「ほっ」と。キャンペーン

フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

家の外観・進化中。

ボロ屋と呼んでいた、我が家の裏の家(実際は、くっついてます)の外壁。
全面が石壁とは言えず、漆喰のような部分があったりして、
しかも、ひび割れがあったり、一部が剥がれて落ちたりして、
かなり傷んでおりました。
b0069848_04141421.jpeg
一応、石の周りを削って、白セメントで目地入れ。
石がない部分は、しょうがない、石を付け加えられればはめ込んで、
ダメなら白セメントだけで、ということに。
b0069848_04145128.jpeg
どうやら、上の方は石が少ないみたい。
グレーっぽかった壁が白くなって、パッと明るくなった印象。
b0069848_04152143.jpeg
今の所、ここまで…。
足場が届かなくて、上の方はハシゴでの作業。
大変だ…。

一枚目の写真の下は、こんな感じに。
b0069848_04155079.jpeg
ガレージの脇の壁。実はこの壁の中は、我が家のcaveになっていて、
右下のアーチ型の裏側には、当時、冷蔵庫代わりに使っていた空間があるのです。
壁の一部がくり抜いてあって、そこに物を置いて保存していたそうで…。
で、くり抜いてあるから当然、その部分は壁が薄い訳で、
外壁が崩れかけていたこともあって、石の隙間から外の光がかすかに見える状態だったのです。
で、補強するにも石をはめ込むほど厚みが出せないので、
ニコラのアイディアで、このようなアーチ型に。
肝心のcaveの窓は、その型を使ってこれから手を入れるのだそう。

寒くなる前に、外回りの作業は何とかひと段落させたいところ。
本格的な寒さになるまでに、どこまでできるかな〜。



[PR]
# by exmouthcoco | 2016-10-01 05:21 | 我が家のリフォームとDIY
お天気はいいものの、肌に感じる風が秋らしくなってきました。
黄昏の時に庭に出てボーーっとする時間が好きだったけれど…
陽も短くなってきて、加えて涼しいというより寒くなってきたので、
来年までのお楽しみ。

さて今日は、久々に我が家の作業の様子を…。
隣のお爺さんとの境の石壁4月に更新したきりでした。
b0069848_05204170.jpeg
8月に記録していたのは、ここまで進んだ様子。
石が足りなくなって、畑から許可をもらって取りに行ったり、
他の壁同様、古い瓦を再利用して、こんな感じに。
b0069848_05240720.jpeg
壁の一部がなくなっていたり、崩れてしまうような もろい壁。
古いとはいえ、やっぱり真っ直ぐでなく、フニャフニャ…。
b0069848_05331124.jpeg
(↑オレンジの紐が直線なんですけど…)
この曲がりくねった壁をどうやって目立たなくさせるか、
上にかぶせるセメントの帽子はどうやったらいいか、
悩みに悩んだ夏でした。
b0069848_05340749.jpeg
私が日本へ帰る前に、半分のセメント帽子を手伝ったものの、
後はタイムアウト。
残りは、暑い中、ニコラが1人で頑張ってくれました。

で、出来上がったのがコレ。
b0069848_05352137.jpeg
何やら物が多くて見づらいですが…。
目地は終わっていないけれど、お爺ちゃんの庭も見えなくなって、
かなり変わりました。

猫が歩いても、崩れてこない壁!(笑)
b0069848_05344224.jpeg
ん?何やら向こうに見えますね…。

アプリコットの木に引っ掛けて、ハンモックでゆらゆら。
高い空と、飛んでいく鳥を見上げて、教会の鐘を聞きながら…至福なひととき。
b0069848_05354899.jpeg
ヤバい…。気持ちよすぎて、動けない。

次回は、裏のボロ屋の外壁工事です。








[PR]
# by exmouthcoco | 2016-09-22 06:14 | 我が家のリフォームとDIY
8月の終わりに日本を発ち、こちらに戻ってきました。
バタバタと帰って来て、慌ただしいまま、9月に突入。
Ninaっち、今年から幼稚園の年中さんです。

仲良かった子を含め、去年の仲間の大半が違うクラスになってしまったので、
なんとなく不憫に感じるけれど、これも試練。
新しく入ってきた年少チーム(混合クラスです)の面倒を見て、しっかりお姉さんになってください。
自分も可愛がってもらったように、ね。


帰国する日は、夜遅い便だったので、朝から余裕があって、最終日をあれこれ楽しむことにしていました。
帰る前に絶対食べたかったのが、コレ。
b0069848_5473263.jpg
インドカレー。
子供の頃、父に連れられてインドカレーをよく食べに行っていたので、何となく郷愁の味。
たまに無性に食べたくなるもののうちの1つです。

ここは、実家の比較的近い所にある 小さなお店。3人のインド系の方がやってます。
日替わりランチは、カボチャとチキンのカレーで、これにサラダとスープ、飲み物が付いて750円でした。安っ。
ナンとご飯はお代わり自由だそうですが、この巨大ナンでさえ食べきれない大きさ。
b0069848_5552874.jpg
Ninaっち、お子様カレーを堪能。
パン好き、ご飯好きな彼女にとって、天国のようなメニュー。
写真の小さなご飯を2つと、ナンを半分以上平らげました。
さすがに、食後に付いてきたアイスクリームは食べられず…。惜しいことしたね!(笑)

詳しくは触れませんが、実はこの最終日、汗かきながらカレーを食べてる時に、さらに汗が吹き出るような事があって、ジェットコースターのような1日だったのでした。
まぁ、無事に飛行機に乗れたし…結果オーライなのです。
b0069848_661185.jpg
羽田に向かう首都高から見えた東京タワー。
Ninaに見せたかったけれど、生憎、睡眠中。

2週間はあっという間だったけれど、充実した毎日で堪能してきました。
あ…でも、最終日に予定していた日帰り温泉に行けなかったのが、ちょっと心残り…。
次回に期待!

滞在中にお世話になった方々、どうもありがとうございました。
そして、今回はお会いできなかった方々…
次回はもうちょっとゆっくり滞在目指しますので、どうぞよろしく!
[PR]
# by exmouthcoco | 2016-09-05 06:13 | こんな所行った…

私たちの 夏休み③

b0069848_2259332.jpg
飛行機に乗って…
実は、Ninaっちと2人で日本滞在中です。
b0069848_2304548.jpg
自らFacebookの記事に「いいね!」をした JETKIDSの簡易ベッドに横になって…。

実はコレ、子供を上に乗せて引っ張ることもできるし、
中にオモチャなども入れておけるスーツケースのようなもの。
蓋をひっくり返して高さを飛行機のシートの高さに調節して、足置きやベッドになるという…。
子供じゃなくても、私が欲しい〜!って思ってたら、
近くの友人が、秋に里帰りする為に購入。
自分たちが使ってないのに、新品をNinaっちに貸してくれたのでした。
どうもありがとう〜!

さて、約2年半振りの日本。
今回は、理由があって2週間だけの滞在です。
でも、14年振りの「日本の夏」は、これくらいで良かったかも。
今回は、友人にはあまり声をかけられなかったのだけれど、
結婚した友人と、子供が生まれて家族が増えた友人と…
2人を我が家に誘って、再会と、それぞれの近況を語り合ってお祝いしたのでした。
b0069848_2316034.jpg
友人(元・職場の後輩とも言う)が用意してくれた豪華なお寿司。
飲み物まで用意してきてくれて、この方の心遣いには、本当に頭が下がります。

b0069848_23222111.jpg
奥日光へ…。
b0069848_23233140.jpg
湯ノ湖。
トンボがたくさん飛んでました…。
b0069848_23244373.jpg
木道って大好き!
手入れされて、気持ちいいです。
b0069848_23254718.jpg
湖のほとりで絵を描く父。
Ninaっち、見つけて早速邪魔に入ってます。
b0069848_2327916.jpg
今回は、姉夫婦の企画でキャンプ場へ。
両親と姉家族と私たちで 人数が多いので、バンガローを予約。
フランスでもキャンプ場は利用するけれど、造りが違うので興味深い。
b0069848_2330749.jpg
日本式は、もちろん、Futonです。

b0069848_23372264.jpg
目の前は、中禅寺湖。
キラキラ輝いてました。
b0069848_23382366.jpg
お兄ちゃん(と言いつつ、15歳離れた従兄弟)に遊んでもらって、
b0069848_23395868.jpg
初めての手持ち花火。
キラキラが新鮮で、大興奮。
b0069848_23413823.jpg
近くの日帰り温泉で。
suicaのペンギンをぎゅぅぅぅ〜。
久しぶりに入る温泉は、熱かった〜。
温泉って、なんで熱いんでしょうね。もっと低い温度でじっくり入りたいのにな。
露天風呂はぬるくて、気持ち良かったです。

台風直撃とかあったりして、天気がイマイチの今回の滞在ですが、
暑さもちょっとダウンして、それはそれでラッキーかな。

残り後ちょっと…悔いのないように楽しんできまーす。
あぁ…。荷造りが恐怖。
[PR]
# by exmouthcoco | 2016-08-24 23:52 | こんな所行った…

私たちの 夏休み②

8月に入って最初の週末、「思い立って」ピカルディー〜ノルマンディーの海沿いに出かけてきました。
家の作業などでちょっと疲れた時に、気分転換に急に出かけるのが我が家流。
そいうい訳で、「思い立って」。

8月のヴァカンスシーズン真っ最中ということもあって、ホテルの空きがあるのかどうか…。
最初は日帰りで行こうと思っていたけれど、ゆっくりできないということで、
あのキャミオンで行くことに決定。
当然、中も何もできてないので、この通り、質素なお座敷風キャンピングカーです。(笑)
b0069848_23451995.jpg
まぁ、それでも大喜びのNinaっち。
恥ずかしいとか、みすぼらしいとか、文句は言わない年齢なのが救いだったりして。

高速を使わずにゆっくりと車を走らせること2時間半。
ピカルディーの端っこの我が家から一番近い ピカルディーの海へ。
b0069848_23483820.jpg
ちょっと風がひんやりするけれど、天気もいいし、気分はヴァカンス。
甘い父親は、早速ムスメにアイスを買ってあげてました。
b0069848_23501818.jpg
この笑顔を見ると、アイスもだけど、パパも溶けるよね。??

この周辺の海沿いには、キャンピングカーが無料で停まれるスペースが点在しているのだけれど…
限られたスペースの中にギュウゥゥっと並び、大きさや豪華さを競う感じがして、
例え自分たちがどんなに立派な車を持っていても、ハイシーズンに ここに停めることはないと思うという気持ちは私もニコラも同意見。

あらかじめgoogle earthでチェックしていた、海の目の前の小さな駐車場を目指して
ノルマンディー方向へ…。
b0069848_023549.jpg
人のほとんどいない、ひっそりとした小さな村の丘の上に整備された公園&駐車場があって、今日はここに決まり。
b0069848_04324.jpg
キラキラしていて、神秘的。
b0069848_052952.jpg
濡れてはならない靴を履いてきてしまった母は、ゴロゴロの石のビーチでお留守番。
親子2人プラス1匹、気持ち良さそうでした。
(水着も、お砂セットも持ってきたのにね〜。役立たずだったよ、この旅は。笑)

夜は、キャミオンで初めての雑魚寝。
マット敷いて寝袋で寝たけれど、床が硬いのと、寒さでよく眠れず。??
遮熱用シートを貼ってるとはいえ、換気扇の合間から冷気が入ってきたりして寒い寒い。
考えてはいたけれど やっぱり断熱材は必須。何事も経験です。
夏とはいえ、北フランスの朝と晩は冷え込むのです。
この日も、確か朝の気温は10度ちょっとだったか…。

翌日、海沿いを西の方へ移動。
馴染みの街を散歩して
b0069848_08322.jpg

さらに西へと進んで、Étretat エトレタへ。
b0069848_033147.jpg
寒いっ!風が冷たい。
トレッキング行っちゃう?というような格好の人もいて、皆さん、かなり厚着。
b0069848_0351998.jpg
何度も来てるけれど、こんなに人で溢れていたのは初めて。
ただでさえ大きい車で苦労するのに、この混雑で駐車場を見つけるのも嫌なので、早々と退散。
近くの町で ブロカントをやっていて、そこでゆっくりして帰ってきたのでした。

短い日程だったけれど、ワイルドで楽しかった〜。
次回は、もうちょっとグレードアップして、快適に寝れるといいな。


夏休みシリーズ、まだ続きます…。


【 追記 】
この記事を、広島のレストラン セイホウ・オンブラージュ
「四季を感じる ブログ集」にご紹介いただきました。
ありがとうございました。
セイホウ・オンブラージュ |<!--br<br />
class=

広島で極上のフレンチを世界遺産の島・宮島を望む美しい景観とともにご堪能下さい。
[PR]
# by exmouthcoco | 2016-08-17 00:47 | こんな所行った…

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco