フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

自給自足?

何日か前からボルドーの親戚がやってきて、我が家で1週間お世話することになっているので、
何かと忙しくしております。
毎年来るのよねー。いつものごとく、かなり疲労感。
まかないおばちゃんになりつつある今日この頃…。
毎日の献立を考えるのが苦痛!


ところで、ある日の昼食の風景…。

食べかけで申し訳ないっ。(汗)
b0069848_5382881.jpg

というか、ふと気づいたから写真を撮ったのでありまして…

お皿の上のもの、すべて自家製だ、と気づいて。

自分で焼いたパン。
自分で育てたレタス・トマト・オニオン。手作りのドレッシングをかけて。
自分で作ったスモークサーモン。
そして、おまけのお隣さんちのノワゼット。

意識してるわけじゃないんだけど、夏は自給自足率が高いなぁ、と。

なんだかちょっとうれしかったりして。

はい、ただ、ただそれだけ…。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-09-28 05:45 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(23)
福岡発のフリーペーパー、World Joint Club
b0069848_16373120.jpg

今でこそ、すっかりこの地に根を下ろしておりますが、本来は旅が大好きなこの私!
独身時代は、常に海外に興味があって、暇さえ見つけては外に出る!というスタイルでした。

そんな私にピッタリであろう、この雑誌。
残念ながら福岡エリアでしか手に入らないようなので、遠くの私はひたすらWebで拝見。
楽しいですね~~。
読みながら、得意の空想旅行に一っ飛びです。


今月号(10月号)の海外特派員 The World Times のページに掲載していただきました!


福岡エリアの方は駅や店頭で。
遠くの方はWebでどうぞ。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-09-21 16:57 | フランスでの日々のつぶやき

そろそろ冬支度

9月に入ってから朝晩冷え込んできて、あぁ、秋が来たなぁと思うと同時に、寒くて暗い冬が近づいてきたような気がしてちょっと哀しくなる。

借りている畑のトマトはもう終わりに近いけれど、我が家の庭の壁沿いに植えてあるトマトはまだまだ青いものも多くて、このまま赤くならずに枯れちゃうのかな?とちょっと不安に思ったりして。
b0069848_5371311.jpg
もちろん、完熟したトマトから順に、我が家の食卓には上っているのだけれど、
全てのトマトが食べ終わってから、完全に秋になってくださいねー。

ところで、薪ストーブを作っていらっしゃる、ブログ仲間の三河屋しょうすけサンも、薪の話題に触れてましたが…。私も今回は薪の話題を。

実はまだ8月の暑い最中、我が家ではもう冬支度を始めていたのでした…。

薪を売ってる人は何人か知ってるんだけど、今回頼んだのは畑仲間の木こり Didier。
注文した薪は、10stères (ステアー)分。ちなみに、1ステアーは約1㎥。
我が家の中庭にトラックやトラクターが入って来れないので、仕方なく道に山積み。
しばらく道路封鎖状態デス。
b0069848_539351.jpg
たいていは暖炉の大きさに合わせて50cmで注文することが多いみたいだけれど、
我が家の場合、1mでお願いした。
1mのほうが単価が若干安いのと、薪をストックしておくのにコンパクトに積める、というDidierのアドバイスから。
使う分だけ、ある程度まとめてチェーンソーで切断。
でもさすがに、1本でも重い重い!

2メートルの高さの、5メートルの長さの薪の壁。もちろん、厚みは1メートル。
b0069848_540067.jpg
多少、他の種類も混ざってるけれど、ほとんどがchêne(いわゆる樫やナラ、柏、オークなど…)と言われる、ずっしり重くて火持ちのいい薪。

実はこの裏側には、春先に木こりとなった時に切断した薪の山が…。
b0069848_5402198.jpg
こちらは軽くて商品価値のない木なんだけど、無料ですからっ。
火付きがいいので、焚きつけ用、またはBBQに使う予定。

そんなわけで、我が家の冬支度、少しずつ始まっております。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-09-20 06:04 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(22)

簡易?寒さ対策@ハマム

ご無沙汰しておりました~~。
10日ほどニコラの仕事が休みだったので、リフォーム強化週間でした。
ミカを迎えてから夏休みがあったりして、しばらく休んでいたリフォーム作業。
手付かずだった浴室&ハマムに取り組んでおりました。
今は、忍耐&テクニックを要する漆喰を塗る作業に取り掛かっておりますが、
まずその前に、前回の続きから…。

前回は、ハマムの空間を作り上げるまででしたねー。
実は空間が出来上がった時点で、ハマムの機械の試運転を兼ねて実際に体験してみたのでした。

ものすごい蒸気。最初はあまりにもすごくてむせ返るほど。
向こうが見えないくらい、もくもくしてます。
温度も湿度も申し分ない!


合格!


と言いたいところでしたが、一つ問題が…。

ベンチに座ると!


寒い!ではないかっ。

立ってると快適なんだけど、それじゃ意味ない!

最初に床を作る時点で、床暖房のようなシステムを考えていたんだけど、
手作りするにはあまりにもコンプリケ(複雑)で、
かと言って、市販の床暖システムを購入するほど予算はないし…。
「ハマムのスチームが高温だから、大丈夫だろう」と思っていた私たち、見事に間違ってました。

il||li _| ̄|● il||liガーン

そんなある時、近くの日曜大工のお店のカタログで新しいシステムの暖房を発見したニコラ。
ものすごく興味を示し、いろんな人にこの製品について聞きまくり、ついに我が家で取り入れてみることにしました。

b0069848_2119472.jpg
この、赤いうねうねが電気のケーブルで、ほんわりと暖かいそうで…
コンクリート、タイル、フローリング…どんな床材にも対応するらしいです。
しかも、消費電力が普通の暖房に比べてかなり少ないので、ありがたい。
あ、でも、あくまでも、「冷たくない。ほんわか」という暖かさまで。
ガンガンに暖めたいという人には不向きかも。

b0069848_21255522.jpg
壁に背中をもたれても寒くないように、壁の下のほうにも貼り付けて…。
というか、全体にケーブルを配置するのに結構苦労しました。
壁からパラリと倒れるし、全ての面にうまくケーブルを張り巡らすのに
何度も指でなぞって…つまり、一筆書きですからねっ。
b0069848_2130760.jpg
こんな感じに。
熱が加わっても大丈夫な、繊維が入った接着剤を水で溶いてくっつけていきます。

b0069848_21345924.jpg
下の小さなプールのような凹み部分。
ここは水を溜めて使ってもいいようになっているので、万が一に備えてタイル貼り。
排水口に水がキチンと流れるように、角度も計算されております。

さてさて…これでやっと!下準備OK。

これまで長い工程だったけど、まだまだやっと折り返し地点くらいです。
先は長いのだ…。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-09-11 21:44 | 我が家のリフォームとDIY | Trackback | Comments(22)

ブンチャが食べたい!

今年は畑の野菜たちの話題に触れていないけれど、
夏らしい夏!といこともあって、どの野菜もバランスよく収穫できている今日この頃…。

去年に続き、今年も育てている空芯菜。
この野菜の周りを草むしりしながら、ニコラのパパとママに食べさせてあげたいなぁと、いつも思う。
私の中ではタイの野菜というイメージだけど、きっとヴェトナムにもあるに違いない!
いつか、いつか持っていってあげよう…。

そして、ちょうど里帰りの時期と、空芯菜の収穫時期がぴったんこ!
山のように収穫し、すぐに調理できるように全部キレイに洗って持って行った。

ヴェトナムでも南の出身であるママはこの野菜のことを知らなかった。(汗)
どうやって食べるのか、私に聞いてきたくらいだもの。

出先からパパが戻ってきて、空芯菜を見せると、「あぁ!○×△%&…」と、興奮のあまりヴェトナム語。
北の出身のパパはとってもうれしそうだった。
畑で作ってるの?すごいねー、と。

私は普段はガーリック炒めしかしないんだけど、パパに言わせると生食でもイケると言う。

「食べたことないっしょ~~?」 ←まさに、こんな感じの聞き方。挑発的!

「お昼から出かけるから、ママと一緒にナイフで削ってくれる?」と言われ、
2人でチマチマと空芯菜を竹を8つに割る感じで削っていきましたよ。(涙)

「あぁ…。気が遠くなりそう。なんでこんなことしなきゃいけないの?ちょっとでいいわよ」と、ママ。(笑)

几帳面なB型のわたくしは、言われたことをキチンとやるタイプ?
おいしいモノのためならば~~と、文句言わずにコツコツ削っていく。

それにしても、山のようにある空芯菜、一本一本を8等分にするなんて、無謀だ!
ヴェトナムではみんなこんなこと、してるのか~~~。

なーーーんてその場では思っていたんだけど、帰ってきてからググったら、
空芯菜カッターなるものが存在するではありませぬかっ!
b0069848_6384758.jpg
ネット上から画像をお借りしてきました…

ニコラのパパがお手本を見せてくれた時は、
「昔はよくできたんだけどなー、今はうまくできないなぁ」と言ってたくらいなので、
きっと、この空芯菜カッターの存在は知らないはず!
世の中には便利なものがあるんですねー。

さて、このカットされた空芯菜を水にさらすと、くるりんと、可愛いカール状に。

巨大サラダボウルに入っているものは、
b0069848_6523550.jpg
・生の空芯菜 細く切ったもの
・香菜 = コリアンダー
・ミント
・ヴェトナムのバジル
・シソ 3種類。 青・赤・それと中間?のもの。
※ anriさん、わかりますか~?左側に写ってるシソ。表が青じそ、裏が赤じそっぽいのです。

外のテラスからなんだかいい匂い…。
b0069848_653924.jpg
豚のバラ肉を小さく切って、炭火で焼く。
ここに来るたびに思うんだけど、この七輪みたいなの、欲しいなぁ。
ここで食べるBBQ、めちゃくちゃおいしいんだけど、違いはこの七輪なのかと思ったり…。

お素麺を茹でて、たくさんの生野菜とハーブと豚バラを載せて、ヌクチャム(つけダレ)でいただきます。
b0069848_735468.jpg
あぁっ、写真見てたらまた食べたくなった。

ニコラのパパの、ブンチャが食べたいっっ。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-09-03 07:11 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(26)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco