「ほっ」と。キャンペーン

フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

海のバカンス: 海へ行く

近くのビーチへ何度か通いました。
b0069848_6295295.jpg
ある日は、あまり人のいない静かなビーチ。
b0069848_6301823.jpg
ちびっ子ギャングが…
一応、プリンセスのサングラスなんですよ〜。見えるかな?
b0069848_6301111.jpg
おとなしくしてると思うと、人のバックを漁ってる…。
この後、バッグの中は砂だらけでした。(涙)

ビーチと言えば、ミカたん お決まりの「砂風呂」
b0069848_6305271.jpg
ちょっと重いけれど ヒンヤリ気持ちいいみたいで、じーーーっとしてます。
それにしても、毎度ブサイクな顔…。

b0069848_631344.jpg
そして、ある日はサンセットを眺めに。
b0069848_6324572.jpg

ビーチで簡単にピクニックの夕飯。
b0069848_6331382.jpg
よーーーく見てると、裸のおじさんがどこからか湧き出てきて泳いでる!(笑)
この辺りに、ナチュラリストが集まる有名なヌーディストビーチがあるんですよん。

b0069848_63439.jpg
まだ明るいのに、夜がそこで待ってる…。幻想的でした。

b0069848_6345930.jpg
小高い砂の上で日の入りを待つ 仲良し2人。

この後、あっという間に夕陽が沈んでいきました。
雲があったらなぁ、もっと美しいのに…。
でも、雲ひとつなく、風もなく 穏やかでいい一日の締めくくりでした。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-09-28 06:37 | こんな所行った…
La Rochelle から南下して Royan ロワイヤンからフェリーでMédoc メドックへ。
b0069848_638798.jpg
フェリーといえば、その昔にも乗ったことがありまして…
当時はNinaがいなくて、ミカが赤ちゃんのようでした。→

今回は、キャンプ場に1週間、お世話になりました。
と言っても、ニコラの実家から、15kmくらいの距離。
b0069848_6384178.jpg
地図上の赤いピンがニコラのパパの家、
私たちが泊まったキャンプ場は紫のピンの所です。

今日は、フランスのキャンプ場の話を…。

と言っても、私たちが行ったのは、8月ももう終わりという頃。
世間では、新学期が始まる頃で、キャンプ場はとっても静かでした。
b0069848_6385994.jpg
mobil-home モービローム。日本で言うトレーラーハウスです。
中央にキッチンとサロンがあって、両脇にダブルベッドの部屋と、ツインタイプの部屋がある、
一応、6人用のモービローム。
b0069848_6392954.jpg

b0069848_6395839.jpg
洗面の水捌けがちょっと今ひとつだったけれど、それを除けば、新しくてキレイで快適でした。

b0069848_642571.jpg
ある日は、ニコラのパパとボルドーに住む弟夫婦を招いて、一緒にランチ。
b0069848_6402887.jpg
キッチンでパパが牡蠣を開けてくれてます。


毎回、こんな感じでの食事。
b0069848_641226.jpg
朝晩は結構冷え込むけれど、昼間は涼しくて快適でした〜。

キャンプ場には、プールやミニゴルフ、トランポリン、子供向け遊具、レストラン、ランドリーなど完備。

プールは貸切状態でした。
b0069848_6415325.jpg
水がちょっと冷たかったな…。
それでも、ご機嫌なNina。なかなか水から上がろうとはしませんでしたよ。
b0069848_6422088.jpg


次は、周辺のお散歩です。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-09-25 06:44 | こんな所行った…
忘れないうちに、夏のバカンス、海編です。
b0069848_6532855.jpg
今回は、地図の左上の La Rochelle ラ・ロシェル → Île de Ré イル・ド・レ (レ島)で遊び、
そこから南下して Royan ロワイヤンからフェリーに乗ってメドック地方へ。
1週間、メドックを満喫して来ました。

まずは、La Rochelleから。
b0069848_647669.jpg

この左側の丸い塔 La Tour de la Chaîne の脇を進んで行くと、
古くて大きなアンカーやクサリがあちこちに。
b0069848_6473577.jpg
新しいものにはできない、この美しさ!

b0069848_648889.jpg
カラフルな佇まいと、たくさんのヨットたち。
海辺っていいね。

b0069848_6483180.jpg
人のサングラスを横取りしてご機嫌なこの方。
ある意味、将来が不安…。(笑)
ホント、サングラスが必要なくらい、いいお天気でした。

b0069848_6495094.jpg
車の中では、この子も満足顔。
ミカたん、顔のしまりが なさすぎ!

b0069848_6503037.jpg
Île de Ré に渡って、一番奥の灯台へ。
b0069848_6505412.jpg
砂浜に降りて、久しぶりの海を楽しみました。

途中で止まった村でボーーーっと海を見ていたら、地元の人が何かを採ってる模様。
b0069848_6512197.jpg
貝かな〜。観光よりも、こういう方が気になったりして。

次回はメドックへ渡ります。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-09-23 06:55 | こんな所行った…

カラハナソウ

b0069848_5482466.jpg
窓際に花を飾ると、絶対に触りにいく この方…。
お願いだから、花瓶、壊さないでね。
b0069848_5444154.jpg
たまに行く散歩コースで見つけたこの植物…。

ビールの材料の一つでもある ホップ???と思ったら、ちょっと違うみたい。
b0069848_5471280.jpg
このポンポンが可愛いのです。
カラハナソウというらしい。
石壁に伝わせたら素敵だろうな…。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-09-20 05:51 | フランスでの日々のつぶやき

joint bateau を作ろう!

海のバカンス編へ行く前に、ちょっとブレイク。
長いこと触れていなかった我が家のDIYの様子です。

今回の舞台は、裏のボロ屋の寝室の床。
(過去記事はこちらをどうぞ → その1★その2★その3★ )


ここでタイトルにあるように、joint bateau ジョワン バトー (正しくは、joint pont de bateau と言うようですが)、つまりは、「バトー(船)の目地」を埋めていこうという作戦です。イメージは、ヨットにあるようなこんな板張り。
b0069848_520025.jpg
画像はネット上からお借りしました

ジョワンバトーにはいくつかのやり方があって、床材を張り、その隙間にシリコンを埋めて、
乾いたらサンダーがけをしてオイルを塗る方法と、
手っ取り早くホームセンターで売っているジョワンバトーの床材を購入し、板と板の間にゴムのようなものを埋め込んで作るやり方もあります。
が、うちのキャプテン、ネットでいろいろ調べて、自分なりのやり方でジョワンバトーを作ると宣言しました!成功するのかな…。
b0069848_5204965.jpg
親子で楽しそうに歩いてますが、この床、まだ未完成。
b0069848_5212940.jpg
アップしてみると、こんなに隙間が空いてます。

通常は、デッキに使うような耐水性に優れた木材を使用しますが、
キャプテンの選んだのは、安価なパイン材。
ただ、厚みが3.2cmと結構しっかりしたものを選びました。
上から打ち付けると釘やビスが見えてしまうため、下からビス留めしてあります。
これがかなり大変でした。上では、動かないように木材の上に私が乗って、
下では、天井を見上げながらキャプテンがビス留め。
何度、板の脇にビスが出てきたか…。下からは見えないので当然なんですよね。
難しい作業でした。

b0069848_522524.jpg
元々は、こんな感じの板でした。あ、汚れてる状態ですが…。
このイガイガした木材をやすりがけして、ニスを塗ったのが、上の親子の写真です。
実は、木材の乾燥と共に隙間がかなり広くなってしまって、このままシリコンを詰めると何本あっても足りなくなってしまうので、別のもので底上げをしようということにしました。
b0069848_524818.jpg
このグレーの ちくわのようなもの、本来はお湯の水道管にはめて保温性を保つチューブなんですが、これを何等分かして、隙間に詰めました。
b0069848_5244197.jpg
マスキングテープを貼った所にシリコンを詰めていきます。
b0069848_5515460.jpg
シリコンの色は白、マロン、黒…とあるようですが、私たちが選んだのはグレー。
b0069848_52585.jpg
スパチュラで平らにならし…
b0069848_5264840.jpg
時間を置かずにテープを剥がします。
b0069848_527322.jpg
バリバリ…。
b0069848_5285114.jpg

で、こんな感じに出来上がり。
b0069848_5291488.jpg

これは、昨日撮影したもの。
b0069848_541159.jpg
目地が落ち着いて、シリコンがちょっと凹んだ感じ?でも、なかなかいい具合です。





[PR]
by exmouthcoco | 2014-09-18 05:53 | 我が家のリフォームとDIY
Juraの師匠の家を後にして、パリの方へと北上していきます。

ブルゴーニュへ入り、途中、寄ったのが、セーヌ川の源流となる地点。
手入れの届いたキレイな公園に小川が流れている感じ。
b0069848_6164022.jpg
パリではあんな色のセーヌだけれど、ここでは透明なのね。当たり前か。
そんな水を飲むミカたん。セーヌ川の水を独り占め。贅沢だ…。

そこからちょっと走って、ニコラの姉夫婦の家に一泊させてもらいました。
記事には書いていないけれど、実は、行きも泊まらせてもらったのでした。
いつもニコニコ気持ち良く迎えてくれる義姉夫婦に感謝!
復路の今回は、リュクセンブルグからお友達が来ていて更に賑やかに。
b0069848_618610.jpg
私と母の浴衣を二人に着せて、ちょっとそこまで外出してもらいました。(笑)
二人ともよく似合ってる。
お友達は、まさかこんな所で日本のキモノを着るとは思っても見なかった、と。
そりゃぁそうだよね。
そんな彼女、浴衣の下にはアフリカの民族衣装のようなモノを履いてます。(爆)
喜んでくれたようで、娘たちに写真を送ってましたよ。

義姉の家を出て、今度こそは自宅へ…。
途中、お昼の時間に差し掛かり、小さな田舎の村でクレープリーを発見!
b0069848_6191153.jpg

古民家に手を加えたお店。外のテラス席が気持ちよかったです。
デザートまでしっかり食べるNina。
b0069848_6195618.jpg
最近は私の分もペロリと食べてしまう…。
b0069848_6205432.jpg

Ninaも長旅お疲れさま〜。楽しかったね!

山のバカンスはこれでおしまい。長々とお付き合いくださってありがとうございました。
b0069848_6212179.jpg


************************************************************************

2ヶ月の長いバカンスを終えて、昨日の夜、両親が日本へと戻りました。
無事に到着したとの連絡があり一安心。

家事のサポートから、Ninaの相手もたくさんしてもらって、
私にとってものんびりできた2ヶ月でした。
いろいろとどうもありがとう!
また、来年…かな?お待ちしています。

さて、世間はとっくに新学期。私も気持ちを新たに頑張ります!
[PR]
by exmouthcoco | 2014-09-12 06:23 | こんな所行った…
元・同僚のお宅にお世話になった2日目、
その日は、彼の60歳の 還暦のお祝いパーティーの日でもありました。
べべ連れであること、私の両親もいることから遠慮させてもらおうと思っていたら、逆に大歓迎とのこと。
このあたりが、フランス人のゆる〜〜〜いところですね。
b0069848_524467.jpg
というわけで、会場作りをお手伝いさせてもらいました。
b0069848_530619.jpg
風船をふくらませて吊るす単純な作業なのに、Ninaが邪魔してうまく事が進まない…。
しかも、途中でバンバン割れちゃうし。
中央の四角い発泡スチロールの箱は、赤とロゼのワイン。
一体、何リットル入りなのかしら…。

b0069848_5295938.jpg
テーブルのデコレーションも可愛いです。夏っ!って感じ。
パーティーの終わりには、この飾りをNinaにたくさん持たせてくれました。
このデッキチェアが可愛いのはわかるが、自分で座ろうとしたNina。
小さなあなたでも、さすがにこれには座れないだろう…。(笑)
これ、ちゃんと折りたたみできるんですよ〜。芸が細かい!

b0069848_5323832.jpg
招待客のうちの一匹?ジャックラッセルの赤ちゃんに大喜び。

b0069848_533659.jpg
お昼近くになって、少しずつ招待客が増えて来て、会場は賑やかに。

(しばらく作ってないけれど)私のソーセージ作りの師匠だけあって、
元・肉屋のパーティーはやっぱりこれがメイン。
手作りのソーセージ!
b0069848_533682.jpg
右のプレートは鴨と豚のフィレ肉を燻製にして干したもの。
お肉が食べられない母も、チャレンジとか言いつつ 結構な量を食べてました。
おいしかったもんね〜。
b0069848_5343096.jpg

さて、食前酒でお腹が満たされたところで、私たちはちょっと抜け出して近くの街を散歩。
それが前回の記事の一つなのでした。

午後の部…。
夕方に戻って来てからも、まだ皆さんお話が弾んでおりまして…
かなりできあがってる様子。
よく喋ることあるな〜、って時々思うのは日本人だからでしょうか?

せっかくなので、持ってきた浴衣に着替えてご機嫌なNina。
b0069848_5351036.jpg


私も母も、持参した浴衣を着てみました。ちょっと恥ずかしかったのだけれど。
b0069848_5354944.jpg


後ろの高級車は、自分のためのご褒美だそうです。
b0069848_5362037.jpg
師匠の、これからの定年人生に乾杯!

よく食べ、よく呑み、よく笑った一日でした。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-09-09 05:41 | こんな所行った…
海のバカンスから戻ってまいりました〜。
楽しくて、もうちょっと滞在したかったな…。



さて、間が空いてしまいましたが、山のバカンスの続きです。

アルプスのシャレーを後にして向かったのはJura県。
ちょうど2年前にも来たのですが、ニコラの同僚のところでお世話になりました。
* その時の記事 → ★①★②

まずは、この周辺を散歩した時のことを…。
b0069848_74029.jpg
かなり長い距離に滝が続く Les Cascades du Hérisson レ キャスキャッド デュ エリソン。
b0069848_7393871.jpg
残念ながらこの時は小雨が降っていて、足元はグチャグチャ。
後から晴れてきたけれど、お天気の時に来たらもっとキレイだろうなぁ…。

フランスの美しい村に認定されている Baume les Messieurs ボーム レ メッシュー。
b0069848_7421551.jpg
どこも可愛くて、カメラを向けたくなります。
b0069848_7461428.jpg
キレイな小川が流れていて、本当に美しかった〜!
b0069848_7441397.jpg

絵を描きたくなる景色ばかりで、ポイント選びに迷うくらい。
b0069848_7464947.jpg
父はこのポイントで絵を描いてました。
その間、私たちは村の中をお散歩。

村の中の、小さなシャンブルドット。外見がキュート。
b0069848_7464743.jpg
内装も可愛いのかしら?
泊まってみたいなぁ。

b0069848_7471579.jpg
水を見ると必ず触る人。
確かに、この日は暑かった…。
b0069848_7474155.jpg
ミカたんも 暑さ対策のため、頭に水をかけられてます。

車を走らせて着いたのは、村を見下ろせるポイント。
b0069848_7482958.jpg
マッチ箱を並べたようで、可愛かった〜。

そこから友人宅へ戻る途中で もう一度休憩。
b0069848_7485971.jpg
お城が崩れた所で、他はなーーーんにもないところでスケッチタイム。
のーーんびり過ごした午後でした。

次は、友人宅でのパーティーでの様子です。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-09-07 07:54 | こんな所行った…
更新が遅くなりました…。
というのも、山のバカンスの記事を書き終わらないうちに、海のバカンスへ来てしまって…。
ここもネットが繋がらないので、今回も、ネット環境を離れてゆっくり過ごすことにします。

もうしばらくバカンスを楽しんできます〜!
[PR]
by exmouthcoco | 2014-09-02 01:11 | こんな所行った…

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco