(ウチのミスではないが)での出費が25ユーロ。
205ユーロとして、自分たちでやると半分でできてしまうのだな、と。

いい経験です。
[PR]
by exmouthcoco | 2016-06-28 06:10 | キャンピングカーを作っちゃえ!
ジャーーン!
注文していたフロントガラスが届きました。
b0069848_4361029.jpg
重さ自体は13〜15キロくらいで、そんなに重いものではないのだけれど、運送屋のお兄さんが1人でこの大きな箱を下ろすのを見た時、割れてしまうんじゃないかとヒヤヒヤしましたよ〜。
b0069848_4484161.jpg
こんな感じで入ってます。
割れてなくて一安心。

b0069848_451245.jpg
付属のゴムのパッキンを一周ぐるり…と。
これがとっても大変で、指先が痛いのなんの。
b0069848_532462.jpg
車の方では、ゴムのパッキンが重なる部分に付属の下地(兼 サビ止め)塗り。
丸いポンポンが可愛いいなぁと思うと同時に、指紋採取を想像したりして。(笑)

b0069848_584053.jpg
さて、いよいよ接着剤の登場です。
ドキドキ…。
YouTubeで見ると、ガラスにつける人と、車の方に直接つける人と…。
悩んだ結果、車につける方を選択。
b0069848_514973.jpg
絞り口の切り込みがV字に入っていて、∧ こんな先がとがった形で出てきます。

さて!いよいよ!
って、私もガラスを持っているので撮影できませんが…
なんと、この直後に大問題が発生!

長くなりそうなので、次回に続きます…。(´υ`)
[PR]
by exmouthcoco | 2016-06-27 05:25 | キャンピングカーを作っちゃえ!

フロントガラスが…

7年半くらい 野ざらしになってたこともあって、
部分によってはサビが進んでるところもいくつか…。

特に気になっていたのは、フロントガラス周辺。
上部から運転室内に水漏れらしきものがあって、ガラスの下はこんな状態。
b0069848_56193.jpg
サビ止め処理を…と、ゴムのパッキンを外してたら、反対側が…
b0069848_565849.jpg
パキーーーっと。
上にヒビが入ってるの見えますか?
あちゃー。
どうやら 以前、何らかの理由でフロントガラスを交換して、その業者の仕事が悪かったのか、
パッキンを外しただけで、上にも下にも、隙間だらけ。
つまり、接着剤がちゃんと埋まってなかったんだよね…。

さぁて、どうしようか。
保険で交換できるとタカをくくっていたら、この車にかけている保険ではカバーされないとのこと。
というのも、メンテナンスをして、キャンピングカーにするまでは基本的に外に出ないから、最低限の保険しかかけてなかったんだよね…。

いくつかの業者に問い合わせてみたら、一番安くて400ユーロくらいから。
うーーん。
「じゃぁ、注文して自分たちでつけてみよう!」って事で、
早速、国内でフロントガラスの大手メーカーに注文。
b0069848_536051.jpg
丁寧に取り外して、この後、YouTubeで取り付け方のビデオを見て(←あるんだねー。便利な世の中)
2人で何度かイメージトレーニング。(笑)
b0069848_5381541.jpg

ちゃんとできるのか、ドキドキ そわそわ落ち着かない私に対して、
注文したガラスが届くまで、冷静に、車のメンテナンスを続けるニコラ。
b0069848_5403785.jpg
パッキン取って、細かな所までお掃除。
b0069848_5414530.jpg
フロントガラスがない車って、初めて見たかも…。
っていうか、普通は自分じゃ交換しないよね。
b0069848_5425710.jpg
でも、自分たちでガラス交換でよかったのかも。
業者に頼んだら、このサビは見てみないフリだろうな…。
b0069848_5452071.jpg
サビ止め塗って、ヤスリかけて…ペンキ。
後は、ガラスが届くのを待つばかり。

ドキドキ…。
[PR]
by exmouthcoco | 2016-06-22 05:52 | キャンピングカーを作っちゃえ!

車の掃除と、ペンキ塗り

この車を友人から譲り受けた時は、運転席と荷物室の境目のパネルが外されていて、
さて、これを使うか、いっその事外してしまうべきか…
車のサイズとレイアウトを考えながら悩む悩む…。
b0069848_5384476.jpg

結局、運転中の冷暖房の効率がいいように、パネルをはめ直すことに決定。
元々、グレーだったパネル。
サビ止めを塗った後に、住居空間側は白に、
運転席側は、元のマットなグレーで塗り直すことに。
b0069848_5425782.jpg
エアブラシで。
タバコのような細い筒があるのは、穴から裏にペンキが垂れないように…ニコラの知恵?

塗った後の、はめ直す作業が…座席を外したりして大変だったのだけれど、ここでは省略。
こんな感じになりました。
ちょっと明るくなった❤️
b0069848_5512928.jpg
同時に、下に敷いてあるパネルを外して、車内を掃除。
パネルも…塗っちゃうか!
実際は、パネルの上に床材を貼ることになるので必要ないのだけれど、
ペンキも余ってるし、途中の作業も気分良く済ませたい。
b0069848_5573723.jpg
ということで、ローラーを使って、私もお手伝い。

乾かしてる間に、床や壁に、断熱用の素材を貼ることに。
途中の写真ですが…。
b0069848_62959.jpg
うーーん、なんだかそれらしくなってきた。
ワクワクな状態。
希望でいっぱいというのは幸せなこと。

この後の悪夢を知る前は…。
[PR]
by exmouthcoco | 2016-06-19 06:09 | キャンピングカーを作っちゃえ!
あっという間に6月も半ばに突入。
学年末ということで、Ninaの幼稚園も遠足があったり、お遊戯会があったり…
何かと慌ただしい日々を過ごしています。

それとは別に、最近の我が家。
家の作業も放ったらかしで、あることが進んでます…。





なーーーーんだ?







ジャンっ!
b0069848_5311655.jpg

車です。
フランスではキャミオンというのだけれど、日本では、大型ワゴン車?
友人から譲り受けたものです。

実は、この過程になるまで、かなり時間と手がかかってるのです。
友人宅で何年も野ざらしになっていて、エンジンも動かず、挙げ句の果てには、いろんなパーツが盗まれ…
致命的だったのは、プロペラシャフトと呼ばれる部品が盗まれていたこと。
b0069848_54455.jpg
(ネット上より画像をお借りしました。)
こんなに長くて重い鉄の棒を何故、何のために盗む???
理解不可能、フランス生活あるある。

レッカーで処分か?というところで、元・メカニックのニコラ、エンジンの修理。
そして、何度もあちこちのディーラーに通い、必要なパーツのシリアル番号を聞き出し(←普通は教えてくれない)、ネットで割安で購入。
友人宅へ往復し、パーツを無事に取り付け、何とか我が家までたどり着きました。
この時、家路までが長かった…。故障したら どうしよう〜、って何度も思ったっけ。
で、この状態までにするのに、何ヶ月…。

最初の頃の状態は残念ながら写真は撮ってないのだけれど、
この車がどんどん蘇っていく様子を綴っていきたいと思います。
[PR]
by exmouthcoco | 2016-06-17 06:14 | キャンピングカーを作っちゃえ!

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco