フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2014年 我が家のNoël

今年も残すところ あとわずかですね。
忘れないうちに、今年のNoëlの様子を…と書きたいところですが、
今年はニコラが24日も25日も出勤だったので、地味〜なNoëlを過ごしました。
b0069848_7382372.jpg
Ninaがお昼寝してる間に作ったケーキ。
ブッシュドノエルのつもりなのに、ニコラにはブーツだと言われました。ガクッ
サンタさんの顔の色も、本当は違う色で作りたかったけれど、時間がないので、ホワイトチョコのみで。
モミの木に、レーズンで飾りをつけてみました。
b0069848_7413751.jpg
前菜に、フォアグラとパンドエピス、自家製のスモークサーモンと(密かに作ってました!)、カニ。

こう見ると、なんの飾りもなく地味ですね〜。
テーブルクロスをかけたい気持ちは山々あるのに、
食事に飽きてくるとテーブルになすりつける人、
グラスを倒す人、お椀をひっくり返す人がいるので(← すべて同一人物です。笑)、
まだしばらくは、シンプルなスタイルが続きそうです。

メインの料理、写真を撮るのを忘れましたが、
何とニコラのリクエスト、「レンズ豆とソーセージの煮こみ」
まったくNoëlらしくない献立ですが、本人自ら作ろうと張り切って、
前日のお昼ご飯は寒空の中、BBQまでしてソーセージをグリルしてました。
けれど、当日、出勤というオチがあって、代わりに私が調理しました。(苦笑)
b0069848_7595679.jpg
頑張って作ったケーキ、喜んでましたよ〜。

翌日、Noël当日は、これまたNinaのお昼寝中に、小さなシューを作り…
b0069848_8265.jpg
半分は、あられ糖をふって、シューケットに。
残り半分は、サーモンを乗せてオードブルにしてみました。
b0069848_835455.jpg

その間に、放り込んでおけば良し!のオーブン料理。
b0069848_85265.jpg
放っておき過ぎて、ちょっと焦げ気味なローストチキン。σ(^_^;)

最近、食べ過ぎで、摂取したカロリーが消費できてない、この怖さ。
お正月以降、ちょっと気を引き締めないとだな…。

****************************************************************

今年も、育児で多忙という理由で、あまり更新ができなかったこのブログ。
そんな中、飽きずに覗きに来てくださってる方々に、感謝の気持ちでいっぱいです。
実は、この秋に、ブログを始めてから10年が経ち、
今後のあり方をどうしようか悩んでいたりもするのです。
まだ、答えは出てませんので、とりあえずは、のんびりと細々と続けて行こうと思います。

この10年、この拙いブログを支えてくださって、どうもありがとうございました。

皆さま、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-12-31 08:21 | 食べること、大好き♪

もうすぐNoël☆

去年は、ノエルというものを全然わかってなかったNinaだけれど、
今年はどうかな、どうかな?って少しずつ様子を見てきた。
この時期、街を通るとロンポワン(ロータリー式交差点)や、植え込みにノエルらしいデコレーションがしてあって、あぁ、キレイだな〜、豪華だな〜と思うと同時に、もうこんな時期なんだなと感じるのだけれど、
地味な我が村、ロンポワンもないし、飾りもあるんだか、ないんだか…
イルミネーションのパネルが、3つほどあるのと、教会広場にどどーーんと、大きなモミの木があるだけ。
(あ、一応、デコレーションはしてあります)
しかも、今年は、農家である村長が、自分の敷地内の一番大きなモミの木を切って寄付してくれたとか。
お金かかってないな〜。(苦笑)

そんな訳で、村の中を散歩していても、これといってノエル満喫というわけでもなし。
頼るは、週に2回ほど通う保育室。
行くたびに、飾り付けがノエル仕様になっているので、
Ninaも、「よくわからないけれど、何かワクワクする時期」という風には感じてるらしい。

我が家はどうするかな〜、と、ちょっと前から考えていて、
イミテーションの小ぶりのを買おうかな、とかお店を覗いたりしたのだけれど…。
イマイチ、好みのものがなく。

気合が入らない我が家の、小さなツリー。
b0069848_71636.jpg
はい、カートン製です。
しかも、ニコラの職場で出された仕出し弁当の箱を使って…。
(仕出しとは言っても、日本とは違って、やっぱりなんかオシャレなんだな)
雫のようになっているのは、先日、遊んだ 小麦粉粘土。
熱を加えた生地だったので、上の星★も、なんだか凹んでますが…。(・_・;
b0069848_7262970.jpg
こちら、保育室で作ったというNinaからのプレゼント。
この星を、モミの木に乗せました!
b0069848_7282024.jpg
ちょーーっとズレてるけどね、ご愛嬌。
チラリと見えてますが、先日の数珠のようなもの、このモミの木に飾りました。
b0069848_730727.jpg
はい、これが我が家のツリー。
材料費、ゼロ?(笑)

ちなみに、他の数珠はこちらに飾ってみました。
b0069848_732241.jpg
秋に剪定した リンゴの枝をリースにして。
数珠が、見事に雪のような雰囲気に変わりました。(笑)
b0069848_7333533.jpg
ちょっと残念なヒイラギ。
でも、身近にあるものなのですね…。作り物のしか見たことなかった、そういえば。
これは11月の終わりに、森の中で取ってきたもの。
ノエルが近づいたら、また取りに行こう!って思ってたのに、この時期、森の中では狩りをしてるらしく、立ち入り禁止が多いのです。

先日、お風呂を終えてNinaを着替えさせてる時に、暗闇から サンタの衣装を来たニコラが登場。
それを見たNina、凍りついてました。
よっぽど怖かったのか、私にしがみついてきて、それ以来、サンタは嫌がるようになってしまいました。
知人からもらってきた、このサンタの衣装、写真が怖い…!
b0069848_7402619.jpg
いくらなんでも、これはないんじゃないかと…。

これで、Ninaのノエルに対する夢を奪ってしまったようで、ちょっと心配だったのですが、
先日、保育室でノエルのパーティーがあって、そこに大きなサンタさんがいたんですが、
どうやら大丈夫だったらしいです。
あぁ、よかった。
ただ、未だに「パパのサンタ」はイヤみたいです。non non,首を振ってます。(笑)
[PR]
by exmouthcoco | 2014-12-22 07:48 | フランスでの日々のつぶやき | Comments(21)

Pâte à sel

b0069848_6533454.jpg
Pâte à sel 小麦粉粘土とでも言うのかな…。
基本的には、小麦粉、ぬるま湯、塩を混ぜて作る、小さな子供でも安心して遊べる粘土。
夕飯の支度をしてる時に、一人で遊んでくれるので、助かる助かる!

調べていくうちに、いくつかのレシピがあって、何通りかに挑戦してみた この1ヶ月。
b0069848_649680.jpg
この時の粘土は、材料を鍋に入れて熱を加えて練って作ったもの。
手触りもいいし、あ、イケる…!と、思ったけれど、妙に手にベタベタくっつく感じ。
色の感じが月見団子なので、それ風なのを作ったのに、見事に破壊され…。

結局は、小麦粉2に対して、ぬるま湯1、塩が1/2。この配合が一番扱いやすいみたい。
(あらかじめ塩をぬるま湯で溶かしてから粉と混ぜる)
滑らかにするために、サラダ油をちょっと混ぜることもあるし、
私の場合は、洗面所の棚にあるグリセリンをちょっと。
楽しくて、大人の方が夢中になっていたりして…。
b0069848_73344.jpg
なぜか、「歯」のオブジェたち。(笑)
この、3本足が好きなのです。
b0069848_743590.jpg
右は、ミカを作ったつもり。(この後、片耳と尻尾を壊されました・涙)
左は、加熱した生地で作ったシロクマさん。
…のはずが、乾くと、この生地は凹んで無残な姿に。(苦笑)
加熱した生地は、保存には向かないようです。
そして、見づらいけれど、奥にはミニ・クロワッサンたちと、ミニ・バゲット。
これは、おままごとの時に大活躍。
b0069848_79204.jpg
クッキーも作ってみました。
モビールとかにしてもいいかな、とか思ったりするけれど、その時間もなく、これもおままごとに。
b0069848_710926.jpg
余った生地で、こんなものを作ってみました。
数珠?それとも、ネックレス?

へへへ、続きは近いうちに…。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-12-19 07:16 | のんびり子育て

鳥になったら…

前回の、鳩の記事で、上空から撮った 最後の写真はどうやって?
という質問をいくつかいただいたので、今回、タネ明かしです。

b0069848_21551457.jpg
ニコラの弟です。
秘密兵器の、プロペラが4つ付いたヘリコプターのようなもの。
専用のスーツケースがあるのがすごい!
今回、これを持ってオーストラリアに旅行して
その帰りに我が家に寄ってくれました。

で、いくつか撮ってくれた中で、
ご近所さんにあまり差し支えのないものをアップしようと思います。


11月末の、風がなく 穏やかな秋の日。
木々の葉が適度に落ちて、よく見えますね〜。
高度100メートルだったかな?
鳥が下を飛んでいきます。

タケコプターをつけてると、こんな感じなのかな?
鳥になった気分で、村の散策をしてみてください

飛ばしてる間は、キーーーーーーーンという音が
どこかで聞こえる(けど、何かわからない)感じです。
手元のラジコンで、写してる画像をオンラインで見れるのがすごいところ。

残念なのは、工事中の我が家の庭が、モノに溢れてゴチャゴチャしてるところ。
キレイに整った時に、再度お願いしたいですっ。

最初に、ヘリコプターがグーーンと上がった時に、
室内でビックリして去った ミカにも注目ですよ〜。





[PR]
by exmouthcoco | 2014-12-12 22:28 | フランスでの日々のつぶやき

pigeon 鳩

今年の6月に雹がこの一帯を襲ったけれど、
もう半年経とうとするのに、近所のあちこちではやっと屋根の修理が終わろうとしているところ。
我が家の車も、一台はガレージで外装の修理を依頼中…。
かれこれ5週間経つんですけど…。
毎週、電話を入れるのだけれど、まだ終わらない、予想よりも凹みが多すぎて手こずっている、とか、
来週には終わります、って言われるんだけど…
この田舎で車一台だけって、なかなか難しい。
今週中には取りに行けるのかな。

写真を整理してたら出てきたのが、この鳩。
b0069848_724460.jpg
ある日の夕方、玄関ドアをノックする人が…。
出てみたら、お隣で屋根の修理をしている職人さんの、まだ下っ端と思われる男の子。
「ボンジュール、マダム。あの…」
と、手には一羽の鳩。
???と思ったら、どうやら屋根に登って作業をしていたら、
向かいの家の屋根から鳩が落ちていったのを目撃してしまった様子。
道に降りて拾い上げるも、親方からどうにかして来い、って言われたのか、
困ってしまって我が家へ持ってきたらしい。(屋根の依頼主は不在)

えぇ〜。私も困るなぁと思いつつ、思わず受け取ってしまう。(苦笑)
どうしようか…。
b0069848_7251274.jpg
この状態で、家の中をウロウロする。
手に持った状態で、すでに野生には戻れなくなるから、飼うべき?
実は、鳩が苦手なんだけどな…。

お兄さんから手渡された時、ちょっと出血してるようだった。
どうやって手当てすればいいんだろう?獣医さんに連れて行くべき?

足元には、お散歩待ちのミカの姿が…。
鳩を抱えてるのはわかるようで、執拗に飛びついたりしないのが救い。
散歩に出ている間に、鳩に家の中で暴れられても困るので、
外のテーブルにミカのいらないクッション敷いて、その上で待っててもらうことにした。
b0069848_726948.jpg
オドオドしてるのか、ビックリしてるのか…当たり前だよね。
相当怖いだろうな。人間に触れられて。
この後、冷えないように布をかぶせてミカの散歩へ。

戻ってきても、まだ鳩がいた。
手作りのケーキ、ちょっとだけあげたら、突っついたようで、
ちょっと嬉しくなった私は、お水も!と、ヨーグルトのカップを小さく切って器にして持っていった。

ら!お水はお気に召さなかったようで、全身の力を振り絞って、お隣のおばあちゃんの庭に生えてる 大きな白樺の木目指して飛んで行った…が、敷地内で墜落した?
b0069848_7263623.jpg
↑ この、左側の方へ…。

やっぱりダメだったかな。ちょっと落ち込む。

翌日、鳩を持ってきたお兄さんに会った。
「鳩はどうしました?食べちゃった?」
んなわけ、ないだろうが〜!

どうか、生き延びてくれてますように…。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-12-03 07:28 | フランスでの日々のつぶやき

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco