フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Lucas ルカの夏休み

この3日間、日替わりでお客サマがあって、バタバタしておりました。
皆さんのブログにもなかなかお邪魔できず、恐縮しておりマス。

さて…ここのところ、すっかり犬ブログになりつつありますが、今回もまた犬の話題にお付き合いください。次回はちゃんとリフォームの話題に戻ります~。

b0069848_1605716.jpg

写真にもあるように、ウチのミカのほかにもう一匹。
ヨークシャー・テリアのLucas ルカ君、2歳、オス。
彼の飼い主が日本へ一時帰国する1ヶ月の間、我が家で夏休みを過ごすことになりました。

ルカを預かることはちょっと前から決まっていたのだけれど、
ご存知の通り、サプライズのプレゼント(=ミカ)があったので、家の中に犬が2匹となることに。

最初の日はそれはそれは大変でした。

普段は、アパートの中でお留守番、つまり日中は一人で王様気分なルカなのに、
環境が急に変わって、なんだか変な赤ちゃん犬が一匹。
彼も相当戸惑ったようで、ミカのところに突進してきました。

一方、赤ちゃんのように可愛がられてお姫様気分のウチのミカ。
急に若者(ルカ)がやってきて、相当怖がり、おしっこをその場でちびり、(苦笑)
キャンキャン泣き叫んだ後、家具の裏のほうまで入り込んで出てこない。

((((((゚д゚)))))))ガタガタブルブル

それを好奇心で追いかけるルカ。

2匹を庭に出すと、ミカは逃げ、ルカは追いかけ、挙句の果てに取っ組み合いのケンカ。
ミカを拾い上げると、ルカはミカの尻尾に飛びついて噛み付いて、その時の悲鳴と言ったら…!
近所の人たちが心配してやってくる程。

この先、どうしようか本当に悩んだ私。  il||li _| ̄|● il||liガーン

オットのニコラがその夜帰ってきて、2人で1匹ずつ抱っこして、ニオイをかがせながら歩み寄り、
なんとかお互いの恐怖心や好奇心を和らげて、その日は就寝。

2日目。この日も私は日中一人。この2匹の面倒をどうやってみようか悩んだ挙句、庭でルカと過ごすことに。そうしたら、ウチのミカは遠巻きに眺めながら少しずつ距離を近づけてきた。
まるで、「Un, deux, trois, soleil!」アン・ドゥ・トワ・ソレイユ ←日本で言う、「だるまさんが転んだ」みたいな感じで。
b0069848_16294716.jpg
ルカちゃん、こっち向いて!
この子、本当はおとなしくて、文句を言うわけでもなく、嫉妬するわけでもなく、
人のことをちゃんと聞くことのできる、すごくいい子なの。急に家族が増えて戸惑ったのよね。
↑ 一方、おもちゃに興味があるふりをして、少しずつ歩み寄るミカ。素直だなぁ。
b0069848_16423940.jpg

なんだか赤ん坊が近づいてきたなぁ。どうしようかなぁ。なーんて困った顔をするルカ。
最悪、この場から逃げ去って道に飛び出さないように、この日は一応、まだリードでつながれてます。
今考えると、こんな日もあったなぁ、と。まだそんなに経ってないのに。
b0069848_1648466.jpg
ルカを抱っこしていると、向こうでビービーいびきをかく犬が。
ルカも「すげぇな、この犬」、みたいにじーっと見ております。

ちょっとビデオを撮ってみました。
興味のある方だけどうぞ。


夜の散歩。
ニコラと私、犬2匹。
農道を4人で一緒に歩く。
2匹のリードを取り外しても、ちゃんと沿うようについて来る。
車道に近づいたので、ルカのリードを付けた途端、
「私が引っ張ってあげる」なんて、余計なことをするミカ。
b0069848_1654334.jpg
まだまだ知恵がついてない様子。

b0069848_16513768.jpg
この1ヶ月、我が家での夏休み。
いい思い出ができるといいね。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-07-29 17:00 | ■Beagle■ Mika ミカ | Trackback | Comments(24)

☻☻☻ Eclipse ☻☻☻

昨日は皆既日食でしたね。
フランスのニュースでも、中国やインドに加えて日本の皆既日食の様子を映してたけど、
このブログに遊びに来てくださってる方の中には見えた方がいらっしゃるのかな?

ところで、日食は Eclipse エクリプス。
b0069848_5111537.jpg
実は、ウチのミカ、生まれ育ったところでは、このEclipse エクリプスと呼ばれていた。

なので、一応、ワクチンなどの証明書もEclipseでの表示。
b0069848_4451618.jpg
↑首輪とリードを買ってあげた。
2009年5月14日生まれ。メス。ビーグル。トリコロール(三色)

b0069848_449978.jpg
首輪につけているのが、このメダル。
「私はマイクロチップで登録されています」
そして、裏には迷子になった時のために電話番号が。

以前は耳の裏にtatooを入れるのが一般的だったみたいだけど、
時代はこんな風に変わってるのね。
首の皮膚の下にマイクロチップが入ってるそうで…想像するとちょっと怖い。

ミカが来た次の日、近所のお姉さんからプレゼントをいただいた。
b0069848_4565427.jpg
ミカ用のおもちゃ!!
こんなに可愛い箱で。しかも、カードがついてる。
b0069848_50675.jpg
カードには、「ようこそ!私の可愛いミカ サラより」
お姉さんといっても、まだ14~15歳の子なのに、こうして我が家の犬のために
プレゼントを考えてくれただけで、私はとってもうれしい!
b0069848_4573812.jpg
寝てる時は可愛いんだけどねぇ…。
あるスイッチが入ると、凶暴な娘に。
そろそろ躾も始めないといけませぬ。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-07-24 05:15 | ■Beagle■ Mika ミカ | Trackback | Comments(14)
昨日のこと…。
オットのニコラの仕事が休みだったので、一緒に買い物に行くことに。


「普段行くスーパーでなくて、ちょっと遠出してみようよ。
同僚が言うには、○○○(場所の名)のスーパー、なかなかいいらしいよ。」
と。

ふーーーん。どうしちゃったんだろ?
わざわざガソリン使ってまで遠くで買い物して…って、全然エコじゃないじゃん!


「たまにはさぁ…散歩がてらいいじゃない?」

なーんて、言うもんだからとりあえずお任せしましたさ。

いつも行くハイパーマーケットと同じだけれど、店舗が違うと配置も値段も、そして、生鮮食品は質も違う。
ウチの近くのハイパーって、本当にイケてないんだけど、ここはまぁ快適に買い物ができるわ。
あれこれ買い込んで、カートを戻しに行って車に戻ったら、ニコラが誰かと電話をしていた。


「・・・あ、近いんですね!じゃぁ、すぐに行きます!」


その時の私、特に相手が誰かと聞くこともなく、助手席に座っていたっけ。
車で移動したのは、本当にすぐ近く。5分もかからないところだった。

そうしたら、ニコラが、


「いい?気に入らなかったら要らないって言うんだよ。」

は?何?何のことだかわからない。
ニコラって、たまに主語がないのよね…と思いながら、まだ頭の中ははてなマークでいっぱいの私。

そうしたら、向こうのほうにたくさんの犬が!こっちを見てる。
しかも、私の大好きなbeagle ビーグル!!

そして、この時初めて、犬を買いに来たことを知らされた。
なんでぇ~~、もっと早く言ってくれればいいのに!心の準備が。

そう、私、ずーーーっとずっと、ビーグルが欲しかったの。
いつか、家族の一員として迎えたいなぁと思っていて、
広いお庭ができたら…と、非実現的に話していたっけ。

というわけで、ニコラからのサプライズ。
そんな理由でカメラ持って来てないのだった…。(涙)

ビーグルの家族一同10匹くらい?どの子もおとなしくて、きちんと人の言うことに従う。
集団でこんなにまとめることができるなんて、すごい!と、感動していたら、
この主人とよく狩りに行くのだそう。

そうだよね、ビーグルって、狩りの犬だもんなぁ。

このビーグル一家はフランスのビーグルのピュアな血統らしいのだけれど、
日本で見ていたビーグルとちょっと顔つきが違う。
なんて言うか…日本のビーグルって、甘いマスクでちょっとアイドル系だとすれば、
こっちのビーグルって…なんだかドン臭い、っていうか、田舎臭いというのが私の印象。

3匹の赤ちゃんの中から、お尻に白いマークがある女の子を選んだ。

そして…
b0069848_5142843.jpg
トマトの箱に入るくらい、まだまだ小さな子犬。
生後2ヶ月。
b0069848_518933.jpg
最初のうちは、ママとパパ、兄弟やパピーやマミー(おじいちゃん、おばあちゃん)、おじさん、おばさん犬と離れてしまって、かなり落ち込んで泣いていたけれど、大分、我が家に慣れてきたみたい。
b0069848_5201373.jpg
森に散歩に連れて行ったら、喜ぶ喜ぶ!
こんなにちびっ子なのに、ちゃんと人の脇にぴったりくっついて歩いてる。(たまに脚にからむんだけど)
人間が立ち止まると、ちゃんと一緒に立ち止まり、歩き始めると、一緒に動き出す。
何も教えてないのに、こんなにできるのって…この犬の性質なのかな?
b0069848_5273032.jpg

名前は Mika ミカ。
これからも、私たち同様、このブログでよろしくお願いします!
b0069848_5311499.jpg

[PR]
by exmouthcoco | 2009-07-19 05:32 | ■Beagle■ Mika ミカ | Trackback | Comments(37)

3D!石のパズル

さて、ハマムの空間の続きデス。

入ってすぐのところの床。ここを何にしようかかなり悩んだ私たち。
いろんな素材がある中、選んだものは…




石!

b0069848_5115290.jpg
イメージは pavés 石畳。
が!街の中の石畳の石って、どれも四角くて、形が統一されているけれど、
我が家の壁から出てきたものは、もちろんそんなもの、ありませぬ。
b0069848_5191966.jpg

平らな面を探して、あまり厚みのないよう、しかも水が中央の排水口に流れていくように
角度も考えながら一つ一つセメントに乗せて埋めていく。
あぁ、気の遠くなる作業。
b0069848_5195520.jpg


そして、やっと詰め終わったところ。ふぅ~~。
b0069848_5202671.jpg


まだまだ。
石の隙間が多いので、セメントで埋めていく。
b0069848_5271514.jpg

それらしくなってきたよね?きっと。
b0069848_5351279.jpg

この状態でもいいのだけれど、一つ問題があって、
石と石との隙間が広すぎて、目地剤が使えないということ。

そんなわけで、目地の隙間に小石を埋めていくわけです。
b0069848_5394230.jpg
 ↑ これはまだ目地入れてませんが…

最後に目地を入れて、とりあえずはこの石のパズルのスペースは完了。

でも、まだまだ続くのだ…。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-07-12 05:42 | 我が家のリフォームとDIY | Trackback | Comments(24)

まだまだベリーの季節。

フランボワーズの季節はだんだんと終わりに近づいてきた模様。
完熟したものは下にボトボトと落ちていたり、干からびて枝にしがみついていたり。

去年も確か触れたけど、フランボワーズのおじいさんの家にはグロゼイユ groseilles [房スグリ]の木がずらっ~とあって、今はまさにそれが旬。
いつものごとく、「いつでもたくさん採りにおいで」というので、ボウルを両手にいざ!

山のように抱えて帰ってきたら、斜め向かいに住むご近所さんに遭遇。
半分をおすそ分け。

帰った途端、今度は裏のおばさんから「グロゼイユを採りにいらっしゃい」と声がかかる。
おじいさんの家のものに比べたらちょっと小粒なんだけど、これまた見事!
去年は全然ならなかったのに、こんなに実がついたのは今年が始めてだと言うおばさん。

確かに、我が家の小さな鉢植えのグロゼイユもカシスも、今年は見事なくらいに実がついていたっけ。
ウチの近くは、今年は赤いベリーたちの当たり年なのかな。

一生懸命摘んでいるそばで、収穫したボウルに顔を突っ込んで食べる犬あり。
人間に収穫させて、自分だけおいしい思いをするとは…なかなか賢い犬。

b0069848_615420.jpg
房から一粒ずつ取り外す作業は結構大変。
内職をしている気分。

b0069848_624775.jpg
スグリの実って、すごく可愛い!
イヤリングにしてみたいなーとか、
この赤い実を部屋いっぱいにぶら下げてデコレーションしてみたいとか…
いろんなことが頭に浮かぶ。

というわけで、明日はジャム作り。


夜になって、玄関ドアを叩く人が。
昼間のスグリのお礼にと、山盛りの プティ・ポワ petit pois [グリーンピース]が届いた。
なんだかわらしべ長者になった気分。
b0069848_682850.jpg
入っていたパニエをすぐに返却しようか?と聞いたら、
「いいの、いいの。次は何かが入って戻ってくれば」(笑)

確かにこの時期、近所中でお皿やパニエが飛び交ってる。
こういうのも、なんだかいいかも。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-07-09 06:11 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(18)
エスキモーの家の続きです。

b0069848_5493172.jpg
壁の外側はこんな感じに。
明り取りのために、ガラスブロックを入れてみました…。

入って右手にある、この穴。
b0069848_5504788.jpg
もともとは、トイレの浄化槽のような深い穴があったところ。ゲッ。
でも、両脇はセメントをキレイに打ち直し、下は土砂で埋めて浅くしてあります。

ここに小さなプールのようなものを作りたいニコラ。
排水口をつけたものの、はて…
栓をしていない時、下水の匂いが上がってこないようにするにはどうすればいいのだ?
目指すは、日本の、昔ながらのお風呂なんだけど…どうなってたっけ?
洗面所でよくある、くるりと一回転したチューブはその匂い対策だということは知ってるんだけど…。

で、解決したのがこの形。
b0069848_5584132.jpg
なるほどね。これだと常に水が入っていて、匂いが逆流して来ない。
これぞ、ニコラちゃんの知恵。

プールの底となる部分。
湿度対策のために下にビニール素材のものを敷き、セメントであのパワーボードのようなものを載せていく。
b0069848_615217.jpg
ちゃんとお水が排水口へと流れるように角度もきちんと確認。

↓↓↓ 底部分と階段がこんな感じに。
b0069848_681644.jpg
プールサイド(苦笑)となるベンチ部分にも同じ素材のものを載せていく。
この時も、お水が内側に垂れるように、少しだけ傾斜をつけて…。

とりあえず、こんな感じに。
b0069848_613756.jpg
ちょっと形ができてきて、くつろぐ棟梁。

…で、一体この空間って何なの?
[PR]
by exmouthcoco | 2009-07-06 06:44 | 我が家のリフォームとDIY | Trackback | Comments(28)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco