フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:こんな所行った…( 142 )


イギリス人オーナーの宿でぐっすり眠り、おいしい朝食でパワーをつける。
お話好きの夫婦なので、出発時間もかなり予定よりもオーバー。

第二日目は、かなり長距離の移動…ボルドーへ向かいまっせ。
b0069848_772126.gif


朝のうちに、またモン・サン・ミッシェルに行く。
修道院の内部を訪問。(これは有料)

次の街は、ブルターニュのSt-malo サン・マロへ。
b0069848_7195439.jpg
ここは、城壁に囲まれた古い街。


b0069848_7211375.jpg
青い空、エメラルドグリーンの海、そして、いい天気にも恵まれて最高に気持ちいい散策だった。
この時、ご近所のyuquilleさんに電話したら、パリは寒い!って言ってたね。
ほら、見てみて!こんなにギラギラしてたのよ~☼


b0069848_7222544.jpg
次回はもっとゆっくり過ごしたいなぁ。城壁内の街も清潔だったし、街並みも整然とキレイでかわいい…。


ブルターニュといえば、そば粉のガレット。いわゆる、お食事クレープが有名。
ここで、さっそくホタテのソテーが載ったガレットをいただいた…。
b0069848_7243647.jpg

んまっ♪ 下のものは、ポワローねぎのクリームソース。
ホタテとの相性抜群、おいしゅうございました。


サン・マロで腹ごしらえをした後は、車に戻って、一挙に南下。
弟夫婦の家があるボルドーへ向かう。

途中、St. Clers du Taillon という、何もない街に寄る…。
これは、ニコラが以前にebay(フランスのネットオークション)でモノを買って、それを拾っていくためのストップ。写真は撮らなかったけど、売主さんがおまわりさん。
お庭に大きなさくらんぼの木があって、「おいしいからたくさん食べてって」と、みんなに振舞ってくれた。まさに、チェリー、食べ放題♬ 子供たちも素直でかわいかったなぁ…。

主婦軍団のみなさん、子供たちの写真を撮りまくり。(笑)

とってもお話好きなおまわりさんで、以前はパリの近くに住んでいたそう。
子供たちのことも考えて、この田舎に引っ越してきたけれど、正解だったと言ってたなぁ。
そりゃぁそうでしょう!自然がいっぱいでのびのびしてるもん。

b0069848_7333842.jpg

ボルドーに着いたのは、もう日が沈む頃だった…。
ガロンヌ川の向こうにボルドーの街…Bouliac (ブイヤック)からの眺め…。

お目当ての人気のレストランがいっぱいで入れず…(涙)
親戚の子に電話したら、そのレストランと同じオーナーのお店が目の前にあるから、と勧められて行ってみた。

b0069848_7443956.jpg

地元のセレブが通う店、Saint-James
これが中庭…右側が超高級なレストラン、そして、左側が、Le Bistrotという名前のレストラン。
値段設定が違うようだ。それでも、このビストロのほうでも結構なお値段…。

b0069848_748747.jpg
ニコラが頼んだ料理。Lotte (あんこう)のソテー。
上にチョリソーが載っている。盛り付けがいいねぇ。


b0069848_7495288.jpg
私を含め、主婦軍団のみなさんが頼んだのがこれ。
スズキのソテー。アスパラ添え。


b0069848_7515398.jpg
デザートに注文した、イチゴのカプチーノ。
これ、マジでおいしかった。かなりの感動…。上はアイスではなくて、濃厚なクリーム。
イチゴの下にもクリームがあって、それはそれは美味・・・。



ボルドーの弟夫婦の家に泊まる。
でも、彼らはいない…。 Zzz...Zzz...
[PR]
by exmouthcoco | 2005-06-30 08:00 | こんな所行った… | Trackback(1) | Comments(27)
母とその友人、合計5名がフランスにやってきた。
6月9日(木)の夕方、ロワシー空港(CDG)に到着。
翌日から7泊8日の日程で、レンタカーでのフランス国内旅行の様子をリポート。
一緒に旅に行ったような気分でついて来てくださいまし!



第1日目: パリ東郊外からノルマンディーへ


まず、初日の行程をわかりやすいように地図で解説…。
b0069848_6132874.gif

目的地は、ズバリ!リクエストの多かった モン・サン・ミッシェル。
パリから片道で約400キロ。遠いです…。

パリを出発して最初の街は、ジャンヌ・ダルクが処刑された街としても有名なRouen(ルーアン)。
b0069848_6181128.jpg
フランスで一番高い尖塔がある、ノートルダム大聖堂をはじめ、見所がたっくさん!

でも、かわいい木組みの家々が並んでいるところが一番のお気に入りかな。



その後は、ちょっと北へ車を走らせ、海のある街、Etretat(エトルタ)へ。
b0069848_6293972.jpgここはなんと言っても、断崖絶壁の岩と、丸っこい石のビーチがポイントでしょう。
丘の上に登って、上から下の街を眺めるもよし、ビーチでゴロゴロするにも最高です。


丸い石を集めて、こんな写真を撮ってみました…。
b0069848_6325363.jpg

鳥の卵みたいね!日本だったら、「エトルタの卵」とか言って饅頭とかお菓子とかにされそうだけど…ここはフランス。そういうのは…ないね。(笑)

そして、ノルマンディー橋を渡って、Honfleur(オンフルール)へ。
b0069848_6412910.jpg
以前、ふらりと寄った時に、日本の方々が観光バスで来ていて驚いたことがあったっけ。
結構有名なんだ~、って知らないのは私だけ?
かわいらしくて、ヨットや港が大好きな人には、オススメの街。
街を散策するのも楽しいし、ステキな雑貨屋さんも結構あったりして、のんびり散策するにはもってこい。


でも、いつも同じ場所を散歩するんだけど、街の全体図を見ると、私たちが行ってたのはほんのわずかな部分。今度行った時は、もっと足を延ばしてみよう…。

街を離れ、目指すは今日の宿、モン・サン・ミッシェルの近くまで高速道路で移動…。

実は、以前、ネットがつながらなくて、宿の予約もできずにいたら、どこも満室の状態…。(汗)
粘りに粘って探し当てたのが、この日泊まったChambre d'hôte(シャンブルドット=民宿)、
Le Grand Moulin Le Comte 。モン・サン・ミッシェルから東へ、ちょっと離れてるけど夕日に浮かぶモン・サン・ミッシェルもなかなかいいのでは?

18世紀のノルマンディーの家で、お部屋もメルヘンチックでかわいかった…。(写真撮るの忘れた・汗)
朝食付きで、7名で泊まって、たったの105ユーロ!1人15ユーロ。安っ!

もちろん、英語が通じる。というよりもフランス語よりも英語で話した方が喜ばれた。ふふふ…。
奥さんのグウェンは、切手を集めるのが趣味らしいので、日本の古切手などを持参すると喜ばれるでしょう!相当な田舎なので、車でないと行けないけれど、フレンドリーな宿でオススメ!

ところで、他の宿はいっぱいなのに、どうしてここだけ空いてたんだろう?
ニコラ曰く、フランス人はイギリス人の所には泊まりたがらないから、みんなきっと敬遠したんだろう、と…。フランス人気質を考えるとわからないこともないけどね。
私には、サバサバしたフランス流対応よりも、ここの宿のほうが温かくて居心地がいいカンジがしたけどね~。


さて、チェックインの後は、モン・サン・ミッシェルへ…。
b0069848_712654.jpg

この日は、夕暮れ(といっても夜10時だけど)と、日が暮れてライトアップされてから、
そして、次の日は朝のモン・サン・ミッシェル…と3度も拝んだのでした。

まだまだ旅は始まったばかり…。続きますよ~。
[PR]
by exmouthcoco | 2005-06-29 06:13 | こんな所行った… | Trackback(1) | Comments(27)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco