フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

新年早々、お客様・・・

がやってきました。

2年ぶりの再会で、今回はお子様連れです。夫のお友達一家。

アペリティフのお供に、ソーシッソン、コーンチップス、柿の種(コレはえらく気に入ってました。)、そして、パン・シュープリーズをだしました。
b0069848_22173410.jpg

中央に見えるのが、パン・シュープリーズ。「ビックリ!パン」とでも言うのかな。
中はこうなってます。
b0069848_22213940.jpg

いわゆるサンドイッチですね、はい。ハムやパテ、トマトクリームとかチーズなど、いろいろなサンドイッチが入ってます。

テーブルに移って、前菜はたくさんの牡蠣。
この家族はボルドー近くのアルカッションという牡蠣で有名な所に住んでいて、2歳の子供も生牡蠣が大好き♪子供なのに渋いな~~と思ってしまった。

その後は、サーモンの巻き寿司、揚げビーフンのサラダ、そしてメインはsanglier(イノシシ)のロースト・ポテト添え。
出来上がりの写真を撮るのを忘れました。食べかけですが・・・
b0069848_2229468.jpg



最後は、デザートにココナッツのフランを作りました。
b0069848_22443546.jpg

これは、夫のお姉さんからのレシピ。実家の父親が、お姉さんの家に行った時に、このケーキをえらく気に入り、「自分で作る!」とレシピをもらってきたもの。果たしてその後、作ったのかな?

その後コーヒーで締めて、今日は終わり。
人が来ると、だいたい食事が終わるのが深夜0時を過ぎることが多いものの、今回は子供がいるので、早々に10時ごろにはお開きとなった。

人が帰ってからが、我が家は大変!土足スペースのタピ(じゅうたん)は無視され、靴を履いても家中歩かれるので(ここが日本人とは違う所だな)、家中を大掃除。
夜中だろうが、床をキレイに磨いてからでないと眠れないのだ・・・。

遅くまで頑張ってくれる食器洗い機さんにあらためて感謝!

ココナッツのフランの作り方
[PR]
# by exmouthcoco | 2005-01-05 22:42 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(0)
昨日は、ご近所の方々がうるさくて・・・朝の5時ごろまで音楽がガンガンに鳴り響いておりました。そんな訳で、朝はのんびりと11時ごろまで寝ておりました。新年早々、ダラダラといけませんね~~。

2005年の初めての食事・・・
b0069848_035732.jpg

もちろん、おせちはありません。

キッシュ・ロレーヌと 小さなフォアグラ イチジク入り プルーンペースト添え、キャベツのクリームスープ、それと、おとその代わりに小さなシャンパンで乾杯しました。

本年もどうぞよろしくおねがいいたします。
[PR]
# by exmouthcoco | 2005-01-01 23:56 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(4)

Bonne annee !!

b0069848_8152320.jpg

なんですか、これ?って・・・
ディズニーランド・パリの花火。

いきなりバンバン・・・ッと始まったので、カメラ片手に外に飛び出して写真を撮ってきた。

窓から外に向かって、「ボナネーー」と叫ぶ人アパートの人たち、ディズニーランドからはイベントの真っ最中なのか、ズンジャカ♪ズンジャカ♪♪・・・音楽が聞こえてる。

ご近所さんはこれからフェット(パーティー)かな・・・。あちらこちらですごい音量の曲がかかってて今晩は眠れそうにない・・・。

b0069848_858779.jpg


本年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by exmouthcoco | 2005-01-01 08:59 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(0)

大晦日


今日の夕ご飯・・・一人寂しくお寿司定食。
b0069848_7325068.jpg


大晦日だというのに、夫は夜勤。ノエルの時にも仕事で、こういう行事の時は一人で過ごすことが多い。

勤務先でパーティーがあるらしく、お寿司のリクエスト。ノエルの時にも持っていったんだけど、とても人気らしく、たくさんの巻き寿司も10分くらいで平らげてしまったとか・・・。

さっき、当の本人から「おいしかったよ~~」との電話があった。
太巻きを5本持っていったのに、やはり完売!みんな大好きらしい。

今日のお寿司は2種類。
・サーモン(生)、きゅうり、たまご焼き
・海老、アボカド、たまご焼き

ところで、お寿司はスーパーにも売っているくらいフランス人には好評らしい。買ったことはないけれど、サーモンを中心とした寿司弁当みたいなカンジで、お魚コーナーに並んでいる。
でもよく見ると、ご飯が柔らかそう・・・べちゃべちゃしてるようにも見える。おいしいのかなぁ・・・。

こんなことしてるうちに、カウントダウンまであと20分・・・。

皆さん、よいお年を!!
[PR]
# by exmouthcoco | 2005-01-01 07:45 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(1)

パリの雑貨屋さん

久しぶりにパリでデートしてきた。

b0069848_655910.jpg

キレイなお花やさんのウィンドーでパチリ☆

夫が前の晩に、一生懸命ネットで何かを探していると思ったら、「明日はパリでホテルに泊まって来よう」と言い出した。

「え~~?日帰りの予定だったじゃない?ホテルが高いからって・・・」
「もう予約しちゃったもんね~~~♪」

と言うわけで、のんびり散歩・・・と言いたいところだが、車をNation(ナシオン)の近くに住む友達の所に置かせてもらったりして(電車で行けばいいのにね・・・)、気が付いたらもう午後2時!最近は日の入りが早いので、すぐ暗くなっちゃう!

泊まったホテルはSt Lazare(サン ラザール)駅のすぐ近く。ギャラリーラファイエットやプランタンなどのデパートや、オペラ座にもすぐ近くて便利な所だった。

デパートのショウウィンドーは、ノエルの飾りがまだあって、それが目当ての子連れが多く、人・人・人・・・。久しぶりの都会で、人酔いしてしまった。


今日は、小雨が降って観光には辛い空模様。今日の目的地はSt Paul(サン・ポール)。
ここにある雑貨屋さん、ハグオーワーでおなじみの雅姫さんの本にも載っていて、前から訪ねて見たかった・・・。
b0069848_7365635.jpg


b0069848_7395554.jpg

ウィンドーを見ても素敵だけれど、中もとても素敵だった。おもちゃ箱をひっくり返したような・・・いろいろなもので溢れ返っていた。

お客さんは、アメリカ人も多いらしく、一生懸命ホーロー製品の値段を聞いていた。

「あのキャニスターはいくらするの?」と、アメリカ人。
「50ユーロです」
「1つが50ユーロ?(6個セットじゃなくて?という意味)」
「もちろん!1つが50ユーロですよ。ebay(フランスのネットオークション)でも○○ユーロするんですよ」

そのアメリカ人のおっさん、あまりの高さに言葉を失い、しっぽを巻いて店内から退場していった。郊外の蚤の市を中心に見て周る私たち夫婦にとってもかなりの高値だと思った。まぁ、欠けもほとんどなくて、コンディション抜群の物だから、それなりの価値なのかもしれないけど・・・。

でも、他の客と話している店主であるマダムの言葉が耳に入ってきた時はびっくりした。

工場から新品(多分、デッドストックの古いもの)のキャニスターを800個買ったのよ

すごい、800個だって!まさに宝の山。一体いくらで仕入れたのかな~~~と考えてしまう。

b0069848_815450.jpg


雨も降っているので、車に戻って早々に家に帰る。ふぅ~~、なんだか疲れたなぁ。

やっぱり、お家が一番!という結果になった。
これはどこのお家でも一緒かな・・・。
[PR]
# by exmouthcoco | 2004-12-31 08:02 | フランス雑貨・蚤の市 | Trackback | Comments(2)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco