「ほっ」と。キャンペーン

フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:こんな所行った…( 134 )

b0069848_05412561.jpeg
先週末から、ノルマンディーへ行ってました。
今回は、友人夫婦と もうすぐ3歳になる男の子と一緒に。
ニコラの兄弟家族と一緒に旅行したことはあるものの、
お友達と一緒の旅行は、Ninaっちにとっては今回初めての経験。
それはそれは もうワクワクでした。楽しいよね。
自分も子供の頃、お友達家族と一緒にした旅行、楽しかったもの!
b0069848_05414771.jpeg
大雨に降られたり、暗い空のノルマンディーだったけれど、
子供達が楽しそうに遊んでるのを見てると癒される。
お天気なんか関係ない〜!
b0069848_05422482.jpeg
おなじみのÉtretat エトレタ。
ここに来ると、まん丸の石を探したくなるのは私だけ?
持ち帰り禁止なので、写真に収めて記録だけお持ち帰り。

↑写真の奥に見える 象の鼻のような岩の左側に、黒い洞窟が見えますか?
そこから撮ったのが、一枚目の➡︎矢印の写真。
引き潮になると この洞窟まで歩いて行けて、
さらに上の方へよじ登ると小さなトンネルがあるのです。
それを抜けると…
b0069848_05420596.jpeg
さらに向こう側にも、象の鼻のような岩が。
何度も来ているけれど、この洞窟まで来たのは初めて。
何事も、初体験って、ワクワクしますね。(笑)

丸い石ゴロゴロのビーチとはお別れして、教会がある反対側の丘へ移動。
10月の秋休みにも、ここを訪れているけれど、寒さのせいか、人はまだら。
綺麗な景色を眺めながら、ここでピクニック。
ちょっと風が冷たかったけれど、雨にも降られず、
2月でもこうして外でピクニックができるなんて、ありがたい。

食事の後に、崖の上をお散歩。
ふらふらと、ジャックラッセルがやってきて、ミカと意気投合!
2匹であっちこっち走り回って、それはそれは楽しそう。

で…気づいたら、ミカちゃん、あんな所に!
b0069848_05424594.jpeg
わかりますか?
足踏み外して、落ちるんじゃないかと 冷や冷や。
慌てて大声で、「ミカ〜〜!」って呼んだら、「?」って顔をして、
引き返そうとしたら、またあのジャックラッセルが追いかけて来て、もうドキドキ。
b0069848_05430848.jpeg
勢いよく戻ってきて、ホッとしたけれど…。
ミカの、この嬉しそうな顔!(笑)
寿命が縮みました…。

仕事の関係で、友人夫婦とは、ここでお別れ。
借りてるアパートも、ガラーンとしてちょっと寂しかったな。
b0069848_05435588.jpeg
ヴァカンス村の中は車の往来禁止なので、
アパートまでは、荷物はこの人力車で運びます。
あれ?小さなマネキン人形が乗ってますけど…。(笑)
b0069848_05433188.jpeg
お天気が回復して、気持ちいい午後。

滞在しているヴァカンス村のある街を散策していたら、
どこかで見たことあるような景色が…。
b0069848_05441999.jpeg
(変な親子がいますが…。)

7年前にフラリと来たことのある街でした。
レストランで、待たされたんだった…。
まだあったよ、そのレストラン。
いやぁ、びっくりした。

b0069848_05444282.jpeg
港町へ行って、お目当てのホタテをゲット。
5kgで23ユーロ。
アパートに戻って、早速調理しますっ!

ナイフでパカッと開けて、貝柱とヒモに分けて…
たまに、手のひらの上で、貝柱がピクっと動くんです。
その度に、ギャ〜!と悲鳴をあげて…。
キャーキャー言いながらも、できたのは、ホタテのお刺身。
b0069848_05450385.jpeg
お箸を持ってくるのを忘れたというオチが…。

一緒に買ったカレイはムニエルにして、いただきました。


帰り道。
b0069848_05452175.jpeg
娘たち。
何の夢を見てるのかな…。

楽しかったノルマンディー。
次回は、もうちょっと暖かくなってから来たいなぁ。




[PR]
by exmouthcoco | 2017-02-13 07:34 | こんな所行った…

Joyeux Noël !!
皆さん、楽しいクリスマスを過ごされましたか?

我が家はnoëlのちょっと前に、近場へ小旅行してきました。

今回の目的地は Arrasアラスのmarché de noël。
marché de noëlといえばアルザスのそれが有名で、
我が家も行こうと思っていたのだけれど、ちょっと遠い。
ちょっと前にTVでArrasのをやっていて良さそうだったのでこちらに決定。
というのも、近いんです。Arrasは我が家から約1時間半の距離。
b0069848_00141168.jpeg
画面下の方の小さな緑の●が我が家で、そのまま北上した緑のマークがArrasです。
お昼ご飯を自宅でゆっくり食べて、のんびり出発。

ホテルに先にチェックインを済ませてから、いざ街の中心部へ。
b0069848_00125988.jpeg
初めて行ったけれど、整っていてキレイな街。
中央のカラフルな建物はサンタクロースのお家。
b0069848_00132852.jpeg
子供達が順番に並んでいました。
ちょっと歩くと、クリスマス市の入り口。
b0069848_00134991.jpeg
向こうに見えるゲートで、一応、手荷物検査があって、
楽しんでね!とお兄さんの笑顔で気持ち良く送られて、いざ中へ。
出かける2日前に、ベルリンのクリスマス市でのテロがあったので、
正直、行くのをためらったのだけれど…
ここだと車が入ってくるのも不可能だし、大丈夫そう。
軍隊の方が,あちこちで警備にあたってました。ご苦労さま。
b0069848_00144439.jpeg
中の雰囲気が少しでも伝われば…。
平日だったので、それほど混んでおらず、いい感じ。
b0069848_00151787.jpeg
キラキラして、目が輝いてるNinaっちに対して、
写真はないけれど、チュロスだのサンドイッチだの、下に落ちてる食べ物が気になってクンクン探し回ってるミカ。(笑)
いい匂いがするのでたまらないんだろうな…。
b0069848_00160027.jpeg
クリスマス市ももちろん素敵だったけど、この街並みの美しさにもウットリ。
暖かくなったら、ゆっくり見学に来たいな。
b0069848_00153726.jpeg
4歳以上からOKという ソリ滑り。
上ってみて怖かったのか、パパも一緒に。
毎回、なかなか降りてこないから、何かイチャモンでもつけられてるのかと思ったら、係のお兄さんと話が盛り上がって、行かせてくれなかった、という…どこでも誰とでもお友達になれるニコラ。(笑)
結局、1人分のお金払って、2人で滑らせてもらって得した気分。
b0069848_00163375.jpeg
こんなかわいいマネージも。

ニコラはもうちょっと大規模か思ってたと言ってたけれど、これで十分。
屋台を冷やかして、楽しいクリスマス市でした。
翌日、近くの街で、友人の娘夫婦がオープンさせたという中華のお店へ。
お惣菜屋さんなのだけれど、テーブルもあって、まるでレストラン。
食べきれないほどあれこれ出してもらって、そろそろ…というところで、
その友人がパリから内緒で駆けつけてきてくれて、久しぶりのうれしい再会。

別れを告げて、やってきたのは冬の海。
b0069848_00180273.jpeg
ビーチで大興奮するNinaとミカ。
我が家の毎回の構図です。
b0069848_00191998.jpeg
冬はやっぱり寂しいな。
あっという間に日が暮れてしまうけれど、夕焼けを見れるという特典もあるよね。
夏だと、待っても待っても日が暮れないもの。
b0069848_00193509.jpeg
お昼に友人の店で、これでもかっていうくらいに食べたのに…
この日は珍しくレストランに予約なんてしていたもんだから、
もう、もう…お腹いっぱい。
b0069848_00195947.jpeg
19時半に入って、23時に店を出て…
b0069848_00201650.jpeg
4歳児にはなかなかツラい、夕飯でした。
まぁ。これも経験。


翌朝の、ホテルのブッフェでも、お腹がちっとも減っておらず、
なんだか虚しい朝食。

b0069848_00204767.jpeg
さて、最終日。
家に向かう前に、寄ったのが、我が家にはおなじみの港町。
b0069848_00211408.jpeg
「いらっしゃいませ〜」
公園が新しくキレイになってました。
楽しいだろうね。
b0069848_00214278.jpeg
ここに来た目的は、ホタテを買って帰ること。
右奥のスタンドで、水揚げされたお魚が買えるのです。
Noëlの前ということだけあって、たくさん買っても割安にならず、
またいつか来ることを考えて、3kgだけ購入。
1kg 6ユーロなので、3kgで18ユーロ。
その場で剥いてもらって帰ってきました。

その晩は、食欲ないけれど、さっぱりと、ホタテのお刺身定食。
疲れた胃に、和食はやっぱり優しいのです。

b0069848_00221830.jpeg
こちら、今年のクリスマスケーキ。
シリコンのモミの木型があったのを思い出して、初めて使ってみたら、
まぁなんとか成功。
抹茶のシフォン生地で、クリームはホワイトチョコ入り。
b0069848_00224604.jpeg
なぜかロウソク4本刺して、ご機嫌な人。
b0069848_00230296.jpeg
あれこれ おこぼれもらってうれしい子。


なかなか更新できずにいるブログですが、
訪問くださってありがとうございます。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

少し早いですが、皆さん よいお年を!





[PR]
by exmouthcoco | 2016-12-26 01:44 | こんな所行った…

秋休みの続き

お待たせしました。
秋休みの旅行記、続編です。
b0069848_06460468.jpeg
4歳になった日…。
ボルドーの義弟の家にて。
b0069848_06462078.jpeg
お爺ちゃんにギターを買ってもらって、ご機嫌!
残念ながら、大人も誰も弾けず…。😅
この後、弟が適当にミカの歌を歌ったら、Nina大受け。
ちゃんと弾けるようになって、皆んなに聴かせておくれ〜!

ボルドーを出発して、少しずつ北上。
Noirmoutier ノワールムティエ島へ。
b0069848_07194440.jpeg
ここでの夕日も素晴らしかった〜。
b0069848_06463968.jpeg
翌朝、海岸を散歩。
b0069848_06471501.jpeg
ここの浜は、海草だらけ。
昆布らしきものがあったけど、食べられるのかな?
畑の肥料に持ってきたかったけれど、量が必要なので、断念…。
b0069848_06475327.jpeg
柱に付いてる貝を説明中?
4歳児に理解できてるのか…。
b0069848_06482266.jpeg
別の海岸に行ったら、たくさんの水のプールが…。
遠くの方で、結構な人が何かを採ってる様子。
b0069848_06484482.jpeg
この水たまりの中の小さな巻き貝。
bigorneauxビゴーノー。
これを拾うのに夢中。
b0069848_06490813.jpeg
楽しくて仕方がないNinaっち。
たくましくなるよ〜。

さて、たくさん遊んだ後は、そろそろパリに向けて帰ります。
島と本土を結ぶ橋もあるけれど、私たちが選んだのは、この道。
b0069848_06492815.jpeg
Passage du Gois パッサージュ・デュ・ゴワ

b0069848_06494447.jpeg
潮が引いた時だけ道が現れるんです。
そういえば、10年前に姉と姪&甥たちと来た時は、引き潮の時間を調べてなくて、
ここを通れなかったんだよね…。

道の両側は、車がたくさん停まっていて、
潮干狩りを楽しむ人でいっぱいでした。
b0069848_06500250.jpeg
こんなにお天気が良くて、風もなくて…
潮干狩り、楽しいだろうな〜。

家に着く時間が遅くなりそうだったので、この度最初で最後の外食。
友人や家族の家にたまにお世話になったとはいえ、
10日間の旅行で1度だけの外食って、やっぱりキャンピングカーは経済的。
b0069848_06502413.jpeg
お子様ランチのデザートに選んだのは、barbe a papa 綿菓子。巨大!

b0069848_06504626.jpeg
採ってきた ビゴーノー。
塩茹でしておいしくいただきました。
Nina ちも、パクパク。
食べながら、「また行こうね〜。」って言うから、
ヴァカンス?ノワールムティエ?って聞いたら、
「レストラン!」だって。
そこかい!








[PR]
by exmouthcoco | 2016-11-15 07:58 | こんな所行った…

秋休み


10日間のキャミオンでの旅行を終えて、日常生活に戻っています。
あぁ、楽しかった…。
余韻が冷めないうちに、写真をザクッとアップしておきます。

今回の旅先はフランス南西部。
本当は、もうちょっと早く出てポルトガルの方まで…って考えていたのだけれど、
キャミオンの設備が終わらなくて、結局は、行き慣れているバスクの方まで。
私たちは何度も足を運んでいるけれど、Ninaにとっては初めてだったりする所も多かったのでよかったかな。
b0069848_06382939.jpeg
ボルドーの近くと言ったらわかりやすかな?
アルカッション湾にある ピラ砂丘。
「これを登るよ〜」って言ったら、この笑顔。うしし…。
b0069848_06385376.jpeg
結構、急坂。息切れするお年頃。(笑)
松林が限りなく続きます…。
b0069848_06391803.jpeg
砂遊び大好きだから、もう楽しくて仕方がない。
日差しが強くて暑いくらいだったので、砂の中はヒンヤリ気持ちいいよね。
b0069848_06394151.jpeg
大人はぼんやり海を見て、
子供は砂で滑り台。

b0069848_06400330.jpeg
場所変わって、ある日の夕暮れ。
人もほとんどいなくて、夕焼けを独り占めした気分。
b0069848_06402234.jpeg
日が暮れるまで遊んでました。

b0069848_06404286.jpeg
ある日のキッチン。
ビーチの前でお料理。
b0069848_06410369.jpeg
ごはんができるまで、遊んでおいで〜。
人も少ないし、何よりも見晴らせるから、安心。

バスクの方まで南下して、スペイン側の小さな村を通過。
b0069848_06412419.jpeg
国境変わるだけで、なんか違うんだよな〜って感じる。
標識のフォントがちょっと違うせいか?
島国から来た日本人にとっては、やっぱり国境は魅力なのです。
b0069848_06414403.jpeg
免税の集落。Col d'Ibardinへ。
昔、このブログでも紹介してたなぁと思い、探してみたらあったあった!

↑この記事では、別の免税峠も紹介してるけど、実はすっかり忘れていた私たち。
次回は、新しい方に行ってみます!

峠で野宿して、翌朝、キャミオンの外に出たら、神秘的な風景が。
b0069848_06420210.jpeg
目の前に、雲海が広がってました。
下は曇り空だね…。

b0069848_06422363.jpeg
村中、真っ赤っかな、唐辛子で有名なエスペレット村。
b0069848_06424117.jpeg
バスクの家は、赤か緑のアクセントなのだけれど、この村は、赤が勝ってました。
ぶら下がってるのは、もちろん唐辛子。
b0069848_06430063.jpeg
この日は、夕方からピモン(唐辛子)祭りがあったらしく、あちこち準備中。
人も多くて賑わってました。
気ままな旅なので、ここで一晩したかったのだけれど、
ちょうどこの日は南西部の友人宅に行く約束をしていたので、参加できず。残念!
b0069848_06432047.jpeg
ビールとつまみで一休み。
左はチョリソーベースのリエット、右はここの唐辛子の入ったパテ。
そんなに、というか、ピリ辛でもなく…。
子供も食べられる辛さ。

旅行記、次回に続きます…。




[PR]
by exmouthcoco | 2016-11-07 07:35 | こんな所行った…
8月の終わりに日本を発ち、こちらに戻ってきました。
バタバタと帰って来て、慌ただしいまま、9月に突入。
Ninaっち、今年から幼稚園の年中さんです。

仲良かった子を含め、去年の仲間の大半が違うクラスになってしまったので、
なんとなく不憫に感じるけれど、これも試練。
新しく入ってきた年少チーム(混合クラスです)の面倒を見て、しっかりお姉さんになってください。
自分も可愛がってもらったように、ね。


帰国する日は、夜遅い便だったので、朝から余裕があって、最終日をあれこれ楽しむことにしていました。
帰る前に絶対食べたかったのが、コレ。
b0069848_5473263.jpg
インドカレー。
子供の頃、父に連れられてインドカレーをよく食べに行っていたので、何となく郷愁の味。
たまに無性に食べたくなるもののうちの1つです。

ここは、実家の比較的近い所にある 小さなお店。3人のインド系の方がやってます。
日替わりランチは、カボチャとチキンのカレーで、これにサラダとスープ、飲み物が付いて750円でした。安っ。
ナンとご飯はお代わり自由だそうですが、この巨大ナンでさえ食べきれない大きさ。
b0069848_5552874.jpg
Ninaっち、お子様カレーを堪能。
パン好き、ご飯好きな彼女にとって、天国のようなメニュー。
写真の小さなご飯を2つと、ナンを半分以上平らげました。
さすがに、食後に付いてきたアイスクリームは食べられず…。惜しいことしたね!(笑)

詳しくは触れませんが、実はこの最終日、汗かきながらカレーを食べてる時に、さらに汗が吹き出るような事があって、ジェットコースターのような1日だったのでした。
まぁ、無事に飛行機に乗れたし…結果オーライなのです。
b0069848_661185.jpg
羽田に向かう首都高から見えた東京タワー。
Ninaに見せたかったけれど、生憎、睡眠中。

2週間はあっという間だったけれど、充実した毎日で堪能してきました。
あ…でも、最終日に予定していた日帰り温泉に行けなかったのが、ちょっと心残り…。
次回に期待!

滞在中にお世話になった方々、どうもありがとうございました。
そして、今回はお会いできなかった方々…
次回はもうちょっとゆっくり滞在目指しますので、どうぞよろしく!
[PR]
by exmouthcoco | 2016-09-05 06:13 | こんな所行った…

私たちの 夏休み③

b0069848_2259332.jpg
飛行機に乗って…
実は、Ninaっちと2人で日本滞在中です。
b0069848_2304548.jpg
自らFacebookの記事に「いいね!」をした JETKIDSの簡易ベッドに横になって…。

実はコレ、子供を上に乗せて引っ張ることもできるし、
中にオモチャなども入れておけるスーツケースのようなもの。
蓋をひっくり返して高さを飛行機のシートの高さに調節して、足置きやベッドになるという…。
子供じゃなくても、私が欲しい〜!って思ってたら、
近くの友人が、秋に里帰りする為に購入。
自分たちが使ってないのに、新品をNinaっちに貸してくれたのでした。
どうもありがとう〜!

さて、約2年半振りの日本。
今回は、理由があって2週間だけの滞在です。
でも、14年振りの「日本の夏」は、これくらいで良かったかも。
今回は、友人にはあまり声をかけられなかったのだけれど、
結婚した友人と、子供が生まれて家族が増えた友人と…
2人を我が家に誘って、再会と、それぞれの近況を語り合ってお祝いしたのでした。
b0069848_2316034.jpg
友人(元・職場の後輩とも言う)が用意してくれた豪華なお寿司。
飲み物まで用意してきてくれて、この方の心遣いには、本当に頭が下がります。

b0069848_23222111.jpg
奥日光へ…。
b0069848_23233140.jpg
湯ノ湖。
トンボがたくさん飛んでました…。
b0069848_23244373.jpg
木道って大好き!
手入れされて、気持ちいいです。
b0069848_23254718.jpg
湖のほとりで絵を描く父。
Ninaっち、見つけて早速邪魔に入ってます。
b0069848_2327916.jpg
今回は、姉夫婦の企画でキャンプ場へ。
両親と姉家族と私たちで 人数が多いので、バンガローを予約。
フランスでもキャンプ場は利用するけれど、造りが違うので興味深い。
b0069848_2330749.jpg
日本式は、もちろん、Futonです。

b0069848_23372264.jpg
目の前は、中禅寺湖。
キラキラ輝いてました。
b0069848_23382366.jpg
お兄ちゃん(と言いつつ、15歳離れた従兄弟)に遊んでもらって、
b0069848_23395868.jpg
初めての手持ち花火。
キラキラが新鮮で、大興奮。
b0069848_23413823.jpg
近くの日帰り温泉で。
suicaのペンギンをぎゅぅぅぅ〜。
久しぶりに入る温泉は、熱かった〜。
温泉って、なんで熱いんでしょうね。もっと低い温度でじっくり入りたいのにな。
露天風呂はぬるくて、気持ち良かったです。

台風直撃とかあったりして、天気がイマイチの今回の滞在ですが、
暑さもちょっとダウンして、それはそれでラッキーかな。

残り後ちょっと…悔いのないように楽しんできまーす。
あぁ…。荷造りが恐怖。
[PR]
by exmouthcoco | 2016-08-24 23:52 | こんな所行った…

私たちの 夏休み②

8月に入って最初の週末、「思い立って」ピカルディー〜ノルマンディーの海沿いに出かけてきました。
家の作業などでちょっと疲れた時に、気分転換に急に出かけるのが我が家流。
そいうい訳で、「思い立って」。

8月のヴァカンスシーズン真っ最中ということもあって、ホテルの空きがあるのかどうか…。
最初は日帰りで行こうと思っていたけれど、ゆっくりできないということで、
あのキャミオンで行くことに決定。
当然、中も何もできてないので、この通り、質素なお座敷風キャンピングカーです。(笑)
b0069848_23451995.jpg
まぁ、それでも大喜びのNinaっち。
恥ずかしいとか、みすぼらしいとか、文句は言わない年齢なのが救いだったりして。

高速を使わずにゆっくりと車を走らせること2時間半。
ピカルディーの端っこの我が家から一番近い ピカルディーの海へ。
b0069848_23483820.jpg
ちょっと風がひんやりするけれど、天気もいいし、気分はヴァカンス。
甘い父親は、早速ムスメにアイスを買ってあげてました。
b0069848_23501818.jpg
この笑顔を見ると、アイスもだけど、パパも溶けるよね。??

この周辺の海沿いには、キャンピングカーが無料で停まれるスペースが点在しているのだけれど…
限られたスペースの中にギュウゥゥっと並び、大きさや豪華さを競う感じがして、
例え自分たちがどんなに立派な車を持っていても、ハイシーズンに ここに停めることはないと思うという気持ちは私もニコラも同意見。

あらかじめgoogle earthでチェックしていた、海の目の前の小さな駐車場を目指して
ノルマンディー方向へ…。
b0069848_023549.jpg
人のほとんどいない、ひっそりとした小さな村の丘の上に整備された公園&駐車場があって、今日はここに決まり。
b0069848_04324.jpg
キラキラしていて、神秘的。
b0069848_052952.jpg
濡れてはならない靴を履いてきてしまった母は、ゴロゴロの石のビーチでお留守番。
親子2人プラス1匹、気持ち良さそうでした。
(水着も、お砂セットも持ってきたのにね〜。役立たずだったよ、この旅は。笑)

夜は、キャミオンで初めての雑魚寝。
マット敷いて寝袋で寝たけれど、床が硬いのと、寒さでよく眠れず。??
遮熱用シートを貼ってるとはいえ、換気扇の合間から冷気が入ってきたりして寒い寒い。
考えてはいたけれど やっぱり断熱材は必須。何事も経験です。
夏とはいえ、北フランスの朝と晩は冷え込むのです。
この日も、確か朝の気温は10度ちょっとだったか…。

翌日、海沿いを西の方へ移動。
馴染みの街を散歩して
b0069848_08322.jpg

さらに西へと進んで、Étretat エトレタへ。
b0069848_033147.jpg
寒いっ!風が冷たい。
トレッキング行っちゃう?というような格好の人もいて、皆さん、かなり厚着。
b0069848_0351998.jpg
何度も来てるけれど、こんなに人で溢れていたのは初めて。
ただでさえ大きい車で苦労するのに、この混雑で駐車場を見つけるのも嫌なので、早々と退散。
近くの町で ブロカントをやっていて、そこでゆっくりして帰ってきたのでした。

短い日程だったけれど、ワイルドで楽しかった〜。
次回は、もうちょっとグレードアップして、快適に寝れるといいな。


夏休みシリーズ、まだ続きます…。


【 追記 】
この記事を、広島のレストラン セイホウ・オンブラージュ
「四季を感じる ブログ集」にご紹介いただきました。
ありがとうございました。
セイホウ・オンブラージュ |<!--br<br />
class=

広島で極上のフレンチを世界遺産の島・宮島を望む美しい景観とともにご堪能下さい。
[PR]
by exmouthcoco | 2016-08-17 00:47 | こんな所行った…

私たちの 夏休み①

すっかりご無沙汰しております。
夏休み気分にどっぷり浸かって、1ヶ月もブログをお休みしてしまいました。

7月はどこに行くわけでもなく、ひたすら家の作業に専念。
(この記事はまたの機会に。)

8月に入って、Ninaっちと1日、パリでデートしてきました。
↓ この日は妙に寒かった…。
b0069848_523581.jpg
Ninaにとっては2度目のパリ。
前回は、まだプセット(ベビーカー)に乗ってたくらいなので、記憶にはないはず。

自宅近くの駅から、記憶に残る初めての電車に乗り、
パリではメトロとバスに乗って、終始ご満悦。
b0069848_554063.jpg
あちこち珍しいものがあって、「見て見て〜!」の連続。
噂には聞いていたけれど、この時期、観光客ばかり。(私たちも、その一部。笑)
b0069848_58563.jpg
パリ在住の友達が候補に入れていてくれたレストランはどこも見事にバカンス中でした。

実は、パリに来たのには理由があって、
Ninaの日本のパスポートを作りに大使館に行っていたのでした。
地方在住者には1日でパスポートを発行してくれるという ありがたい制度があって、
幸い?私の住んでいるところが、地方に該当するので(と言っても、3km先はパリ周辺地域なんですけど)、この特典を利用させていただきました。

朝、大使館で手続きを済ませて、パリのお友達の所へ。
b0069848_517010.jpg
ウクレレ弾かせてもらって…
Ninaっち、テンション上がりまくり。
友人宅でゆっくりさせてもらって、かなり助かりました。
3歳児と1日外で時間を潰すってなかなか難しいもの。
どうもありがとう〜!

夕方、日本大使館に戻り、無事にパスポートを受け取りました。
ホッとしました〜。

というのも、Ninaっちの目に「ものもらい」ができていて、
そろそろ治るかな?って、証明写真をギリギリまで撮らなかったんです。
この写真で5年は可哀想だな〜と思って。
だけど、なかなか治らない。(苦笑)
大使館の予約もあったので、実は、写真を撮りに行ったのがパリに行った前日。

フランスのパスポートを作った時にお願いした「写真スタジオ」に行ったけれど、
お店がなくなってました。(泣)
家と反対方向にあるスーパーに行って、自動の証明写真マシーンに座らせて撮ってみたら、
下を向くわ、目をつぶるわ…で、なんとか良さそうなのをセレクトして現像してみたら、
頭が切れてた…。(−_−;) ダメじゃん。

一度、家に戻って、ネットで探した「写真スタジオ」へ向かったものの、
スタジオはなく、普通の家。!?(・_・;?
呼び鈴を押しても、誰も出ず…。
簡単な看板があって、電話をしてみたら、「ヴァカンス中です」だって。
すでに18時。ちょっと焦る。

さらに車を走らせて、大きなショッピングセンター内の写真スタジオでやっと撮ってもらえたという…
本当に、バタバタな前日だったのです。
b0069848_673733.jpg
↑フランスのパスポートを作った時と、今回のパスポートの写真。
成長してます…。

帰りの電車で。
b0069848_52374.jpg

近所で売ってないPEZ ペッツの替えを買ってもらって、うれしいのか ずっと離さないNinaっち。
お昼寝もせずに、よく遊び、よく歩いたので、この電車の中で船を漕ぎ…
窓に頭をゴンッとぶつけてました。本人、笑ってたけど。

Ninaっちにとって、物心をついて初めてのパリ。
いろんな刺激をもらって、楽しかったようです。

夏休みの続き、次回に続きます…。
[PR]
by exmouthcoco | 2016-08-12 06:14 | こんな所行った…

海辺でプチバカンス

b0069848_3123398.jpg
新学期が始まったというのに、ちょっと学校を休んでプチバカンス。
今回は、ニコラの兄弟と海辺のキャンプ場へ大集合。
b0069848_313233.jpg

と言っても、お兄さんは来れなくて、お姉さん、弟と、それぞれの連れが集まって、このアパートに滞在。
何が素晴らしいって
b0069848_314763.jpg

この眺め!
海が本当に目の前です。
b0069848_3144834.jpg

季節が終わって、誰もいない海。
b0069848_3153674.jpg

でも、水は暖かくて気持ちいい。
b0069848_316878.jpg

近くに住むパパを食事に招待するため、小さなキッチンで大人7名子供1名分の料理をニコラと準備。
こんな所にいながら、のんびりと手打ちパスタ。
b0069848_3163788.jpg

Ninaは、大好きなtata(伯母・叔母)とtonton(伯父・叔父)にたっぷり遊んでもらって、上機嫌。

波の音を聞きながら、ちょっと充電してきます。
[PR]
by exmouthcoco | 2015-09-15 03:19 | こんな所行った… | Trackback
b0069848_62839.jpg
コルシカ島にも、キレイな海はたくさんありました。
車内から撮ってるのでブレブレですが、次々とこんな景色が続きます。
ただ、サルデーニャ島に比べて、ビーチまでのアクセスが少ない…。
広くて有名なビーチはそれなりにあるけれど、ひっそりとした小さなビーチは、レストランの入り口からでないと入れなかったり、または個人の敷地のように感じました。
すごい贅沢だけどね…。
あぁ、サルデーニャ島が恋しい!
b0069848_630894.jpg
目的地の途中で、ランチタイム。
地元の人がちらほらとやってきては、船を出したり、泳いだり…。
波も穏やかなので、Ninaも脱ぎ出して水遊びをし始めました。
b0069848_6322290.jpg
砂浜よりも岩での磯遊びの方が好きな私。
ヤドカリなど探していたら、ウニもいました!食べなかったけどね…。
b0069848_6352460.jpg
最後の街は、北西に位置する Calvi。この港町に2泊しました。
b0069848_636535.jpg
キャンプ場で仲良くなったドイツからの男の子、フィリップ。
ママはロシア人、パパはドイツ人。
英語が堪能なフィリップのママは、旦那さんとはドイツ語で、息子とはロシア語で…。
Ninaと同様に、多国言語を操るようになるんだろうな。
苦労は多いのかも知れないけれど、日本語オンリーで育ってきた私には、とっても羨ましい。

b0069848_6364986.jpg
泊まったキャンプ場の目の前には、広いビーチ。
向こうには、Calviの街の城砦が見えます。
b0069848_6383954.jpg
わんこ天国のフランスでも、シーズンになると犬禁止のビーチが多いのですが、ここCalviのビーチはOKなのかな?犬連れの人が多かったです。
そんな訳で、ミカたんもビーチでリラックス。
おっと!左に写ってるトップレスのおばちゃんもリラックスしてるようです。(笑)
b0069848_6372574.jpg
そして、ビーチ脇には線路が!
ちゃんと電車が走るんですよ〜。
b0069848_6375663.jpg
のんびりと列車旅行もしてみたいなぁ。
b0069848_65764.jpg
例のごとく、夕飯を終えてから、海への散歩。
周辺をあちこち周ったけれど、このビーチが一番楽しかったかな。
b0069848_6592754.jpg
街のすぐ隣に港があって、ここからフェリーに乗ります。
b0069848_711727.jpg
昼間の移動だけれど、キャビンを頼みました。
思い通りに、Ninaっち、お昼寝。
いやいや、ミカたんも、ニコラも私も。皆んなでお昼寝タイム。
b0069848_722546.jpg
さようなら、コルシカ島!

この後、Niceへ到着して、南仏、南西部…あちこちへフラフラしてきました。
自宅を出てから、3週間以上。走行距離、約5300km。
ニコラも、車も、お疲れさま。

旅の話は、これでおしまい。
長々と、お付き合いいただいてありがとうございました。

◆ 今日は、コメント欄を開けておきます。
旅に関すること以外でも、お気軽にこちらへどうぞ。
[PR]
by exmouthcoco | 2015-06-30 07:15 | こんな所行った… | Comments(22)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco