フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

学校での誕生会

また誕生日の話ですが、やっとこれが最後。
ちょっとだけ、お付き合いください…。

クラスの友達を迎えての、大人数の大騒ぎだった誕生会が終わってホッとしたのも束の間、学校にケーキを持って行ってお祝いしてもらうというミッションが残ってました。😂
b0069848_06342294.jpeg
ケーキに刺せないので、ノワゼット達に支えてもらってますが…
(↑カフェオレボウルみたいですが、ケーキの大きさくらいの、
ちょっと大きめのボウルです)

以前、乳児向けの情報誌に載っていたものを、ミニチュア版にしてみました。
この、バナーの青やグレーの紙は、電気代などの請求書の封筒の裏側。
普段は何気なく捨てている物も、改めて見ると、結構可愛かったりするのです。
この、ちょっと太めの糸は、タイ米(我が家は半分、ヴェトナム家族なので、よく食べるのです)の袋を縫ってあったもの。
同じような物では、大袋入りのジャガイモも、このタイプの糸で縫ってあるかな。
全てリサイクル品だけど、ケーキに乗せると可愛いでしょう?

そして、肝心のケーキの方は、ちょっと簡単に。
b0069848_06344669.jpeg
適当〜〜さが、よく分かりますね。(苦笑)

それでも、先生は喜んでくださって、「ご自身で作られたんですか?」ってビックリされてたけど…手抜きでスミマセン。

生クリームなどのデコレーションはNGなので、
パウンドケーキかチョコレートケーキで、と言われてたので、
悩んだ挙句、バナナとココアのマーブルシフォンにしました。

どうやら、美味しかったらしく、お迎えの時に、
先生と、補助の先生にもお褒めの言葉をいただきました。(ヤッター!)😆


⬆︎去年は、小さな紙袋を28個作って、その中に飴を入れたのだけれど、
今年は、折り紙でマルシェバッグを作って、その中に飴を仕込みました。
b0069848_06351994.jpeg
今年は22個。
折り方も簡単なのと、数が去年ほど多くないこともあって、
なんとか終わりました。
b0069848_06360946.jpeg
やっぱり、子供達、嬉しそうに持ち帰ってましたよ〜〜。
「Ninaのママにもらった〜〜!」って。

あぁ、誕生日もラクじゃないですね。
肩の荷が下りて、やれやれ、ホッと一息です。


[PR]
# by exmouthcoco | 2017-11-21 07:05 | のんびり子育て
お待たせしました。
久しぶりにリノベーションの記事です。

改装中だった、以前のサロン。
前回の記事はこちらです。
完全にとは言えませんが、なんとかお見せできるくらいになったので、
この場で報告。

Ninaの誕生会を企画したこともあって、なんとか終わらせないと!と、頑張りましたよ〜。
六角形のトメット(テラコッタ)の目地を再度入れ直して、汚れないうちにワックスがけ。
b0069848_22330127.jpeg
日が暮れても、磨く、磨く!
Ninaも一緒に手伝ってくれたけど、
2人でいつまでも果てしなくやってる姿を見て、何か感じるものがあったのかな…。
b0069848_22323950.jpeg
でも、決して押しつけでなく、この通り、楽しみながら…
もうすぐ迎える、快適な空間を想像しながら、
ある意味、わくわくの作業でもあったのです。
b0069848_22332361.jpeg
以前は我が家のキッチンであった所。
ここに洗濯機が置いてあって、これも撤去しました。
自分たちのは洗面所にあるのですが、写真の洗濯機は一つ前のモノ。
ミカのタオルなど専用で、この度、ガレージに移動することにしました。
排水や配管が床から来ているので、これも撤去。
テラコッタを剥がして、また新しく貼り直します。
そして、目地 → 乾いた後にワックスがけ。
この作業、実は誕生会の前日にやってました。
b0069848_22280157.jpeg
さて、何とかできたところで、子供達を迎える準備に。
というわけで、こんな感じに変わりました。
b0069848_22270710.jpeg
我が家に来たことがある方のために、一応説明しておくと、
右の青い扉の向こうがトイレと浴室、ハマム。
b0069848_22272695.jpeg
暖炉は鉄板で隠さないといけなかったのに、ビスなどを留める時間もなく…。
ピアノが置いてある所には、将来、棚をつけて、テレビもこちらへ持ってくる予定。

ソファーと靴箱の間の凹みは、以前、冷凍庫を収納するために作ったもの。
今後は、棚と扉を付けて、クローゼットになる予定です。

b0069848_22274470.jpeg
玄関ドアを入って左側、昔のキッチンだった所。
白い扉はcaveへの通路。
隠してしまおうか迷ったパン窯は、残すことにしました。
だって、この家のチャームだものね。
ここまでするのに苦労したけれど、まぁ、何とか形になってよかったかな。
我が家に入ると、まず、ここでおぉ!ってなるんですよね、やっぱり。

天井が白くなって、パッと明るくなって、高さも感じるようになりました。
黒い梁はそれなりに重厚感があるけれど、圧迫感があるんですよね。
まだまだ、細かい作業は残ってますが、
とりあえずは、この空間はこれでAfterということで…。


[PR]
# by exmouthcoco | 2017-11-18 05:10 | 我が家のリフォームとDIY

Ninaっち、5歳の誕生会

お誕生会、無事に終了しました〜!🤗

水曜日、午前中は学校なので、Ninaがいない間にラストスパート。
結局、ケーキはこんな感じに仕上がりました。
b0069848_05134271.jpeg
チョコレートの温度が高くて流れてしまったところもあるけれど、
まぁ、短い時間の割には結構上手くできたかな?
回数を重ねると、チョコレートと食紅の扱いとかが、何となくわかってきた感じ。
ツヤツヤのチョコレートプレートが出来上がりました。

チョコプレートの仕上げと同時にしていたのが、右上に見える 水入りのヨーヨー。
昭和の時代を過ごしてきた方には、おなじみですよね?
b0069848_05150156.jpeg
これ、去年の夏に日本へ帰国した時に、いとこがNinaのためにくれた駄菓子グッズの中に入れておいてくれたもの。もったいなくて、何かのイベントの時に使おうと思っていたので、ちょうどいい機会に。
が…。ヨーヨー作るのって、コツが要るんですね。
YouTubeなどで見てると、どうも注射器のようなポンプで作ってるのだけれど、
これは付属のポンプは小さなモノ。
なかなか難しくて、断念するかな〜と思った頃に、やっとコツを掴んで、
チョコレートの温度が下がるのを待ちながら作ったのでした。

通りから見える郵便ポストには風船をつけて。
玄関先には、古い黒板でウェルカムボードを作りました。
b0069848_05144178.jpeg
この時、ヨーヨーは飾りに。
後で、ヨーヨー釣りに使います。

庭では、この方が、あるものの準備を…。
b0069848_05141363.jpeg
え?と思われた方。
はい、膨らむタイプの滑り台です。
これ、Ninaの長年の希望で…
というのも、2年前にサルデーニャ島で泊まった宿で遊ばせてもらって以来、
虜になってしまって、今年もサルデーニャに行くと決まった時に、
またこの滑り台ができると楽しみにしていたくらい。
(もちろん、それはできませんでしたよ。)
(⬆︎このサルデーニャの滑り台、とっても巨大。
業者さんが来て設置していたんですが、いくらくらいするもんなんでしょう…。)

b0069848_05152354.jpeg
1番喜んでいるのは、この方。(笑)

実は、2〜3週間くらい前に、我が家からそう遠くない所でこの滑り台のレンタルをネットで見て問い合わせをしていたのですが、「保証金として金額欄に記入せずに小切手を郵送してください」という返事があって、どうも怪しい。
架空の会社の可能性もあるので、「郵送でなく、直接、小切手を持って行きます。」
と返事をしたものの、その後、音沙汰もなく…詐欺だったんだろうね、と諦めていたのでした。
b0069848_05154339.jpeg
前日に、キャプテンが「その後、連絡ないですが、明日、お借りできますか?」って、冷やかしでメッセージを送ってみたら、何と、前回のメッセージは先方へ届いてなかったようで…今日の夕方、取りに来てください、との返事が。
Ninaに内緒でこそこそ取りに行った次第です。

お昼前に学校から帰ってきたNina。
庭に面したカーテンは閉めきっていたのですが、不思議に思わず、そのまま昼食を。
食べた後、ふと、カーテンをめくって、こちらを振り向き、
顔を赤くしながら「うれしい〜〜〜〜!」って叫んだ後、ずっと1人で遊んでました。
b0069848_05160855.jpeg
サルデーニャのものに比べたら、ちっこいけどね。(笑)
でも、5歳児にはちょうどいいサイズでした。

14人分用意した招待状のうち、1人はどうもタイミングが合わなくて渡せずじまい。
2人は、一足先にヴァカンスに入ってしまったのか、学校へ来ないまま秋休みに突入。
学校が最後の日に持ち帰ってきた荷物の中に、渡せなかった封筒を探すものの、
どこにもなくて、無理かな〜〜と思っていた矢先、
そのうちの1人のお母さんから連絡があって、「行きます!」と。
どうやら、先生がわざわざ郵便受けに入れに行ってくれたらしいです。
渡せなかった もう1人の子には、休み明けに先生が渡してくれたらしく、
その子のお母さんが「封筒を受け取ったのが遅かったので、返事が今となったけれど、行っても大丈夫ですか?」と言ってくださったので、もちろん、快諾。
無事に渡せて良かった〜〜。

結局、2人は欠席、1人は無回答で、我が家に来てくれた子供達は11人。
お友達の妹さんも参加して、Ninaを含めて、12人の大きな誕生会となったのでした。
(女の子8人、男の子4人)

時間になって、少しずつお友達が増えてきて、それはそれは大盛況。
早速、滑り台で遊ぶ子供達。
いやぁ、これがあってよかった…!
b0069848_05163186.jpeg
みんながどんなプレゼントを持ってきたのか、興味津々な子供達。
自分の持ってきたプレゼントをNinaに代わって開封し、箱を取ってあげたり、
かと思えば、好きなように塗り絵をするバッグに、お友達がみんな色を塗ってしまったり…(笑)
子供の心理って面白いですね。

ヨーヨー釣りをしてみたものの、紙で作った「こより」で「釣り」をする意味がいまいち理解できないらしく、「壊れた」と言ってきては、交換するはめに。
フランスには、プラスチックの鴨を釣るゲームはあって、似たようなものだけれど、棒の先にフックが付いていて、さすがに壊れるものではないしね…。
「紙」の文化でない子供達なんだな〜、と実感しました。
ヨーヨー自体は喜んでお持ち帰りに。

滑り台が疲れた子は、アイロンビーズや塗り絵、マジックサンドを楽しんだり、
仕舞いには、Ninaの部屋に上がって、おままごとしていたり、
コインのチョコレートを部屋に隠して、みんなで探しっこしたり…
みんなそれぞれ楽しんでくれたようで、よかった〜!

子供を預ける時に、(シッター)頑張って〜〜!と言われ、
子供を見送る時に、(お片付け)頑張って〜〜!と言われ、
まさに!

嵐の後…。
b0069848_05165132.jpeg
まぁ、翌日、ゆっくり やりました。

それにしても、お天気とは言えなかったけれど、
薄日が差して、風もなくて、いい日和でした。
滑り台を片付けて、暗くなった空から、雨つぶが…。
お空の神様にも感謝です。

大変だったけれど、いい経験をしました。
来年?どうかな〜。
やりたいような、やりたくないような…。

※ 久しぶりに、コメント欄を開けておきます。
すぐに返事ができないかもしれませんが、コメント大歓迎です。
もちろん、この記事以外でも構いません。

[PR]
# by exmouthcoco | 2017-11-10 06:42 | のんびり子育て | Comments(17)

準備中…。

しばらく更新できずにいましたが、何とかやっています。
秋休みも終わり、今週から学校が再開しました。😆
休み中は、Ninaのお誕生会の事で頭がいっぱい。
一部の会場となるスペースの作業も中断続きで、気を揉んだ毎日でした。
そして、毎日、眠れない…。
アクティビティ、何をしようかとか考えて、脳みそが一日中働いてる感じです。
b0069848_07485831.jpeg
明日の午後、いよいよ本番。
深夜になるというのに、こんなことしてます。
わかる人にはわかりますね。

学校へ送り迎えする度に、Ninaの友達から
「明日、Ninaの誕生日会だね〜〜!楽しみ〜〜〜〜!」って何人かの子に言われ、プレッシャー。😂
頑張ろう!

そうそう、前回の大量の薪、1人でコツコツ積み上げましたよ。
キャプテン、不在だったので…。
b0069848_07492329.jpeg
頑張ったね、私!

さて、明日に備えて寝るかな〜〜。
誕生日会の報告は、また次回に!



[PR]
# by exmouthcoco | 2017-11-08 07:57 | のんびり子育て

冬支度

家の作業をアップしようと思いつつ…
物があったりして、まだ「引き」の写真が撮れないので次回に。

フランスは、昨日の深夜に冬時間に突入。
日本との時差は8時間になりました。
午前3時に時計の針を1時間戻して2時に。
つまり、朝の8時に起きると、まだ7時なのです。
1時間余分に眠れる幸せ。❤️
でも、体内時間は結構正確で、通常通りの生活をしてると、
あ、1時間早い…となるのです。

この、時間が変わる日に夜勤だったニコラ。
通常12時間勤務なんですが、可哀想なことに1時間プラスの13時間。
長くこの仕事をしていて、このパターンになるのは、今回初めてだそう。
逆のパターンでラッキーな11時間勤務はあったらしいんですけどね。

と言うわけで、夜勤に備えて仮眠をするべき日の午後、
注文していた薪がどっさり届きました。
b0069848_07215758.jpeg
本来は、来週の月曜日に配達だったのだけれど、急遽、「今日どう?」って。
時期によっては2か月3か月待ちだったりする薪ですが、
知人の木こりさんにお願いしたら、1週間もしないうちに、納品。
有り難いことです。

日本の姉とFaceTimeをしている時に、薪を積んだトラックがやってきて、
荷台からドドドド〜〜っと傾いて落ちていく様子を生中継。
わぁ〜。薪の納品、初めて〜!と興奮していた模様。(笑)
b0069848_07222128.jpeg
奥にあるのは、6立方メートル分の薪。
手前の小さい山は、商品にならない「端っこの薪」。
これらは、もちろん無料なんですが、本来は、木こりさんたちが薪を作ってる時に
端材を取りに行って、いただいてくるモノなんですが…。
わざわざ、別のトレーラーで持ってきてくれた次第。
「もし、(端っこ)要るなら、取りにおいで」って、この時も声をかけかけてくれたんですが、
ちょっと遠い…。

この後、2日かけて、なんとか積み上げました。
頑張った、私!




[PR]
# by exmouthcoco | 2017-10-30 07:59 | フランスでの日々のつぶやき

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco