「ほっ」と。キャンペーン

フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

友達の結婚式

先日参列してきたニコラの友達の結婚式。
ごくごくフツーな式だけど、ちょいとリポートしようと思います…。

新郎新婦が、招待客のために 大きなファームを兼ねたGîte(宿)を手配してくれてました。
b0069848_5413832.jpg

私たちは2日間、ここに寝泊りすることになります。

一般的に、結婚式といえば土曜日。
都市部で式を挙げるカップルが次々とある場合を除いてはお昼の時間帯が多いと思うんだけど、
ニコラの友達(新婦)は朝が弱いタイプ。
なので、式は夕方の5時から。なんだか変な感じ~~。
集合場所の宿から、一同、式のある村役場まで車でそれぞれ向かいます。
途中、クラクション鳴らしたりして。
b0069848_529302.jpg

みんなこの日に備えてピッカピカの車なのに、パリから700kmの道のりを走ってきた私たちの車…
虫がいっぱい張り付いてました。(爆)

村役場の一室で式が行われます。
b0069848_5403866.jpg

フランス国旗のタスキを斜めにかけてるのが、村長さん。
書類を読み上げた後、村長が新婦に宣誓の質問をすると、
彼女、小学生のように大きな声でOUI~~!って答えてました。
一同、爆笑。

b0069848_542556.jpg
ニコラのことを「親友」と呼ぶ彼女。
当の本人は否定しております。(笑)

実は彼女が白い服を着てるの、初めて見ました。
普段着はいつも真っ黒づくめ。
頭から爪の先まで、本当に真っ黒なんです。
魔女みたいに…。


b0069848_5495912.jpg
やっぱり彼女のこだわりか…
結婚指輪にも黒!です。

マニキュア…白だ~~。

b0069848_5514576.jpg
役場での式も無事に終わって、一同、またGîte(宿)に戻り、アペリティフで乾杯。
軽くカナッペなどをつまみながら、周囲の人と話し込みます。
が!外なので肌寒い。10月も終わりだもの、それも当たり前…か。

その後、宿のレストランに場所を移し、着席スタイルで食事が始まります。
写真を撮ったけれど、まぁ、取り立ててすごい!というわけでもないので(←偉そう)、省略しますね。

会食が終わった後は、また会場を移動して、ディスコタイムに。
私たちの部屋、この2階だったんで…夜中はめちゃくちゃうるさくて眠れず。(泣)
どうやら朝の5時まで踊り明かしたそう。

翌日、それぞれが起きた時間に朝食を摂り始め、いつの間にか朝食のブッフェがランチブッフェに変わってました。
新郎の友人や新婦の友人、そして両家の親族も、みんなが混ざっておしゃべりしながら楽しい食事。
こういうのって、日本の結婚式にはないような気が…。
披露宴に行ったら、新婦は新婦側のみ、新郎は新郎側のみの友人や同僚としか言葉を交わさないような気がしますが、なんでだろう?

朝に弱い新婦もぬくぬく起きてきて、お昼ご飯を食べてから、
みんなの前でもらったプレゼントを開けて見せます。
b0069848_6104448.jpg

いただいたバスローブを着てる二人。

この後、面白いことが。
新郎の20年来の友人が贈ったもの。額に入った絵でした。
うーーーん。(汗)傍観者の私も唸ってしまうくらいの絵。
まぁ、二人は喜んでましたが。

新郎: ありがとなっ!
友人P: いやいや、まだあるんだよ。封筒あるでしょ?開けてみて。
新郎: じゃぁ、後で。(←小切手だとばかり思ってる新郎)
友人P: いいの。今開けてみて。
新郎: いいよ、後で開けるから。
友人P: みんなの前で開けてみてよ。
と、しつこく言われて、封筒を開けてみる新郎。

なんと、封筒の中は、誰もが考えていた小切手ではなく、
小さいサイズの絵。(爆)
それも、また唸ってしまいそうな絵でした。

フランス人が結婚式で包む額って、日本人の私からしたら、本当に少ないと思うけど…
在仏の皆さん、いかがでしょうか?
たくさんのウエディング・ギフトも、包装紙に包まれた状態だと華やかに見えるけど、
中身は結構…あれ?ってものもの多いような気がするのは私だけ?

以前、アラブ系の友人の結婚式に参列した時は、贈り物の数々に笑えました。
なぜか、掛け布団や毛布ばかり。これはお国柄というか、アラブの伝統的なもの?と解釈しましたが…。

さて、私たち。
田舎に住んでるので気の利いた店も近くにないし、
なかなかプレゼントを探しに行く時間もなかったので、小切手にしました。
宿2泊分+食事 X 2人分 プラス 気持ちを包んだわけですが…
新郎新婦、大興奮でお礼にやってきました。
どうやら最高額だったみたい。(笑)

ちょっとサービスしすぎたかな。
いえいえ、末永くお幸せに。

ということで、フランスの結婚式のリポートでした。
[PR]
トラックバックURL : http://exmouthcoc.exblog.jp/tb/9821471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by woodstove at 2008-11-06 07:58
心から祝福している様子が伝わってきましたよ。
確かに日本の結婚式場は形ばかりが先行しているように思われます。
でも最近は、小さく中身の濃い結婚式もあるようですね。。。。。(^^;)
Commented by lilia109 at 2008-11-06 10:10
やっぱりフランスって、ステキですね!
cocoさんの正装姿も、見たかったワ!(ニコラさんの正装、、ステキ♡)
新婦さんが、普段黒ずくめなのって、想像付きます〜。でも黒い結婚指環もステキですね(オニキスかしら?)
お疲れさまでしたあ〜!
Commented by woodstove at 2008-11-06 12:32
今気づきましたが、教会で挙式をしない事もあるのですね。。。(^^;)
Commented by awa at 2008-11-06 13:27 x
こんにちは~。

フランスの結婚式は、あんまり派手にはやらない人もいるんですね。

プレゼントもそんなに 凝ったものではないようで・・・。
祝儀代の相場って日本の様ではないんだ~~。

村役場での式なんてやっぱりヨーロッパって感じがする、確かtvでオーストリアの田舎町でもそうだった気が・・・。

日本でも、地味婚ってあるけど、それってとってもいいことだと思う。
派手にやるばかりが結婚式では無いし本人達が幸せなセレモニーを送れれば思い出に残るだろうしね~~~。

とても素敵な結婚式で良かったね~。

Commented by kawazukiyoshi at 2008-11-06 15:43
楽しそうな結婚式ですね。
台湾の結婚式は夕方からが多いようです。
今日もスマイル
Commented by kato_note at 2008-11-06 16:00
プレゼントのバスローブを着て『わーい!次は何かな〜』っていいですね。
でもお嫁様もガンガン飲んで踊っておえ〜ってならないのかしら?
そんな事心配してちゃ、楽しくないわよ!ですね(笑)
Commented by anrianan at 2008-11-06 16:15
ん~、なるほどねぇ・・・・・・。日本でも本来は、新郎の家で「た~か~さ~ごぉ~やぁ~♪」と歌って式をあげて、みんなで飲み食いしていたわけだけど、そういう素朴でシンプルな感じがとてもいいなあ。
日本は何でも高いのだと想像します。貧乏人は、結婚式にも出席できません。(笑)
どこの国だったか、プレゼントは新郎新婦が欲しいものをカードに書いておいて、各自カードを引いて当たったものを贈る、なんてのもありました。
ただし、好みがあるから良いのか、どうだか・・・・・・。(^_^;)
結婚式をする機会があるのかどうか・・・・の私だけど、私はこういう式やパーティが好きだわ。
異国の結婚式、やっぱり読んでいて楽しいし、こちらも幸せが伝染してきました! ありがとう!
Commented by Saori at 2008-11-06 21:33 x
フランスの結婚式の様子ってどんなんだろう、って常々思ってたので、見せてもらってすごく面白かった!
やっぱりこういうのってお国柄が出るのかなあ。
ご友人お二人の結婚式、とてもアットホームな感じでとってもいいね^^
それにしても、私も思ったんだけど、日本に比べたら結婚式にあげるプレゼントとか包む額とかやっぱり少ない・・・よねえ?!
日本だと、2人で行ったら一人頭幾らで、自分たちの年齢だと相場はこれくらい・・・とか色々決まりごとみたいにあって、結構包むじゃない?
あれは日本ならではなのかなあ。どこも一緒なんだと思ってたので、こっちに来てから行くウェディングで包む額を夫に聞いてえ!ってびっくりしたよ。フランスも同じなのね。

それにしてもえ?と思うような絵・・・ってどんなんだったんだろう?すごく気になってます^^
Commented by vivaboca at 2008-11-07 01:15
私も、とっても気になってます。その2つの絵・・・。やっぱり、真っ黒だったの?(笑。違。)

フランスの結婚式は、実は自分たちのものしか知らないのですが、やっぱりcocoさんと同じような印象を持ったよ。(あ、、、ギフトやお祝いが少なかった・・・と、文句言ってるわけじゃないですよー。汗)とてもアットホームで、しかもほぼ3日続いたので・・・みんな最後はくたくた。花嫁、頑張りました。おかげで、やっぱりみんなでおしゃべり、わたしの家族や友人も、いろんな人と交わっていました。それはとてもよかったな、と今でも。
個人的には・・・アラブの結婚式に興味アリ! インドのそれに参加した友人は、1週間、場所を変え、衣装を替えてのパーティー三昧だったそう・・・。(すごい体力。と、財力。笑)
Commented by exmouthcoco at 2008-11-07 06:34
Θ しょうすけサン、こんばんは。
結婚式は誰もが笑顔でいいもんですね。
日本のよくある披露宴だと、最後は花束贈呈で涙ありが定番ですが、
考えてみたら、こっちだとそういうのはないかも。
結構、あっさりしてるように思われます。

フランスでは、まず、書類上のため、役場で結婚式をします。
その後は教会で宗教上の結婚式をする人もいるし、いない人もいます。
私たちの場合、役場だけでした。
派手すぎず、いつまでも想い出に残るような結婚式っていいもんですよね。
Commented by exmouthcoco at 2008-11-07 06:50
Θ liliaさんこと、タバサさん、こんばんはー。
普段、きったない格好ばかりいるので、たまにはこうしてキチンとした服装をするとシャキッとしますね。
私の正装姿…。ギリギリまで何を着ようか、洋服買いにいかなくちゃ!と、焦ってたくらいなので、たいした格好していないんです。(笑)

新婦の普段着、なかなかすごいですよ~。
いつも黒尽くめなので、本当に魔女みたい。
それこそ、ハロウィーンのときにとんがり帽子とホウキを持たせたいくらい。(笑)

黒い結婚指輪ってあるんですね。私も初めて見ました。
Commented by exmouthcoco at 2008-11-07 07:03
Θ awaさん、こんばんはー。
結婚式、派手にする人と、そうでない人と二つに分かれますね。
私たちのときも、本当に小さな小さな式でした。

地味婚ってよく言われますが、私もこういう手作りっぽい式、好きです。
たいてい想い出に残ってるのはこの手の結婚式だったりしますもの。

フランスでは、結婚式を挙げるカップルがリスト・ド・マリアージュというのを作って、
新生活に必要な物のリストを作ることがあります。
(友人たちはこのリストを作りませんでしたが、)
リストの中から、自分の予算に合ったものをプレゼントするわけですが、なかなか合理的ですよね。
日本では通用しないかしら?やっぱり現金が一番!ってとこでしょうか。
Commented by neige at 2008-11-07 20:18 x
日本の結婚式は大体スタイル決まってるけどこちらは人それぞれ、、って
感じですよね〜。宗教によっても結婚式の大事さも違う気もする...
でもどんな結婚式でも本人達が幸せならそれが一番!
私はよく新婦のヘッドアクセサリーをドレスに合わせて
頼まれたりするのでそれがプレゼントになったりしますけど 
ウェディングのお仕事は 皆が幸せで大好きです。
日本みたいにプレゼント無し 銭のみ受付!の式もありましたよ!
そんな時には豪華な水引付きの祝い袋に入れてあげるんですっ!
周りの目は 何じゃこりゃ〜??? 状態です。ウケ狙い? 笑
Commented by exmouthcoco at 2008-11-08 01:58
Θ kawazukiyoshiさん、こんばんはー。
台湾からようこそ!ご訪問ありがとうございます。
結婚式は誰もがスマイルで、気持ちのいいものですね。
夕方からの結婚式…秋とはいえ暖かい日でしたので、冷え込むほどではなくよかったです。

これからもよろしくお願いいたします。
Commented by exmouthcoco at 2008-11-08 06:38
Θ kato_noteさん、こんばんはー。
プレゼントの公開って、見てても楽しいもんです。
たまに、???なギフトもあるんだけど、傍観者一同、笑顔がひきつったりして。
この日のダンスタイムはガンガンなロックばかりで花嫁もガンガン踊りまくってました。
私たちの結婚式の時は、嫁と婿がそれぞれ先頭で、親戚一同が前の人の肩をつかんで長蛇の列になって踊るという、笑えるダンスをしましたが(どうやら一般的らしい)、この日はそれはなかったですね~。
さすがに翌日の花嫁は疲れ果てた様子でした。
Commented by exmouthcoco at 2008-11-08 06:49
Θ anriさん、こんばんは。
最初、宿を借り切っての結婚式と聞いて、ひぇ~~っ豪華!と思ったのですが、
広大なファームがある割には雰囲気もコージーでなかなかよかったです。

そうねぇ、日本は何でも高いですよねぇ。
ご祝儀もそうだけど、ドレスを新調したりと、
結婚式に出席すると10万はかかると聞いたことがあります。

フランスには、リスト・ド・マリアージュというものがあって、
新生活に必要な物のリストを作って、その中からプレゼントを選んで贈るという習慣があります。
私の時には作らなかったけれど、あらかじめ何が欲しいか聞いてくれた人も多かったですね。
高いものに関しては何人か連名でプレゼントしてくれたりして、ありがたかったです。

そうそう、日本の伝統の神前結婚式も好きです!
でも、結婚式場とかじゃなくて、本当に小さな、名も知られてないような神社とかで挙げる式。
私は日本では結婚式してないけど…興味深いことは確か。
でも、いまさらですね。ははは。
Commented by exmouthcoco at 2008-11-08 06:56
Θ Saoriちゃん、こんばんは~。
やっぱり同じこと思った?日本に比べて、お包みの額が本当に少ないよね。
イギリスでも同じなんだ~~。
日本が多すぎるのかしら?それとも…見栄?

自分たちの結婚式の時、ニコラの親戚の包む額を見て、
みんな貧乏なのか~とか、ケチなのか~とか思ってたんだけど、
どうやらそれが普通だったようで。(笑)

友人が描いた絵ね…水彩画というわけでもなく、
一筆書きというか、簡単にピュッピュッと描いた感じなの。

結婚式の翌日の夜、新婦の家に夕飯に行った時、素敵な絵があったのね。
誰が描いたのか聞いたら新郎だった!
友人、お金包んでないらしいよ~。すごいぞフランス人。
Commented by exmouthcoco at 2008-11-08 07:19
Θ bocaさん、こんばんは!
2つの絵…。黒いんじゃないです。残念。
えっと…筆でささっと描いたような、超簡単な絵。
それだけに、「いい出来だろ?」と、言う図々しさに引きつったわけです。

bocaさん、私、自分の結婚式の時、オットの親戚が包んでくれた額を見て、
ケチだな~~って思いましたよ。(笑)でも、普通だったわけですね。ははは。

両家がごちゃ混ぜになって、みんなが仲良く語り合うの、これって素敵ですよね。
日本だと、家同士で固まってしまうもの。

アラブの結婚式、なかなか興味深かったです。
アペリティフとかあってもやっぱりノンアルコールだったり、
普段は肌を露出しない(ことになってるけど、若い世代はねぇ…)アラブ人女性、
ドレスがセクシーで、狂ったように踊りまくっていたり…、
招待客の数が半端じゃなくて、誰もが同じ人に見えました。(苦笑)
Commented by exmouthcoco at 2008-11-08 07:28
Θ neigeさん、おばんです~。
そうか、職業柄、結婚式には縁があるんですね、neigeさん。
私も結婚式はみんなが笑顔で大好きです。

2003年の猛暑の年、親戚が結婚した時、それはそれは暑くて気分が悪くなりそうでした。
式の間も、汗が滝のように流れるし、
シャトーでの食事会も、サウナかハマムのなかで食事してるような感じでした。
扇風機の取り合い。(←石造りなのにねぇ、なんでヒンヤリしてないんだろう?)
この時の写真、きっとみんな笑顔が消えて、メイクは溶けて、ゾンビのようにくたびれた顔で写ってるに違いないです。

水引って素敵ですよね。
紙だけであんなにすごいものが作れるなんて!
日本の文化、すごいですわ。シャポー。
Commented by wakaba at 2008-11-10 03:13 x
布団の話で、日本の嫁入り道具の綿入り布団豪華版を思い出しました・・・。赤や金糸のきんきらきんのやつ。昔は日本も嫁入りと言えば布団、でしたねぇ。今も用意する人いるのかな。
農場での結婚式と言うのも、ほのぼのしてていいですね♪花嫁さん、幸せそう☆
Commented by exmouthcoco at 2008-11-11 05:57
Θ wakabaさん、こんばんはー。
アラブ系の結婚式…なんだか生活感たっぷりでしたよ。(笑)
本当にたくさんのお布団で、あの小さなアパートに納まるのかな、とか、
寝具を贈るのはわけがあるのかな、とか思っていました。
日本も昔はそうだったんですね…。
そういえばフランスでも、昔はイニシャル入りのリネンのシーツとか、嫁入り道具でしたもんね。

のんびりした田舎での結婚式、参列したほうもリラックスムードいっぱいでした。
Commented by Madame M・M at 2008-11-11 18:25 x
ニコラさんの職人芸に 毎回感嘆
cocoさん家の完成を想像せずに居れません
雑誌の1ページのような結婚式は成熟度の違いでしょうか
日本は子供のまつりかと此方が気恥ずかしくなる披露宴もあります
お客様 結婚式 リフォームと cocoさんの内助の功(ここは日本的にちょと古めかしく)に乾杯!
Commented by exmouthcoco at 2008-11-13 07:18
Θ Madame M・Mさん、こんばんは。
果たして職人芸と言えるのだろうか…(苦笑)きっと、ご近所さんはまたか!と思ってるに違いないです。

M・Mさんがおっしゃるように、気恥ずかしくなる披露宴ってありますよね。
演出が多すぎて、居所を失ってしまいそうな…。(苦笑)
日本でも、シンプルな結婚式が増えているとは思いますが、それもフランスのと比べるとちょっと違うと思っていたんです。
>成熟度の違い
はい!まさしくコレかもしれませんね。
と言っても、今回の新郎新婦、お互いに2度目の結婚式なので、
若くてピチピチしたイメージの新郎新婦とは異なるのは確かかもしれません。
日本だと、結婚式の当日、花嫁さんは「妻」になるというよりも、「お姫様」になる人が多いような気がします。

内助の功だなんて…。私はまだまだ遠く及ばずです。
私以上に気がついて細々と動いてくれるオットがいてならでは、なので、
逆バージョンかもしれませんね。(笑)
Commented by momimam at 2008-11-14 07:49 x
ハラハラ!! 端っこでしょ! 重機、あ~~~ 危険   いつかの作業もcocoがニコちゃんの背中カラ写して炊けどあ~ 高い所、 おっこちないの! 近くで見てたなら叫んでしまうよ!

いよいよ仕上げね くれぐれも怪我しないように・・ 帰国もうじきね。
明日は 七五三 ツアーグループきんとん雲集合、浅草きっとかわいい被写体わんさかだわ。  午後曇る予定午前が狙い目!!
Commented by nonohananat at 2008-11-14 08:35
こんにちは。ののはなと言います。
リフォーム計画、興味を持って拝見してました。窓の移動凄いですね。リンクさせて下さ~い。
Commented by exmouthcoco at 2008-11-15 06:00
Θ momimamさん、こんばんは。
端っこ、よそから見てるほうがハラハラするよね。
実際にそこに立つとそんなには感じないけれど。

帰国間近なのに、焦ってるようであまり焦ってない私。
こののんびり気性は誰に似たんでしょうね。
Commented by exmouthcoco at 2008-11-15 06:23
Θ nonohananatさん、こんばんは!そして、はじめまして。
遊びに来てくださってありがとうございます。
私のほうも早速そちらにお邪魔させていただきますね。
リンク、こちらからもよろしくお願いします。
by exmouthcoco | 2008-11-06 06:29 | こんな所行った… | Trackback | Comments(27)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco