フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いつの間にか大晦日。
ノエルも気が付いたら過ぎていたという感じ。
この何日間かで食べたもの、アップしてみようと思う。
食いしん坊さん、集まれ~~~♪


何の気合も入れず、ごくフツーに過ぎていったノエル…
この日も通常通りにリフォームの作業をしていたので、ご馳走なんて考える余裕もなかったなぁ。

b0069848_8161259.jpg

冷蔵庫の中から、なんとなくノエルらしい食材を集めて…

アペリティフに、マンゴーとオレンジ、ココナッツミルクのドリンクを作ってみた。
おぉ!ノン・アルコール!んまいっ!

一応、フォアグラとスモークサーモンは加えてみた。 ちょっとは努力。



一昨日と昨日はニコラのお兄ちゃんが我が家にやってきた。
今年最後の泊り客…。

b0069848_8221587.jpg


暖炉の前で、ローストチキンを作った。クルクルまわるトリ。
オーブンで焼いた時と違って、とっても柔らか。
骨を外すのがとってもラクなんだけど、この違いはナンなのだろう…。



そして、今日の食卓。

ろばた焼きか?

b0069848_832226.jpg


前菜は牡蠣。ニコラの大好物。

本当は今日はBBQのつもりでいたんだけど、キッチンの片隅に長ネギを発見!
コレを見たら、焼き鳥が食べたくなった。
自分で種から育てた長ネギ…。ここまで育ってうれしいよぅ~。

今日はハイパーマルシェでサーモン丸ごと1匹お買い上げ。
3枚に下ろして、骨と頭などは塩をして一緒に金網で焼いてみた。
身をほぐしておにぎりの具にするのダ~。

あぁ、シンプルに食べるのっておいしい!


今年もこのブログとお付き合いくださったみなさん、どうもありがとう!
リフォームに始まって、リフォームで終わり…でしたね。
来年もきっと同じペースだと思うけれど、細々と続けていけたらなぁと思ってマス。

来年もどうぞよろしくお願いします。
そして、みなさん、よいお年をお迎えください~~。

exmouthcoco*
[PR]
by exmouthcoco | 2006-12-31 08:46 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(51)
皆さん、楽しいイヴを過ごされましたか~~?
気づいたら、いつの間にかノエルになっていたというのが正直な感想。
今年もバタバタと慌しい日が過ぎていきます…。

うちのオット、ニコラも一昨日から1ヵ月のヴァカンスに入りました~。



えっ?1ヵ月? はい。


さらっと答える自分がいるけれど、結婚当初は結構驚いた、ニコラの休暇。

ちょっと特殊な職場ということ、そしてこの時期、日本への里帰りのために申請していたため、
長い休暇ということでもあります…。


そう!本来、今頃は、日本への飛行機の中!のはず…。


チケット探したり、日本での予定を立てていたりしたんだけど、
いろんな問題(problèmeでなく、どちらかというと課題かな)が山のようにあって、
どうやら、ここに残ったほうがよさそうだ!という結論に。

それまでは、日本に帰ったら、温泉行こう~♪とか、髪の毛を切りに行こう!とか、
あれこれ考えてたのに、帰らないと決まったら、それも頭の中から吹っ飛んで行った。
しょうがないわな。

さて、これから1ヵ月…どれくらいはかどるかな。
ノエルの当日も、フツーの日と変わらずに作業に取りかかりますー。

あ、お正月くらい休もうかな。日本人だものね、私。

皆さん、イヴは過ぎたけど、ノエルは明日!
幸せな年末をお過ごしください~~。
[PR]
by exmouthcoco | 2006-12-25 07:19 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(24)
お待たせしました、暖炉の続編デスー。
と言っても、このまま、その後がしばらく続きそうで…(汗)
そのうち、「暖炉のその後 x3」といか言うタイトルになるかもしれません。シェ~~~。

前回の話は こちら から。

さて、前回はニコラ鉄工所で終わりましたね。

正面上部のくり抜いた壁の部分…。
煙を上にスムースに送るために、セメントボードのようなもので傾斜をつけていきます。
b0069848_7144945.jpg
なんだろねー。
まるで、高野豆腐を薄く切って立てかけて干してるみたい。(笑)

でもコレ、10分ほどで固まりマスー。

つっかえ棒はご愛嬌ってことで…。


さて!ここでやっと登場するのが、鋳物でできた récupérateur de chaleur という代物。
日本語だと、うーーーん、(→ฺ㈈←) (→ฺ㈈←); 「熱循環装置!」とでも言えるかな。
b0069848_741734.jpg


以前の暖炉は火の位置が床と同じ位置だった。
火を起こすにも、しゃがまないといけないし、なんかちょっと遠いのよねー。
ということで、今回は暖炉の高さを膝くらいの位置まであげることにした。
補強のため、鉄の棒を入れ込んでセメントを流します~~♪


鋭い方はここでお気づきのはず!
以前、壁に埋めたアルミのチューブ、実はコレにつなげるためデシター。

この装置、表面の鉄板だけでなく、厚さ5cmほどの空間がある。
薪を燃やして熱くなった鉄板の中を、暖かい空気が上に上がっていくという構造。
まぁ、ここまでは単純。空気の対流でその熱を再利用しようというわけ。
もちろん、暖められた空気は煙の混ざらない、キレイな空気。
そのまま部屋につなげると温風が出てきますー。

が!我が家はさらに一ひねりを加えます。
これはちょいと複雑なので、またの機会に…。 また延ばすのか~!

b0069848_865367.jpg

これが、全体図。

まだ古い暖炉がバリバリ残ってますなぁ。




b0069848_895771.jpg

セメントを流し終えたところで、実験!

がっ!


煙る…。

ガクっときてるニコラ。



b0069848_8112779.jpg

でも、めげずにがんばりますよー。

両脇の囲いを取っているところ。



b0069848_8135433.jpg

なんとなくすっきりしてきた?

もともとあった暖炉なのに、囲いを取ると妙に大きく感じる。



b0069848_8161421.jpg

デコレーションの途中経過。イメージはフランス南西部の家。

古い瓦を切って、貼って、積み重ねて…。

左半分、ニコラ。
右半分、私。

左右のバランスがずれてる?(笑)


さて、目地も終わったところで、煙を部屋に逃さないように、鉄のフードをつけてまいります。

自分たちで模型を作って角度を計算。
切断して、鉄の骨組みにくっつけた。
b0069848_825650.jpg


おぉ~~、ぶら下がってるぅ~~!
大丈夫?落っこちない?私はこればかり気になります…。

b0069848_8271023.jpg

鉄板…なんだけど、欲しい厚さのものが店に売ってないので、鉄工所に勤める知人に欲しいサイズでオーダー。
こういう時、とってもありがたい。



b0069848_828994.jpg

もう後は、鉄工所のニコラにお任せ…。



b0069848_8285798.jpg

この角度を見つけるのに結構苦労したなぁ。




b0069848_829503.jpg




そして、今とほぼ同じ状態。
b0069848_8333942.jpg


壁に穴を開けて外気を取り入れて、汚れた空気は煙突内のステンレスのチューブを伝って外へ。
キレイな暖かい空気は壁に埋め込まれたアルミのチューブを伝わって上へ上へ…。
その仕組みはまた後ほど!


ふぅ~~。長いね…暖炉の話。
完結してないけど、最後まで読んでくれてありがとう!
[PR]
by exmouthcoco | 2006-12-22 08:40 | 我が家のリフォームとDIY | Trackback | Comments(20)
勢いついでに、今回も薪ストーブの話題デス。

書類を整理してたら、出てきました!

b0069848_1910173.jpg


当時のカタログ!

というのも、この薪ストーブ、コレクションされてる方から買ったもの。
個人のお宅なのに、ガレージの中はまるで薪ストーブの博物館のようでしたわ。(笑)

なんだか、このイラストがなんとも言えないねー。

b0069848_1914975.jpg


当時のパンフレットも大切に大切に保管されていたのね。
たくさんの書類の中から探してきてくれた、おじさん…。

b0069848_1915416.jpg

我が家と同じモデルのを発見!
こういうのを見つけると、ニヤニヤしてしまう…。
他のカラーもあるのかなぁ。ブルーとか。

さて、これから薪でもくべるかな。

今日のパリ郊外の気温、1度だそうデス。
外は霧で真っ白け。冬真っ盛り…。
[PR]
by exmouthcoco | 2006-12-15 19:19 | フランス雑貨・蚤の市 | Trackback | Comments(26)

薪ストーブと過ごす1日

暖炉の続きをアップしたい気持ちも山々だけど、今日は薪ストーブの話題でお付き合いください…。

強風だと煙る我が家の暖炉…。
快調に煙が上っていても、強い風の音がしたと思うと、煙が部屋にちょっと逆流してきたりする。

風向き?風速?気圧?チューブの太さ?長さ?
そんなわけで、実験の日々が続いてる訳デス。

どんな状況でも煙らない暖炉じゃなければダメなのダー。
妥協は許されない。

昨日は結構強い風が吹いていたので、暖炉は諦め、薪ストーブを使うことに決めた。

b0069848_85965.jpg

暖炉の隣に置いてある、
1920年代の薪ストーブ。

調理台も兼ねている便利なもの。

ただねー、このゴールドのフレームがイヤなのよね。



b0069848_8102172.jpg

さて、火がついて暖まってきたら、忙しくなりますよー。



b0069848_8113554.jpg

コトコト コトコト… 

カボチャのスープ


b0069848_8123411.jpg

オーブンではバナナキャラメルケーキ


この日、他に作ったもの。
・圧力鍋で大豆を茹でる → 納豆用
・圧力鍋で赤いんげんマメを茹でる → チリ・コン・カーン用
・夕飯はタイスキ! スープで野菜を煮る… などなど。

後は、夜、寝る時の陶製 あんか を温める。

b0069848_8235178.jpg

食事が終わったら、
このお湯で食器を洗いマスー。


なんだか使わないと損、損!って気になってくる。

あ~~~便利!コレ、日本にあったら大ヒット商品だろうなぁ。

b0069848_8251641.jpg


楽しみにしていたバナナキャラメルケーキ!
2台焼いたんだけど、1つ焦げちゃったよ。
温度調節が難しいのぅ。

最近、焦がすことが多い私。暖炉でまる焦げにならないよう、気をつけよう~。
[PR]
by exmouthcoco | 2006-12-13 08:29 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(37)

暖炉のその後のその後…

b0069848_6124161.jpg


かれこれ1ヵ月半にものぼる時間を経て、
我が家の暖炉はだんだんと形になってきた。

まだ終わってないの~って思うでしょう?(笑)

いや、形を作るのは簡単! 時間がかかったけど…


火を起こして煙を外に出す、ただ、単純なソレがなかなかうまくいかずに苦労しているのデス。

さて、楽しみにしてくださってる皆さんに、前回からの続きを…。
説明しやすいように写真を多くしてみたので、何度かに分けてアップしようと思います。
それでは、オニヴァ on y va!!



覚えてくださってるかなー。
前回 は、1階と2階の中間に煙を集める帽子のようなものをレンガで作り、煙突内にステンレスのチューブを入れたのまでアップしたのでしたねー。

で、暖炉を使わない時に、閉められるトラップを見事撮影成功!

b0069848_6242588.jpg

これで伝わるかなー。

上が閉めた状態。

いわゆる夏モードですな。

チェーンを引っ張ると、この鉄の板がふさがる仕組み。




一方、その下は、

暖炉使用モード。

チェーンを引っ張らずにそのままにするとパラーンと開く。
通常はこの状態。

ナルヘソ、ナルヘソ…。



でもさ、どうしてこの、高い所にあるトラップの写真が撮れたの?と思う方… いないだろうなぁ

こんなこと、 ↓ しました。

b0069848_6364990.jpg

あれれ…

暖炉の上をくり抜いちゃった!

大丈夫なのかー!


アルミのジャバラのチューブは後々出てくるので、ここでの説明は省略。
要するに、邪魔なんだね、この2本のチューブ。
煙突掃除のおじさんがブラシで壊しかねないもの。
なので、壁を削って埋め込むことに…。

b0069848_6423064.jpg

暖炉からちょっと話題が外れマス…。

取り出しますのーはー、古い木材とサビサビの重い鉄2本。


我が家のリフォームは、基本的にほとんどがリサイクル品。
この古ーーい樫の木は、ガレージの屋根を守っていたもの。長さ4メートル。
どうやら外しても問題ないようで(苦笑)、ニコラと一緒に何時間もかけて大切に取り外したもの。
ものすごく硬い!そして、鉄のように重い!

b0069848_6493449.jpg

ガレージに眠ってた鉄を切断。

本当に暖炉に使うのか?



b0069848_6531514.jpg
ほい、そうなんです。

矢印つけておいたけど、見えるかなぁ。
木材もかなり重いので、落ちるのが怖い。
というわけで、木材と鉄をネジで固定。
さらに両者を壁に埋め込み、落っこちないようにしております。

ほら、アルミのチューブがちょっとだけ、壁に埋まってきてるでしょう?
少しずつ進化する、我が家の暖炉。(笑)



b0069848_651897.jpg

その間、私はというと、木材と格闘中。

マジで硬い…。

いやぁ、苦労しました。



b0069848_704078.jpg

私が木工作業所で仕事をしていると、
反対側ではニコラが鉄工所の作業員に。

正面の木材用の鉄を両脇の鉄とくっつけて、さらにそれを天井から引っ張るような形で溶接してマス。



まだまだ先は長いのダー。

次回に続きます。お楽しみに!
[PR]
by exmouthcoco | 2006-12-11 07:12 | 我が家のリフォームとDIY | Trackback | Comments(18)

千客万来!

すっかりご無沙汰でーす。

いつの間にか12月に入り、去年の今頃は日本に上陸する頃だったなーなんて考えると一年って本当に早いですネー。

さて、この1週間、我が家ではお客様をお迎えして大賑わい!

先週の日曜のこと…リフォーム仲間である フランス生活便り..petit のrumikoさんご一家が我が家に遊びに来てくれた。

しかも、ベルギーからの帰り道!
我が家、ベルギーに近いのか…?(笑) そうなのか…

この日、実はニコラの得意な料理、ムール貝の炊き込みご飯を用意していたんだけど…
rumikoさんところの息子クン、前日の外食でムール貝に当たったらしく(苦笑)、元気がない。

おぉーーー、何でよりによってムールを選んでしまったのダー。
(→ิд←ิ)゚。ゥワーンッ

元気でよくおしゃべりする彼を知ってるだけに、この日のぐったりした彼は気の毒としか言いようがない。ベッドを作ると素直に寝に行った。かわいいのぅー。

b0069848_7204625.jpg

リフォームの話で大いに盛り上がり、
とても楽しくてあっという間に時間が過ぎていく。


リフォームって、精神的にも体力的にも本当に疲れるけれど、こうして同じように作業をしている友人がいると思うと心強い。

これからもずーーっと、末永くヨロシクおねがいします。rumikoさん。

b0069848_7214154.jpg

楽しくて、写真を撮ることすら忘れてしまった…。

お客様を見送って、片づけが終わった後。

決して広くない我が家だけど、
人が去った後はガラーーーンと感じる。



+―+ ✿ +―+ ✿ +―+ ✿ +―+ ✿ฺ +―+ ✿ +―+ ✿ +―+ ✿ +―+✿ ฺ+―+ ✿

さて、その2日後、 My favorite style のモクレンさんこと、ミユキさんが来仏。

空港にお迎えにあがります~~なんて言っておきながら、出向いた先は間違えたターミナル。(汗)
間違いに気づき、大急ぎで本来の到着ホールへと向かいました。ごめんねぇ、ミユキさん。

インテリアの雑誌に彼女のお部屋が掲載されたり、ご自身のネットショップを開いたり…
私のブログ近辺でもインテリアのカリスマ的存在な彼女。
一方、賃貸のご自宅を女手1つであれこれとDIYしている様子でもあるので、一体どんな女性?って思っていたら、本当に、木材をかついで歩くようには見えないんですねー。(爆)

我が家には3泊されて、今頃はニースあたりをブラブラしているでしょうか…。
帰国前日にまた我が家に戻ってくるので、旅のハプニングを楽しみにしつつ…。

+―+ ✿ +―+ ✿ +―+ ✿ +―+ ✿ฺ +―+ ✿ +―+ ✿ +―+ ✿ +―+✿ ฺ+―+ ✿

ミユキさんを最寄り駅まで見送った日、入れ替わりにパリからの知り合いを受け入れ。
実はこの方、先日パリ観光にやってきた元上司 の姪御さんでいらっしゃいます。
ご主人の仕事の関係でパリ在住。彼女の叔父サマ(私の元・上司)がやってきた時、食事を一緒にさせていただいて、今回、2度目。

いやぁ、最初からハプニングあり。(笑) 詳しくは書かないけれど、結構ドラマチックでした。
彼女は我が家に寿司の差し入れをしてくださったのです。お手製の玉ギョクも添えて。
おいしかった~~。ごちそうさまでした。心に沁みる味でした。

話に花が咲いて、食前酒で気分が良くなり、今夜はお泊り決定!(笑)
暖炉の火を見つめながら、楽しい夕べを過ごしたのでありました。


というわけで、先週は来客3連発。
非日常が続いて楽しかったデスー。
[PR]
by exmouthcoco | 2006-12-04 07:59 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(26)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco