フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

天井を一段下げる、って…

薪小屋ガレージの外回りが終わって、やれやれ一息…
遅くなったけど、プチバカンスに行こう~~♪

なーんて、そんなことはあるわけがなく、またもや新しいことに手をつけてしまったニコラ。

今度は、トイレや洗面所部分の天井を一段下げる作業ですっ。 ふぅ~。

ちょうどトイレの上となる部分。
ここに三つほど電気ドリルで穴を開けまして…
石壁なので、運が悪いと石に当たる。(笑)
一番右の穴は大当たり!これ以上、掘ることは不可能。
b0069848_2358186.jpg
既存の天井から、これだけ下げます。わかるかな。

b0069848_23583866.jpg
そして、新しい木をはめ込む。
コレが結構大変なんだ…。
長すぎると入らないし、短すぎると危険だし。

b0069848_23595543.jpg
あっちにも、穴を開けて…

b0069848_003753.jpg
なんとなく、天井って感じがしてきたかな。

b0069848_012875.jpg
振り返ったところ。
ちょうどトイレの入り口付近。

b0069848_021941.jpg
壁のほうはセメントで固め、
木と木のつなぎ目は太いボルトで締めていきます。

以上、ここまでは3日前の話。


さて…今日の午前中の話。
いよいよ天井壊しに入ります。 ドキドキ…
b0069848_0132810.jpg
既存の天井。
簡単に言うけど、この部分、すべて撤去デス。
ちょっとわかりにくいのでもう一枚…
b0069848_0141224.jpg
ニコラがいるところが新しい天井となる高さ。
新たに渡した木材の上に、板を載せてます。

ホコリを最小限に抑えるため、あらかじめスプレーで水をかけて、
さらに ホウキとちりとりでゴミを取っておきます。

「じゃぁ、行っていいよ。入ってこないでね。」
言われるまま、この空間から脱出する私。

その後…ドンドンガラガラ…ものすごい音がしてます。
(↑ 見たいけど、カーテンしてて見えない。)
ご近所さん、みんなビックリなんじゃぁ…。

[いいよ~~。」の合図で入ってみたら、天井が高い!
b0069848_0162530.jpg

石膏ボードが外されて、板のみとなってます。

最終的に板も外され、すっきりと。
b0069848_0305873.jpg

後に、この空間は工具類やシーズンものの収納スペースとなる予定。

b0069848_031191.jpg

はぁ…これからホコリまみれのトイレや瓦礫を掃除して、
このケーブルたちと格闘です。
[PR]
トラックバックURL : http://exmouthcoc.exblog.jp/tb/9474413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ニコラ at 2008-09-11 02:18 x
ご主人は次から次へと、いろいろなところを見つけますね!でもそのおかげで、少し下がった天井だと、屋根裏での作業が楽になりますね!
Commented by neige at 2008-09-11 06:52 x
ニコラさん、脱帽!言葉無し!
ラヌピーがホウキとちりとりでゴミを取ってそそくさ脱出する光景が...
カーテンの外でホウキとちりとり持って立ってる光景が.....笑
とてもいいコンビだ〜*
Commented by anrianan at 2008-09-11 09:59
かっこいいねぇ~、ニコラさん。(笑)
それにしても、掃除も大変そう・・・・・。(持つべき者は、縁の下のcocoさん。)あ、今回は屋根裏でしたね。(笑) ドリルを使って石壁を崩す、と聞いただけで素人にできることではないなぁ、と関心してしまうのだけど、屋根裏の配線もやってしまうわけでしょ? ニコラさんって何者?(笑)
ここでリフォーム記事を読むたびに、いつか私も屋根を・・・・・と思うのだけど、その度にアシスタントがいるって助かるだろうなぁ、とも思うのね。疲れても食事を用意してもらえていたり、後片付けを手伝ってもらえたり、そういうことをやってくれる人がいるって大きいよね。・・・・・・
家も野菜も自分たちの手で作っているなんて、理想だなぁ。
私と結婚したら、自然農園(庭)とリフォーム自由にやり放題の家というおまけがもれなく付いてくるんだけど、日本で見つけるのは難しいかなぁ・・・・・・。(笑)
おまけだけでいい、とか言われそうだわ。(^_^;)
Commented by kato_note at 2008-09-11 14:38
こんにちは、これはもう一から家を造るより大変な事をしてるんですね
は〜、そうやって代々作られてきた(受け継がれてきた)家だから
その分、愛着がわくってもんデスね。
Commented by yumi_fr at 2008-09-11 17:12
cocoさ~ん、お久しぶりです!お二人さんお元気そうで何よりです。
しかし、ニコラさん本当に凄いですね!!何かスゴイ以外何も出てきません。もう見てるとcocoさん夫妻は素人ではないですよね!何でもそうだけど持ち前のセンスや勘っていりますもんね、お二人はそれが備わってるんだろうなぁ~。いやいや、本当に近かったら巻き割りも手伝ってみたいし、お二人の連携プレーも見てみたいです^^

そうそう、この間cocoさんのレシピでネム作りました。美味しくていつも助かってます。本当に久しぶりのネムジョルネになりました♪でもやっぱり揚げる時に中身が爆発ですよ。ネグ男と毎回ガレットが悪いんじゃないか?巻き方が甘いんだよ!!と言い合っては進歩がない私達です。cocoさんのネムの早巻き技も見てみたいです^^
Commented by coquille at 2008-09-12 23:06 x
ニコラさん、いつでも職変えできますね!
こういうことって、専門知識もたくさんいると思うんですけど、ニコラさんは本ででも勉強されてるんでしょうか??
とにかく感服!
Commented by exmouthcoco at 2008-09-13 06:17
Θ ニコラさん、こんばんは!
我が家、本当にやることがいっぱいで尽きないんです。
体がいくつもあったら、同時進行したいくらい。(笑)
天井が50cmくらい下がったので、歩いても頭が天井につくかつかないか…
収納空間も広がりました!
Commented by exmouthcoco at 2008-09-13 06:18
Θ neigeさんっ、お晩です~。
ドンドンガラガラ…って音がしてる時?
私、隣のサロンでインテリア雑誌を読んでました。(笑) 言っちゃった!
ものすごく時間がかかると思いきや、ものの5分で終わりましたよ。
こっちのほうがいいコンビじゃぁありません?(苦笑)

Commented by exmouthcoco at 2008-09-13 06:18
Θ anriさん、こんばんは。
掃除は思ったほどではなかったんです。
天井についていた古い石膏ボードは、ニコラがなるべく大きいまま取り壊したので、
運び出すのは簡単だったし…。

電気の配線は苦労しました。
来客にもわかりやすいようなスイッチの配置とかを考えたり、
換気システムの管や、暖炉の熱を通す管とかの配置で、
もう、屋根裏が管だらけ。

アシスタントがいると確かにラク!
前回の助っ人の時に痛感しました。
anriさんも、自分と同じ想いの人がいつかきっと現れるよ。
結構身近にいたりして!?
Commented by exmouthcoco at 2008-09-13 06:23
Θ kato_noteさん、こんばんは。
古い家のリノベーションって、本当に大変です。
新しいモノを作ったほうがよっぽど簡単だと思うんだけど…
新しいものにはない魅力が古い家にはあるんです。

日本家屋も以前はそんなに興味はなかったけれど、
今となっては、暮らしてみたいですね。
今は壊してしまった、土間があるおばあちゃんの家…。
もったいないことをしました。
Commented by fuchsia24 at 2008-09-13 06:35
ニコラさん、ポンピエの制服で作業ですか?
いやだ~、私がそんな姿を見てしまったら、目がは・あ・と、になっちゃうわ。
天井を下げる作業って、、、、すごいね。
いつ見にきても、アマチュアとは思えないブリコラージュぶり。
脱帽です。
Commented by umeboshi-suppaman at 2008-09-13 21:53
この家は一体どこまで進化するのだろう?

ってか、天井が・・・・伸びて
広がって・・・・
すげぇ・・・・
素人とは思えない・・・・
うちは、IKEAの家具を組み立てるので精一杯よ♪

本当感心します・・・

我が家のテラスの改造なんてチョチョイのチョイ☆って
感じがする・・・・

ひゃくまん近くを要求されてます・・・・
う~ん
Commented by exmouthcoco at 2008-09-14 05:27
Θ yumiさん、お久しぶりです~~~。
ネームカード経由のお返事メール、届きました!
楽しい内容で楽しませていただきました。ふふ。
そして、おめでとうございまーす。来年が楽しみですね。

我が家のリフォーム、遅いながらもちゃくちゃくと確実に進んでいます。
これだけの長期戦となってもまだまだ続けられるのは、やっぱりニコラの性格かな。
食事中も、睡眠中も、常に家のことで頭がいっぱいみたい。

ネムを作ってくださったんですね~。
揚げる時に爆発するのは…巻き方が甘いのもあるけれど、中身の水分がちょっと多いのかな?
ガレットの種類もあると思うけど、タネが水っぽいとガレットに穴が開きやすいので、そこから爆発するのが考えられます。
(妙に科学的な答え?笑)
玉ねぎや人参などが水っぽいときはちょっと絞って、春雨もキチンと水気を取ってやってみてね。
絞りすぎると、逆にパサパサでおいしくないので、ほどほどに…です。

Commented by exmouthcoco at 2008-09-14 05:27
Θ coquilleさん、こんばんは。
ニコラは「なんでも屋」が開業できそうですよね。
近所の人から、重いものを運ぶのを頼まれたり、バラを地植えにするのでコンクリートに穴を開けて欲しいと頼まれたり…
我が家以外でも引っ張りだこです。(笑)

フランスでもDIYの専門的な雑誌があったりして、たまに職場(空港の本屋・笑)でパラパラめくってるようですが、
知識的にはネットで収集が多いみたいです。
でも、子供の頃から職人さんの仕事を見ることが好きだったようで、基礎的なものはその時に頭に入れたみたいです。

Commented by exmouthcoco at 2008-09-14 05:33
Θ fuchsiaさん、おこんばんは!
そう、ポンピエの制服を作業着代わりにしています。
fuchsiaさん、ポンピエ姿好きなのよね。
でも、fuchsiaさんだけじゃなく、老若男女に好かれてるみたいです。
コレを来てブリコのお店に行くと、ジーンズ姿で行った時と全然対応が違うらしいですよ。
普段、愛想のない店員もわざわざやってきて、ニコニコ話しかけてくるらしい…。
恐るべし、ポンピエの制服です。

天井を下げる前に、この空間の床を掘り下げたんですが、
どちらかというとそっちのほうが大変でした。
それにしても、よくやるわな~~、って、私もそう思います。(笑)
Commented by exmouthcoco at 2008-09-14 05:46
Θ ウメボシスッパマンさん、こんばんは~。

この家を買った時、すでにマイナス地点でしたから…。(苦笑)
普通に人並みの暮らしができるようになるまで、日々修行みたいなもんですわ。

IKEAの家具…わかる、わかる!
あれって、言葉があまりないよね。絵で理解せよ、って感じ。(笑)
あ、日本のだとちょっと違うのかな。丁寧に書いてあったりするのかな。

テラスの改造をするの~?楽しそう。
ひゃ、ひゃ、ひゃくまん近くですか?そりゃぁ高いです。(キッパリ)
TVのビフォー&アフターみたいな番組で手がけてもらったら簡単かも。
どうでしょう?
Commented by showsuke at 2008-09-14 14:23 x
はじめまして。 僕は日本で薪ストーブやトピアリーを作ってます。
 
こちらのブログ、大変楽しく読ませていただいております。 
ヨーロッパでの暮らしが興味深く伝わってきますね。
特に家屋の改造には、もうびっくりですよ!!

 また、見に来ますので宜しくお願いします。

 あ、こちらの薪ストーブの画像を僕のHPに載せてもよろしいでしょうか
? もちろんリンクもさせていただきます。。。。(^^;)
Commented by しょうすけ at 2008-09-14 15:11 x
 すみません。 本日2度目です。。。
薪ストーブの日記にお返事をいただいてましたよね。。。
画像の件 ありがとうございます。

 石窯の扉ですが、私が作ったモノは蝶番が付いた観音開きです。
普通は、衝立のようなモノを入り口のトンネルに押し込むようですね。

観音扉方式にしたのは、業務用で開けたり閉めたりが頻繁に行われる
のです。 これを朝から晩まで行うと従業員さんが疲れ果ててしまうので
楽ちんな扉に交換したのです。 家庭用なら衝立式で十分だと思いますよ。
Commented by exmouthcoco at 2008-09-15 06:05
Θ しょうすけサン、こんばんは。
そうそう!薪ストーブのところに返事をしておりました。(^ー^)

石窯の扉…そう、蝶番のついたものを探しているんです。
先日、フランスのネットオークションで古い鋳物の扉を購入しました。
サイズがちょっと小さいとわかっていたんですが…やっぱり小さい。(笑)
これは将来、どこかの扉として使う予定です。

オットの実家がある町に鍛冶屋さんがあって、そこで注文しようかとも思ってます。
以前は鉄って硬いし、錆びるし、あまり好きではなかったんですが、
田舎暮らしを始めてから、鉄のものに興味津々です。
しょうすけサンの、名前プレート、とっても素敵ですね。
Commented by しょうすけ at 2008-09-15 07:55 x
cocoさん おはようございます。 日本時間で書いてます。(^^;)

 鉄モノといえば、やはりヨーロッパが本番のような気がします。
農耕や漁業のために進化したもの、または戦いのために使われたモノ、
王侯貴族の館の装飾品など様々ですよね。。。。

 フランスでは確かルーアン(rouen)という町に「鉄の博物館」があると
聞きました。(私の妻が2年ほど前に行ったのです。私は留守番でしたけど)(^^;)

 ご主人の実家のある町に鍛冶屋さんがあるのは驚きです。
いまだに、昔ながらの製作をしているんでしょうか?
日本では農鍛冶というジャンルがあり、私の祖父もその一人でした。
しかし、その技術は父には継承されず途絶えてしまいました。

 現在、若い作家さんたちが鉄を使ったアートを発信しております。
住宅の門扉ですとかフェンスもあります。。。これからが楽しみです。

 それにしても、ネットオークションにそのような鉄製品が出品されるなんて羨ましいですよ。。。 (^^;)
Commented by exmouthcoco at 2008-09-16 00:54
Θ しょうすけサン、こんにちは。
田舎暮らしをしてる友達のご近所さんの家は、その昔鍛冶屋さんだったらしく、そのスペースが残ってるそうです。すごいですよね。

しょうすけサンのお爺様がなさっていた農鍛冶というのは、字のごとく農具を主に作られていたのでしょうか?
畑を始めてから、農工具の良し悪しが気になってたんです。
昔の農工具は、現代のももよりも作りがしっかりしていて、壊れないんですよね…。

こちらのネットオークションは本当に何でもありです。
石畳用の石とか、古い家の梁だとか…。
我が家の薪ストーブも、このオークションで購入しました。


by exmouthcoco | 2008-09-11 00:49 | 我が家のリフォームとDIY | Trackback | Comments(21)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco