フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いつもありがとう!

みなさん、たくさんのコメントありがとうデス!

後日報告しますが、昨日はパリに1人で出かけ、
今日はニコラとキッチンのリフォーム…。
彼が4日間の休みの間に一生懸命がんばります。
只今、キッチンで配管工事中…。

コメントのお返事、ちょいと遅くなりますが、ご了承くださいね。
それでは、近いうちに!  (^ー^)
[PR]
by exmouthcoco | 2006-06-28 17:32 | フランスでの日々のつぶやき

ジャガイモ ソバージュ

新ジャガを収穫…

b0069848_544479.jpg


と言いたいところだが、自分たちで植えたジャガイモではない。

かと言って、人サマの畑のジャガイモを採ってきたわけでもない。(笑)

ウチの畑、前にジャガイモ畑だったのか、植えてもいないところからジャガイモの葉がニョキニョキと出てくるようになった。

名づけて、pomme de terre sauvage (ポンム・ド・テール ソバージュ)、
野生のジャガイモ…か。

最初は雑草かと思い引っこ抜いていたけれど、まぁ食べられるなら、とそのまま放置。


今回、何も植えていなかったスペースを耕すことにして、野生のイモたちを引っこ抜くことにした。
それで収穫というわけ。

まだ収穫の時期的には早いので、小さな粒だけど、新ジャガには変わりない。

b0069848_553017.jpg


採れたてのジャガイモを素揚げにし、
花壇で採れた水菜とロケット(ルッコラ)の上に乗せてサラダにする。

b0069848_555865.jpg


我が家にはイモ兄ちゃんがいるんだけど、この人のイモ好きぶりは半端じゃない。
社員食堂で、フライドポテトの付け合せにマッシュド・ポテトを頼む人。
子供の頃はイモしか食べなくて、ママが心配してお医者さんに連れて行ったら、
「じゃぁ、飽きるようになるまでイモばかり食べさせてください」と言われ、
飽きもせずにウホウホと食べ続けるイモ兄ちゃん…。今も変わらず。

ジャガイモ畑の収穫を心待ちにしているのは、このイモ兄ちゃんが一番かもしれない。
[PR]
by exmouthcoco | 2006-06-27 05:07 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(39)

coco、考古学者になる?

さて、お待ちかね…パン焼き窯の話題デス。

b0069848_169585.jpg

出てきた時の様子…

状態はいいものの、触れば上から落ちてくるような危険な状態でもありまして…

b0069848_16101936.jpg



またまた
パズルやってました。(汗)

b0069848_16105813.jpg


もう気分は考古学者。
この手のモノって実は結構好きだったりする。

その昔、市の教育委員会に登録して、遺跡発掘の調査員のバイトなどしたこともある私。

楽しいんですわ♪

まぁ、今回は3Dじゃなく、平面なので比較的簡単なんだけど、
穴に上半身突っ込んで、上を向きながら顔に土やセメントを受け、
結構大変な思いをしておりました。

で、やっと出来上がったよ。応急処置が…。

b0069848_1611212.jpg


ところで、パン焼き窯って、普通は窯の手前側に煙突がある。
薪を燃やして中を温め、灰を脇に寄せてパンを焼く。

コレが壁の中から出てきた時、「あぁ~~、分かってたら、煙突を壊さなかったのにぃ~」って悔やんだ私たち。
家の屋根瓦を葺き替えする時に、2つあるうちの片方の煙突をなくしたのだった…。
その写真はこちら。最後のほうに以前の写真が載ってマス…。


でもねぇ…よーーーく窯を観察してみると、これはどうやら煙突には続いてないらしかった。
と言うのも、窯の入り口がススで真っ黒になっている。
コレは…手前から煙が出ていた証拠。

でも、我が家の壁や天井を見ても、すすけている所がないのだ。

どういうこと?
ニコラの推理ではこうなる。


これはもともと外にあった four à pain。
つまり、家のほうが後から建てられた。
焼けたパンを置いておくためのニッシュ(ニッチ)や棚代わりのモノが近くにあるはず。

平らで大きな石がね…。


と、別のニッチを作る目的で左側の壁を壊していたら出てきたのだ!すげぇ~、ニコラ。



b0069848_16145681.jpg

我が家のパン焼き窯のサイズ。
あ、高さを測るの忘れてた…。
入り口の高さ35cmくらい。庫内の高さは45cmくらい…かな。

通常見るパン焼き窯よりも入り口がかなり大きいような気がする。
奥行きは現在50cmにしたけれど、本来は向こうまで届かないくらい深いもの…。
壁の厚み1メートルだもんね。さすがにそれよりは短いわけだけど。

このパン窯がある場所はcour(中庭)の中心部…。
昔は村のパン焼き窯として使われていたのかなぁ…。
我が家、村の教会広場に近いこともあるし、村のパン屋だったのかもしれない。
ここまでくると勝手な妄想・笑


私たちの知ってる限り、前の持ち主がこの家を買ったのは、1920年代。
住んでいたパピー(おじいちゃん)が亡くなって、子供たちが相続したわけだけれど、誰一人として、four à pain のことに触れたことはなかった。

つまり…存在を知らないということ。
事実、壁に隠されていたわけだし…。

あぁ、謎は深まるばかり。
タイムマシンで覗きに行きたいくらい。


フランス語だけれど、パン焼き窯を作ってる様子がわかりやすく載ってるサイト
いろいろ見てるとパンとかピザを焼いてる様子が載ってて、たまりませぬ。
特に、「Les recettes autour du four」というところが、ものすごいです。
色んなパンがっ!パン焼き窯でこんなにたくさん作れるのか~~?

ニコラは復元させようとシステム的にいろいろ考えて入るけれど、どうなのかなぁ…。
ちゃんと使えるようになるのかしら、ね。
[PR]
by exmouthcoco | 2006-06-23 16:51 | 我が家のリフォームとDIY | Trackback | Comments(33)

Les Nuits de feu @Chantilly

昨日は我が家に女性3名の泊り客が来た。
ニコラの幼なじみとその同僚、そしていとこ。
女性4人に囲まれて、ニコラはまんざらでもなさそうだ。(笑)

さて、夕飯をゆっくり食べ終えた後、目指すは Chantilly シャンティィ。

我が家からちょっと行った所にあるChâteau de Chantilly(シャンティィ城)…。
パリからもほど遠くなく、電車のアクセスもあって観光客にも人気のスポットでもある。

なぜここに来たかというと…

b0069848_1744122.jpg


花火大会があったからなんですね~。


なんでも2年に1度、花火の大会があるそうで、今年は6月15日~17日。
夜9時~深夜1時まで続くらしい。

我が家を出たのは夜10時。
この時期、夜の10時ってまだ明るいので、花火は始まってるのかなぁ~なんて思ってたけど、車を停めるスペースを探しているうちに、ほどよく真っ暗に…。

いつも通るシャンティィ城の後ろ側…、ここは観光客もいなくて絶好のスポットなんだけど、今日に限っては歩行者でも立ち入れないことになっていた。(涙)

このあたりの住人は窓から眺めたり、屋根に登って鑑賞している家族も。
なんだか微笑ましい。仲間に入れてくれよぅ~。

でも、気を取り直して、橋まで向かう。
水面に反射してキレイなこと!

日本の花火大会って、人が多すぎたり蚊がいたりして、会場までは行ったことがなかった私。
すぐ近くで花火を見るって初めてかもしれない。

音楽に合わせて、空にたくさんの花が咲く…。

b0069848_17183612.jpg


1回の花火が14分間続く。
これを何回も繰り返す…。

贅沢な時間。
たまには夜の散歩も悪くないね。

花火のサイトはこちらから。
サイトの左下、Nuits de feuのポスターをクリック すると、
準備の様子、観客、花火の映像などビデオで見られます。(注:音が出ます)
小さなウィンドウだけど、これだけでも結構雰囲気がつかめるのでは?
[PR]
by exmouthcoco | 2006-06-18 17:24 | こんな所行った… | Trackback | Comments(36)
キッチンの壁にニッシュ(ニッチ)が欲しくて、壁に穴を開けていたら、
なーんとなんと、夢のfour à pain (パン焼き窯)が出てきてしまった…。

実は、以前から欲しくて、壁のあちらこちらを探したりしたのだけれど見つからず、
我が家も欲しいねぇ…。作っちゃおうか?
こんなことを話したりもしていた私たち。

裏の家には four à pain があったらしく、持ち主のおじさんが壊して壁を作り直しちゃったんだって。もったいな~~~い。家の価値も上がるのにねぇ…。


さて、その後のパン窯の様子…

b0069848_5592975.jpg

とりあえず、
壁を壊して 窯を出し、
中の詰め物(笑)を
丁寧に取り出していく…。

当然、ものすごい量の石やセメントが出て参ります…。



b0069848_614946.jpg

中の様子。

なんか、キレイ…。
傷みはそんなにないらしい。

それにしても、奥まで遠い~。
どこまで続くのだろうか?


そうそう、koebiさん、この窯の素材は耐火レンガではなくて、
古い瓦と土でできておりましたよ~。


実は、この
壁の厚み1メートル!
換気扇の排気口を開けるのにもかなり苦労したほど。

b0069848_654788.jpg

あまり奥まで空けても大変なので、手が届く範囲までにする。

中を修復するにもこの通り。

腸ねん転になりそうデス…。




b0069848_6103425.jpg

夜23時…。

まだ仕事してます。

働き者だなぁ、キミ。




上の写真、よく見てると、電気の配線やプラグがそれぞれ違う場所にあるのがお分かりになるかしら?

実は、壁に穴を開ける前にも、ニッシュや流し台の位置の微妙な移動によって、2度も配線をやり直していた。そして…今回は窯が出てきてしまったため、3回目の変更。
はうっ ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡_| ̄|○

しかも、窯の正面の所にはIHの調理台を置くことになっていて、
それに合わせて換気扇も取り付けたのに…

窯と調理台の位置がずれているので、やっぱり見た目も重視なわけで…
そうなると、換気扇がずれちゃうし!(涙)

突然のパン焼き窯の登場で喜び、そして苦しみ…

b0069848_6235931.jpg
 ↑ 中央左に丸く跡がついてるのは、以前、知らなくて電気プラグをつけていたから。跡が残っちゃたよ…。

前途多難でございます。

こんなことだから、

「来週にはシンクも付いて調理台も使えるよ、ラピヌー!」
というのは、本当に甘い罠。
まだまだ終わらないよぅー。

次回は、パン焼き窯の構造と、この窯の歴史にもちょっと触れてみようかな…。
[PR]
by exmouthcoco | 2006-06-15 06:35 | 我が家のリフォームとDIY | Trackback | Comments(40)
キッチンのリフォーム中の我が家…。
流し台を撤去して、もう1週間も経つ…。

オットである棟梁が、
「今日はコレをやって、明日はコレが終わって…ごにょごにょ…
来週にはシンクも付いて調理台も使えるよ、ラピヌー!」

そんな甘い言葉がいつも続く。
が!実際、その通りに終わったことはにゃーーーい

いや、別にニコラが悪いわけでなく、他にもやるべきことがたくさんあったり、
急に予定が入ったりして、延ばし延ばしになるのダ。

キッチンはかなり前からスタートしてるんだけど、電気の配線をしていたら、なぜかcaveのほうへ移動して、そのままcaveの床のパズルまでやってしもうた。これで2週間以上費やしたし!

b0069848_629381.jpg

読解不可能。(笑) ニコラの電気配線の虎の巻。
こんなんで分かるんだろうか…?


で、苦労した甲斐あって、吊り戸棚と換気扇を備え付け一段落!

あぁ、これで夢の文明生活に一歩近づいた!と、喜ぶ。
調理台の向こう側にオイルなどを置いておくスペース、
ニッシュ・niche(ニッチ)を作ってもらうことに。

おっと、その前に…
我が家は設計図がないので、直接壁に描いたりして、
棟梁と相談して決めてます。
b0069848_6331122.jpg

見えるかな~。
凹みっぽい立体図。

←こんな感じにして欲しいのよ~~、ラピー。
ヨロシク!

※ちなみに、ナスカの地上絵のような凹みは電気のプラグ関係デス。




そうして、ある事件が…!

先週の日曜日のこと…


壁をドリルで開けている時、あるモノが現れた!

え?なにコレ?  ← click ici !!
[PR]
by exmouthcoco | 2006-06-12 06:49 | 我が家のリフォームとDIY | Trackback | Comments(46)

レタス、初収穫っ!

いやぁ~、昨日更新しようと思ってたら、ネットがつながらなかったので更新できずにいたら…
「ナメクジの写真が飛び込んでくるので更新してくれぇ~」と、お友達のHiroちゃんからの依頼なので、とりあえず更新しておきまふ~。

昨日は畑に2時間ほど作業をしに行った。

目的は3つ!

・草むしり
・水遣り
・サラダの収穫!!

5月までは雨ばかりで、この先どうなってしまうんだろうって気持ちもないわけでもなかった。
野菜は育つのかなぁ~、なんて、まぁ畑仕事1年生だから、自然相手だとこんなものなのかな、と思ってた。長年の勘が狂うとかそういうものもないので、気楽に捉えていたけれど。

6月に入ってから、急に夏日がやってきた!

雨が降るわけでもなく、太陽が結構ギラギラしてる。
いつもあちこちにいたナメクジたちも、この日に至っては雑草の下に隠れてる程度。
彼らはどこへ行ったのだろう…。

で、今日の目的のサラダ!

b0069848_1618269.jpg


お店に並んでるのと同じくらい大きくなったサラダ(レタス)たち。
間隔を置いて苗を植えたのに、今では隙間もないくらい。
ホントに何も手をかけてないのに、ここまで育ってくれて、野菜のママは本当にうれしいよ。

この写真の真ん中のサラダをくるりとひねり、収穫!

畑で育ってるロケット(ルッコラ)も持ち帰り、初めての、自分で作ったサラダを食べた。
(ゴメン、サラダの写真、なかった…)

おいしぃ~♪

ニコラの実家ではいつもパパが自分で育てた野菜でもてなしてくれるし、
新鮮野菜の味は分かるんだけど…

やっぱり、自分で育てたという達成感も味わうようなものなのかな。

他の野菜たちの収穫…ウヒヒ、楽しみだ。
[PR]
by exmouthcoco | 2006-06-09 16:24 | ■mom potager■ 畑の話 | Trackback(1) | Comments(38)
先日、久しぶりに畑に行った。
車を降りて、自分の区画に近寄るたびに、なにかを感じる…。

「や、やめてください…。あいたた…、やめてぇ~、ボクを食べるのは…。」 (ウソです)


はっ!っとして、サラダの所へ向かうと…。


b0069848_752810.jpg

おんどりゃぁぁ~~、何しとんねん!私のレタスの上でっ!

ケッ!私のレタスを食べようなんて10年早いわ。ふんっ

まったく油断も隙もあったもんじゃない。

この日は何十匹ものナメクジに遭遇。ちびっ子から巨大なモノまで。
15cmはある巨大ナメクジを見たときは(縮んでも5cmもありますの)、
写真を撮りたくて撮りたくてしょうがなかったけど…
ナメクジ・コレクションになって、ブログの方向が間違ってしまいそうだったのでやめておいた。


しばらく天気が悪かったり、家のリフォームで畑仕事もできなかったので、
私の畑は、野原?草原?って言われてもおかしくないくらい、
緑のじゅうたんで覆われていた。

オットが仕事の2日間、これは畑にこもるチャーンス!とばかりに、午前と午後、お昼ごはんは家に戻り、午後からまた畑に行くというのを2日間繰り返した。

2日目なんて朝7時半から草むしりを始めたのに…

全然終わらない。(涙)

まぁ、草は生えてても、野菜はちゃんと育ってるみたいだし、いっか!
こんな感じで解決。いつものことだ。


家に戻って、花壇の野菜たちにも声をかける。

b0069848_719291.jpg


中華スーパーで買ってきたネギの根っこを植えたら、またニョキニョキ復活。こういうの、結構好き。
今回初挑戦の水菜とロケット(ルッコラ)。何もしないのにスクスク育ってる。
パセリとシソ、バジルとコリアンダーはこの天候でまだまだ赤ちゃんのまま。
ちゃんと育つのかなぁ。
b0069848_7223940.jpg




ところで、最近までエキサイトブログの容量がもういっぱいいっぱいになってて、
この調子だと1週間以内にも別のブログを作らないといけない危機に迫ってた。
ところが6月からネームカードの登録で1GBまで容量アップじゃないっすか!すごくうれしい♣

やっぱりエキサイトのブログは使いやすい。
見る方も、ウザい広告とかないからスッキリしてるしね。
新しいブログ名とか考えたりしていたんだけど、しばらくこのまま「存在日記」を続けさせていただきまーす。

ネームカードを登録すると100万円旅行が当たるチャンスがあるそうですよー。
私だったら…タラソテラピーにでも連れて行ってもらおうかな。
ヨロシク!エキサイトさん。
[PR]
by exmouthcoco | 2006-06-05 07:42 | ■mom potager■ 畑の話 | Trackback | Comments(46)

ぬかよろこび。

雨上がりの朝…。
ふと外を見たら、


b0069848_59234.jpg


ん? ♥← このハートマークは、あるモノを期待しております…。

門の前に何かあるよね~~!
黒い丸い物体が…。


ひょっとして…♥


そぉっと寄ってみたら、
なんとガッカリ! 
_| ̄|●


b0069848_5144982.jpg



コケじゃん! ||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||(爆)

いやぁ、期待したのよ。
ハリネズミさんかと思って…。

ははは、違いますた。

b0069848_528273.jpg

しかも、この屋根から落っこちてきたの。
汚いなぁ~、このガレージの屋根。
夏の終わりには、瓦屋根に葺き替える予定…。



話変わって、昨日の夕飯の一部…。

b0069848_5203766.jpg


1人1尾ずつのオマール♣ 

待ちきれなくて、いただきま~~~す!をしたら、

「写真に撮っておきなさい」とのオットからの指令。
まるで、ちびまる子ちゃんのお父さんみたいだよ、こういう時だけ記念撮影してブログに載せるの…。
ちなみに、いつもこんな食事をしているわけではございませぬ。

でも、やっぱりおいしかった!
[PR]
by exmouthcoco | 2006-06-01 05:32 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(32)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco