フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:食べること、大好き♪( 124 )

◆◆ メッシュパン ◆◆

待ちに待った、久しぶりの大雨…。
ほぼ毎日のように通っていた畑も、この何日かはお休み。
普段なら、どんよりした空にうんざりだけれど、
潔く家でじっとしていられることや、
庭や畑に代わりに水遣りをしてもらえるありがたさもあって、こんな日がたまにはあってもいいな、と。

我が家の朝食のパン。
いつもはナッツやドライフルーツが入った田舎パンを作るのだけれど、
今日の気分はズバリ食パン。
b0069848_5432980.jpg
食パン型と一緒に、久しぶりにメッシュ型も使ってみた。
丁寧に、丁寧に型に脂を塗りこんで。
キレイに外れた時のうれしさと言ったら…。

しばらくはこのパンが続きそうです。
[PR]
by exmouthcoco | 2011-06-07 06:01 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(18)

お好み☆ベリータルト

庭のイチゴを使ってタルトを作ろう!
そう思い立って、作ったのはいいけれど、大きなサイズのタルト台にイチゴが足りない様子。

しかも、たとえ全部乗せてしまっても、今日や明日中に2人で全てを食べるのは無理。

そう思って、自分の好きなものを乗せて作る、
題して「お好みタルト」。(笑)
b0069848_6455829.jpg
奥にあるのは、すでに作ってあった ニコラ用の「イチゴタルト」。

私は…
b0069848_6474078.jpg
森のイチゴと呼ばれる小粒のイチゴと、庭で採れたイチゴ、そして、裏のおばあさんの庭から採ってきたサクランボ。

そして、夕飯後のデザート。
b0069848_6505368.jpg
小粒のイチゴと庭のイチゴ、一足先に赤くなった庭のフランボワーズをちまちまと並べる…。
今年はちょっと収穫が早い!

そして、キャプテンのお好みタルトは?
b0069848_6535010.jpg
面倒になって、ベリーを投げたタルト。(笑)

パティシエには向いてないようです。
[PR]
by exmouthcoco | 2011-05-30 06:57 | 食べること、大好き♪ | Comments(20)

午後8時…

20時は夕飯の時間。
b0069848_574546.jpg

外で食べても心地いい季節になった。
b0069848_594958.jpg

料理長はもちろん、ニコラ。
BBQは主婦にとってはありがたい献立。
b0069848_51305.jpg
今日のメニューはソーセージと豚ばら肉のカレー風味、ナスのグリルとサラダ。
キャプテン、相変わらずうれしそうだな。(笑)

アスパラ祭り、その後…
[PR]
by exmouthcoco | 2011-05-20 05:20 | 食べること、大好き♪ | Comments(38)

ソーセージ作り♪

b0069848_7113032.jpg

にゅるにゅるっ…と、ソーセージ作っています。

機械で押し出されるとはいえ、一人で作るのは大変~~~と思っていたら、
助っ人、キャプテン登場。

b0069848_713043.jpg
成形すると、ますますそれらしく見えるから不思議。
↑ カフェ飲みながら作ってます。

この日はベーコン作りの日。
燻製器を使ったので、それならソーセージも!と思った次第。

b0069848_7145097.jpg
成功したように見えますが…
実は途中、ぶら下げていた部分が重さに耐えきれずに落下。(涙)
ただのBBQになるところでした。(← 燻製器の熱源は炭)

でも、パリっとした食感のソーセージができました。
おいしいんだけどね…。
もう一工夫、欲しいところなんだなぁ。
何かが足りないような気がする。

保存料か?合成の調味料か?

これでいい、ってことか。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

この日もアスパラ祭りが続いてました。

b0069848_7184366.jpg
ホワイトアスパラのスープ。

食べない日はありません。(笑)
[PR]
by exmouthcoco | 2011-05-13 07:23 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(16)
今日は夜勤のニコラ。
会社に社員食堂はあるものの、ごくたまにお弁当を持っていきます。

今日のお弁当はこれ。
b0069848_7115627.jpg
・白アスパラガスとエビのキッシュ
・サラダ + ドレッシング
・ホワイトアスパラの瓶詰め
・庭で採れたイチゴ

瓶詰め持って行くところが笑えます。^^
[PR]
by exmouthcoco | 2011-05-11 07:16 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(18)
春と言っても、真夏のようなギラギラした日差しが続く北フランスです。
この1ヶ月ほど、まともな雨が降らず、大地はカラカラ。私の肌もカピカピ。
天気がいいと気持ちがいいけれど、庭の植物を見てると気の毒で…。
ドカンと一雨欲しいところです。

今回は、タイトルにあるようにアスパラガスの話題。

我が家では緑のものよりも白いもののほうが食卓に上る率が高いかな?
ホワイトアスパラと言っても、野菜の中では結構お値段が高くて、
(我が家では)そんなにバリバリ食べるものではありません。
旬を楽しむために、何度か買うくらいです。

ちなみに、太さや質にもよるのですが、お店で買うと1kgあたり8ユーロくらい?

前回のものは、1袋、1kg入って6,5ユーロでした。
採りたてで筋も少なく、白くて太い、上質のアスパラガス。産地ならではの価格です。

とってもおいしかったので、注文しました。
じゃーん!
b0069848_20555030.jpg
採りたての、キレイなアスパラガス。太いです。
この1箱で10kg入り。

…で、それがこんなに。
b0069848_2058458.jpg
5箱あります。(苦笑)
50kgのアスパラ…。(汗)

ガ━━(((((( ゚д゚)))))))━━━ン!!!!!

ガ━━(゜Д゜;)━━━ン!!!!!


どうするよ。

はい、オーダーミスです。

前回の注文を受けてくれた同僚に、ニコラがホワイトアスパラの注文をしておりました。
「自宅用に、形の悪いものとか折れたもの、要するに商品として売れない安いのがあったら買うよ」と。
あれだけキレイなものが1kg6,5ユーロなら、曲がったものは5ユーロくらいだろうと考えておりました。
「5ユーロだったら、10kgか20kgお願い」と言っていたら、
同僚が、「ニコラ~~。違うわよ。間違ってる。10kgで5ユーロよ。」と。
そんな訳ない!そんなに安いわけがない!

そう訴えるニコラでしたが、同僚も10kgで5ユーロだと言って譲りません。
結局は、そんなに安いんだったら、20kgでも30kgでも買うよ、と伝えておいたニコラ。

後日、そのアスパラさんがやってきました。
同僚が青ざめた顔をして…。

 ↑↑↑ わかりますね?

結局は、ニコラが最初に言ったとおり、1kgあたりの値段が5ユーロだったわけです。
注文を受けてから収穫なので、キャンセルはできないとのことで(そりゃそうだ)、
責任を感じた同僚が、半分払うと言ってくれたものの、
彼女もローンや親の介護を抱えて大変なことを知っていたニコラはきっぱりと断りました。

「全部買うよ。」 ← 男らしいというか、何と言うか…。

で、我が家のアスパラ祭りが強制的に始まったわけです。

b0069848_2181063.jpg
祭りだから、楽しまないとね!
せっかくの春の味覚を愉しむんだから、気持ちよく作業しないとね!と、
自分たちに言い聞かせて、せっせと皮をひいていましたが…。


疲れる!

1ケース下処理するにもかなり時間がかかって、目がチカチカ。
でも、皮をひくたびに水が顔に跳ねるほどの、新鮮なアスパラガス。
これはやっぱり楽しまないとね~。

上のきれいなアスパラは1kg 5ユーロでしたが(つまり一箱50ユーロ)、
B級品はこんな感じで1kg 3ユーロでした。(1箱30ユーロ)
b0069848_21114245.jpg
曲がったもの、折れたもの、育ちすぎたもの…。
もちろん、キレイなものも入ってるし、緑になっちゃったアスパラガスも含まれていて、
これはこれで楽しいもんです。

さーーて!こんなにもの大量のアスパラガス、どうしましょうか?

半分は瓶詰めに。
b0069848_21244153.jpg
我が家のありとあらゆる瓶を集めて、
b0069848_21251783.jpg
皮をひいたアスパラを塩と砂糖、レモン汁を入れた鍋で茹でます。
瓶に詰めて、茹で汁を瓶の肩まで入れて、煮沸消毒。
b0069848_21274592.jpg
去年のトマトの保存瓶の時と同様に、ハマム内での作業です。
ぼやけてるのは「めがね曇っちゃったよ」の図。(笑)

b0069848_21305688.jpg
ごくごく1部ですが、保存瓶の出来上がり。
何年分あるかな~?

残りの半分は、皮を剥いて2つに切って(←鍋に入る大きさ)、ジップロックに詰めて、
冷凍庫になんとか収めました。
使う時は、生ものもと同様に、沸騰したお湯の中に塩と砂糖、レモン汁を入れて茹でてそのまま冷まします。

お昼ごはんと夜ごはん、毎日アスパラづくしの我が家です。
BBQにしたり、サラダにしたり。

うーーん、祭りはもう、ちょっと遠慮しようかな。

最期に一言、ニコラキャプテンの言葉がたまりません。
「こんなに高い野菜を買ったの、生まれて初めて。」

笑うしかない、我が家のアスパラ祭り。
いい経験です。ははは。
[PR]
by exmouthcoco | 2011-05-08 21:39 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(22)

Pasta Partyのススメ

いつだったか、ヴァカンス中にイタリアンレストランに行った時、メニューの中に「パスタ・パーティー」というものを発見。
1kgのパスタを4種類のソースで食べるというものだった。

すでに別のものを注文済みだったので、後からそのメニューを見つけたニコラはガッカリ…。
イモも好きだが、パスタも大好き。しかもかなりの大食いです。

そんなに食べたいならさぁ、家で作ればいいじゃない。
でもねぇ…2人で1kgは辛いというかムリ。

運よく?我が家にはヨーロッパ旅行中の友人カップルが滞在中。
じゃぁ、1kgのパスタを4人でやろう!ということになっていた。

ある日、近所の友人、シルヴァンとファンファンを食前酒に招いた時、パスタ・パーティーの話になった。
そして、話は盛り上がり、6人でやることに!
うーーーん、楽しそうだ。

1人1品、ソースを各自で作ってくること。
ルールはそれだけ…。

そしてその日はやってきた。

が!朝から別のお客様を招いていた我が家。
お昼ごはんを一緒にとって、話に盛り上がって、やっと前客が帰ったのが午後5時半。

パスタ・パーティーの約束は6時半だった…。(大汗)

急遽、1時間時間を延長してもらって、早速、それぞれソースの仕込み。

それに加え、昨日の夜から仕込んでおいた生パスタの生地をパスタ・マシーンで作るというミッションも。うーーーん、絶対ムリだっ。

そうして完成したのがこの図。
b0069848_81329100.jpg
保温機能のある器具にお皿と各自のソースを載せて暖め、準備OK.

b0069848_815513.jpg
初めて作ってみた手打ち生パスタ。
生地をちょっと寝かしすぎ?なのか、生地がくっつきやすくなったので暖炉の前で乾かすの図。

b0069848_8163991.jpg
6種類のソース!
・和風ツナとエビとキノコのソース
・カルボナーラ風ソース
・カモのブイヨンのソース
・ドライトマトと干しセップ入りトマトソース
・キノコとベーコンのクリームソース&サーモンのグリル添え
・お茶漬けパスタソース

これを茹でたてのパスタに自分で好きなだけサーブしていただく。

何が入ってるの?
うん、これウマい!
見た目…だけど、大丈夫?(苦笑)
うーーーん、セボン。
などなど…。

みんなおいしく、楽しく、賑やかな夕べだった。

こういう持ち寄りも、なかなかいいかも。

で、今日作ったパスタ、正確には1kgではなく、粉800g分でした。

また次回も計画しようかな。
今度はくじ引きで…。

それぞれがソースを作る、パスタ・パーティー、お勧めです。
[PR]
by exmouthcoco | 2010-11-14 08:27 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(43)

トマトの保存瓶作り

また時間があいてしまいました…。
専門の方がやってきてモデムを交換してくれたものの、絶好調とは言えず、
いまだにネットやテレビ、電話が使えないこともあったりして、
事が解決したのか不明です。

気を取り直して、前回の旅のおまけです。
そう、南西部から持ち帰った大量のトマトのお話です。

トマト農家の方から買ったトマトたち、1キロあたり0,30ユーロでした。安いっ!
ニコラのパパに30キロお願いしたら、どうやらそれ以上ある様子。
半分を洗う時に量ったらそれだけで20キロありました。
b0069848_5222462.jpg
ってことは、全部で40キロ?

ニコラのパパにこれを買ったほうがいいよ、と言われ、ウチの地元のスーパーで購入した器具。
b0069848_5405548.jpg
トマトの皮と種を分ける優れモノ…。
らしいけれど、ハンドルが結構固い。
パパのと同じモノを買ったつもりだったのに、自分が買ってきた箱を開けたらトレイがついてない!
トホホです。

これを半分の量に煮詰めていきます。
b0069848_5433416.jpg

左側の鍋がかなり煮詰まったもの。
プルンプルンです。

ニコラのパパが入れていた保存料。
できれば化学的なもの、合成的なものは使いたくないと思って調べてみたら、
フランスでは結構昔からトマトなどの保存に使われている様子…。
b0069848_549685.jpg
ニコパパからもらった左の袋を薬局に持参して、コレと同じものくださいって伝えたら、
わざわざ袋に5グラム入れてくれた。
もっとあっても良かったのにな。(苦笑)

b0069848_6165446.jpg
これらを保存瓶に入れて、
これから我が家式の保存瓶に作り方です~。

煮沸消毒用の大きなお鍋にトマト入りの瓶を入れてたっぷりの水を注ぎます。
すっぽりと水がかぶればOK。
b0069848_6243833.jpg
この時、瓶をあらかじめ煮沸しておく必要はないんです。
何と言ってもこれがラク。

さて、これから煮沸です。↓これがフランスに昔からある煮沸専用のお鍋。
今でも日用品を扱うお店に売っているけれど、これはブロカントで調達。
b0069848_6293350.jpg
我が家の場合、ハマムの中での作業です。
意味ないけれど、暖かさ持続。

使用するのはこの温度計。
b0069848_6271596.jpg
100度に達したら、そのまま15分煮立たせます。

一晩放置して、すっかり冷めたところで取り出して出来上がり。

これで今年の冬はおいしいトマトソースにありつけます。
[PR]
by exmouthcoco | 2010-10-16 06:43 | 食べること、大好き♪

今年最初のキノコ狩り

気温もぐっと低くなって、秋の気配を感じる北フランス。
適度に雨も降った後だし、お天気にもなったし、散歩がてら森に行ってみよう~~♪と、今朝はみんなで近くの森へ。

先週、散歩した時は見つからなかったので、今日もまだだろうなぁと思っていた矢先…
見つけましたよ、キャプテンが!
b0069848_6373822.jpg
初物で~~す!セップ。

あまり期待せずに行ったにもかかわらず、あちこちで発見。
森の散歩 初心者の友人カップルも最初は苦戦していたものの、見つけてました。
b0069848_639413.jpg
こんなところにセップはいます。

空で持ち帰ると思っていた2つのビニール袋がいっぱいになるほどに。
b0069848_6405574.jpg

なかにはこんなに大きな子もいたりします。
b0069848_6423867.jpg


お楽しみの後は、キノコ掃除。これが結構面倒なのよね。
b0069848_6433221.jpg


お昼ごはんはセップとポテトのオムレツ。
夕ごはんは、セップのバターホイル焼き。
BBQの脇で、自家製のトマトとズッキーニと共に、
夏と秋の食卓をよくばりにいただいたのでした。

今日も満腹です。ごちそうさま~~。
[PR]
by exmouthcoco | 2010-08-29 06:47 | 食べること、大好き♪

こりこり…です。

寒くて肩がこりこり…なのではなくて、ワカメの話でございます。

ブログのお友達 山の上の古民家暮らし。 の onjiさんとkotoriさんから鳴門わかめが届きました!
リンゴ姫、あと一日遅かったらありつけたのに!ドマーージュ。
b0069848_6301761.jpg
鳴門わかめと一緒に、醗酵番茶も入ってました!うれしぃぃぃ。

実はこれ、お2人のブログ一周年企画 のプレゼントなのでした。

私、海草が大~好き!
子供の頃はおやつの代わりに昆布をかじっていたし、
大人になった今でも、海岸に打ち寄せられた海草を見ると食べてみたくなる私。
彼らのブログの中で、このわかめが「こりっこりでおいしい」と紹介されていて、
それを読んだら食べてみたくてしょうがない!(笑)

この手のプレゼントって、相手に負担がかかってしまうなぁと、普段は敬遠しがちなんだけど、
賞品につられて、恥ずかしながらもついつい応募してしまいました。へへっ。

そうしたら、当選したじゃあ~~りませんか!

地球の西の端っこ…こんな遠くまで送ってくださいました。ありがとう~~。

kotoriさんとonjiさんは自給自足のカフェとB&Bの経営を目指して、目下、徳島の古民家を改築中。
お2人も、地元の大工さんと一緒に作業をなさっています。
その苦労がわかるだけに、忙しい中、私のために時間を割いてくださったこと、本当に感謝です。

小包の封を開けた途端に、磯の香りとお茶の香ばしい匂いがふぅっと漂って、
しばし幸せな気分に浸りました。coco感激!

早速、いただいてみましたよ~~。鳴門わかめと阿波番茶。
乾燥わかめなのに、ものすごくこりっこリ!
生姜を利かせた和風ドレッシングを作って、サラダにしていただきました。
ニコラも、おいしい!と完食していましたよ~~!kotoriさん。
あまりのおいしさに、昼・夜・昼・夜…と続けていただいたくらいです。(笑)

お番茶も、昔ながらの包装なのか、今どき珍しい素朴な紙。結んであるのも水引。エコですねー。
お味のほうは、香ばしくておいしかったです~~。
普段はあまり手が出ない和菓子が無性に食べたくなって、
棚の中から羊羹を引っ張り出して一緒にいただきました。
やっぱりお茶とお菓子。相性があるんですね~。うん、満足でした。

kotoriさん、onjiさん、どうもありがとうございました!
[PR]
by exmouthcoco | 2010-03-14 07:45 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(10)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco