フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

不満ばかりの記事2連発だったので、ここらへんでちょっと息抜きしませう。

先日、中華街に行ったときに買った紅茶をご紹介…。
b0069848_643260.jpg

これ、モーリシャスの紅茶。 バニラフレーパーで、甘い香りに癒される…。シアワセ…♡
お茶の葉自体は細かくて、きっと専門家が見たら、これは紅茶のくずだよ、と言われるかもしれないが、それはそれでいいのだ。おいしければ。

とっても素朴な包装で、紙袋に直接紅茶が入ってる…。
たまに、紅茶がボロボロ出てくるところが、これまた…
不便だ! すぐに瓶に移しかえる。

なぜか、普通のハイパーには売ってないんだなぁ、コレが。
中華系スーパーの、タン・フレールにも売ってない。
売ってるのは、唯一、Paris Store。ここも結構規模の大きな中華系スーパー。

以前は、大・中・小と、いくつかサイズがあったのに、久しぶりに買ったら大きいものしか扱っていないようだ。でも安い!
500g で 4,15ユーロ。日本円にして、600円弱。

バニラ好きの方、お試しあれ。 癒されますぞ…。
[PR]
by exmouthcoco | 2005-03-31 06:20 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(28)
今日は連休明けの火曜日。
朝、地下にゴミ捨てに行ったら、ガーディアン(管理人)のおじさんにこう言われた。

「Bonjour. お宅、27番地の方だよね。エレベーターが壊れていて、
直るまでに6週間かかるから、ご主人にも伝えておいてね」

本来ならば、「えぇぇぇ~~~~。エレベーターが壊れたぁ?しかも6週間だってぇぇ~~?」と大騒ぎするところだが、私ったら、その予想はできていた。
いや、覚悟というのもあるかもしれない。 6週間、エレベーターなし!

幸い、我が家はRez-de-chaussée(地上階=日本式に言うと1階)なので、エレベーターを使うのは、地下の駐車場とゴミ捨てに行く時だけ。
最上階の方々、ご愁傷様です。(イェ~イ)


事の発端は、連休前の金曜日のことだった・・・。
その日、私は家に閉じこもり。オットのニコラは、前の日に譲ってもらった車を修理するために朝から出かけていていた。

夕方、突然、廊下のほうから、ド~~ンと大きな音がした。
大きな音には、もう結構慣れっこで、またか!というカンジだったので特に気にせずにいた。


というのも、ウチのアパート、外から入ってくるときにキーをかざして第1の関門を抜けると郵便受けのある共同スペース。ここまでは、家の中のインターホンで解除可能なのだ。
例えば、友達が来た時や、家族でカギを忘れたものがいた場合、インターホンで喋って、カチっとボタンを押して解除してあげる。

ところが、共有スペースから廊下に入るまでの第2の関門は、キーをかざすか、内側からボタンを押さない限り入れない。友達が来た場合などは、わざわざここまで下りて来ないとダメなのだ。

おもしろいもので、ここの第2関門、いつもドアをガンガンする人たちがいる。子供だけでない。大人も同じく…。カギがないと開かないってわかってるのに…ガンガン ガンガン・・・。まただ!
ニコ曰く、「また、あの黒人のオバサンだ。わかんないのかなぁ?」
(学習能力ってもんがないのか?)

前置きが長くなったが、こういうわけで、ドアがバンバン、ガンガンというのには、気にしない。
でも、その音はさすがにすごかった。普段よりももっともっと大きな音だった。

しばらくして、もっと大きな「ドカ~~~ン」という音がした。
さすがに、この時は何か尋常でないものを感じた。

廊下に出ず、玄関の覗き窓から観察…。(キョロキョロ…)
すると、ニコラがエレベーターではなく、第2関門のほうから登場。
我が家の前を素通りしてエレベーターのほうへ…。

それから帰ってきた。
「どうしたの?すごい音がしたよ。」と、私。

「そうなんだよ。地下でエレベーター待ってたら、スゴイ音がして…


エレベーターが落ちたらしい。

えぇぇぇっ?なんだとぉ~。エレベーターが落ちたって、アンタ・・・。
ありえない。セ・パ・ポッシィブルだよ。

「もし、中に僕がいたら、lapin(←ニコラのこと)は死んでいないよ、ラピヌー。」 (えぇぇ…)

考えてゾッとした。そんなことって、あってもいいのか?
というか、中に誰かいるんじゃないの?

「いや、エレベーターの呼び出しボタンを押して、初めて動いたからね。
中には誰もいないはずだよ。でも、これ、修理の人を呼ぶのに、連休明けだから、4日間はこのままだね。ウチはいいけど、上の人、か わ い そ。」

b0069848_4174481.jpg
ということで、今日撮った写真。ウチの目の前のエレベーターでございます。

わかりますか~?右下がヘニョ~っと曲がってるの。
オットが今日、ガーディアンに会ったので聞いてみたら、どうやら、住人の誰かがこのエレベーターを内側から蹴っ飛ばして (それで、大きな音がしたんだ) 、内側のドアも壊れ、エレベーターが動くに動けず、ひっかかりながら 歪みながら落っこちたらしい。

でもねぇ…一体、何のためにこういうことする必要があるの?

C'est comme ça.... 理由はないけど、こうなんだよ、

人々って・・・

新車を見たら傷をつけたり、ゴミ箱があっても、中に入れないで脇に置いたり、
キレイに植えてあるお花を持ち帰ったり…みんな理由もなくやってるのと同じ。

フランスって・・・

フランス人って・・・ 


病んでる。
[PR]
by exmouthcoco | 2005-03-30 04:38 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(18)
日曜日の朝、パリの15区に用事があったので、帰りにヴァンヴの蚤の市に行ってきた。
b0069848_19262968.jpg
すごく小さいのかな~と思ってたら、結構たくさんの店が並ぶのね~。
なんせ、わたしゃ、パリの蚤の市、初体験。日本からのお客さまもかなり多かったなぁ~。
そりゃぁ、楽しいでしょうねぇ、こういうものが大好きな方には!私も早く回りたくてウズウズしてたもん。
宝物箱をひっくり返したように、可愛い雑貨たちが、キュキュキュッとここに集まって、クタクタに探し回らなくても自然と目に飛び込んでくるんだから…。
b0069848_1928964.jpg

でもねぇ…。あんなに楽しみにしてたのに。いつかは行きたいなぁ、って思ってたヴァンヴなのに…。何も買えなかったんだよねぇ。(涙)


売ってる人に心が通ってにゃい!

歩いてたら、日本人若者4人グループが、小さな黒板を買ってる最中だったのよね。
おうちカフェで紹介しているようなものの、もっと新しいヤツ。)
売主のマダムとの会話が耳に入ってきて…まぁ、値段はそこそこ。妥当かな、と思ったけれど、そのマダムの口調が許せない!日本人には判らないと思って、とっても乱暴な言葉遣い。まるで、犬や猫に接しているような言い方なの!ビックリしちゃった。
どんなに安くても、こんなマダムからは買いたくないね。

それから、私、唯一欲しいものを見つけたのだ。状態もまぁまぁ。高いかなぁ~と値段を聞いたら、それほどでもなかったので、買うつもりになっていた。
でもいつもの癖で、どんな時でも「ねぇ、負けてよ」みたいなカンジで「セ・ポッシブール…(この後に値段が入る)…?」と言いかけたときに、店のおっさん、「ノン、ノン、ノン…パ・ポッシーブル」(ダメ、ダメ、ダメ。絶対ダメ)だって…。(驚)
最後まで聞きやしない。 買いたい気持ちも一気に吹っ飛んじゃった。
仮に買ったとしても、それを見るたびに、あのイヤなおっさんの顔が目に浮かぶしね。

いつも行く蚤の市は、田舎のおっさんやおばちゃんが相手で、値引きを持ちかけながら会話が弾んで楽しいのに、ここでは無理そうだな。第一、値段も高いよ。

ヴァンヴを離れて、嫌な気分を切り替える。
家路に戻る途中、いつもの13区へ寄る。お目当ては中華街でPhoを食べて帰ること。
駐車場の行列で待っていると、歩道になにやら人だかり…。
b0069848_19582273.jpg
b0069848_1959311.jpg

なんだろう?

寄ってみると…。

名前を飾り文字で書いているらしい。
これをお家で飾るの?ウ~~~ン…。

b0069848_2011581.jpg
ここが、有名なタン・フレール。中華マーケットというのかな。いつも人で溢れてる。
中華系のスーパーは、日本食スーパーに比べて安いことと、バラエティー溢れた品揃い。
(中には何に使うものか不明なものも多いけどね。)お肉や野菜が新鮮。
品物はいいんだ、ココ。  でもねぇ…。


社員教育がなっとらん!フランス人以上に…。特にレジ係…。

私たちは、どこのスーパーでも「ボンジュール」って言うんだけど、ここのレジの人、絶対無視するね!(聞こえてるんだよ。) しかも、同僚なんかには、笑って会話してるのに、こっちに振り返った途端に ブスッ としてるの。(この切り替えもナンだと思うが…)

また気持ちを切り替えて、(コレ、多いなぁ~。) Phoを食べに行く。
美味しい物を食べて、ちょっとは落ち着いたよ。


今日は復活祭の月曜日。祝日。
至るところで、郊外の蚤の市をやってるけれど、ニコも仕事なので、おとなしくお留守番。
1人で行ってもつまんないしね。
[PR]
by exmouthcoco | 2005-03-28 20:20 | フランス雑貨・蚤の市 | Trackback | Comments(22)

今日から夏時間!

春ですのぅ~。暖かい日も増えて、だんだんと日も伸びてきてうれしい限り♥
イースターホリデー(フランスではVacances de Pâquesと言いますが)真っ最中…。

今日から
夏時間が始まります!

27日(日曜日)の午前2時に時計を1時間早めて3時にしまっせ。

ってことは、なに?最近は6時半に日が沈んでたのが7時半になる、ということかいな。
う~~ん、これはうれしいね。(って調子に乗ると、いつも夕飯が遅くなる。
気が付いたらもうこんな時間~~?ってことが多いのだ。夏は)

夏に近づくのはうれしいが、早く安定した気温になってくれんかのぅ~。
いい加減、着るものに困ってきて、毎日着たきりスズメ。
衣替えすると、急に寒くなるんだよなぁ。まだ当分無理かなぁ。(無理だよなぁ)
[PR]
by exmouthcoco | 2005-03-27 08:09 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback(1) | Comments(13)
先日のブログで、coco、ホストママになる…を記事に取り上げたが、我が家にスティにやってきたMちゃんが我が家にピーナッツ・バターのお土産を持って来てくれた。

何でピーナッツ・バター?と思われるでしょう?フフフ…。
実は、Mちゃん、アメリカの大学に留学中。来る前に、「アメリカから買ってきて欲しいものありますか?」とのことだったので、「アメリカらしいもの」をリクエストしたのだった。
(というか、思い浮かばなかったのよね…。)

で、寮のルームメイトのオススメもあって、一緒に悩んで買って来てくれたのがピーナッツバターというわけ。
フランスにも売ってるのは見たことあるけれど、輸入ものらしく、ちょっと割高だったり、缶にド~~ンと入っていたりしたので、なかなか買う勇気がなかった。(缶入りって…。後でどうすりゃいいのさ。困るよね~)

練りゴマやピーナッツバター、共通点があるよね。香ばしくてクリーミー♪
こういうの、大好き♡

で!早速、ピーナッツバターのクッキーを作ったよ。
b0069848_133598.jpg
左に写ってるのはアメリカのピーナッツバター。(Mちゃん、アリガト~ )
先日のブロカントでゲットしたチーズドームに入れてみたら、なかなかいいカンジ。
おうちカフェみたい!
b0069848_1372084.jpg
カフェ気分を盛り上げてくれるのが、この黒板。 これ、結構古いけど雰囲気があってお気に入り♡
ドームの中に入ってるものの説明っぽく書いてみた。

おいしそうなケーキを見つけたら・・・ そこでサロン・ド・テをやってるとしても、
私はどちらかというと、お持ち帰り用に買ってきて 家でゆっくり食べる派。
カフェとかの雰囲気もたまにはいいけど…タバコの煙が気になったり、気軽にお代わり~とかできないからね。
やっぱりおうちカフェのほうが好き♡
cocoのおうちカフェ、いらっしゃ~い!(←桂三枝風に)
[PR]
by exmouthcoco | 2005-03-27 01:52 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(28)
日も伸びてきて、気温もだんだんと上がってきた今日この頃…。
フランス在住者の売買のサイト帰国売り.comのアノンスで見つけた車を譲ってもらえることになり、昨日ははるばる100キロ東へ…シャンパーニュ地方へ行って来た。
b0069848_2015371.jpg
cocoの家からは田舎道をひたすら走って…。

待ち合わせは、Epernayという街。
日本でも有名な Moët & Chandonのカーヴがあるところ。(知らんかった…)

車の話に夢中で、写真を撮ることも忘れ…デゾレ~。(←すまんのぅ)

街の中は、古くて重厚感のあるキレイな建物が並び、清潔だった。(わぁ~キレイ*というカンジ)
郊外に出ると、なだらかな丘にブドウ畑が広がる・・・。この時期、まだ葉っぱがでてなくて、枝だけだったのでちょっと寂しい感じもしたけれど、あと1ヶ月もしたら、気持ちいいドライブができるだろうな。また来よう!

車を譲ってくれたYさん、もうすぐ帰国だそうです。この度はどうもメルシィでした。
楽しいひと時でした…♡ またフランスに戻ってきた際には、ご連絡くださいね~。

帰り道…。
b0069848_19413973.jpg
2台に別れて帰ってくるので、coco運転中。(結構必死に写真撮ってますデス)
見慣れた田舎の風景を撮ってみました。(ってパノラマ写真があるわけでもなし、2枚を合成してみた。わかるかな~?)
この後、雨に降られる。|||(-_-;)||| ガ~~~ン。

シャンパンがお好きな方、パリからの1日遠足も楽しそうな場所でしたよ。
関係サイトを貼っておくので、ご覧くださいマセ~。
ふらつー フランスツーリズム旅行情報局 シャンパーニュ・アーデン
パリ・スムーズ parissmooz エペルネの街について
[PR]
by exmouthcoco | 2005-03-25 19:56 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback | Comments(20)

--- 空港観察 ---

b0069848_7471780.jpg

いきなりですが、ロワシー空港(CDG)の第一ターミナル。
職員の間では、その形からフロマージュと呼ばれているそうだ。

この場所は、空港の敷地内。だけど、ちゃんと金網の外側です、念のため。
空港の近くに用があったので、職員専用のキャンティーンでサンドイッチを買って、飛行機を見ながらピクニック…。
b0069848_753227.jpg
日本の空港では見たことがない飛行機がたくさんあって、かなりおもしろい。
前にいるのは、アイスランドの飛行機。スマートだなぁ。
そして、その後ろはキャセイパシフィック。ジャンボですねぇ。大きいなぁ~。
よくお世話になったなぁ、キャセイには。結構好きな会社だったりする。香港、行きたい~!
(乗っけてくれぃ~)
b0069848_755118.jpg
ものすごい騒音と共に飛び立って行く飛行機たち。
こんなに滑走路が近くていいのかい?一応、ここは一般人も入れるスペースなんだけどなぁ。
セキュリティは大丈夫なのかっ?

ジェット機の騒音と共に、排気ガスをたっぷり吸い込んでのお食事でした。

でも、空港っていいよね。飛行機見ていて飽きないなぁ。
あぁ、どこか行きたい!
[PR]
by exmouthcoco | 2005-03-24 08:00 | フランスでの日々のつぶやき | Trackback(2) | Comments(20)

パセリのソース

ブロカントでゲットしたアショワーで、早速パセリのソースを作った。

このソースは、夫の友達・マリアンジュのお母さんの家で食事をご馳走になった時、サラダに添えてあったもの。とってもおいしくて、いつの日からか、我が家の定番ソースになった。

早い話が、バジルで作るジェノヴェーゼをパセリに変えて、もっと簡単にしたようなもの。
バジルだと季節が限られるし、庭のない我が家には、鉢で育った ひ弱なバジルしかないので、そんなに大量には作れない。その点パセリだったら、年中同じ値段でスーパーに売ってるからね…経済的。

まずは、よ~~く洗って葉のところだけちぎったパセリをみじん切り。
b0069848_64522.jpg

それから、芯を取ったにんにくを投入!えいっ!
b0069848_6473425.jpg

もちろん、まな板でトントン…みじん切りで構いませんよ~。にんにくは大きいと辛いので、細かい方がおいしい。まな板で作るときのコツは、包丁を斜め45度に手前に倒しながら、にんにくを潰すように切るといいかな。

塩と胡椒を入れて…ヴァージン・オリーブオイルを注ぎます~。
お塩は何でもいいんだけど、粗塩のほうが、なんとなくおいしいような気がしませんか?
ということで、今日はブルターニュの粗塩を使いました。ゴリゴリ潰しながら…。
b0069848_6504888.jpg


結構、オイルが入ります。もっとオイルを増やしてもいいけど、味が薄くなるね。
パセリとガーリックを楽しみたければこのへんでOK。
b0069848_653478.jpg

味を見て、塩が足りなければ好みで足してください~。

このソース、お魚やお肉をシンプルに焼いたときにソースとなるし、お野菜にそのままかけてドレッシング代わりにも(もちろん、お酢で割ってもOK)、パスタにからめてもおいしいです。

瓶に移して、冷蔵庫へ…。パセリが油から顔を出したら、油を注げばかなり持ちます。(オイルが空気に触れないように膜を作ります~)
というか、悪くなる前にすぐ使っちゃうんだけど…。

でも、このパセリソース、フードプロセッサーなどで作るよりは、手で作ったほうが断然おいしい!切るたびに愛情が入るのかな。

パセリがあったら作ってみてくださいまし~。
[PR]
by exmouthcoco | 2005-03-23 07:17 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(23)
だいぶ春めいてきて、Gジャンと首にスカーフを巻いているだけで汗ばんでくるような、とってもうれしい陽気♪
今日は夫が夜勤ということもあるので外出するつもりはなかったものの、天気もいいのでお散歩がてらブロカント(蚤の市)に行ってきた。
b0069848_562774.jpg

小さなvillageの通りでやっている、小さなブロカント。
ほら、みんな結構、薄着でしょう?春の日差しが感じられるかしら…。
b0069848_575557.jpg
町のスタジアムやスーパーの駐車場でやっているのと違って、もっと庶民的というか、家にある不用品を引っ張り出してきているようなカンジ。でも、私はこうい雰囲気の方が好き♡

大きなブリキのじょうろを発見!持ってみたら重かった…。(水入れたら持ち上がらないよ)
お庭があったら買うのになぁ~。
b0069848_5311690.jpg

lovecarrieさんからのリクエスト、ポ! (pot) おまるも発見!でも陶器製だった。
b0069848_5351027.jpg
コーヒーカップを大きくしたような形。上のじょうろの写真の右側にも小さく写ってた…。
あなたなら、何を入れて使いますか?


今日は、いろいろと収穫があったけれど、一番うれしかったのは、これを見つけたこと。
b0069848_5371361.jpg

「アショワー」と言うんだって。ニコラの実家にも同じようなのがあって、キッチンでお手伝いする度に、コレが欲しくてたまらなかったの…。パセリやバジル、ガーリックを入れて、トントン、クリクリ…。
オシャレなキッチン用品を扱っているお店でも、新品を売っているのだけれど、高くて手が出なかったのよね…。しかも、コレ、ちゃんとマークが入ってるじゃないですか!
b0069848_5401744.jpg

早速、パセリを買ってきて、パセリソースをたくさん作ろう!
[PR]
by exmouthcoco | 2005-03-21 05:54 | フランス雑貨・蚤の市 | Trackback(1) | Comments(14)

元祖?卓上コンロ

b0069848_22442776.jpg

コレ、我が家の卓上コンロである。
出会いは、ボルドー郊外の蚤の市…。けっこうホコリをかぶっていたので、ちゃんと使えるのか不安だったが、売ってるおじさんの言葉を信じて購入。

SNCF(フランスの国鉄)の放出品で、もともとは食事を温めなおすのに使っていたらしい。
フランスでのお弁当というとサンドイッチしか頭に浮かばないのだが、勤務中にお弁当のようなものが出たのか?それとも給食?だとしたら、スープやブルギニョンなどの煮込み系を温め直したのかな…。
b0069848_22445479.jpg

本体にも「アルコールで温めなおす」と書いてある。真ん中のおへそのようなものはアルコールを入れる注ぎ口。下は小さなタンクがあって、とってもシンプルな作りだ。
どっしりとした鉄に渋い模様のホーローがけ。かなり重量もある。
つばめマークが可愛いでしょう?

b0069848_2246252.jpg
実際に使えます~。我が家には、大叔母からいただいたオシャレなチーズフォンデュのセットもあるのだけれど、それはそれ!コレはこれ!(なんじゃそりゃ?)
チーズフォンデュのランプではちょっと火力が足りないので、お鍋の時に大活躍。


なかなか便利で、ニコラはもう1つ欲しいな~、だって!
2人暮らしなのに、何で2つ欲しいのだ?1人につき1つ?そんなに食べないってば!

ちなみに、カセットコンロ、フランスでも中華街などに売ってるそうです。
[PR]
by exmouthcoco | 2005-03-19 23:09 | フランス雑貨・蚤の市 | Trackback | Comments(8)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco