フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

久しぶりにリフォームに関する記事を…。

オットが仕事から帰ると、手にした書類がいつもテーブルの上にボンっ。
携帯がボンっ。

せっかく何も置かないように努力してるのに、気が付くとボンっ。
チラシがボンっ。
ちょっとしたものがボンっ。

「テーブルの上には何も置かない」 こう決めたはずなのに…。
どうしても無理。

というのは、それを収納するスペースがないから。

以前から、玄関脇に電話台を兼ねた小さなカウンターが欲しいと思っていた。
テーブル下の引き出しに入れている家計簿や筆記具、売り出し中のチラシなど、
こういうのを収納できるモノが欲しいなぁと。
市販の家具はどうもイヤなので、自分なりに作れたらいいなぁ、と…。

で…2日ほど前から製作中。
b0069848_179359.jpg

この角度がよかったの。
ニコラからは、レジカウンターみたいだ、って言われるけど。(笑)

カウンタートップには木材を使用。
といっても、この古い虫食い柱(今はいないよ!)に沿って木材をカットするのは結構至難の業!
b0069848_17133574.jpg
こういう複雑な角度を測るのはいつも私の仕事。
やり直しはききませんからねー、かなり難しいのデス。
b0069848_17103542.jpg
木材を磨いて磨いて…
b0069848_17163964.jpg
ちょっとアンティーク風に角を落としてみたり…。

なーんて書いてますが、実は角が取れていたりささくれていたりしたのでした。
と言うのも、この木材、要らなくなった端材。
どれに使われていたかと言うと…
b0069848_17193749.jpg
屋根の基礎!
Madrier マドリエと言いますが、結構大きな木材。
コレを2つ並べて天板に。ずれないように、見えないところにきっちりと作業がしてあるのです。
b0069848_17365650.jpg
何となくこんな感じかな。

作業の途中、スズランのおじいさんからブーケをいただく。
b0069848_174152100.jpg
「雨が降ってきそうなので摘んできたの。ちょっと早いけどプレゼント!」
もうすぐ5月だもんね。

さて、今日は木材にニスを塗る作業。
一人でコツコツ頑張りまーす。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-04-26 17:46 | 我が家のリフォームとDIY | Trackback | Comments(22)

森の散歩とワラビ採り

b0069848_1872070.jpg
春の森。妖精がどこからか飛び出してきそう。
どこかで見たことある光景だと思ったら…。
家探しをしている最中に立ち寄った森と同じだった。
それもそのはず、考えてみたら同じ森だったのですねー。
あれから4年の月日が流れ…ライフスタイルはすっかり変わってしまったなぁ、と。

前回、モリーユ探しにチャレンジしたものの散々な結果だったので、お天気だった昨日の午後、またもや畑仕事のついでに森に入ってみた。

目的は、もちろん、morille アミガサダケ!
でもねぇ…やっぱり見つからない!(汗)
b0069848_18224825.jpg
こんな落ち葉だらけの中にひょっこりといるらしいんだけど。
同じ色じゃん!しかも、小さいんでしょ?ムリムリ!
どんなに目がよくたって、せいぜい目を凝らしても自分の半径1メートル。
かがんで見たら、と思うけど、それじゃ前に進まないし。

単に森と言っても、落ち葉だらけだったり、植物が群生していたり、とかなりバラエティに富んでいる。
b0069848_18311126.jpg
スズラン。
もうすぐ5月1日だもんね。このメーデーの日には大切な人にスズランを贈りあう。
こうやって眺めているだけならいいんだけど、キノコ探しも頭にあったり、スズランを踏んじゃいけないと考えたり、散歩してるんだけど、結構頭を使っていたりして。
というのは、スズラン群生林。
b0069848_18273632.jpg
足の踏み場に困るくらい。

そして、ある時は、あちこちにワラビちゃん。
b0069848_1839663.jpg
↑ピント、合ってないよ。(汗)

いつしかキノコは諦め、ワラビ採りに夢中になる私。
そう!山菜ごはんが頭に浮かびっぱなし。

そして、今日の収穫。
b0069848_1841444.jpg

これからワラビの下処理でーす。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-04-21 18:44 | こんな所行った… | Trackback | Comments(20)
今日はニコラと二人で畑仕事。
レタスとニンジンの種を蒔こうと準備していたら、ファンファンとシルヴァンの車がやってきた。
彼らも畑仲間なので、今日はてっきり畑仕事かと思いきや、キノコ狩りに行くのだと言う。
「一緒に行かない?すぐそこだから。」

森の散歩大~好き♪ なので、急遽、手を休めてキノコ狩りに行くことにした。

と言っても、畑のすぐ隣から森が始まっているので、たいした距離ではない。

森に入った途端、ファンファンが急にしゃがみこんだ。

え?お腹痛くなった?と思ったら…、モリーユ Morille 発見!
b0069848_5225452.jpg
アミガサダケ。
すごいです、この人。

落ち葉だらけのカサカサのところで、同じ色したキノコを見つけるなんて!
私もずっと探したけれど、目がチカチカしただけ。(笑)

何を隠そう、私、モリーユ探しは初めてで、未だに食べたことがない。今回、見るのも初めて。
近くの森で採れることも知っていたけれど、毎年、この時期は日本に里帰りすることが多くて、
ファンファンから、モリーユが終わっちゃたよ、と、何度言われたことか。

こんなに大きいの、見たことないよ、とニコラ。
しかも、傷むことなく、手に持ってもしっかりしている。

目がチカチカしてきたので、私はワラビ狩りへと方向転換。(苦笑)
山菜ごはんが頭に浮かぶ。

森をさまようこと1時間近く。
いつの間にか、わが畑の近くまで戻って来たようだ。
今日の収穫、ファンファンのモリーユ1個。(爆)
きっと、朝のうちに誰かが採っていったに違いない。
また次回かな。

さて、夕飯の支度。
今日はモリーユを使って…というわけではなく、イモ兄ちゃんのイモ料理。
b0069848_5355616.jpg


1つだけのモリーユなのに、ファンファンったら、私たちにプレゼントしてくれた。
私はいつでも食べれるから…って。
(↑ 義両親としょっちゅうキノコ狩りにいくらしい。)
ゆっくりゆっくり乾燥させて…それから食べるといいよ、とのアドバイス。

あぁ、私もキノコの達人になりたいものだ。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-04-15 05:40 | ■mom potager■ 畑の話 | Trackback(1) | Comments(18)

手放したい骨董品

b0069848_59940.jpg

タイトルの通りでございます。

この家に引っ越して来た時にガレージの隅に立てかけてあったもの。
私の目には、どう見てもホコリまみれのガラクタにしか映らなかった。
折り畳んであって、何なのかよくわからなかったのも事実。

以前、この家に住んでいたおじいさんが所有していたもので、跡継ぎの息子のものとなったけれど、
あまり興味はないらしく…私たちが引っ越してくる時に、ニコラがその人に頼んでもらってた!

いらないよ~~。emoticon-0120-doh.gif 何でこんなもの、もらっちゃうの~!?

b0069848_523426.jpg

実はコレ、
第一次世界大戦の時に使われていた 担架!
ということは、1914年~1918年のもの。
上に載ってるのは、折りたたんだ時に縛るベルト。

b0069848_5262775.jpg

こちらには頭がくるんだけど、一部、封筒状になっていて、この中にワラを入れて枕にするのだとか。
よくできてるなぁと思うのが、折り畳んでから下に置く時に、ちゃんと脚が出るということ。
しっかりした作りで、コレ自体、ものすごく重い!
人を乗せて担ぐって大変だよね!

考えてみたら、怪我した人とかコレで運ばれてたんだよねー。(((((( ゚д゚))))))) 担架だものね。
血だらけの人とか…?emoticon-0107-sweating.gif

布の所々にあるシミはナンなのだ?血液?じゃないよね?ねっ?✞✞✞

いろいろ考えると怖くなって、なるべく触らないようにしてきた。
リフォームの現場で何か頭に触るなぁと思ったら、コレが頭にべったり付いてた時は気絶しそうになった。あぁ~~、早く処分して!

4年目の今、やっと引き取り先が見つかりまして…♥

戦争時代のモノを集めているという非営利団体の人が取りにきてくれた!
他にもいくつか同じ型のものを持っているらしいけれど、これほどいい状態のモノはないそうで…。

タイトル改め、「手放した骨董品」

あぁ、心がちょっと軽くなったよ。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-04-11 05:46 | フランス雑貨・蚤の市 | Trackback | Comments(20)

ビビンパへの長い道のり

食の話題が続きますが、お付き合いください…。
b0069848_5162385.jpg

石焼ビビンパ ですっ!
本当はほうれん草のナムルも入れたいんだけど…ニコラが苦手なので、緑がなくて彩り悪い一品。

いつだったか…日本に帰ったときにフードコートのようなところで食べたビビンパに、ニコラがものすごく気に入って、それ以来、ホームセンターや食器のお店に行ってはこの石の器を探しておりました。

重いのと、使用頻度を考えたらキッチンで邪魔になりそうだったので、買う気にもなれず…。
第一、これをよっこらしょと持ち帰るのが一番イヤだった私。

年末の帰国の時に、ニコラが一足先に帰った後、実家の母が台所から使っていない石の器を発見して、担いで持ち帰りましたよ。(T-T)

寒い日にもってこいな一品。熱々をハフハフ言いながら食べるのが最高よね~。
ところが…いざとなると、定番の具となるモヤシが手に入らない!
最近はフランスでも普通のスーパーにモヤシが売ってるところもあるけれど、
量り売りで、傷んでいる割には超高い。
日本だと一袋30円くらいだわよ~。(時代が違う?)
そんな風に思ってる私には高級品のモヤシには手が出ない。

一方、中華系のスーパーだと日本のように袋に入ったものが格安!
でもねぇ、モヤシだけのためにわざわざ40キロの道のりを飛ばすのもばかばかしい。

というわけで、緑豆からモヤシを作るところから始まるのです。(遠い目)
まぁ…以前にもモヤシ日記をつけてたくらいなので、モヤシ作りは慣れてるものの…
気温に左右されるんですな。モヤシくんたちの成長…。

最近は、外はポカポカ暖かいけど、それでも家の中はヒンヤリ寒い石の家…。
工夫して暖かいところに置いてはみるものの、過去に育ててたモヤシを煮てしまった経験があるので(爆)、慎重になりつつあります。

薪ストーブでジュウジュウ焼かれて、晴れてビビンパの出来上がり。
完成までの長~い道のり。
[PR]
by exmouthcoco | 2009-04-06 06:04 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(14)
あ~~~ん。3月中に記事を更新しようと思っていたのに…。
日曜日からフランスも夏時間になってしまって…たかが1時間。されど1時間なのデス。
私の体内時計はすぐに対応できず、起床しても体がいまいち眠っているようだし、
夕食の準備も…まだまだ夕方…と、思っていたら午後7時過ぎてるし!
外(日差し)を見ていたら騙されるので、最近はなるべく時計を見るようにして行動しております。

その週末を迎える前に、来客がありました。
私たちを含めて6人。さて、気合、入りまくり。

実はこの日、朝からあちこち出かけるところがあって、買い物をして帰って来たのが午後2時過ぎ。
サロンを掃除して、食事の支度、そしてアペリティフ(食前酒)の準備…と、かなり忙しかったのでした。
もちろん、ニコラも率先して手伝ってくれましたけどね。

ごめんなさい、写真はないのだけれど、この日のメニュー、覚書のために書いておきまーす。

・自家製スモークサーモン。畑の赤玉ねぎのスライスを添えて。
・ニンジンのココナッツスープ。ホタテと海老入り。
・白身魚の生ハム巻きと鶏肉のソテー。ポワロー(長ネギ)クリームソース添え。
・ヴェトナム風サモサ
・ムール貝に詰めたピラフ
・チョコレートフォンデュ

サラダとチーズも用意していたのに、出すのをすっかり忘れてしまった…。(^^ゞ
でも、お腹に入るスペースもなし…。

意外に好評だったのが、チョコレートフォンデュ。
私はあまりチョコレートって好き好き大好き!って訳ではないのだけれど、
フランス人は男性でも大好きって人、多いようで…。
b0069848_6414367.jpg

(↑これは余ったものを翌日に持ち越して食べたもの…。)
イチゴ・バナナ・キウィ・干しアンズを用意してみました。

自分たちで突っつきながら食べるの、おいしいよね。
シーズンの出始めのスペイン産のイチゴ…。
見かけは美しくておいしそうなんだけど、実はあんまり甘くない…ってことが多い。
でも、このフォンデュにはその酸味がとってもマッチしててうまっ。
畑で採れるイチゴだと、きっと甘すぎちゃうと思うのよね。

さてさて、この晩は0時半近くにお開きに…。
片付けしてベッドに入ったのが1時半。なかなかハードな週末でした。
楽しかったから、ま、いいか!
[PR]
by exmouthcoco | 2009-04-01 06:59 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(14)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco