フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Nina漬けな毎日

皆さん、ご無沙汰しています。しばらくぶりの更新です!
かなり前に病院生活を終え、Ninaを迎えての新しい生活がスタートしています。
更新されていないのにもかかわらず、覗きにきてくださった方、コメントをくださった方、
ありがとうございます。(^з^)-☆
みなさんの温かい応援のお陰で、Ninaは元気にすくすくと育っています。

いやぁ…、病院暮らし、かなり大変でした。
生まれてきた時の体重よりもかなり減っていたため、まずはその体重に戻すこと。
これが非常に辛かったです。
b0069848_0461811.jpg
3時間おきにミルクを与えるというミッションも、
母乳→粉ミルク、搾乳…とやっていくとあっという間に1時間が過ぎていて休む時間がない!
気付くと、またミルクの時間に突入しているんです。
夜も全く眠れなくて、このまま続くと精神的にヤバくなるのではないかとも思いました。

パリの病院でのブランクもあり、私も疲れとストレスで母乳が少ししか出なくなり…。
かと言って、頼りの粉ミルクは特別なもの。
腸の手術をしただけあって、牛乳のたんぱく質が入っていない特別な、超マズいミルクだそうで、ほとんど拒否されてました。
・゜・(ノД`)・゜・。

そんな母乳不足スパイラルから少しずつ抜け出して、病院からの脱出に成功したのですが、
それでも常に監視下に置かれてるというか、健康管理の報告をしないといけなくて、
家にいながらもストレスを感じる日々を過ごしていました。
b0069848_04788.jpg
ミルク指導の看護婦さんから、ひょっとしたら舌の付け根部分を切ったほうがいいのかも、とアドバイスをもらい、ある時はNinaを連れてスペシャリストの元へ。
これは、舌癒着症(ぜつゆちゃくしょう)と言われるもので、母乳を飲むのにすごく時間がかかって飲み疲れしてしまうとか、将来的に舌足らずになる可能性が多いとのこと。
生まれてすぐに手術をして、それだけでも十分なのに、またさらに痛い思いをさせるなんて…と、複雑な気持ちでいた私。
麻酔なしで、舌の付け根の筋をカミソリのようなもので切るんですよ〜〜。
押さえてる私の方が泣きたいくらい。
ちょっと出血したくらいで、大したことはなかったようですが…、
でも結果的に、小さいうちにやっておいてよかったです。
というのも、これをしてもらってから、ミルクを飲む量が増えてきたんです。
同時に母乳の量も増えてきました。
今では、Ninaの体重も増えて、二重顎になりつつあります。笑
太らなくて悩んでいたのが嘘のよう…。
b0069848_050178.jpg

さて、気になる ミカたんの態度ですが…、
出産を終えて病院から戻ってきた時は、私に目を合わせてくれませんでしたよ。(T ^ T)

まだ私が赤ん坊だった頃、母の体調が悪くてしばらく祖父母の家に預けられていたのですが、
母が迎えにきた時にそっぽを向いてしまった私。ミカも、まさにこれと同じ状態でした。
犬でも赤ちゃんでも、ちゃんと感情はあるんですね…。
b0069848_049030.jpg
妹のNinaの存在は、持ち帰る洗濯物で すでに理解していたようで、
実際、Ninaをミカに紹介した時は、やっぱり目をそらしています。
面白くないなー、って顔をして。
何年か後には、耳や尻尾を引っ張られて立場が逆転するのでしょうね。それも楽しみ。

今年も残すところあとわずかですね。
できるだけ更新したいところですが、なかなか…。(-。-;
皆さんのブログの方へもお邪魔できずにすみません〜。
b0069848_0494399.jpg

年末でお酒を飲む機会が増えることと思いますが、
飲み過ぎで体調崩されたりしませんように…。
(↑というか、飲みたいのに飲めない私。チッ。)
[PR]
by exmouthcoco | 2012-12-16 00:48 | のんびり子育て

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco