フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:我が家のリフォームとDIY( 240 )

joint bateau を作ろう!

海のバカンス編へ行く前に、ちょっとブレイク。
長いこと触れていなかった我が家のDIYの様子です。

今回の舞台は、裏のボロ屋の寝室の床。
(過去記事はこちらをどうぞ → その1★その2★その3★ )


ここでタイトルにあるように、joint bateau ジョワン バトー (正しくは、joint pont de bateau と言うようですが)、つまりは、「バトー(船)の目地」を埋めていこうという作戦です。イメージは、ヨットにあるようなこんな板張り。
b0069848_520025.jpg
画像はネット上からお借りしました

ジョワンバトーにはいくつかのやり方があって、床材を張り、その隙間にシリコンを埋めて、
乾いたらサンダーがけをしてオイルを塗る方法と、
手っ取り早くホームセンターで売っているジョワンバトーの床材を購入し、板と板の間にゴムのようなものを埋め込んで作るやり方もあります。
が、うちのキャプテン、ネットでいろいろ調べて、自分なりのやり方でジョワンバトーを作ると宣言しました!成功するのかな…。
b0069848_5204965.jpg
親子で楽しそうに歩いてますが、この床、まだ未完成。
b0069848_5212940.jpg
アップしてみると、こんなに隙間が空いてます。

通常は、デッキに使うような耐水性に優れた木材を使用しますが、
キャプテンの選んだのは、安価なパイン材。
ただ、厚みが3.2cmと結構しっかりしたものを選びました。
上から打ち付けると釘やビスが見えてしまうため、下からビス留めしてあります。
これがかなり大変でした。上では、動かないように木材の上に私が乗って、
下では、天井を見上げながらキャプテンがビス留め。
何度、板の脇にビスが出てきたか…。下からは見えないので当然なんですよね。
難しい作業でした。

b0069848_522524.jpg
元々は、こんな感じの板でした。あ、汚れてる状態ですが…。
このイガイガした木材をやすりがけして、ニスを塗ったのが、上の親子の写真です。
実は、木材の乾燥と共に隙間がかなり広くなってしまって、このままシリコンを詰めると何本あっても足りなくなってしまうので、別のもので底上げをしようということにしました。
b0069848_524818.jpg
このグレーの ちくわのようなもの、本来はお湯の水道管にはめて保温性を保つチューブなんですが、これを何等分かして、隙間に詰めました。
b0069848_5244197.jpg
マスキングテープを貼った所にシリコンを詰めていきます。
b0069848_5515460.jpg
シリコンの色は白、マロン、黒…とあるようですが、私たちが選んだのはグレー。
b0069848_52585.jpg
スパチュラで平らにならし…
b0069848_5264840.jpg
時間を置かずにテープを剥がします。
b0069848_527322.jpg
バリバリ…。
b0069848_5285114.jpg

で、こんな感じに出来上がり。
b0069848_5291488.jpg

これは、昨日撮影したもの。
b0069848_541159.jpg
目地が落ち着いて、シリコンがちょっと凹んだ感じ?でも、なかなかいい具合です。





[PR]
by exmouthcoco | 2014-09-18 05:53 | 我が家のリフォームとDIY

ボロ屋の2階と天井と…

ご無沙汰してます!
1年も折り返し地点を過ぎてしまいましたね〜。
娘っこはそれなりに成長しているし、家の作業もまずまずといったところ。
私だけが進化してないみたいです。ははは。

で、しばらく更新していない間にも、家の作業が少しずつ進んでいるので、今回はそのお話。
覚えていらっしゃいますか?
b0069848_63265.jpg
写真、ボケボケですが、2013年2月の記事の写真です。すごい前!

この写真の右手に、新しい部屋を作ったのが、去年の8月。
部屋はなんとなくできてるものの、一部 通路となる この空間は資材や工具類を置く物置のようなスペースになっていたために、通って部屋に入ることもできず… 工事もできずにいたのでした。

そして、6月に入ってから、ここの作業を始めたキャプテン。
一人でコツコツと… 久しぶりに上がってみたら、こんなに出来上がっていてビックリ。
b0069848_6233925.jpg
梁が入ってました。
b0069848_6243141.jpg


そして、翌週、天井が一部ついて、進化してました。
b0069848_6223543.jpg
手前が通路となる部屋、奥が浴室です。

角度を変えて、向こう側から…。
b0069848_6252111.jpg
それにしても、一枚30kg以上ある 石膏ボード、一人でどうやってこんなにも付けられたんでしょう?

隙を狙っては、工事現場を覗きにくるNina。
b0069848_6274494.jpg
オモチャよりも 工具、な女子。将来に期待…。

先週は、ちょっと大掛かりな作業があって、Ninaが寝ている間に私もお手伝い。
今まで屋根裏部屋に上がるのに使っていた階段を外し、ここまで持って来るというミッション。
この階段が、メチャクチャ重い…。
そうだった、そうだった、最初に取り付けた時も、あまりの重さにかなり苦労したんだった…。しかも、長いし。バランス崩れたら倒れて怪我すると思うと、怖くて仕方がなかったんだった。
b0069848_6283919.jpg
まぁ、それに比べたら 今回はちょっとの苦労だけで済んだのだけれど、無事に終わって一安心。スヤスヤ寝てくれていたNinaにも感謝。
b0069848_6291510.jpg

奥ではシャワーブースの囲いが。
広さ、ドアの位置、電気や換気扇の配置など、いろいろこだわりがあるようで、悩んでました。
b0069848_6294750.jpg


屋根裏も、少しずつ形になってきています。
b0069848_6303069.jpg
将来的には、母屋の屋根裏部屋と繋がって、ここはクローゼットになる予定。
b0069848_631326.jpg


とりあえずは、現在ここまで。

今週半ばから、両親が長期滞在するので、私も作業を手伝えるかな。
今年の後半戦も、頑張りまーす。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-07-08 06:38 | 我が家のリフォームとDIY

新しい調理ストーブで…

12月に買ってきた 調理ストーブ。
新しいキッチンの準備ができてきて、4月の半ば、いよいよ移動しました。
ちょうど この時期、日本から、Ninaとそう変わらない赤ちゃん連れのご夫婦が手伝いに来てくださっていたので、旦那さんにヘルプをお願い、私とニコラの3人での移動でした。
b0069848_6444452.jpg
木材を積んで、板の上に載せて滑らせて… この階段を上り詰めた時は、思わず笑顔が出ましたよ。
やってる本人(私)は夢中だったけれど、脇で見ていた奥さんは、ヒヤヒヤ…。どうなることかと思った、と言ってました。
確かにそうだ。私、もうこの感覚は麻痺してるみたいです。

キッチンはまだ完成とは程遠いけれど、試運転を兼ねて点火。
そうなると、あれこれ作ってみたくなります。
この日は確か…スープを作ったんだった。
b0069848_646984.jpg
左側が、ペレットを入れておく部分。
中央が、薪を入れるところ。そして、右がオーブン。
タイマーで、朝と夕方に自動的に点火してくれるのですごくラク!
ペレットだけだと割高なのと、調理するには温度が足りないので、薪を入れるのだけれど、
庫内が800度近くになると、ペレット注入は自動的に停止されて、かなりエコノミーです。
b0069848_651944.jpg
ストーブならではの、いつもお茶がすぐに飲める幸せ♥︎
あぁ、今から この冬が楽しみです。
b0069848_6581851.jpg
調子に乗って、食パンと、ミニ・コーンブレッドを作ってみました。
まずまずの出来。(^∇^)
b0069848_703410.jpg
でも、温度調節がイマイチまだわからない…。
オーブンまで自由に使いこなすには、もうちょっと経験が必要です。

*********************************************************

ちょっと前から、エキサイトプロフィールを退会させていただきました。
その機能をいまいち使いこなせなかったことが主な理由です。
せっかくメッセージをくださる方に失礼してしまうことも多々ありました。
エキサイトの「いいね」をいつもクリックしてくださった皆さん、今までどうもありがとうございました。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-05-23 07:11 | 我が家のリフォームとDIY

調理ストーブの話

我が家にある 薪ストーブといえば
b0069848_6593067.jpg
この子たちと、
b0069848_6595979.jpg
この大きな子。
緑の調理ストーブに至っては、とっても便利で私の大のお気に入りだったけれど、実は、しばらく使っていなかったのでした。
新しいキッチンで活躍してもらおうかな〜、って思っていたのに、キャプテンから、まさかの却下。
ホコリが気になるんだって。私には、作業のホコリの方がよっぽど気になるんだけどな。

「新しいキッチンには、新しい薪の調理ストーブを買うよ」そう宣言していたニコラ。
でもねぇ〜。数ある薪ストーブの中でも、調理ストーブって、本当に数が少なくて、どれも高い。
いろいろ調べていくうちに、薪の他に、ペレットを燃料とするストーブも選択肢に入ってきた。
けれど、薪を使うタイプよりも、さらに高い!(●`3´●)凸

薪にもペレットにも、それぞれ長所と短所があり、なんとも悩むところ。
薪は、今のところは、燃料としては一番安い。
けれど、調達してから、実際に使うまでに結構、体力が必要。
薪を積み直したり、第一、それを確保する場所もある程度必要。

ペレットは、ちょっと割高だけれど、価格が安定している。
何より魅力なのが、タイマーで点火をコントロールできること。朝、起きた時に暖かいのはありがたい。
でも、熱量は薪には敵わない。

ある時、ニコラが見せてくれた薪ストーブは、薪とペレットが両方使えるもの。すごい〜!
でも、値段が…。夢のまた夢だわ。

そしてある時、ニコラがボンコワンという売り買いのサイトで、その夢の調理ストーブを発見!

ワンシーズンしか使ってないので状態は抜群。
お値段は、かなり魅力。
色は白。本当は黒が欲しかったんだけれど、贅沢は言いません。
でも…悩んだ悩んだ。
というのも、売り主が、遠かった…。(´Д` )
かなり、遠かった…。_| ̄|○
b0069848_71129.jpg
74 Haute Savoie オート サヴォワ県。アルプスです。
ちなみに、パリは★マーク。
我が家は、★から北東に行ったところ、60と77の境目です。

売りに出ていたアノンスから ちょっと時間が経っていたので、もう売れちゃったかも?と思いつつ、コンタクトを取ったら、まだありますとのこと。

と言うわけで、買いに行きましたよ〜。
それが、この時だった訳ですね〜。

で、一人でトレーラーでSavoieに向かったニコラ、こんな感じで帰ってきました。
ストーブの後ろに載っているのは、おまけに いただいたペレット約600kg。
b0069848_713676.jpg

自宅に到着して、これを家の中に運ぶのが至難の技。
この調理ストーブ、325kgだそうです。軽く言うなぁ…ニコラ。
でも、私も慣れっこです。
いつも、なぜか、なんとかなる。
テコの原理を上手く使って、サロンに鎮座。
もう、動かしたくない〜。いや、もう、動かせない。

玄関ドアを入った所に、4ヶ月。
通路の邪魔になっていた調理ストーブを、やっと移動しました。
はぁ〜、広くなった。

長くなるので、続きは次回に!
[PR]
by exmouthcoco | 2014-05-19 07:06 | 我が家のリフォームとDIY | Trackback
長いこと触れていなかった 我が家のキッチンのその後を…。

前回のキッチンの記事 →

私とNinaが日本へ経つ前に撮ったキッチンの様子。
b0069848_60125.jpg
石膏ボードの目地もヤスリがけされて、いよいよという感じ。
換気扇のフードも、前回に比べて進化してます。
換気扇の音を軽減するのと、断熱も兼ねてグラスウールを詰め、
ホーローなどのキャニスターを並べる棚を設置してくれてました。
b0069848_601448.jpg

新しく設置した梁、一本一本にマスティックテープを貼り、天井のペンキを塗って、さらには、目地剤やペンキを取り除くために、一本一本拭いていくという…気の遠くなる作業だったようです。
床も真っ白〜!

帰って来た後、壁にペンキも塗られてそれらしくなっていました。
b0069848_613846.jpg
作業台の引き出し部分を組み立てているところ。
結構、めんどくさいらしい。
b0069848_633339.jpg
この後、調理ストーブがキッチンへと移動。

これが、なんとも大変だったので、その話はまた次回に。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-05-09 06:10 | 我が家のリフォームとDIY
今月は もっともっと作業が進む予定だったのだけれど、いろいろあって難航しております…。
b0069848_732595.jpg
右側の小さな扉のように見えるところは、以前、母屋とボロ屋との連絡口だったところ。
左側に大きな出入り口を作ったので、この部分はガラスをはめた作り付けの飾り棚にする予定。
木の板の向こう側は、窓がない 暗い階段なので、ちょっとは明かり取りになるかな、と。
b0069848_805310.jpg
この右側の壁の中は、母屋から引いた水道、電気、排水口が…。
ここがボロ屋のライフラインの要になるところで、もちろん、上の階にもそれぞれ配管してあるわけで、キレイにまとまってはいるけれど、相当なケーブルが隠れております。

中央に見えるアルミの管は、補助の換気扇の排気口。
元々、階段だったこの部分の明かり取りにガラスブロックが埋まっていたのだけれど、ただ塞ぐだけではもったいないので、排気口に利用したという訳。
窓がないスペースなので、空気の流れを作りたくて…。
(左に見える窓枠は飾りで、その後ろはガラスブロックなのです)

その反対側の壁。
b0069848_7525825.jpg
換気扇のフードが付いてます。
こんなに巨大なのには訳があって、ピンクの壁(防火用石膏ボード)のところに 薪の調理ストーブ、
その右に IHの調理台がくるので、換気扇も2台設置する必要があるからなのでした。
この、換気扇の設置がなかなか困難な作業。
現在、キャプテン、頭を抱えて頑張っております…。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-03-01 08:16 | 我が家のリフォームとDIY

壁らしく…

b0069848_6555754.jpg
モコモコの断熱材が入った後、石膏ボードを下地の軽量鉄鋼へビス留め、
そして、電気がついて グッと部屋らしくなってきました。
b0069848_6582080.jpg
現在、石膏ボードの目地入れ真っ最中。
こらこら、お昼寝してる場合じゃありませんよ〜。
外は風が強いけれど、家の中は日差しが気持ちいいので、寝転びたくなる気持ちもよ〜くわかります。
b0069848_754663.jpg
↑↑↑ この奥に見えるキッチンの方は、電気の配電盤があったり、
水周りの配管も集中していたりして複雑なので、後回し。
サロン側を先に作業しております。
b0069848_712827.jpg
あぁ、早くこの空間で まったりしたいなぁ…。
急がねば、頑張らねば。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-02-06 07:14 | 我が家のリフォームとDIY
b0069848_6511811.jpg
新しいキッチンとなる部分。
この不気味な空間に、断熱材を入れて、石膏ボード、調理台のエレメント…と頭で描きながら想像している図。どんどん狭くなっていきます。(苦笑)
b0069848_6534916.jpg
反対側は、小さなテーブルを置いて食事のスペース。
照明をどこに付けるとか、電気のスイッチやコンセントの数と場所、テレビの位置など、こんな状態だと想像できない私。キャプテンの頭の中には完成とはいかなくても、それなりの絵ができてるのかな…。
b0069848_656875.jpg
骨組みが始まった図。
ブレているのは気のせいです。(笑)
新しいカメラが来て、慣れてないのです。うーーん、難しい。暗いしね。(←言い訳)
b0069848_6564128.jpg
キッチンの奥にあるサロンの方も、骨組みが始まりました。
それから、電気の配線と水道の配管。

これが、かなり複雑で、電気の方は、将来、設置するかもしれないソーラーパネルや風力発電の配線もしてあります。
外の壁〜地下のcave(将来のバッテリー室)へ管を通して、その時まで待機。
(この、外壁へ電気ドリルで穴を開けるのが苦難の技。♭(´д`;)
何度やっても、硬い石に当たるのです。)
規制が厳しい村なので、許可が降りるかは不明だけれど、
今のうちにやっておけば、後は繋ぐだけだものね…。

水道の方も、普通の水道管と、雨水の管の2種類を分けて配管。
そうなのです。近い将来、庭に大きな貯水タンクを埋める予定で、この雨水をトイレや洗濯に使う管と、
庭に2カ所蛇口を用意して、菜園の水遣り用と、洗車用と…。
いずれも、同様にcaveにポンプを設置して、水を送り出すシステムにするので、壁の中は、管ですごいことになってます。

それプラス、電気のスイッチとプラグですからね〜、私には到底無理。
b0069848_6574375.jpg
そして、断熱材が少しずつ入り始めました。
北側の壁ということもあって、寒いのはイヤだ〜!ということで、
断熱材はこれでもかっ、というくらい厚さの20cmのものを選びました。
その分、高価だけれど、長い目で光熱費を考えると安上がりでもあるのです。
でも当然、その分、空間も狭くなるのですが、暖かいのに越したことはありません。

さて、お次は石膏ボードの登場で、部屋らしくなってきました…。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-01-24 07:08 | 我が家のリフォームとDIY

削る、削る…

久しぶりにDIYの話題です。
前回、ちらりと写ったのは、裏のボロ屋のサロンとキッチンの床部分。
この家を買った時は土間だったサロンの部分ですが、セメントを打ったり(→ )、
断熱材を敷き詰めたり(→ )、
トメットと呼ばれる六角形のテラコッタを敷き詰めたり(→ )して、
こんな感じになっていました。
b0069848_6543937.jpg

私的には、これから綺麗に磨いて床はOKと思っていたのだけれど、わずかな凸凹が気になるキャプテン。
大きな機械を借りてきて削ることにしました。
b0069848_656577.jpg
本来は、板張りの床を削る機械。ものすごく重いです!80kgくらいあるのかな?
これでトメットを削っていきます〜。(いいのか?)
ちなみに、削る前。
b0069848_6583920.jpg
別にこのままでも…って、いつまでもブツブツ言う妻。(笑)

轟音とホコリですごい状況の後、こんな風に変わってました。
b0069848_711454.jpg
やっぱり変わってます…かね?
トメットのザラザラしていたものや、汚れが削られて、ワントーン明るくなっている感じがします。
わずかな段差が気になってたところも、滑らかになってました。柔らかい感じというのかな?
ところが、ここで終わりかと思いきや、小さめのマシーンに替えて、また削るのだとか。
それはまだちょっと先になりそうですが…。

この後は、壁の作業に突入です。
[PR]
by exmouthcoco | 2014-01-16 07:12 | 我が家のリフォームとDIY
しばらく中庭のPaveの話題に触れていなかったのは、
地道な作業が延々と続き、驚くほど進んでいなかったからでもあります。
前回の作業の後、日本からパン屋での研修を受けに来たKさんが、我が家に1週間ほどお手伝いに来てくれました。
力仕事を延々と…時にはベビーシッターをお願いしたりして…。
Kさん、どうもありがとうございました。( ´ ▽ ` )ノ

彼女が帰ってしまった後も、少しずつですが進んでます。
b0069848_5333482.jpg
家の前にPaveを敷き始めました。
今までよりは20cmくらい高くなります。
b0069848_5361564.jpg
Paveが欠けている部分は、お花を植える予定。
外壁が終わったら、つるバラなどを植えようかと…。
この後、写真を撮ることができず、翌日に…と思っていたら、
薪の配達があり、一部はここに積まれてしまい、敷き終えたPaveが撮れませんでした。
またの機会に、ということで、別のアングルから。
b0069848_5403452.jpg
ちょっと急坂?
なんとなく、全体のイメージが湧いてきました。(((o(*゚▽゚*)o)))
b0069848_5511899.jpg
例の、積み上げられた薪。

そして、ここからは、今日の作業の一部です。
バケツが置いてある所は、前回までに敷き終わったところ。
b0069848_5545980.jpg
もう、やになっちゃうなー、という図。
50cmほど、掘っただけなのに、トレーラー1台分の土。
実は以前にも、同じくらいのボリュームの土を庭に移動してあります。
(砂っぽい土で 水はけが良さそうなので、来年には一度綺麗に平らにして芝を撒き直そうかと…)
b0069848_654221.jpg
石の在庫も、だいぶ減ってきました。
嬉しい反面、足りないと困るし、最後の方は残り少ない石でのパズル、難しそうです。
b0069848_672924.jpg
明日は朝一番で、土を撤去しにゴミ処理場へ持ち込み。
2往復して(もう一度、土を掘るという意味ですな)、最後に砂を買ってきます。
でも、中庭に入れないので、砂を積んだまま、今の位置へ。
まだ当分、車は中に入れません。

現在、キャプテンは8日間の休暇中。
石畳は終わるんでしょうか…?
全ては、Ninaのお昼寝時間にかかってます。Ninaっち、頼むよ〜。m(._.)m
[PR]
by exmouthcoco | 2013-10-03 06:22 | 我が家のリフォームとDIY

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco