フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ
昨日はクリスマス・イヴ。みなさんいかがお過ごしでしたか?

私たち夫婦は、暇だな~~、スーパーのはしごをしていた。(^^ゞ
カルフールに代表されるhypermarcheという巨大なスーパーを3件も。
まぁ、それぞれに買い物があったからなのだけれど・・・。

日本の大晦日を思わせるほど、食料品コーナーは人で溢れていた。
特に、お魚コーナー。普段の庶民的なお魚君たち、サバやイワシたちは姿を消して、代わりにオマールや海老、カニ、そして牡蠣たちが並んでいた。
どこの家庭もシーフードなんだろか?

それとは逆に、お肉のコーナーはなんとなく閑散としていたような・・・。
日本のスーパーと違い、閉店間際の値引きというのはほとんどないフランスなのに・・・今日に限っては違った!いろんなお肉が半額シールで埋め尽くされてる!
人気が無いお肉コーナーでの苦肉の策(!?)だったらしい・・・。


昨日の我が家の夕食。

b0069848_6534931.jpg

まずは、食事の準備をしながら、アペリティフ・・・。
サーモンのカナッペとソーシッソン(ドライソーセージ)をつまみながら・・・



そして、メインのシーフード。
b0069848_655418.jpg

生牡蠣と、シーフードの盛り合わせ、写真にはないけれど、牡蠣のガーリック焼き。大きなカニでもうお腹いっぱい。
フォアグラはヘビーなので、ちょっと軽めにフォアグラ入りのパテを選んだ。
フォアグラには、トロッとした甘さの貴腐ワイン、Sauternes(ソータルヌ)。

このワインのエチケット(ラベル)がないのは、Sauternesの近くに住む親戚に連れて行ってもらって、シャトーから直接買ったから。
もちろん、エチケットなしは本来違法!
ワインの生産量もすべて政府が管理しているので、闇はありえない?のである。

でも、この直接買いエチケットなしは、税金対象外となるので、売り手側にも買い手側にとってもホクホクだ。

でも、ここで注意!気をつけないといけないのは、車にこのワインたちを積んでいるときに、警察に停められたら、もうアウトである。

親戚曰く、先日もSauternes地区で、エチケットなしのワインをたくさん積んだ車が捕まったらしい。多額の罰金が待っている・・・。

ドキドキしながら、ワインを運ぶ。まるで大麻やコカインを所持しているかのように・・・。
(どうか捕まりませんように・・・。)こうして、我が家のcaveには、エチケットなしのワインが増えていくのである。
[PR]
# by exmouthcoco | 2004-12-26 07:12 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(1)
先々週だったか・・・夫が急にこんなこと言い出した。

「Tati(タティ、「おばさん」の意)がウィーンに来るのは、確かノエルの前だったよね。3日くらい休みがあるから、驚かせに行こうか」

あと何年かで80歳になる大叔母は、所属するコーラスグループ「お達者ーズ」の仲間と念願のウィーンで第九を歌いに行くらしい。

君の休みさえ合えば・・・それもいいかも!と思いつつ、スケジュール帳とにらめっこしたら、残念ながら、上手く休みが合わなかった。
ウィーンに行くのはやめとして・・・とにかくどこかへ行きたいらしい。一人でネットで格安パッケージプランを探し始めた。

「安いのはねぇ・・・アムステルダムとプラハ。ホテルと食事もついて、結構いいよ」

寒いからイヤだ。パリだって寒いのに、さらに寒い所なんて・・・考えただけでも肩がこっちゃう。

「じゃぁ・・・ベネツィアは?ここも結構お得だよ」

ベネツィアも水辺だから寒いんじゃない?もっと暖かい所がいいな・・・。

「チュニジアは?・・・・あ、イスラム圏でなんか怖いからやめとこう・・・」(ブツブツ)


結局、見つからず断念。この時期に、急に出かけよう、ってのが間違ってるかも。

そこで、私の提案。
「パリの近くにいながらさぁ、パリにあまり行かないじゃない。今回、パリの街を観光客気分で歩くってのはどう?レストランで食事して、観光客が行く蚤の市に行って、話題のスポットを散策して・・・楽しそうじゃん?」

我ながら、言いながらワクワクしてきた♪

「ディズニーランドもいいかもよ。あ、混んでるか。夕方からとか・・・」

というのも、隣りに住んでいながら一度も足を踏み入れたことがにゃ~~~い。
夏の花火も、パーク内を走る機関車のポッポー♪という音も、日暮れと共にキラキラ光るスポットライトも見えるのにぃ~。
でも、やっぱり夏がいいかな、ディズニーは。いつか、ローラーブレードで行ってやろう!と企んでいるのだ。


夫がネットでパリのホテルを探し始めた。
「・・・・・・・。」
高い。とても高い。

結局、日帰りでのパリ旅行。
といっても、電車で1本、40分の距離。

こんな旅行もたまにはいいかな。


みなさん、楽しいNoelを!!
[PR]
# by exmouthcoco | 2004-12-24 07:14 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(0)

強風注意!

今日は、パリ近郊はと~~っても風が強かった。
車のハンドルが取られてしまうほどスゴかった・・。

ちょうど、空港のそばの田舎道を走っていたので、飛行機は大丈夫なのかなぁ、って余計な心配をしたりして。

大きな木の下には、枝がゴロゴロ。風のためにポキポキ折れてしまったようだ。実際、車の前にも、いろんなものが飛んでくる。


ところで、クリスマスを前に、住宅街ではたいていどこの家もノエルの飾りがしてある。そんな中で気になるのが、pere noel (サンタクロース)。

実際に人の家の写真を撮るのはさすがに怪しいので、例によってネットで写真を探してみた。これは、家の階段にぶらさがっている写真だが・・・

b0069848_6473270.jpg


このサンタの人形が煙突に登っていたり、2階の窓によじ登っていたり・・・飾りつけは様々だが、「テーマはよじ登ってるところ」。そう、現在進行形なのである。

フランス落書き帳にNAOさんが、タイミングよく記事を載せてくださっているので、拝借・・・。


車を走らせていると、結構な数のサンタクロースが家によじ登っているのを目撃する。


強風の話に戻るが・・・

もし、このサンタが落ちて、道に飛んできたら???

1つだけでなく、あちこちのサンタが落ちて飛んできたら???


考えていたら、恐ろしくなってきた。
強風だけの恐怖ではない・・・。(寒っ)
[PR]
# by exmouthcoco | 2004-12-18 07:01 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(0)
たまにお邪魔する emm@ えまさんのページOuest France便りの12月10日の夕飯の画像を見ていたら、無性に食べたくなった。

たまたま、ロボロションチーズも冷蔵庫に入っていたので、これは作るしかない!と。

b0069848_540195.jpg


レシピブックに控えるほど難しくはないのだけれど・・・
というか、とっても簡単!

b0069848_5413899.jpg


ちょっと暗いので上手そう!とはいかないけれど、チーズが糸を引いてアツアツでウマウマなのだ・・・。

じゃがいも星人の夫は、コレを目の前にすると手を叩いて喜ぶ。
イモが大好物・・・。

写真は約4人分。明日のご飯もコレなのだ~~~。
[PR]
# by exmouthcoco | 2004-12-16 05:44 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(4)
日当たりが悪くて寒いアパートを脱出したくて、もはや家探しの真っ最中!前にも、Maison,maison,maison!!でも書いたけど、ここ最近のフランスの不動産の価格は高騰している。なので、当然手が出ない!

夫の実家があるフランス南西部の小さな村でさえも、最近はイギリス人があちらこちらの古い家を買い取ってしまうため、地元の人でさえも手が届かないくらいの額になっているらしい。
b0069848_544424.jpg


日本人の私としては、「ヨーロッパ人=どの国もそれなりに裕福」というイメージがあったのだが、それはどうやら違うみたいだ。
特に、この村近辺では、「イギリス人はお金持ち」ということになっている。

「あそこの家も、ここの家も、みんなアングレ(英国人)が買い占めて・・・」
親戚こぞって皆が言うものだから、最近は私までイギリス人を見るたびに、彼らはお金持ちなんだ、と思い込んできている。

あ~~~、洗脳ってコワイ。


そういえば、かなり前のTVでも、退職後にフランスで田舎暮らしをしているアメリカ人やイギリス人のことを放送していたなぁ・・・。古い石造りの家をキレイに改装して、とってもゴージャスな暮らし♪

これって、日本で言う定年退職後の海外移住と同じだよね。年金をもらって、物価の安い国に住む・・・。


ウチは、フランスでお給料をもらっているので(夫がね)、物価は安いとは思わない。

日本みたいに・・・

閉店間際のスーパーの値引きなんて・・・ナイナイ!
結構使える100円ショップなんて・・・ナイナイ!
スーパーでの、買えば買うほどお得になるポイントサービス・・・ナイナイ!

海外暮らしはまさに、ナイナイづくしでもある。お給料に対して、生活必要経費の割合が非常に多い。税金もとても高いし・・・。


その村で生活していたカップルが、退職を機にアフリカへと渡っていった。もらっている年金だけでは、フランスでの生活は苦しいので・・・と、見送りに行ったパリの空港で複雑な表情で話していた。

彼らも現地で、「フランス人はお金持ち」と思われているのだろうか?
やっぱり、「おフランス」って言われてるんだろうか・・・。
[PR]
# by exmouthcoco | 2004-12-15 06:22 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(0)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco