フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ
b0069848_19404296.jpg

先週まで夫の実家のある南西部に帰っていました。
実家はボルドーから内陸に100キロ入った田舎にあります。
森の中で生活をしているようなもんです。
今回も、ドライブ中に鹿が飛び出してきて、危うく轢きそうになりました。
まぁ、実家のことはまたの機会にゆっくりと書いていくつもりですが・・・。

家の後ろには、ブドウ畑が広がっていて、その隣りは、ヨーロッパで一番大きい森が広がっています。
森を歩いていると、いろいろなものに遭遇します。鹿の親子や野生のイノシシ、今の時期はキノコたち!ところが、そこで夢中になってキノコ探しに熱中してしまうと大変!
一度、義理ママと犬の散歩に出かけて、キノコ狩りに夢中になり日も暮れてしまって森の中で迷子になるという経験もあります・・・。(・o・)
しかも、ハンターの人がバンバンッって狩りをしていたりするので、結構スリリングです。

これまでの経験で、日本人にしては(?)キノコに詳しくなりました。
これは食べられる、これはダメ。これは・・・食べられるけどおいしくない、とか。
たまに、大きなのを見つけて 「わ~~~い」と手に取ったら、虫食いだらけだったりして冷や汗ものですが・・・。

栗拾いもしてきました。時期も終わりに近かったので、小粒のものしかありませんでしたが。
暖炉で焼き栗にして食べました。ホクホクしておいしかった・・・。
近所の伯母から森で拾ったという大きな栗をもらってきたので、パリに戻ってきてから早速「栗の渋皮煮」を作ってみました。

パリでは経験できない、田舎ならではの実りの秋を体験してきました。

ところで・・・写真は、そんな森から拾ってきた 松ぼっくり です。
18cm近くあるんですよ~~。しかも、つやつやしててキレイなんです。
クリスマスの飾りにいかがでしょう?
[PR]
# by exmouthcoco | 2004-11-23 20:04 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(0)
フランスのニュースでも話題になるくらい、日本でのボジョレー熱はすごいですね。

私は、日本の友人に言われるまで今年のボジョレーの解禁日を知らんかった・・・。
パリの街中に住んでいれば、それなりに目にするんだろうけど、
パリの郊外では街中お祭り騒ぎ!だなんてありえない。
ま、確かにスーパーには解禁日直後から、目立つコーナーには置いてあるけど。

さて、気になるフランスでのボジョレーの値段、おいくらだと思います?
もちろん、ワインてなものはピンきりですが・・・目の前のHypermarcheでは、
安い物は2ユーロ以下(270円くらい)からあって、
高い物は8ユーロくらい(1000円)くらいだと思います。
もちろん、レストランだとそれなりに高いですが・・・。
果たして日本ではいくらくらいするものなのでしょうか?

タイトルにも書きましたが、新酒を飲みました。ボジョレーじゃないけどね。
夫の実家(フランス南西部)の隣りの農家で、自家製のワインを作っていて、
新酒を分けてもらいました。
b0069848_23222056.jpg

農薬を使ってなくて、手で収穫して、自分の家のために作ってるワインなんです。
色も向こうが見えないほど、紫が濃くて、やさしい味がします。

そんなワインも、1リットル0,75ユーロで分けてもらいました。安っ!
[PR]
# by exmouthcoco | 2004-11-22 00:37 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(0)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco