フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


Joyeux Noël !!
皆さん、楽しいクリスマスを過ごされましたか?

我が家はnoëlのちょっと前に、近場へ小旅行してきました。

今回の目的地は Arrasアラスのmarché de noël。
marché de noëlといえばアルザスのそれが有名で、
我が家も行こうと思っていたのだけれど、ちょっと遠い。
ちょっと前にTVでArrasのをやっていて良さそうだったのでこちらに決定。
というのも、近いんです。Arrasは我が家から約1時間半の距離。
b0069848_00141168.jpeg
画面下の方の小さな緑の●が我が家で、そのまま北上した緑のマークがArrasです。
お昼ご飯を自宅でゆっくり食べて、のんびり出発。

ホテルに先にチェックインを済ませてから、いざ街の中心部へ。
b0069848_00125988.jpeg
初めて行ったけれど、整っていてキレイな街。
中央のカラフルな建物はサンタクロースのお家。
b0069848_00132852.jpeg
子供達が順番に並んでいました。
ちょっと歩くと、クリスマス市の入り口。
b0069848_00134991.jpeg
向こうに見えるゲートで、一応、手荷物検査があって、
楽しんでね!とお兄さんの笑顔で気持ち良く送られて、いざ中へ。
出かける2日前に、ベルリンのクリスマス市でのテロがあったので、
正直、行くのをためらったのだけれど…
ここだと車が入ってくるのも不可能だし、大丈夫そう。
軍隊の方が,あちこちで警備にあたってました。ご苦労さま。
b0069848_00144439.jpeg
中の雰囲気が少しでも伝われば…。
平日だったので、それほど混んでおらず、いい感じ。
b0069848_00151787.jpeg
キラキラして、目が輝いてるNinaっちに対して、
写真はないけれど、チュロスだのサンドイッチだの、下に落ちてる食べ物が気になってクンクン探し回ってるミカ。(笑)
いい匂いがするのでたまらないんだろうな…。
b0069848_00160027.jpeg
クリスマス市ももちろん素敵だったけど、この街並みの美しさにもウットリ。
暖かくなったら、ゆっくり見学に来たいな。
b0069848_00153726.jpeg
4歳以上からOKという ソリ滑り。
上ってみて怖かったのか、パパも一緒に。
毎回、なかなか降りてこないから、何かイチャモンでもつけられてるのかと思ったら、係のお兄さんと話が盛り上がって、行かせてくれなかった、という…どこでも誰とでもお友達になれるニコラ。(笑)
結局、1人分のお金払って、2人で滑らせてもらって得した気分。
b0069848_00163375.jpeg
こんなかわいいマネージも。

ニコラはもうちょっと大規模か思ってたと言ってたけれど、これで十分。
屋台を冷やかして、楽しいクリスマス市でした。
翌日、近くの街で、友人の娘夫婦がオープンさせたという中華のお店へ。
お惣菜屋さんなのだけれど、テーブルもあって、まるでレストラン。
食べきれないほどあれこれ出してもらって、そろそろ…というところで、
その友人がパリから内緒で駆けつけてきてくれて、久しぶりのうれしい再会。

別れを告げて、やってきたのは冬の海。
b0069848_00180273.jpeg
ビーチで大興奮するNinaとミカ。
我が家の毎回の構図です。
b0069848_00191998.jpeg
冬はやっぱり寂しいな。
あっという間に日が暮れてしまうけれど、夕焼けを見れるという特典もあるよね。
夏だと、待っても待っても日が暮れないもの。
b0069848_00193509.jpeg
お昼に友人の店で、これでもかっていうくらいに食べたのに…
この日は珍しくレストランに予約なんてしていたもんだから、
もう、もう…お腹いっぱい。
b0069848_00195947.jpeg
19時半に入って、23時に店を出て…
b0069848_00201650.jpeg
4歳児にはなかなかツラい、夕飯でした。
まぁ。これも経験。


翌朝の、ホテルのブッフェでも、お腹がちっとも減っておらず、
なんだか虚しい朝食。

b0069848_00204767.jpeg
さて、最終日。
家に向かう前に、寄ったのが、我が家にはおなじみの港町。
b0069848_00211408.jpeg
「いらっしゃいませ〜」
公園が新しくキレイになってました。
楽しいだろうね。
b0069848_00214278.jpeg
ここに来た目的は、ホタテを買って帰ること。
右奥のスタンドで、水揚げされたお魚が買えるのです。
Noëlの前ということだけあって、たくさん買っても割安にならず、
またいつか来ることを考えて、3kgだけ購入。
1kg 6ユーロなので、3kgで18ユーロ。
その場で剥いてもらって帰ってきました。

その晩は、食欲ないけれど、さっぱりと、ホタテのお刺身定食。
疲れた胃に、和食はやっぱり優しいのです。

b0069848_00221830.jpeg
こちら、今年のクリスマスケーキ。
シリコンのモミの木型があったのを思い出して、初めて使ってみたら、
まぁなんとか成功。
抹茶のシフォン生地で、クリームはホワイトチョコ入り。
b0069848_00224604.jpeg
なぜかロウソク4本刺して、ご機嫌な人。
b0069848_00230296.jpeg
あれこれ おこぼれもらってうれしい子。


なかなか更新できずにいるブログですが、
訪問くださってありがとうございます。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

少し早いですが、皆さん よいお年を!





[PR]
by exmouthcoco | 2016-12-26 01:44 | こんな所行った…

日本土産とフランス土産

土曜日からNoëlのヴァカンスに突入しました。
先週はNinaっち、高熱が出て学校をお休み。
このまま休みに入っちゃうかな〜と心配していたけれど、
最終日の金曜はなんとか学校へ。
この日夕方から、村主催の「お楽しみ会」みたいなものがあって、
なんとしても行きたかった様子。
最後にサンタさんからチョコレートもらえるもんね!そりゃぁ元気出さなきゃ!

かくいう私も、週の半ばからNinaの高熱が移り、
身体中が痛くて、ゲッソリな週を送っておりました。
大分ラクになって、今は親子共々、元気に過ごしています。


ここのところ、私の周辺で密かな日本ブーム。
この小さな村で、2人の知り合いが それぞれの連れと、
この秋に ほぼ似たようなコースで日本を旅してきました。

日本は初めてだという 若いカップル。
彼女の方が熱心に日本の事を調べてました。
行くのが楽しみ〜!って。

もう1人は、農家のおじさん。(だと思っていたら、ニコラと同い歳だった。笑)
ある時、我が家に一緒に行くというパートナー(男性だった!)を連れて来て、
日本でどこを旅したい、何を見たい…って言っていたので、
私も時間の許す限り、ネットで調べてお手伝い。

この方は日本が大好きで、過去に何度も行ったことがあるそうで…
ホテルに泊まるより、一般の民家に泊まるのが好き、なんだそうな。

今回、この2つのカップルの旅先は、ズバリ瀬戸内海沿岸なのでした。
お決まりの観光地の他に、友人が提供してくれた宿情報、
そして彼らが見たいと言っていた 千枚田の場所などを
ネットでダウンロードした白地図に書き込んで…。
あぁ、白地図。懐かしい…。

そのおじさんが、先日、日本から戻ってきて、
我が家にお土産を持ってきてくれました。
旅の最中に、私たちの事を考えてくれただけでうれしいのに…。

フランス人が選んでくれた 日本土産。
b0069848_05053010.jpeg
見づらくてすみません。(汗)

日本茶2パックと、さやえんどうのスナック。これ美味しいよね!
それと、Ninaが気になっって気になって仕方がない
女の子の絵がついた3段のお菓子。

実は、いただいた袋を開ける時、ご当地キャラのマスコットなどが入ってたらどうしようとか思ってたのでした。(苦笑)(・_・;
ここだけの話、ご当地キャラって、苦手…。
大の大人も子供扱いされているようで、何とも居心地がよろしくないのです。
これって、日本特有のモノなんでしょうかね?
フランスには…ないだろう〜。

それぞれのお土産話を聞いてると実に興味深い。
「街はキレイだし、人はみんな優しくて、日本はとてもよかった。
○○の観光スポットも最高だった。
食べ物も、安くて美味しかったし!」
ここまでは、2組とも興奮して嬉しそうに話すんだけど、
「ただ、朝食が…ムリ。」
同じ事を言うもんだから思わず笑ってしまった。
タルティーヌ(トーストとジャム)とカフェの、
どちらかと言うと甘いフランス式朝食に比べたら、
和朝食は栄養バランス取れてるけれど、朝から干物とかしょっぱい物はやっぱりキツいらしい。(笑)

外国人観光客が増えているって聞いてるけれど、ホテルや旅館は対応しないのかな…?
選択肢があったら、喜ばれるだろうに…。



そんな私は、地球の反対側で、日本へ送る荷物の準備中。
b0069848_05060132.jpeg
森を通ってちょっと大きな街のショコラティエで。
以前、友人にいただいた このお店のチョコレートが美味しくて…。
今回は、実家の母からの依頼なのでした。

この後、チェーン店展開しているチョコレート屋さんで、これまた大量買い。
7kgまで入れられる小包が、あっという間にいっぱいになってしまいました。

早く届くといいな〜。


[PR]
by exmouthcoco | 2016-12-21 06:41 | フランスでの日々のつぶやき

師走

気づいたら12月…。
今年もあと1ヶ月で終わってしまうのですね。
毎年思うことだけれど、1年って 本当にあっという間。

我が家も少しずつ Noëlの支度を始めました。
b0069848_06461936.jpeg
(↑ 張り切って サンタ帽かぶる人。)

と言っても、今年も小さなツリーのまま。
そのうち、大きなツリーが欲しいと言いだしたら買おうかな…と。
「うちのサパン(モミの木)は小さいの。Ninaも、ミカも、小さいからね〜〜」って、
自分で言うくらいなので、まだこれでいいらしい。
素直だ…。
b0069848_06463897.jpeg
積み木が入っていた箱と、プレイモビルのサンタさんと動物たちを借りて…
紙のモミの木貼って、広告を折って作ったモミの木飾って…
b0069848_06465796.jpeg
カナッペの前にはソリを置いて、コーヒーテーブルの代わりに…。

ある時、チョコのサンタが増えてると思ったら、
b0069848_06471459.jpeg
翌日には消えて無くなっていた!
どうやら食べちゃったらしい。(笑)


12月に入ったある日。
霜が降りた朝。
b0069848_06423304.jpeg
キーンと冷たいようで、でも、風がないので妙に気持ちよくて…
b0069848_06425532.jpeg
ミカたん、散歩中に見つけたのは 砂糖大根。
秋に収穫し終わってるのだけれど、たまに畑に残っていて、
これを見つけると それはそれは大ハッスル。
b0069848_06431480.jpeg
もちろん、これも凍ってるのだけれど、ガジガジと美味しそうに食べるんだ、これが。
b0069848_06433585.jpeg
季節外れのタンポポも凍ってました。
この日の気温、マイナス4度。


午後。
ミシン掛けしていたら、側にやってきて、おねだり。
b0069848_06441846.jpeg
「ねぇ、ねぇ、時間ですよ…。お腹の時計がグゥーって鳴ってるの」

「ミカ、お腹空いたの?」って言うと、必ず首をかしげる。
b0069848_06443804.jpeg
「今、お腹空いたって言ったよね? そう、それ!
だから早くご飯にして〜」と、目で訴えられる。
彼女の腹時計は、かなり正確。教会の鐘、数えてるのかな〜。

森のお散歩。
b0069848_06445921.jpeg
砂があると、大興奮で走り回るミカ。
前回も、ビーチに行った時にあまりの嬉しさにNinaに体当たり。
Ninaっち、ポーーンと飛ばされてました。
なので、最近、↑ こういう時は、Nina大丈夫かな?と心配になる。
b0069848_06460107.jpeg
2人を呼ぶと、一緒に振り返って…。

b0069848_06421501.jpeg
我が家の娘たち。

犬は4歳児の知能があるって聞いたことあるけれど、
Ninaもまさに、その4歳。
どっちがお姉ちゃんなのかな?




[PR]
by exmouthcoco | 2016-12-05 07:28 | ■Beagle■ Mika ミカ

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco