フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0069848_4504927.jpg
フロントガラス用接着剤を絞り出したところで、いざ!

ぶつけないように、落とさないように注意しながら踏み台へ。
せーの、で載せたところで、「もっと下」のニコラの言葉に対して、
「もっと上!上げないと!」と私。
「いや、下。」「上!」とドキドキしながらやってると、




ん?


サイズが…合わない?
ってか、小さい?

下に合わせると、上の部分が3cmほど隙間が。
え?ダメじゃん。

・゚゚(p>д

とりあえず外して、接着剤を剥がすことに。
その間、ニコラは注文した会社にサイズが違うことを電話で連絡。

実際は、ネット注文後の発注ミス?ということらしい。
最初、注文してカード決済をしたのに、自分の注文履歴に何の注文も入ってないことに気づき、
その会社に電話で問い合わせたニコラ。
オペレータの女性が、「あら、本当だ。代金はもらってるのに注文が入ってないわ。」と、
それから口頭で、車のメーカーと種類、年式などを伝えて、注文完了。

どうやら、それが間違いだったようで、同じメーカーの同じ種類のキャミオン(ワゴン車)でも、高さによってフロントガラスの大きさも違うらしい。
大きい方と伝えていたのに、小さいキャミオンのサイズが来てしまったという訳。

…っていうかサ、届いた時点でサイズ図ろうよ。

サイズが合わないと電話したら、その時に注文を受けた女性ではなかったようで、
交渉の結果、引き取りに来てくれる業者に払う手数料50ユーロの半分を負担してもらい、接着剤キットを無料でつけてもらうことで承諾。
工場直売ということもあって、他のサイトよりもかなり安かったので、
25ユーロを負担しても損はしないから、いいかな…とニコラ。

そんな電話交渉の間、私の方は、えらいこっちゃ。
ガラス用接着剤ということだけあって、ガラスにこびりついたまま剥がれない…。(°_°)
幸い?車の方に接着剤を絞り出していたので、ガラスの方はそれほどついてはいないのだけれど、それでも、残ったところは剥がれない。(−_−#)
力を入れ過ぎて割れちゃったら困るし、傷をつけてもいけないし…。

はぁ〜〜〜〜。
しばらくして、電話を終えてニコラも参戦。
2人で指紋がなくなるまで、頑張りました…。
とどめは、「運送屋が取りに来るから、元の箱に入れて戻して」(●`з´●)
あぁ、箱をめちゃくちゃにしないでよかった…。

後日、運送屋がブツを回収に来て、ひとまずホッ。
そして何日後に、正しいものが届きました。
(サイズ図りましたよ…。)
b0069848_5502345.jpg
で…後は、前回同様、同じことの繰り返し。
今回は、ガラスの方に接着剤をのせました。
b0069848_5524241.jpg
で、すんなりとはめ込んだ図。
一度、経験してるので、気分がちょっと軽い。
ドキドキ感も、前回ほどではありません。(笑)
b0069848_557989.jpg
ちゃんとはまってる〜〜!
内側からも、吸盤を使って引き寄せます。
b0069848_5582221.jpg
面白いほどにくっつく吸盤。
元・お隣さんが会社の備品を借りてきてくれたもの。
どうもありがとう〜〜。Merci, Nicolas H. (お隣さんも、ニコラ。笑)

ちょっと遡るけれど、以前はこんなに傷んでいた部分も…
b0069848_615685.jpg

こんな感じにキレイになりましたよ。
b0069848_623681.jpg


フロントガラス、結局、自分たちで交換できました。
終わって、 ちょっとホッとしています。

最低からでも400ユーロって言われていたけれど、
ガラス本体と接着剤で180ユーロくらい。(思ったより安い)
オーダーミス(ウチのミスではないが)での出費が25ユーロ。
205ユーロとして、自分たちでやると半分でできてしまうのだな、と。

いい経験です。
[PR]
by exmouthcoco | 2016-06-28 06:10 | キャンピングカーを作っちゃえ!
ジャーーン!
注文していたフロントガラスが届きました。
b0069848_4361029.jpg
重さ自体は13〜15キロくらいで、そんなに重いものではないのだけれど、運送屋のお兄さんが1人でこの大きな箱を下ろすのを見た時、割れてしまうんじゃないかとヒヤヒヤしましたよ〜。
b0069848_4484161.jpg
こんな感じで入ってます。
割れてなくて一安心。

b0069848_451245.jpg
付属のゴムのパッキンを一周ぐるり…と。
これがとっても大変で、指先が痛いのなんの。
b0069848_532462.jpg
車の方では、ゴムのパッキンが重なる部分に付属の下地(兼 サビ止め)塗り。
丸いポンポンが可愛いいなぁと思うと同時に、指紋採取を想像したりして。(笑)

b0069848_584053.jpg
さて、いよいよ接着剤の登場です。
ドキドキ…。
YouTubeで見ると、ガラスにつける人と、車の方に直接つける人と…。
悩んだ結果、車につける方を選択。
b0069848_514973.jpg
絞り口の切り込みがV字に入っていて、∧ こんな先がとがった形で出てきます。

さて!いよいよ!
って、私もガラスを持っているので撮影できませんが…
なんと、この直後に大問題が発生!

長くなりそうなので、次回に続きます…。(´υ`)
[PR]
by exmouthcoco | 2016-06-27 05:25 | キャンピングカーを作っちゃえ!

ポニークラブへ

今日は、Ninaの学校の課外授業。
先生に誘われて、同行してきました…。
b0069848_5424360.jpg
バスに乗って、近くの町のポニークラブへ。

「はい、二人ずつ手をつないで〜」の先生の掛け声で、近くにいる子同士で すぐに二人組ができあがる。
幼稚園児、素直で可愛い〜。(●´艸`)

b0069848_5595441.jpg
ポニーの説明を受ける子供達。
皆んな真剣です。

1人ずつ、ポニーを引いてお散歩。
上手にリードしてる子が多い中、
この方は、何をしてるのかわかってるのか…
妙にニヤけて、ポニーにリードされてました。(*/ェ\*)
b0069848_613956.jpg
この後、私もやらせてもらいました。
いい経験。

馬舎を案内してもらった後は、柵の内側に入って馬たちを見学。
b0069848_643194.jpg
みんな何を感じたかな〜。

半日だけだったけれど、妙に疲労感が…。
ちびっ子たちを上手くまとめる先生たち、仕事とはいえ 凄いと感じたのでした。
[PR]
by exmouthcoco | 2016-06-25 06:23 | のんびり子育て

フロントガラスが…

7年半くらい 野ざらしになってたこともあって、
部分によってはサビが進んでるところもいくつか…。

特に気になっていたのは、フロントガラス周辺。
上部から運転室内に水漏れらしきものがあって、ガラスの下はこんな状態。
b0069848_56193.jpg
サビ止め処理を…と、ゴムのパッキンを外してたら、反対側が…
b0069848_565849.jpg
パキーーーっと。
上にヒビが入ってるの見えますか?
あちゃー。
どうやら 以前、何らかの理由でフロントガラスを交換して、その業者の仕事が悪かったのか、
パッキンを外しただけで、上にも下にも、隙間だらけ。
つまり、接着剤がちゃんと埋まってなかったんだよね…。

さぁて、どうしようか。
保険で交換できるとタカをくくっていたら、この車にかけている保険ではカバーされないとのこと。
というのも、メンテナンスをして、キャンピングカーにするまでは基本的に外に出ないから、最低限の保険しかかけてなかったんだよね…。

いくつかの業者に問い合わせてみたら、一番安くて400ユーロくらいから。
うーーん。
「じゃぁ、注文して自分たちでつけてみよう!」って事で、
早速、国内でフロントガラスの大手メーカーに注文。
b0069848_536051.jpg
丁寧に取り外して、この後、YouTubeで取り付け方のビデオを見て(←あるんだねー。便利な世の中)
2人で何度かイメージトレーニング。(笑)
b0069848_5381541.jpg

ちゃんとできるのか、ドキドキ そわそわ落ち着かない私に対して、
注文したガラスが届くまで、冷静に、車のメンテナンスを続けるニコラ。
b0069848_5403785.jpg
パッキン取って、細かな所までお掃除。
b0069848_5414530.jpg
フロントガラスがない車って、初めて見たかも…。
っていうか、普通は自分じゃ交換しないよね。
b0069848_5425710.jpg
でも、自分たちでガラス交換でよかったのかも。
業者に頼んだら、このサビは見てみないフリだろうな…。
b0069848_5452071.jpg
サビ止め塗って、ヤスリかけて…ペンキ。
後は、ガラスが届くのを待つばかり。

ドキドキ…。
[PR]
by exmouthcoco | 2016-06-22 05:52 | キャンピングカーを作っちゃえ!

車の掃除と、ペンキ塗り

この車を友人から譲り受けた時は、運転席と荷物室の境目のパネルが外されていて、
さて、これを使うか、いっその事外してしまうべきか…
車のサイズとレイアウトを考えながら悩む悩む…。
b0069848_5384476.jpg

結局、運転中の冷暖房の効率がいいように、パネルをはめ直すことに決定。
元々、グレーだったパネル。
サビ止めを塗った後に、住居空間側は白に、
運転席側は、元のマットなグレーで塗り直すことに。
b0069848_5425782.jpg
エアブラシで。
タバコのような細い筒があるのは、穴から裏にペンキが垂れないように…ニコラの知恵?

塗った後の、はめ直す作業が…座席を外したりして大変だったのだけれど、ここでは省略。
こんな感じになりました。
ちょっと明るくなった❤️
b0069848_5512928.jpg
同時に、下に敷いてあるパネルを外して、車内を掃除。
パネルも…塗っちゃうか!
実際は、パネルの上に床材を貼ることになるので必要ないのだけれど、
ペンキも余ってるし、途中の作業も気分良く済ませたい。
b0069848_5573723.jpg
ということで、ローラーを使って、私もお手伝い。

乾かしてる間に、床や壁に、断熱用の素材を貼ることに。
途中の写真ですが…。
b0069848_62959.jpg
うーーん、なんだかそれらしくなってきた。
ワクワクな状態。
希望でいっぱいというのは幸せなこと。

この後の悪夢を知る前は…。
[PR]
by exmouthcoco | 2016-06-19 06:09 | キャンピングカーを作っちゃえ!
あっという間に6月も半ばに突入。
学年末ということで、Ninaの幼稚園も遠足があったり、お遊戯会があったり…
何かと慌ただしい日々を過ごしています。

それとは別に、最近の我が家。
家の作業も放ったらかしで、あることが進んでます…。





なーーーーんだ?







ジャンっ!
b0069848_5311655.jpg

車です。
フランスではキャミオンというのだけれど、日本では、大型ワゴン車?
友人から譲り受けたものです。

実は、この過程になるまで、かなり時間と手がかかってるのです。
友人宅で何年も野ざらしになっていて、エンジンも動かず、挙げ句の果てには、いろんなパーツが盗まれ…
致命的だったのは、プロペラシャフトと呼ばれる部品が盗まれていたこと。
b0069848_54455.jpg
(ネット上より画像をお借りしました。)
こんなに長くて重い鉄の棒を何故、何のために盗む???
理解不可能、フランス生活あるある。

レッカーで処分か?というところで、元・メカニックのニコラ、エンジンの修理。
そして、何度もあちこちのディーラーに通い、必要なパーツのシリアル番号を聞き出し(←普通は教えてくれない)、ネットで割安で購入。
友人宅へ往復し、パーツを無事に取り付け、何とか我が家までたどり着きました。
この時、家路までが長かった…。故障したら どうしよう〜、って何度も思ったっけ。
で、この状態までにするのに、何ヶ月…。

最初の頃の状態は残念ながら写真は撮ってないのだけれど、
この車がどんどん蘇っていく様子を綴っていきたいと思います。
[PR]
by exmouthcoco | 2016-06-17 06:14 | キャンピングカーを作っちゃえ!

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco