「ほっ」と。キャンペーン

フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2週間我が家でお手伝いをしてくれたMさんが、今日のお昼に日本へ向けて発ちました。
空港へ見送りに行く途中、どうも血走ってる対向車が多いな、と思ったら…
普段、空港へ行く幹線道路が大渋滞でどうも動かない様子。(汗)
それで引き返していた車が多かったんだ~~。事故なのかな?

抜け道を考えてあちこちへと向かうけれど、どこも車の列!しかもあまり動いてない様子。
みんな考えることは一緒なのねー。

結局、普段は絶対に使わない高速道路のほうまで迂回して、
普段は20分で行く道のりを1時間以上もかけて走りまくったのでした。(大汗)
いやぁ~~、間に合ってよかった。

空港からの帰り道、車3台の玉突き事故があったようで、またもや大渋滞。
自分が合流する手前のほうでの事故だったので影響はなかったけれど…
暑い中、ドライバーのみなさん、ご苦労さまです。

で!空港へ向かう時の渋滞の原因は、どうやら「牛」。
高速道路並みの大きな幹線道路なのだけれど、ここに牛が侵入して、捕獲大作戦が繰り広げられたらしいです。(愕)
パリの近くまでお勤めしているお隣さん、今朝は出勤するのに2時間かかったとぼやいておりました。すごっ。しかも、牛が原因で…。(苦笑)
いやいや、そんな私たちも、牛が原因で飛行機に乗り遅れそうになったクチですから~~。

b0069848_655498.jpg


前回からの続きです。
b0069848_6565170.jpg
もう1つの煙突の周りもセメントで固めます。
すでに瓦が乗っているので、木のハシゴを乗せての作業です。
壊さないように、そぉっと…。
b0069848_6574913.jpg
いつものごとく、木枠を準備して、丁寧に流し込んでいきます。

で…この後の完成した様子、写真を撮り忘れました。ごめんなさい。
屋根によじ登って撮ればいいのだけれど、こんなことを始めてしまったのですよ…。

b0069848_712824.jpg
天窓を取り付け始めました。
b0069848_723519.jpg
慎重に慎重に、水平をとってます。
水平っていっても…何に対して測ったらいいのやら…。私にはわからない世界。
b0069848_755324.jpg
(キャプテンが立っている面の屋根の)天辺の帽子がまだ乗ってないので天窓のガラスはまだつけてませんが…あともう少しかな。でも、どうやって上に上がるんだろう?アシスタントの素朴な疑問。
b0069848_7102691.jpg
ご来光のように見えますが、瓦を切断した際のホコリです。
この空間にいるだけでむせそうな私ですが…、
キャプテン、さすが!鼻のフィルターがかなり作動しているようです。鼻の穴、真っ白だけど。
いやぁ、人間の体ってすごいです。
b0069848_7134992.jpg
切断された瓦はここに登場しております。かわるかな?
相変わらず、几帳面な仕事。

やっと、今日の現場までブログが追いつきました!
こまめに更新目指して頑張ります~。
[PR]
by exmouthcoco | 2010-06-30 07:23 | 我が家のリフォームとDIY
屋根の作業もここに来て、終盤を迎えております。
まだ細かい作業がちょっと残っていて、早く終わらせたい気持ちもあるけれど、
ニコラの出勤もあったり(←一応、本業です・笑)、あまりの暑さで屋根に上れなかったり…。
それにしても、暑いこと!ここのところ、30度の気温が続く北フランス。
外に出るだけで日差しが強くて干からびそうなのに、屋根の上は想像を絶する暑さ!
瓦も焼けそうに熱くなっております。目玉焼き、作れるかな~。

さて、前回の続きから…。
b0069848_764843.jpg
小さい屋根の裏側と、壁のつなぎ目をセメントで固めたところ。
同時に、写真の右側に見える壁も、できるだけキレイな石壁にしております。
下に瓦があるので、あまり汚せないし、結構気を遣う作業。
b0069848_78193.jpg
セメントも打ち終わったので、瓦をどんどん乗せていく。
少しずつ、自分の陣地が狭くなっております。
b0069848_784681.jpg
一度乗せた瓦を一部外して、自分の居場所を確保。
今度は煙突の周りをセメントで固める作業。
乗せたり外したり…大変だな。
b0069848_793950.jpg
几帳面なキャプテンの仕事。
この人の血液型は何だろう?
b0069848_7102356.jpg
おぉぉ~~っつ。
天辺の帽子が乗った上にまたがっております。大丈夫なのかな?
何を始めるのでしょう?
b0069848_711872.jpg
思ったよりも瓦と筒状の帽子に隙間があったため、
鳥が巣を作らないようにとセメントを打つことに決定。
b0069848_7114720.jpg
後ろから見るとこんな感じです。
ほら、向こうに見える壁は石壁に、窓はちょっと大きくなったのが、わかるかな?
キャプテンの脚に注目!くっきり日焼けしております。(笑)
b0069848_7164252.jpg
この写真を撮るにあたって、ハシゴに上っております。上から見ると…高い!
下が霞んで見えますよ~。
b0069848_7183164.jpg
それもそのはず、こんなに長いハシゴでした。
キャプテンは慣れてるけど、私にはちょっと…怖い。
b0069848_7225966.jpg
ハシゴの上から、最後の煙突周りの仕上げをしております。

次回に続きます…。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

7月から、エキサイトブログでは記事内に広告が表示されることになったそうです。
なんだかウザイなぁ~~。
広告が唯一ないのが魅力だったのに…。とっても残念です。
これからの、このブログの行く先…ちょっと考えなければなりません。うーーーむ。
[PR]
by exmouthcoco | 2010-06-28 07:39 | 我が家のリフォームとDIY
すっかりご無沙汰しておりました。
気づいたら、前回の更新からもう10日以上放置しておりました…。emoticon-0139-bow.gif

先週半ばから、また新たにお手伝いの女の子が来てくれています。
違う方ですが、Mさん。
強力な?助っ人登場ですが、
屋根…まだ終わっておりません。ふふふっ。

前回からの続きです。

b0069848_540587.jpg
お隣のおじいさんちから見た我が家。
おぉ~~、瓦がいっぱい!
でも遠くてよくわかりませんね。

さて、裏の屋根ではニコラがこんなことをしておりました。
b0069848_542081.jpg
屋根の端っこで、瓦の1つ1つをアングルをつけてカットして、それをセメントで固定するという作業。
b0069848_5455077.jpg
水でたっぷり濡らします。
b0069848_5532955.jpg
実はこんな感じで作業しております。
ここは波板があって足場を組めないので、工夫してそれに近いものを組んでおります。
キャプテン、バランス感覚、抜群だな。
b0069848_5592197.jpg
少しずつ、進んでいます。
右手にはコテ、左手にはセメント用の板。
両手ふさがってますけど…落ちないでよ~~~。
b0069848_612567.jpg
それが終わったと思ったら、屋根の上によじ登って、電気ドリルで何やら壊しております。
壁?と思ったら、小さな窓をもうちょっと大きくしておりました。
市販の窓の、一番小さなサイズが入るくらいまで…。
ということは、それだけ小さな開口部だったのです。しかも窓なしで。
b0069848_6103884.jpg
↑ 小さなほうの屋根のてっぺん。
こちらはきちんと瓦が乗って、あまり悩むことなさそうですが…。
b0069848_611644.jpg
大きなほうの屋根は家の歪みがあるようで、水平をとった横木にもかかわらず、
少し調整の必要あり、という感じです。
b0069848_6142833.jpg
瓦の一番上の部分。この上に半筒状の帽子が乗っかります。
手前の瓦に比べて、奥の瓦のほうが小さめ。
セメントでなく、専用の接着剤で固定です。

続きはまた近いうちに!
[PR]
by exmouthcoco | 2010-06-22 06:30 | 我が家のリフォームとDIY

さて、前回からの続きです。
b0069848_5483741.jpg
庭に面したほうの大きな屋根も、最初の3段が乗りました。
セメントを打って何時間か後に雨が降ってきて心配しましたが、どうやらいい具合に固まってきていたようで、難を逃れました。

b0069848_550532.jpg
母屋とのつなぎ目。
今回、キャプテンを悩ませているのは、二面の屋根の間を流れ落ちていく水を受ける瓦の位置について。うーーん、私には、こういうの、ムリ!

解決したようで、瓦を乗せていきます。
b0069848_62516.jpg
水受けの部分、1つ1つ、角度を落としながら…。こういう作業、結構時間がかかります。

b0069848_633674.jpg
切る必要がないところは速いこと!どんどん乗せていきます。

b0069848_6121053.jpg
母屋の壁とのつなぎ目部分。
ここにもセメントを打つのだけれど、足場がなくてハシゴに上った状態で。
ここから落ちたんだよね~~。気をつけて!キャプテン。

b0069848_6135759.jpg
瓦はどれも同じサイズだけれど、乗せていくうちになぜか少しずつずれていくんです。emoticon-0113-sleepy.gif
それを防ぐために、糸を張って調整していきます。几帳面だこと!

b0069848_6153484.jpg
頂上で一休み?いえ、あれこれ考えてます。
後ろに見えてるのは母屋の屋根。
手前に見えてるオレンジ色のは、瓦を切断するカッター。結構重いです。
ここで切ってます。

b0069848_6201956.jpg
裏の屋根。木が邪魔して全体の写真は撮れないのだけれど、ここまで瓦が乗ってます。
ハトさん、「なかなかいい感じにできてるわね。でも、これ滑るわよ。」

b0069848_6221100.jpg
ハトさんがいたのと反対側の、庭に面したほうの屋根。
途中ですが、こんな感じに…。

b0069848_6225299.jpg
瓦を移動中。
これが結構大変なのよね。でも…相変わらず、キャプテン、うれしそうだな。(笑)

b0069848_6235049.jpg
今日の作業はここで終わり。

この何日かでかなり進んだ気がするけれど…。
今週は雨が降ったりしてはっきりしない天気のもよう。
どこまで進むかしら…。
[PR]
by exmouthcoco | 2010-06-09 06:30 | 我が家のリフォームとDIY | Comments(62)
2週間我が家でお手伝いいただいていたMさんが、一昨日我が家を出発しました。
薪の積み上げから屋根の瓦仕事まで、力仕事ばかりでしたが大変助かりました。
本当にありがとう!
何年か後に戻ってくる時は、ボロ家でなくてキレイな家に変わってるはずですから~~。

さてさて…屋根の作業のお話。
ここに来て、タイトルの何日か目というのがわからなくなってきました…。
というのも、屋根の作業というよりは瓦を持ち上げる作業がメインになっていて、
その写真があまりなくて…。まぁ、ここはアバウトに。
要するに、時間を見てはコツコツと瓦を屋根に持ち上げております。

ある程度瓦を乗せ終わったところで
b0069848_14102773.jpg
裏の屋根の一部に瓦を乗せ始めました!
実はこれがなかなかデリケートな作業。
角度や上に乗せていく瓦の配置を考慮して、最初は3段積みでセメント補強です。

b0069848_1413526.jpg
ここは波板があって足場を組めないので、
不安定ながらもハシゴで勝負。
余計に時間がかかります。キャプテン、頑張れ~~。

b0069848_14162829.jpg
セメントが固まったら、いよいよ瓦を乗せていきます。
ここまで来ると速い速い。
b0069848_1419610.jpg
私も屋根の上ります。うん、屋根!って感じ。
b0069848_1423303.jpg
リズム良く進んでいたのにちょっとストップ。母屋とのつなぎ目にかかりました。
一枚、一枚、瓦を切断する必要があるので、こういう細かい作業はまた時間がかかります。

b0069848_14254840.jpg
どんなになってるかな~~。時には遠くから眺めることも必要。
うん、やっぱり屋根ができてくるとうれしいですわ。
b0069848_142716100.jpg
母屋とのつなぎ目、こんな風になってます。
セメントで固めているところ。

b0069848_1428388.jpg
また別の日。
裏の足場は撤去して庭側へ移動してきました。
ここでも瓦を持ち上げる作業。
パレットごとガガガ~~~ってできたらどんなにラクでしょうね。
お友達から借りているモーター付きの滑車と、昔ながらの滑車と両使い。
古いマニュアルタイプのほうが実は速かったりして?

b0069848_1433128.jpg
写真はここで終わってますが、この後も大量の瓦が上に持ち上がりました。

その後の進み具合はまた後ほど…。
[PR]
by exmouthcoco | 2010-06-05 14:38 | 我が家のリフォームとDIY

ハトの館

ちょっとの間、音信不通でした。
我が家の場合、インターネットとテレビ、電話が1つのモデムでつながっているので
ネットが使えないと、テレビも電話もダメなわけです。
鳥の声が響く静かな村で、家の中はシーーーーン。
我が家だけ、19世紀の生活をしているかのようでした。(笑)
あ、でも電気や水道はあるので、ある意味文明社会ではありますが。

3週間近く滞在していた母も、日本へと戻りました。
無事に到着したかどうか電話をしたいけれど、電話が使えないこのつらさ!
1日経って、やっと連絡がとれてホッとしております。
母には食事の用意や家事にまつわる雑用を手伝ってもらっていた分、
これからはまた自分の力でこなさないといけませぬ。
いろいろとどうもありがとう!


さて…書きたいことは次から次へとあるのだけれど、
先日、貴重な体験をした時のことを。
b0069848_623073.jpg
我が村の教会。
100年くらい前のポストカード。
b0069848_684382.jpg
面影はあるでしょう?

タイトルにあるのは、実はこの教会のこと。
住民でも普段はなかなか入れないこのてっぺんの部分に入れてもらいました。

b0069848_6153836.jpg
我が村では朝7時から夜10時まで30分ごとに鐘が鳴ります。
最初は誰かが鐘を鳴らしてるのかと思ってたけど…そんなことはないよね?
今まで謎だった仕組みが、やっと解決!
15~16世紀くらいの教会も、現代ではなかなかハイテクなものが使われてるようです。

貴重な経験ということで…いざ!
[PR]
by exmouthcoco | 2010-06-01 06:55 | こんな所行った…

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco