「ほっ」と。キャンペーン

フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

パリジャンに戻ったルカ

我が家で1ヶ月の夏休みを過ごしたルカ、先週の日曜日に飼い主の元へ戻っていった。

用事があってパリに行くことがあったので、ルカを車で送っていった。
パリのPériphérique ペリフェリック (環状高速道路)から市内に入った途端に、
私のモモの上にすくっと立ち上がり、外を覗き込む。
(その間、ミカはルカの下敷きになって、しかもお腹を上に向けた状態で熟睡・笑)

窓を開けてあげたら、鼻をクンクン利かせて、クゥーンクゥーンと喉を鳴らしてる。
自分の街がわかるんだね。
懐かしい薫り、見慣れた建物でもあったのかな?


待ち合わせポイントでルカの飼い主と再会。
うれしいんだけど、それ以上にこの街に戻ってきたことがうれしかったようで、
他の犬が散歩していたりすると気になってしょうがない。

すっかりパリジャンに戻ったルカ。

私としては無事に元気に引き渡すことができてホッとしたのと同時に、
なんだか家族が減ったようでちょっと寂しい。
私にとっても懐いてくれて、ルカと私、ミカとオット、というペアがいつの間にかできあがっていたから。

ルカとミカの初対面のことを思うと、すごく昔のことのような気がする。
来た時は同じくらいの体の大きさだったのに、ルカとお別れする頃にはミカの方が格段に体が大きくなっていた。

夏の思い出に、ミカとルカの画像をアップしておこう~。
タイトルは「リンゴ」。人のものがすぐ欲しくなってしまうミカの性格がそのまま出ております。


庭にリンゴの木があって、実がボトボト落ちているんだけど、彼らはなぜか傷んだリンゴのほうが好みなようで…。その周りがプーーンとアルコールの匂いなのよね。
あ、そういえば、シードルと同じ香り!
子供のくせに、アルコールを求めているのか?

ルカがいなくなってしまった夜、うちのミカはルカを探して夜鳴き。(笑)
何度も何度も起こされたのでした。

ルカ、1ヶ月、ミカの面倒を見てくれてありがとう。また遊びに来てね。

あれから1週間…。一人っ子には慣れてきたようで、でも昼間はやっぱり相棒がいないと退屈なのかな。

2ヶ月ほどヴァカンスでいなかった裏のおじさんとおばさんが、昨日、犬のジョーを連れて帰ってきた。
ミカ、初めてのご対面。
また怖がるかな?と、思ったら、ルカのお陰で犬に慣れたのか、すんなりと仲良くなった様子。
ジョーと一緒にうちの庭と裏のおじさんの庭を駆け回り、楽しくてしょうがない様子。
また遊ぼうね、と言われて、それぞれ家に帰ってきたけれど、お互いに遊び足りないようで…。

友達ができてよかったね、ミカ。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-08-29 05:29 | ■Beagle■ Mika ミカ | Trackback | Comments(16)

犬たちの夏休み

南西部のニコラの実家に到着したら、パパはちょうど出かけるところだった。
最初に車の中のミカとルカに気づいて、笑顔で話しかけるパパ…。
助手席からの、もう1匹の犬の視線に気づき、ちょっとビックリしている様子。
どうして3匹?そう思ったんだろうな。

「パパ、これ、パパへのプレゼント!」というニコラの声に反応したのか、
シェパードの子犬がよっぽど可愛かったのか、顔がとろけてる。(笑)

b0069848_20534639.jpg
実はパパ、カラスをcoco(!)と呼び、世話をしていた! ↑↑↑ まるでムツゴロウさん。
農家の人が仕掛けた罠につかまっていた子供のカラスを保護。
飛ぶこともできないほど弱っていたので、毎日少しずつ餌をあげて、ついには肩や頭にくるほどに。
ご飯を食べた後は、パパの髪の毛でくちばしを掃除するのだとか。
カラスはものすごく頭のいい鳥で、私たちの気配がすると絶対に姿を現さない。
サービス精神でちょっとは出てきてくれてもいいのになぁ。

b0069848_2143986.jpg
相変わらず、お腹出して寝てますが…。(苦笑)
この2匹、誕生日が3日ほどしか違わない。
b0069848_21251257.jpg
子犬は子犬同士、すぐ仲良くなった様子。ミカは女の子だけど、シェパードのほうは男の子デス。
b0069848_2171595.jpg
同じものがどうしても欲しくて、奪い合い。
これはルカちゃんにも共通することなんだけどね。
あまりにも可愛いので動画で撮ってみました。お時間のある方はどうぞ。


実は今回、南西部に行ったのは、ご存知の通り、パパに犬を届けることと、
他にもう一つやりたいことがあったからなのでした。

パリ育ちのルカちゃん、生後3ヶ月の赤ちゃん犬たちに海を見せてあげたい!
そんな思いでパパとママを誘ってボルドー沖の海へ。
b0069848_21255334.jpg
ニコラのパパ、子犬にメロメロ。すっかりなついてマス。
b0069848_21271070.jpg
やっぱり砂浜で寝てるのが一番!
b0069848_21264351.jpg
海の男になりきってるルカ。

海の水はちょっと冷たかったようで、初めての海だった3匹にとってはちょっと不評。(笑)
抱えて水に入るたびに、ヒィ~~~って悲鳴を上げてました。
でも、みんな泳げるじゃない!すごいすごい。

実は今回、信じられないようなハプニングが発生!

犬を3匹連れての長距離ドライブということも考慮して、大きな車をレンタルしてきたニコラ。
レンタカーを利用することもよくあるし、いろんな車をよく乗る私たちだけど、
やっぱりメーカーや車種によって内装が違うため、モノの置き場所に最初は慣れない。

高速道路に備えて、CB(クレジットカード)を用意していたニコラ。
私はそれさえも気づいてなかったんだけど、
しばらくして高速に入る前に「あれ?CBをココに置いておいたんだけど、知らない?」なんて聞くから、
てっきりどこかにしまっておいたのかと思ったら…
どうやら、コレに飲み込まれたらしい。
b0069848_21505524.jpg
CDの取り込み口ですっ。

普通、こんなところに置いておかないでしょう!信じられないっ。
何を勘違いしたのか、ちょっとしたモノを置くスペースだと思ったらしい。

幸い、もう一つのCBで用が足りたので難を逃れましたが…
皆さんもお気をつけくださいね。

翌日、車内をあれこれ分解して、やっとの思いで取り出しましたよ、CB。
このまま取ることができなくて、車を返却、
その後、この車が第三国に売りに出されて、CB発見されて情報流出か?とか、
いろんなことが頭によぎった瞬間でした。(汗)


何はともあれ、短いけれど楽しくて充実した夏休み。
仲良し?3匹組みで記念撮影ですっ。
b0069848_21321751.jpg

[PR]
by exmouthcoco | 2009-08-25 22:04 | こんな所行った… | Trackback | Comments(16)

ヴァカンスに出る前に

今回、南西部のニコラの実家に行ったのはある目的があったからなのでした。

それは…


犬を買って実家に連れて行く

というミッション。

え?という方のために、写真を一枚。
b0069848_1711239.jpg


この Berger Allemand ジャーマン・シェパードをニコラのパパに届けたくて、
ヴァカンス計画を立てたわけです。

以前にも2匹のシェパードを飼っていたパパ。
最後の犬がいなくなってからは、またいつかシェパードを飼うのを夢見ながら、
忙しさで紛らわしていたようです。

いつもいろいろとお世話になっているので、パパにサプライズのプレゼントを!
という、またまたニコラらしい考えで、パパに内緒で子犬を探していたのでした。

旅に出る2週間くらい前、子犬を下見に行った時、ミカを抱えて門に入ると、
大きな大きなシェパードが4匹もお出迎え。
人間の私でさえ、狼のように大きな犬たちを見てちょっとすくんでしまう感じなのに、
他の犬がまだまだ怖いミカ、見事に私の腕の中でちびってくれました。(笑)
Tシャツもジーンズもびっしょりの状態で、ちょっと恥ずかしかったな~。

b0069848_1712153.jpgあんなに怖がっていたくせに…
メス犬たちに可愛がられて、
一緒に遊んでもらうミカ。

動物の世界にも母性というのは存在するんですねー。
その点、オスだとボス意識があるのか、こんなに簡単にはいきません。


b0069848_17144613.jpg

犬専用のスペース。広っ。
写真には半分の広さしか写ってないけれど、私の後ろには日本庭園(←犬専用?笑)があったりします。毎日、庭師さんが犬の糞を掃除したりして手入れしてるのだとか…。贅沢な。

あの子犬も大きくなったらこんな風になるのねー。

もちろん、シェパードの純血なのだけれど、さらにもっとすごい血筋で、
歴代に渡って、警察犬や麻薬探知犬などで活躍してるのだとか。
ちょっと恐れ多かったりします。
が…、その割にはとってもサンパなブリーダーさんでした。

実はこの犬を譲ってもらったのは夜の10時。
犬を引き取って、そのまま南下して実家へ向かったわけです。
暑い日中の移動を避けて、深夜のドライブ。

途中、子犬のトイレ&水分補給と気分転換のため、何度かストップ。
驚いたのが、ウチのミカとルカ、離すと2匹でタタタ~~っとどこかに行っちゃうのに対し、
このシェパードの子犬は人間の側にぴったりくっついて離れない。

ちょっと歩くとついてきて、止まると側に座ってじっと待つ。
それが苦痛でもなんでもなくて、当たり前のようにしてるからすごい。
教えてないのに、なんていい子なの!?

ミカも側には来るけど、じ~~っと座って待つことはまだできない。
これがシェパードの頭の良さなのかな。
ちょっと驚かされたひと時でした。

移動中の車の中、予想通り、ミカとルカは後ろのほうでぐっすり寝てくれてる様子。
シェパードの子犬のほうは、家族と離れた淋しさとストレス、慣れない車での移動で抱えてる私もちょっと大変でした。
700kmの距離、ずっと一緒にいたんだものね。少しだけ情が移ってしまいましたわ。

パパの所に行ったら、ちゃんとなついてくれますように…。


南西部での様子、次回に続きます。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-08-21 17:39 | ■Beagle■ Mika ミカ
b0069848_6153799.jpg

夏を満喫してきました。
またゆっくりと更新します。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-08-19 06:18 | こんな所行った…

ヴァカンス真っ盛り

世間では夏のヴァカンスシーズン真っ最中。
我が家のご近所さんたちも、あちこちで留守になり、通りから子供たちの声もなくなって、
聞こえるのは鳥のさえずりばかり。
普段から静かな村は、まさにゴーストタウンみたい。

斜め向かいの ミカにおもちゃをくれた女の子の家もヴァカンスに出てしまって、
ネコ2匹とウサギ1羽、庭の鉢植え、畑の野菜の水遣り担当に任命された私。

このお宅、新しいお家なのでアラームが付いている。
預かった鍵にはリモコンと家の鍵。
リモコンの説明、聞いてないよ…。

il||li _| ̄|● il||li

一応、OFFを押して、それから鍵を開けて恐る恐る家に入る。
何も悪いことしてないのに、私はいいことしてるだけなのに、
誰もいない薄暗い家の中に入るのって、なぜか心理的に侵入行為

地下室の扉を開けると、ネコが一匹飛び出してきた。
Alice アリスだ。
人が恋しくてしょうがないらしく、私に犬のニオイがしようが擦り寄ってくる。

一応、地下室から外に出るためのネコ専用出口もあるんだけど、
このAliceはほとんど外に出たがらない。

キャットフードとお水、下に落ちたハエなどを掃除してると、
突然、アラームが鳴りはじめた。(大汗)

えっ?私、やっぱり侵入者?

ガ━━(((((( ゜д゜)))))))━━━ン!!!!!

これは罠よ、罠。 落ち着いて! (←私の心の叫び)

自分に言い聞かせて、慌ててリモコンのOFFを押しまくる。
お願いだから~~、止まってくれ~~。

何度も何度も押してるうちに、やっと音が治まり、ひたすら安堵感。

そういえば、もう1匹、いないなぁ。
そのもう1匹というのは、以前、ブログに登場したVully ヴリー
散歩好きなネコだけあって、家にはいなかった模様。
今頃、また人んちに入り込んでるんだろうなぁ。

そして、ウサギの Pon-pon ポンポン。
この子は結構人懐っこくて、ネコがいようが寄ってくる。
ウサギだけに文句も言わずにおとなしく、一番扱いやすいかも。

それにしても、ネコちゃんたち!
小さなハンターとは言うけれど、持って来るわ来るわ、小動物の死骸。
これまでに、ネズミの死骸を6匹、スズメは1羽発見。
普段、ネズミって姿を見ないんだけど、いるんだねーやっぱり。
ちょっとショックなcocoでした。
犬は持ってこないもんなぁ。

何時間かして、家の持ち主からニコラの携帯にメッセージが。
「みんな元気にしてますか?さっき、アラームが鳴ったと携帯に報告があったけど、大丈夫だったかしら?」と。
その後、直接、電話で話したら、リモコンの電池を換えないとダメみたい。
ホッ。なんだ、私のせいじゃないんだ。よかった…。

さて、そんな我が家も今夜から南西部にプチヴァカンス。
犬を2匹連れての長距離の移動はちょっと大変そうだけど、
あるモノをニコラの実家に届けたくて、頑張って行って参ります。
都会でしか生活したことないLucas ルカと、
もうすぐ生後3ヶ月になるMika ミカ。
いろんなところを見てもらいたいな、と。

旅に出る前に、もう1人?いや、1匹?増えるかも?
この話はまた後ほど…。

そんなわけで、1週間とちょっと、ネットから離れます。
帰ってきてからも簡単なお返事しかできないですが、一応、コメント欄を開けておきますね。


皆さんも楽しいヴァカンスをお迎えください!
[PR]
by exmouthcoco | 2009-08-10 22:45 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(15)

ハマムの天井を作る!

わんこの話題ですっかり盛り上がり(?)、気づいたら8月に突入してました。
予想いただいてる通り、日中はわんこ2匹と戯れて、リフォームは全くと言っていいほど進んでおりませぬ。(汗)

さて、今回はリフォームの話題。
断っておきますが、これは現在でなく、過去の作業の様子です。
前回は、ハマムの一部の床を石畳にするという壮大な計画でしたね。(笑)
壁と床が続いたところで、今回は天井ですっ。

b0069848_5383786.jpg
発泡スチロールのような、硬いスポンジのような素材にメッシュと塗料のようなものがついてるパネルを使用。
コレ、軽くて丈夫。その上、保温性抜群&湿度もOKということで、浴室によく使われる素材だったりします。
パネル本体と、それを張り合わせるボンドが高価なのがマイナスポイント。
なんでこんなに高いかな~。

b0069848_543072.jpg
それをこんな風に乗せてビスで固定していくわけです。
木材とパネルの間にビスが…見えるかな?
この時に、LEDの電気も埋めちゃいます。

一見簡単そうに見える作業だけれど、実は奥が深いんです。
なぜって?

ハマム内のスペースがきちんと長方形ではない。

だから?って思うでしょう?つまりは、

天井のカーブが左右で違う!ということ。

左(写真1枚目)のカーブに比べて、右(写真2枚目)のカーブが大きいの、わかるかな?

そうとなった場合、上のパネルを切断するのも超大変な仕事。
b0069848_544640.jpg

パネルの値段を考えると、失敗は許されません。(汗)

角度などは私が測る担当なので、実際、この時も私が線を引いたんだっけな。
でも…どうやったのか覚えておりません。今さらまたやると思うと、絶対無理。

b0069848_663343.jpg

イメージは、西部劇に出てくる幌馬車です。↑ 左と… ↓ 右。
b0069848_665931.jpg


b0069848_6111236.jpg
横から見たところ。
うん、外側も幌馬車みたい。
b0069848_6133350.jpg


そして、上から見た図。
b0069848_6152319.jpg
かまぼこみたい!

入り口にガラス戸を取り付けて、これでなんとかハマムの空間は終了。
その後は、内装仕上げに取り掛かります。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-08-06 06:26 | 我が家のリフォームとDIY | Trackback | Comments(20)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco