フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

予定通り、週末にタイル工事が終わりました。
b0069848_06131313.jpeg
目地が入ると、パッと広く明るくなるから不思議。

何日か火を入れていなかった調理ストーブも、一昨日から少しずつ火を入れて…
正面のタイルはじんわりあったか。あぁ、これが床だったら、寝っ転がりたい!
という訳で、心配していたタイルは「今のところ」ひび割れもなく、大丈夫そうです。
b0069848_06133938.jpeg
この、木製のカウンターをヤスリがけして、専用オイルを塗って…
今日はどちらのカウンターも使えなくて、結構不便な思いをしました。

この何も置かないキッチンを目指して、オイルを塗りながら、あれこれ荷物整理。
断捨離中とはいえ、やっぱり必要なものが結構多くて、格闘中です。

タイル工事、楽しくなってきました。
近いうちに、長年放置だった、1階の浴室のタイル工事を計画中。


[PR]
by exmouthcoco | 2018-01-30 06:36 | 我が家のリフォームとDIY | Comments(15)
b0069848_06261891.jpeg
この何日か、キッチンのタイル貼りに励んでおります。
やらねばと思いつつ、他にも優先することがいっぱいあったので、
やっと!という感じなのです。

あ〜〜。カウンターに何もないって、本当に気持ちいい。
これこれ、これをキープしようではないか!
b0069848_06273231.jpeg
手前左の黒い空間は、薪の調理ストーブ。(天板が外してあります)
当然、工事の間は使わず、同時に掃除したりしてメンテナンス。
幸い、今の時期、そんなに寒くなく、隣の部屋のエアコンだけで、
なんとかしのげるありがたさ。
日本は寒いそうですね…。

薪ストーブがとても熱いので、正面のタイルが(目地も含めて)大丈夫なんだろうか、という不安もあるものの…やってみないとわからないですからね。
タイル工事が終わって、次に火を入れる時は、少しずつ暖めるようにしてみます。


b0069848_06291375.jpeg
こちら、反対側。
コンセントの数が多いので、それを測るのが結構面倒。
b0069848_06282358.jpeg
今日は、キャプテンが本業で不在なので、私1人、宿題を…。
b0069848_06285341.jpeg
久しぶりに、頭を使っています。

今週末には終わるかな。


[PR]
by exmouthcoco | 2018-01-26 06:50 | 我が家のリフォームとDIY | Comments(4)

我が家のBBQ台 兼 燻製器

b0069848_06205120.jpeg
先週、また スモークサーモンを仕込みました。

親戚に持って行った時に、どんな燻製器を使って、どうやって作るのか、
何度も聞かれるので、この場で我が家の燻製器をご紹介。

サーモンの下準備は、写真を撮るのを忘れました〜。
ゴメンなさい。
一応、作り方をサラリと書いておきますね。

*********** サーモンの下準備 ***********
鮭は冷凍でなく、生のフィレを用意。
(もちろん、丸のまま買ってきて、捌く時もあります。)
皮のついた状態で、骨を丁寧に取り除き、
ハラス(お腹の身の薄い部分。トロみたいな部分)は取り除く。
(ハラスは別に焼いて食べるとおいしいです。)

大きなトレーに網を置いて、サーモンをのせる。
粗塩をたっぷりサーモンに振りかけて、冷蔵庫に1日置く。
翌日、トレーに水分がたっぷり出てきてます。
サーモンがこの水に付かないように、網で浮かす状態にするのがポイント。

柔らかだったフィレが、締まった感じになっていたらOK。
水で塩を洗い流す。トレーと網も洗う。
キッチンペーパーで拭き取って、トレーにのせた網に戻す。
新しいキッチンペーパーで覆い、一晩置く。(水分を取るため)
翌日、ペーパーを取り除き、ラップをしない状態で更に1日、冷蔵庫内で乾かす。

これで、下準備は完了です。
**************************************************
b0069848_06180050.jpeg
これが我が家の燻製器。レンガで作りました。
あ、まだ蓋ができてないので、段ボールですけど。(笑)

1番下に薪を入れて燻します。
庭のリンゴやプルーンなどの枝を使用。
細い枝だと火がつきやすいので、ある程度の太さのものがいいようです。
b0069848_06183059.jpeg
ここは、ピザやパンも焼けるようになっていて、耐熱レンガを敷いてあります。
b0069848_06192917.jpeg
アンティークのパン窯の扉。
本当は、CAVEの窓に付ける予定で買っておいたものなんだけど、
ここに落ち着きました。

このパン窯の中に10cmほどの穴があって、
ここで出た煙が穴を通って、上の階に行くようになっています。
b0069848_06184934.jpeg
段ボールを開けるとこんな感じ。
燻製室になっていて、夏はここがBBQ台となります。

パン窯と燻製室の間には、断熱材が入っているので、
万が一、薪に火が入っても、直接熱くはならないようになっています。
b0069848_06190927.jpeg
燻製室にも、やはり穴があって、煙はこの煙突から出るようになっています。
この日は風が強かったので、煙は写ってないですけど…。
b0069848_06195063.jpeg
15時間くらいかな…。
じっくり燻して、こんな感じになりました。

できたては燻製の味が強いので、1日寝かせてからいただきます。
この時期、外でも大丈夫ですが、気温によっては冷蔵庫で。

塩梅といいますが、塩加減が結構重要。
少なすぎても保存は効かないし、多すぎても塩っぱくて食べられないし。
何度か作っていくうちに、コツが掴めると思います。

この記事を読んで作ってくださった方、(いらっしゃるかな?笑)
是非、感想をお聞かせください〜!




[PR]
by exmouthcoco | 2018-01-21 07:29 | 我が家のリフォームとDIY | Comments(10)
1月14日は Ste.Ninaでした。
別にお祝いをするほどでもないのだけれど、前回作ったガレットデロワの復習を兼ねて、今度はパイ生地から手作りすることに。
復習って言うより、「挑戦」ですね。(苦笑)
b0069848_06472816.jpeg
家の中が暖かいこともあって、パイ生地を作るのに結構苦戦。
生地がだれないように、冷蔵庫と冷凍庫に入れたり出したり。
毎年、手作りのガレットを作っている友人に言わせると、
「慣れたら難しくないよ〜」とのことだけれど、慣れるのか?
頻繁に作らないといけないって事なのね。

で、完成したのはこちら。
b0069848_06480524.jpeg
何年か前に学校で作ってきた王冠を添えて。(笑)
初めての割にはよくできたかな。
うん、前回作ったものよりははるかにお店のものに近いかも。
b0069848_06483465.jpeg
待ちきれない人。
関係ないけど、この肌のツヤツヤ感が非常に羨ましい…。

b0069848_06485479.jpeg
とりあえず一切れもらって、落ち着いた人。

6つに切り分けて、Ninaとニコラは2つずつ完食…
が!またしても、誰もフェーブに当たらない。😁
という事は…
b0069848_06491883.jpeg
コレに入ってるんだな!

もう食べられないので、翌日のランチタイムのデザートに持ち越し。
大きな塊を独り占めした人に、やっと大当たり!
b0069848_06494035.jpeg
中に入っていたのはコレでした。
このフェーブ、Ninaが生まれて、初めて迎えたお正月過ぎに買ったガレットに入っていたものです。
↓↓
そうそう。肝心のガレットの味。
市販のパイ生地よりもサクッと軽い口当たり。
美味しかったです。
でも、準備に丸二日。食べるのは一瞬。
もっと、味わって食べて欲しいわ〜。

レシピはこちら→を参考にさせていただきました。

さて、次回はいつになるかな。



[PR]
by exmouthcoco | 2018-01-17 07:26 | 食べること、大好き♪ | Comments(4)

新学期が始まりました。

月曜日から、新学期が始まりました。

親にとっては「やった〜〜!」って感じですが、
子供も「やったぁ〜〜!」って大喜び。あれ?
休みばかり、要らないんだけどな。
年末年始にかけて2週間の「ノエルのヴァカンス」が終わって、
次のヴァカンスは「冬休み」。
フランス国内3つの地域に分かれて、1週間ずつズレて休みとなります。
Ninaの学校は2月末から3月初め。
2週間と言っても、前後の週末を含めるので、実質16日なんですよね。
これが、なかなか長い…。

ところで、年が明けて Galette des Rois ガレットデロワの季節となりました。
今の時代、日本でもお洒落なパン屋さんとかには売っていたりするのかな?

週末に友達家族を招待してお茶会をしたので、今回は手作りしてみました。
b0069848_05424263.jpeg
周りのネジネジ棒は、余り生地です。
はい!パイ生地は市販のもの。
アーモンドクリームだけだと重いので、カスタードクリームを混ぜてちょっと軽くしてみました。

忙しかった訳ではないのだけれど、焼き上がった写真を撮り忘れてました。😅
大人5人、子供5人で切り分けて…。
好評だったけれど(ホッ)、誰もフェーヴが入っていたと声をあげず。
みんなの分をサーブして、ちょっと遅れて食べたら、
自分のガレットの中にフェーヴが入ってました。😳
子供たちのどれかに入れてあげたかったのに、自分で当ててしまう愚かさ。
まぁでも、今年は私にとって良い年になると信じることにします。

時間ができたら、パイ生地から手作りしてみようかな…。


[PR]
by exmouthcoco | 2018-01-10 05:57 | のんびり子育て | Comments(2)
あけましておめでとうございます!
b0069848_05524137.jpeg
皆さん、よい年越しをされましたか?

南西部ではニコラの実家Médocへ行って、義兄と甥に久しぶりに再会。
それからはいつものコースとなっている ボルドーの義弟宅から、
ニコラの以前の実家だった Lot-et-Garonne ロッテエガロンヌ県へ。
従兄弟や伯母、伯父家族と再会して、賑やかに過ごしました。

大晦日は、長年の友人宅へ。
これ以上食べられないというくらいのご馳走を食べて、
元日のお昼前に、パリへ向けて出発。
大荒れの天気の中、無事に自宅へ戻りました。

それにしても、このNoëlのヴァカンス中の天気の悪さと言ったら…。
毎日、ずーーーーっと雨という感じだったような。
南西部では、晴れると小春日和だったりしたのですが、
雨が降ったり、やはり不安定な天気。
帰宅してから、強風と共に大嵐がやってきて、我が家は幸い、何ともなかったですが、
北フランス各地では結構な被害が出ておりました。
b0069848_05530152.jpeg
久しぶりに会った 甥っ子。
私達の結婚当時に生まれたので、もう15歳。
早い…。しかも、デカい。180cm越え…。

イヤな顔せず、Ninaっちといっぱい遊んでくれて、
「全部食べて!」「出かける前にトイレに行く!」
「手を洗って!」…と、親の代わりに面倒見てくれて、有り難い!
しかも、「お兄ちゃん」の言う事は素直に聞くんですよね…。
b0069848_05532110.jpeg
そうか、Ninaは、お兄ちゃんが欲しかったのか…。それは無理だ。(笑)
私も、面倒見のいいお兄ちゃんが欲しいよ。
Ninaっち、何でも言うこと聞くから。

そうそう!スモークサーモンはどこでも好評でした。
2つのフィレを2等分して、4つ真空パックにしたけれど、
自宅用に残ってるのは1つだけ。
あっという間に食べ終わってしまいそう。

今年の抱負は、家の作業を終わらせて、自分たちなりの毎日を楽しむ事。
キャンピングカーで どんどん旅に出て、
完成した家でのんびり まったり過ごすも良し。

更新が滞りがちなブログですが、細々と続けられたらと思っています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

exmouthcoco


[PR]
by exmouthcoco | 2018-01-04 06:26 | こんな所行った… | Comments(13)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco