フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

さて、残りの2ヵ所にも、石を並べてまいりましょう。

b0069848_23162065.jpg
真ん中の部分、前回同様に穴を掘っていきます。
土で汚れて非常に見づらいですが、
この両脇にタイヤが乗るコンクリートがすでに出来上がっているわけです。 こちらへ→

また重い石のパズルをやっております。
b0069848_23214466.jpg


出来上がった図。
b0069848_2323859.jpg


残りは家の壁側の部分。
こちらはちょっと細工が必要で、雨水の管を下に通すことから始まります…。
b0069848_2325122.jpg

家の基礎の石さえなければ、まっすぐに管を通せるのに…
b0069848_23293541.jpg
いつものごとく、石に邪魔されて角度をつけることに。
水がちゃんと流れていくように、緩やかな角度も必要です。これ大事。

穴を掘ってると邪魔しにくる姫。
b0069848_23304855.jpg
散歩の時間だよ~と、乗っかってきます。時計持っていないのだけど、時間には正確です、この娘。

b0069848_23322864.jpg
管をつなぎ終えた図。
これがですね…本当に大変でした。
普段だったら、接着剤つけて ものの2分で終わるのに、
つなぎ目部分に土が入ってかみ合わせさえできなくなったり、
見えない部分にも複雑に接続部分があったので、全部をキレイの納めるの、ムリ!と思いましたもの。
b0069848_23395480.jpg
そして、雨水枡に接続です。
ちなみに、上に見えている2つの穴は…。
一つは電線用に。(将来、中庭の石畳を張り替えるときに、道路から我が家に来ている電線を地中に埋める予定)
そして残りの一つは、排水用でしたが、排水管を通すには高すぎたため、却下。
そんな理由ですでにできていたコンクリートの帯の下に通したわけです。
b0069848_2336676.jpg
反対側から見た図。
ふぅ~~って感じです。

一応、石を並べ終わった後の図。
b0069848_0284.jpg
まともな写真がなくてすみません…。
(手前の石は後の電線用にまだ置いていない状態です。)

以前のガレージ様子はこちらから。→
大分変わったと思いますよ~。
[PR]
by exmouthcoco | 2011-04-29 00:13 | 我が家のリフォームとDIY
おまたせしました。ガレージの床、続きです。

これまで、車のタイヤが乗る部分の2本のラインのセメントを打ってきましたが、
今回からは、その脇に石を並べていくための作業です。

石は この時に運んできたもの。
本来、中庭に敷き詰めるための石たちです。

b0069848_183716100.jpg
穴、掘っています。
石の高さが約25cm弱。この作業が結構大変だったりします。

キレイにならして、準備が整ったところで、
砂とセメント、石灰をコンクリートミキサーで混ぜ混ぜ…。
お水は加えずに乾いた状態です。
その砂をベースに石を並べて…こんな感じになっています。
b0069848_1837472.jpg

おぉぉぉっ。石畳~~!
狭い幅に、削ることのできない石たちをパズルのように組み合わせていくのがちょっと大変ですが…。
b0069848_1841281.jpg
反対側から見たところ。
乾いた砂の上に、石をただ並べているだけです。
もちろん、水平はきちんととっていますよ~。

b0069848_18452357.jpg
石を並び終えて、この日は終了です。
地面からの湿度で少しずつ少しずつ、セメントが固まっていくようです。
最終的にはこの後に、石と石の間に目地を入れる作業が残っていますが、
とりあえずはこんな感じで、残りの2ヵ所も進めていきます…。

続きはまたのちほど。
[PR]
by exmouthcoco | 2011-04-25 18:48 | 我が家のリフォームとDIY

春の味覚

春ですね~。
冬が異常に寒かったせいか、春が早くやってきたような気がします。
先月から気温もグングンと上がって、植物たちも例年よりも成長が早いみたい。
近くの菜の花、満開です。
b0069848_546145.jpg

そんな陽気を十分に堪能しているのはこの方たち。
b0069848_5471222.jpg
The Beagles!

はい、只今、ドッグシッター中です。

そんな彼らを連れて森へお散歩。
b0069848_5501454.jpg
一同、大ハッスルです。(笑)
長距離でしたが、みんなモクモクと歩きました。

そんな中、わらびの新芽を発見。
b0069848_5512626.jpg
山菜ごはんが食べたいがために、モクモクと摘みまくります。
だって、こっちの人、食べないんだもの。
b0069848_5524972.jpg
かなりの収穫。ずっしり重いです。

家に着いて、あく抜き…。
そうして出来上がったのがこちら。
b0069848_554224.jpg
うん、ますます山菜ごはんが食べたくなってきましたよ~。

そんな折、近くのファンファンが庭で採れたタケノコを持ってきてくれました!
b0069848_5552739.jpg
まさにグッドタイミング。

そして、仕事から帰ったニコラは、こんなものを手に…
b0069848_5575928.jpg
キレイな
ホワイトアスパラガス! しかも太っ!

職場の同僚に頼んで地元の農家で買ってきてもらったのでした。

春の味覚がどんどんやってきて、キッチンは大忙し!
どれも時間が勝負です。
[PR]
by exmouthcoco | 2011-04-19 06:07 | ■Beagle■ Mika ミカ
復活しました!
日中は家の作業に励んで、PCに向かうのは基本的に夜なのですが、
いざ記事を書こうとPCを開くと、近所の友人が相談にやってきて、気がつくともう眠い時間に…。
それがほぼ毎夜続くので、ブログ放置状態となっておりました。^^
我が家、時にはかけこみ寺のようになっています。
しばらくこの生活が続くと思われますが、どうぞご理解くださいませ…。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、1ヶ月以上あいてしまいましたが、リノベーションに関する記事、また再開です。

今回は、ガレージの床、車のタイヤが乗る部分にセメントを打つ作業です。
右と左にタイヤがあるので、当然2つのコンクリートのラインができるわけですが、
最初に作った方は写真を撮るのを忘れてました。^^;

今回は、その続きからです。まぁ、最初の部分と同じ要領なのですが。

コンクリートの土台を作るため、掘っていたら…
b0069848_5532841.jpg






  il||li _| ̄|● il||li ガーン


 ガ━━(((((( ゚д゚)))))))━━━ン!!!!!



また巨大石が出てきましたっ。もういやっ。
b0069848_5544627.jpg
この2本の線の内側にセメントを打つのですが、なんとかこの土台にするべく、
あの手この手で移動しましたよ。一体、何百キロあったのかしら?

砂利を敷いて、鉄の芯を置いて、家の天井を壊した時に出たゴミも中に入れて…
b0069848_63282.jpg
↑ 緑の鉄の棒は、庭にあった「ぶらんこ」の土台。(笑)
使えるものは使います。

b0069848_684120.jpg
乾くまで、ネコ避けです。

b0069848_671738.jpg
これでタイヤが乗る部分が出来上がりました。
b0069848_693876.jpg
ガレージの床、まだまだ続きます…。
[PR]
by exmouthcoco | 2011-04-12 06:16 | 我が家のリフォームとDIY
3月も終わりですね…。
自分の誕生月でもあって、本来、好きな月のはずなのに、
いろんなことが起こりすぎて、この月が終わることにちょっとホッとしている自分がいたりします。

実は、フランスに住む私たち一家にも、悲しいことが起こっていました。

おひなまつりの日、早朝に 義理ママが倒れ、その日の深夜に亡くなりました。
急用で実家へ、というコメントを残していたので、するどい方は感じられたようで、
心配のメッセージをいただいたりもしました。
どうもありがとうございました。

寝込んでいたわけでもないけれど、大量の薬を飲むくらい、いろいろな病気を持っていた義理のママ。
1月に帰った時に思ったよりも元気だったので、安心していたところでした。

それなのに…。

実家のほうでは、別の土地に家を購入し、夏頃にでも引っ越す予定でした。
倒れる前の晩、犬のロッキーに「もうすぐ海のそばの家に引っ越すのよ。楽しみだね、ロッキー」と、
話しかけていたそうです。

それなのに…。


思ったことをズバズバ言う、さっぱりした性格だったこともあり、
時には人から誤解を受けたり、周りの人間が冷や冷やすることもありました。
自分に素直に生きている、ある意味幸せな人だと、私は解釈していましたが…。
ヴェトナム出身の義理ママは、アジア出身の嫁(私)には優しくしてくれました。

彼女との思い出は楽しいことがたくさん…。

- 結婚式のちょっと前に、2人でキノコ探しに夢中になって、森の中を迷子になったこと。

- 結婚式の当日、私たちにとっては特別な日なのに、
いつもと変わらず街までマルシェに出かけて行った超・マイペースな人。(笑)

- ある時、私の運転でマルシェに買い物に行った時、ものすごくご機嫌で、
道中、パパとの馴れ初めなども、そっと教えてくれたこと。
息子たちは知らないはず…。

- 実家に帰る度に一緒にキッチンに立って、いろんなヴェトナム料理を教えてもらったこと。

それから、一番心に残ってる言葉が一つ…。
去年の夏に、一緒に海に行った時のこと。
ビーチから引き揚げる時に、砂のせいでなかなか前に進めなくて、
手を取って一緒に歩いていた時、義理ママがこう言いました。

「cocoは優しいわね…。 ブツブツ… これで子供がいたら、パーフェクトなのにね。」

え?今なんと?
そうか…子供さえいれば、パーフェクトな嫁なんだ、私は。

そう思ったら、なんだか心が軽くなったのでした。
だって、完璧な人っていないもの。
でも、それに限りなく近い評価をしてくれている、それだけでうれしく感じました。


話がちょっとそれますが、フランス語で義理のママは belle-mère
直訳すると「きれいなお母さん」
ちなみに、義理のパパは beau-père 「かっこいいお父さん」?となります。
その他に、義理の姉や兄、妹、弟、娘…なども、それぞれ「きれいな」「かっこいい」の部分がつきます。
なんだかいいですよね。「義理の」っていうよりは…。

実家に帰る度に、マ・シェリ ma chérie (愛しき人という意味) とか、マ・フィーユ ma fille (私の娘)と呼びかけてくれて、くすぐったいような、でもうれしいような…
あの感覚がもうないと思うと、淋しいです。


でも、やっぱり一番淋しがっているのはパパと、子供たち、つまりニコラの兄弟たちです。
久しぶりの兄弟の再会は、悲しいものとなりました。
でも、みんな思ったよりも笑顔で、こちらのほうが救われます。
争うこともなく、みんなが穏やかにこれからのことを話し合える、仲の良い兄弟たち。
この家に嫁いでよかった、と、心から思ったのでした。

ママン、たくさんの思い出を、どうもありがとう。
ニコラを産んでくれて、どうもありがとう。
b0069848_7353983.jpg
モモの節句の頃。南西部ではプルーンの花が満開でした。
[PR]
by exmouthcoco | 2011-04-01 07:36 | フランスでの日々のつぶやき

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco