フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

買っちゃった!

タイトルにあるように…


買っちゃいました。

…で、何を?

b0069848_5403019.jpg
車?

いえいえ、これは売っちゃったの。

で、何を買ったの?
[PR]
by exmouthcoco | 2009-05-30 06:08 | フランスで家を買う? | Trackback | Comments(34)
ブログのお友達、societe bonne ソシエテ・ボンヌのカトウさんが
フランスのホームセンターの記事を書いているので、それに関した話題を…。

素人が古い家を改修ということで、よく聞かれるのが、
オットのニコラはどうやってその知識を身につけたのか、ということ。

彼の場合、子供の頃から、大人がやることを見てきた。
きっと彼の周りにも、器用な人がいたんだろう。
職人さんがいれば、話しかけたり、じーーーっと見つめたり。

でも、それだけじゃやっぱり限りがあって、便利なこの時代、ネットで調べることが多かったのも事実。
個人のHPやブログだけじゃなく、大手のホームセンターのHPで学ぶこともたくさん。

中でも、Leroy Merlin
このお店のHPにはよくお世話になったようだ。
実店舗でも、品揃え豊富、デコレーションや商品説明も丁寧で言うことなし。
値段は他のブリコラージュのお店に比べたらそれなりにするけれど、安心感がある。

b0069848_591557.jpg
最近出た、このお店のカタログ。

小さなビス一つから、屋根の足場や電気工具まで、ほとんどのものが載っている。

中でもすごいのが、
b0069848_5135139.jpg
屋根を一部壊して、(日本語で?)ドーマーウィンドーと呼ばれる窓の作り方とか、
ソーラーパネルの取り付け方や…

b0069848_5122921.jpg
地方によって違う屋根瓦の葺き方。
角度もちゃんと載ってたりします。

b0069848_5175762.jpg
興味深かったのが、地方によって異なる家の様式と、色。
これは家の外壁のページ。ふむふむ。

このブログにも遊びに来てくれる方の中には、私たちと同じように自分たちの力で家のリノベーションをしている方も多いようで…。
そんな方、是非、Leroy Melinへ急いで~~~!
580ページ。もちろん、無料です!
[PR]
by exmouthcoco | 2009-05-24 05:31 | 我が家のリフォームとDIY | Trackback | Comments(24)

coco、ピンチを救う。

何日か前のこと…。
夜7時、携帯が鳴った。
夜勤で出かけたニコラかと思ったら、近所のファンファン。

「coco、今からcanard (カナール=鴨)の所に来てくれる?」
そう言われたので、ファンファンも今そこにいるのかと思いきや、いないと言う。

ファンファンの家とは別に、canardと呼ばれるお家があって、
そこのお庭でニワトリや鴨などを放し飼いしているのだ。

「で、行ってもいいけど、何で?ファンファンはそこにいないの?」

「うん、今、○○○○の近く。これから友達の家に行って食事を一緒にするの。」
我が家から30キロ以上離れた所だ。


で、どうしたのかと思いきや、そのcanardのお家のキッチンでジャガイモを蒸かしていて、
火をかけたまま、外出してきてしまったらしい。
ファンファンが、旦那サンのシルヴァンにガスを止めるように伝えたのに、彼がすっかり忘れたという図。
ありゃりゃ。

夜の7時とは言え、まだまだ昼間のように明るい今の時期。
canardのお家まで言って、外のドアを押して敷地内に入った。

で。ドアがある。しかも鍵がかかってるし!
ファンファン、鍵はかかってないと言ってたのに!

ドアの脇には窓があって、お目当ての鍋が外から見える。
完全に水分がなくなって、焦げてる様子。外にまで焦げ臭いのが漂ってくる。

ファンファンの携帯に電話して、ドアが開かないと伝えたものの、だからと言って解決するわけでもない。
家の中へどうやって入ろうか、まるで泥棒になった気分だ。

運よく?運悪く?ドアの脇の窓が少しだけ開いてる。
でも、窓はかなり高い位置にあって、しかもその下は草ボウボウ。
うーーん、どうしようかな。ピンチ!

よじ登るものを探して、なんとか窓の高さまでよじ登る。
こんなところ人に見られたら…絶対怪しいよ、私。

せっかく窓に辿り着いたのに、窓は内側からロックされた様子。
なんとか、隙間に手を入れて、内側のつまみを解除する。

やった!家の中に侵入成功!

ドキドキしながらガスを止め、家の中の煙を外に追い出す。

ミッション終了。ほっとする。


さて、翌日、ファンファンがお礼のためにやってきた!
自家製の卵とたくさんのタケノコを持って!
b0069848_5592679.jpg

 ↑↑↑ コリアンダーと春菊はウチの畑から 

今年に入って、畑のことに触れてなかったんだけど、なんとか順調にやっております。 
上の写真にもあるように、コリアンダー(香菜)と春菊は去年の種が落っこちて、雑草のように生えてきたもの。採っても採ってもまた生えてくるので、なかなかうれしいんだけど、トラクターで耕すので一斉に採ってしまった。
ということで、今は山のようにあるコリアンダー。

b0069848_66240.jpg
これまた別の日の収穫。
たくさんの春菊とロケット(ルッコラ)、そして、イチゴたち。

今の時期、毎回畑に行くたびにイチゴたちはこれくらい収穫できる。
去年の秋頃、結構手入れをしてあげたので、元気いっぱい。
畑仲間に、もうイチゴが生ってるの~?と聞かれる。ちょっとうれしかったりして。


さて、今日はフランスでは祝日。
先日のお礼も兼ねて、お昼ごはんにファンファンに食事を招待されていたので、
畑で採れたイチゴでタルトを作って持って行った。
b0069848_6134358.jpg
空焼きしたタルト生地を取り出すときに見事失敗。(苦笑)
ヘリが壊れましたー。
でも、味は好評。イチゴの大きさが揃ってないところが、手作りっぽくてなかなか…でしょ?

お土産に、レタスを2個分もらって帰って来た。(笑)
そして、その後、畑に行ったら、ファンファンとシルヴァンが…。
大きな大きなレタスをさらに2個と、小ぶりの白菜をたくさん、私のパニエに。


1.5 + 2 + 2 = 5.5
 ↑ 最初の1.5は前回の残り。やっとここまで減ったのにな。 _| ̄|●
[PR]
by exmouthcoco | 2009-05-22 06:19 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(20)

山盛りサラダ

何日か前に生鮮食品のスーパーに行ったら、キレイなレタスが安い!
今の時期、普通のお店だと0,80ユーロくらいだろうか。日本円にして、100円くらい?
それが、このお店だと、3つで0,99ユーロだった。
葉っぱがしなっとしていたり、傷んでいたりするなら買わないとこだけど、
スチームがもぅもぅと湧き出るお野菜コーナー、新鮮ですっ!とまさに訴えてるようなもの。

3つか…。食べきれるかな?と悩んだ挙句、1つずつ種類の違うものをチョイス。
サラダって、いろんな種類の葉っぱを混ぜると食感も違うし、おいしいんだよね。

それにしても、一つ一つが大きい、こちらのレタス。
スーパーに備え付けの袋にもなかなか素直に入ってくれないくらいだ。

家に帰って来てから、野菜仕事が始まる。
野菜の下準備って、結構面倒に感じる私。
だから、今日はサラダは要らない~ってならないように、
イヤになる前に、時間がある時にササッと洗ってすぐ食べられる状態にしておくのが最近の習慣。

さすがに3つのレタスを全部はがして洗ってしまうと、その保存にも困る。
ということで、外側の大きな葉っぱを中心に、内側の小さな部分は後のために株ごととって置くことに。
普段はジップロックに平べったく入れておくんだけど、さすがに3つ分のレタスは収納不可。
大き目の密閉容器にギュウギュウ押し込み、はぁ~っと一息。
b0069848_21583034.jpg
すごいっ。レタスなのに、ずしりと重い!

夕食の支度をしていると、近所の友達がやってきた。
手には畑で採れた2つのレタス…。(笑)

あぁ…
3 + 2 = 5
ガ━━(((((( ゚д゚)))))))━━━ン!!!!!
b0069848_22171172.jpg
  ↑↑↑ すべて種類が違います…。

夕食にはもちろん、山盛りサラダ。
メインの料理を食べた後にサラダへと流れつく。

ニコラにいつも指摘されるんだけど、ウチのサラダは絶対2人分じゃないと言う。
どう見ても、4人分だ、と。
考えてみたら、以前はこんなに山盛りのサラダを食べてなかったような…。
畑仕事をやるようになってから、夏になると、自分で収穫したサラダの他に、よそからもいただいたりして、必然と大量消費の習慣がついたようだ。
だから、最近はレタスの種蒔きをする時は、絶対に30個以上にならないように気をつける。
それでも、毎日食べても、1日1個。

メインの食事ですでにお腹が満たされて、さすがにサラダまで辿り着けない。(涙)
あぁ~~、消費せねばいけないのに!
「明日にしよう!」ニコラの軽い一言で、サラダはボウルのまま冷蔵庫行きとなった。

翌日。ニコラが出勤で私一人の昼食。
ボウルのサラダ、丸ごといただきましたよ。
草食動物のように。

さて…夕飯も山盛りサラダ、食べるかな。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-05-14 22:20 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(33)

おネコさま

先週のいつだったか…食事の支度をしていると、キッチンの背後に何かを感じた。
じーーーっと見られてるような、背後で何かが動いてるような…。


b0069848_4264028.jpg
ネコがいた!(驚)

ウチ、ネコ飼ってないのに。
しかも、
「ミャーオ」だって。

もう、それからが大変。

ね、あっち行って。
ね、ほら、こっちだよ、ミャーオ。
おいで、おいで…。

…通じない。 il||li _| ̄|● il||liガーン

それとも、無視されてるのか?



「ミャーオ」


日本語でわからないなら、フランス語で、と話しかけてみる。
それでも通じなくて…

ネコ語はわからないや。(๑→ܫ←)

実は、わたくし…ネコがちょっと苦手。✞
ブログのお友達でもネコちゃんを飼ってる人も多くて、写真で見てると可愛いニャーと思うんだけどなぁ。

飼ったことがないから扱いを知らないとも言えるんだけど、
子供の頃に、夜、家の中にネコが乱入してきちゃって、家中が大パニックになったことがあった。
それ以来…ふとした時にちょっと怖い。
どうもイヌのほうに縁があって、自分もやっぱりイヌ派なのだ。
b0069848_4563415.jpg
話しは元に戻って、このネコちゃん、実は近所の飼い猫、Vully(ヴリー)。
飼い主がモロッコにヴァカンスで出かけてる時に、我が家に散歩がてら来るようになった。

最近は晴れてると外のほうが暖かかったりするので、窓や扉を全開にしている我が家。
それで家の中に入ってくるらしい。

足音立てずにやってくるから、ふとした時に家の中で見つけると、飛び上がりそうになるほどビックリする。ネコのほうも、私の驚き方がすごいからか、ビクッとする。
その姿がとっても笑える。お互いに。(笑)

誘い出しては外に連れて行って、また家の中で発見して、外に連れ戻し…
これを何十回も繰り返す。窓を閉めればいいんだけどサ。

2階に上がっていった!!
ダーーーメーーーーーっ!
b0069848_443028.jpg
(↑くつろいでるし!)
我が家、2階と屋根裏部屋は土足禁止なのであります。
かつて我が家に遊びに来ていたLOST君はちゃんと階段の前で待ってたもんな~。
それに比べて…Vully、言うことを聞いてくれるはずもなく、土足で部屋の中を歩き周る。
b0069848_4573096.jpg
(↑バスマットの上なのにぃ…涙)
ホコリだらけの家だからどうでもいいようなことなのに、変なところで神経質になる私。(笑)
そのうちどうでもよくなって、好きなようにさせておくんだけどね。

ネコって、こちらが想像もしないようなところを入っていくのねー。(←私には新発見)
冷蔵庫の裏だとか、ソファと壁の隙間だとか…。

そんなホコリだらけの体でベッドの上に上がったりはしてないだろうね?
そればかりが気になる私。

b0069848_450733.jpg
屋根裏に行ったら、窓の外にいた。
ヒィ~~ッ。ニコラが大事にしている松の赤ちゃん、突っついてるぅ~。怒られるぞ~。
b0069848_4512819.jpg

それにしても、ここ日本で言う3階部分に当たるんですけど…
怖くないのかな?落ちる恐怖とか、そいういう感情ってないのかな。

b0069848_4553420.jpg
仔猫だったときのVully。
仲良しのAliceは臆病で家の外にはほとんど出ないみたい。
ネコといっても性格がいろいろなのね。

それにしても、忍び足でやってくるの、どうにかしてくれないかなー。
そのうち、心臓が止まっちゃうよー。

✣✣✣ 追伸でーす ✣✣✣
[PR]
by exmouthcoco | 2009-05-09 05:08 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(40)

すずらん祭り 2009


先週末は毎年恒例のわが村のすずらん祭り。
本来は3日間、なにやらイベントがあるのだけれど、我が家では最終日のブロカントだけ参加する。

ブロカントの前日の夜、村の小さなスタジアムで花火大会があった。
去年は確か…屋根裏部屋から見たんだっけなぁ。
今年は、裏のおばさんとおじさん、ファンファン夫妻と一緒にスタジアムに繰り出す。
街灯もなく、真っ暗なスタジアム。
それでも老若男女、たくさんの人。どこから溢れて来たんだろう~。
b0069848_18175823.jpg
音楽に合わせて、ヒューヒュー上がっては、頭の上で花火がはじく。
結構長い時間やっていたなぁ。30分くらい?
高いんじゃないの?人口1000人の村にしては豪華すぎないか?
予算、大丈夫なのか~?そればかり言うニコラ。(笑)

花火が終わって、深夜0時近く。
みんなそれぞれ家に帰るのかと思いきや、向かった先は、教会前広場の移動遊園地。
b0069848_18251750.jpg
真夜中なのに、大音響のmusique。大丈夫なのか~?
この時間は結構大人ばかりはしゃいでいた気が…。
昼間は子供たちに占領されちゃうんだもんね、この遊園地。

さて、翌日はブロカント。
b0069848_18235773.jpg
出店料は村の住人は4メートルまで無料ということもあって、顔なじみばかり。
お昼ご飯やトイレに行く以外、何だかんだと村でブラブラしてた私たち。
こういう時こそ、村人との交流があるんですわ。
小さくて素朴な村のブロカント、やっぱり住人としては毎年外せない。

ブロカントつながりとして…
以前、パリ暮らしをしていたお友達の加藤さん。
(↑ 「ソシエテ・ボンヌ」というユニットを組んで、パリの情報あれこれ発信中。)
パリからわざわざ遊びに来てくれた彼女は近くの村で掘り出し物をゲットしてました。
記念に残るもの、ゲットできてよかったねー。


さて…ウチの戦利品?
b0069848_18404441.jpg
実はほとんどないんです。(笑)

買ったものはこのボトルを入れるパニエだけ。

しかも、ウチに同じようなものがあるのに…。

それでも欲しがったニコラ。

まぁ、安かったのでこれだけ買ってきましたよ。


向こうに写ってる植物と、ホワイトアスパラ2束、1キロ…
これはいただきもの。
なんだ、もらってばかりだな~。(苦笑)

b0069848_1843293.jpg
ちょっとしたラベルがあるだけで何となくいい感じに見えるんだよね。不思議なことに。

↑ たいしたこと書いてありません、ちなみに。
「4本のボトルが入れられるパニエ。A.Rのマーク入り」

あぁ、村の一大イベントが終わってしまって、あとは来年を待つばかり。
一年、あっという間だもんなぁ。すぐにその日になるでしょう…。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-05-06 18:53 | フランス雑貨・蚤の市 | Trackback | Comments(14)
日本だと青臭いイメージのニンジン。
子供の嫌いなお野菜No.1って感じだけど、給食のメニューにはいつもニンジンが使われていたっけ。
あれから品種改良で大分柔らかな味になったのかな?

外国で食べるニンジンって、甘くておいしい。
かつて過ごしたことのあるオーストラリアでもニンジンは甘くて、子供たちがニンジンをかじってる姿、結構見かけたもんなぁ。
ここフランスのニンジンも甘くておいしい。
生食でももちろん、火を通しても甘くてやさしい味がする。

b0069848_18194311.jpg

いつだったか…オットのニコラが作ってくれたニンジンのスープ。
雑誌の切り抜きだったか、ネットで見つけたそのレシピに挑戦して以来、我が家の定番となった。
ほんのり甘いニンジンと、甘い香りがするようなココナッツとの組み合わせ。
ちょっとピリッときいた生姜がアクセント。

レシピはこちら
[PR]
by exmouthcoco | 2009-05-02 18:44 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(20)
b0069848_5435172.jpg
スーパーのお野菜コーナーに行くたびにいつも気になっていた、大きなシャンピニオン。
詰め物用なんだろうけど、それにしても大きいなぁと思いつつ…。

先日、買い物に行ったら、この大きなシャンピニオンがあまりにもキレイだったので買ってみた。

どうやって食べようなぁ~なんて考えていたら、なんとその日はBBQ。
厚切りにして網焼きにしてみた。
b0069848_556289.jpg

大きくて食べ応えがあって、一口かじって思わず「うまっ」
遠い昔に食べた、しいたけの網焼きと同じくらいおいしかった!
毎日でもいい~~。これ食べ続けたい。(笑)
マジで思った瞬間でした。

夕飯の準備をしていたら、ファンファンの旦那サン、シルヴァンが春の味覚を持ってきてくれた。

b0069848_603468.jpg
たけのこ♥

「今さっき、庭で採ってきたところ。」
うわ~~い!何にして食べようかな?
いつも食べたいと考えてるのに、いざとなるとあれこれレシピが浮かびすぎて、考えがまとまらない。
結局、たけのこご飯とヴェトナム風ラヴィオリ(シュウマイ)の中に入れてすべて食べてしまった。

次があったら、生を天ぷらにしてもいいかな~。
なーんて、密かに期待をしているのでありました。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-05-01 06:18 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(22)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco