フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

ニコ、危うしっ!

さて、いよいよハラハラドキドキの続きです。

電気ドリルでガガガガ…と、壁を突っつくと、当然、瓦礫の山となる。
このガレキを外に運び出すのは私の仕事。
バケツに入れては外に運び…これを繰り返しておりました。

窓の下のほう、つまり、低姿勢で電気ドリルを使ってガガガをしていた時、
同時に、私が最後のバケツを運び出す瞬間、
背後に何かが動く物を感じた。

これからはスローモーションとなります、私の中で。

振り返ると、大きなモノがニコラの方に倒れていって…

それがニコラの頭に直撃!


何が起こったのかよくわからず、宙を見ながら向こう側の壁にもたれかかるニコラ。

目が完全にイっちゃってます。

「どうしたの?何が起こった?」
一応は、喋れるらしい。
私、まだ蒼くなってマス。

だって、倒れてきたものって…
b0069848_18115291.jpg

コレ!
étai エテ というのだけれど、いわゆる鉄の突っ張り棒。
これがものすごく重い。持ち上げるにも「よっこいしょ」が必要なくらい。

しかも、この角が後頭部に刺さった訳なんです。ヒィー。

慌ててニコラに近寄って頭を見ると、ちょっと血が出てる。
急に動かしてもいけないので、ビニール袋に氷水を入れて冷やしてあげる。

ちょっと落ち着いたところで、サロンのテーブルに移動。
なんとか歩けるけど、ぐったりした様子。

医者に行かないと!!そればかりが頭をよぎる。


話が反れるが、フランスの医療制度は日本とちょっと異なり、それぞれホームドクターなるものを指定して登録してある。
この当時、我が家の指定医は、以前住んでいたアパートの近くのクリニック。その距離40km。

そこまで運転して行くのは無理、と緊急用に近くの医者を探す。
頼るべきものはイエローページ!なんだけど、ウチ、県境なので、すぐ近くの町は隣の県となって該当しない。
仕方ないので、ネットで隣町の医者を探す。

喋れるとのことなので、ニコラが直接電話してみる。
「すぐに来てください」との返事。ちょっと安心。
急いで車で医者に向かった。

Googleマップであらかじめチェックしていたので、すぐに見つかる。
受付兼、秘書の女性がやんわりと椅子に促してくれる。
ドクターは今、取り込んでいるのでちょっとお待ちくださいね、と。

大分、気分が晴れてきたのか、ニコラが秘書としゃべり始める。
ここまで来たら、もう大丈夫。普段のニコラに戻ってきた様子。
ペラペラペラ ペラペラペラ…。

15分くらい待った後、ドクターの登場。おじいさんだ!
紫色のストライプのシャツ。胸にはオレンジ色のポケットチーフ…。ある意味すごいなぁ。

事情を話した後、傷口が切れてるので縫うことになった。

--- 消毒の最中 ---
ニコラ :  「え?麻酔しないんですか?」
医者 :   「大丈夫、大丈夫。おっと…ガーゼはどこにやったかな?」
私 :    「あ、こちらにありますよ」
--- 治療中 ---
ニコラ :  「いてて…あ痛たた…」
医者 :   「ほら、我慢。大丈夫。すぐ終わるよ」

診察室の中で一緒に待ってる私。
その医者の様子がよく見える。
この医者、手が震えてる。もちろん、怖いとかじゃなく、年齢によるものだと思うんだけど。
大丈夫なのかなぁ?ってちょっと心配になる。

何針か縫った後、いよいよ糸を切るというところ。
ここでちょっとハプニング。

医者 :  「マダム、こっちに来て、この糸を持っててくれませんか?」

え?私に頼むのか?近寄って、糸の端っこを持つ。

このナイロンの糸、黒なので、髪の色が真っ黒なニコラの毛と同化する。
おっっ。医者がナイロン糸を誤って放してしまった。
もうどれがどれだかわからない。(苦笑)
ピンセットで摘もうとすると、ニコラの毛だったり、やっとナイロン糸を見つけたと思ったら、手のブレであっちに行っちゃったり…。

ふぅ~~。苦労しました。
でも、その間、麻酔もなく、耐えてなきゃいけないニコラもさぞ辛かっただろう。

その夜、本来は夜勤だったのだけれど、医者の診断書を出してもらい、仕事は休み。
b0069848_2063721.jpg

↑ 季節だったので、タケノコも写ってマス。(笑)

今だから冷静になってこう振り返られるけれど、この時は本当にびっくりした。
死んじゃうんじゃないか?って一瞬思ったりして。

工事現場は危ない、ってあらためて肝に銘じた出来事でした。
étai エテなど、重いもの、倒れる危険性があるものは横にしておかないとですね。

考えてみたら、この事故があった日は4月25日。
13年前のこの日、私たちは出会ったのでした。
今年もこの日は気をつけないと…ですね。

次回はさらにリフォームの様子が続きます。
よい週末を!
[PR]
トラックバックURL : http://exmouthcoc.exblog.jp/tb/8061494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by neige at 2008-02-16 20:48 x
!!!危うし!ニコラさん大変だったのですね...
チョコって乗っかってるガーゼが可愛いですが
麻酔無しで縫うくらいですんでよかったですよ。
あんな重いでっかい物が頭に倒れてきて突き刺さるなんて..
傷口はもう良くなりましたか?
これからはどうぞ気を付けて工事して下さいね。
でも...ラヌピー、、
心身共にショックを受けてるニコラさんだというのに
その横にタケノコ並べて笑いをとるのやめて下さいよ、ガハハハ!
で 次のリフォーム更新はいついつ、いつー?笑
Commented by sachio_tukiyo at 2008-02-17 00:47
うわー!気をつけてくださいね!
やっぱり日本の工事現場のおじさんたちがかぶってるような
メットを被らないと!!
私たちは昨日、切った枝を細かくする機械と戦ってたのですが
けっこう恐怖な代物でですね、思わず手まで
砕かれてしまうかと一瞬ひやっとしました・・・ 油断は禁物っ
Commented by galleriaarsapua at 2008-02-17 01:10
今だから語れるけどきっとそのときはハラハラドキドキで心臓バグバグだったのでしょうね。おまけになんだか年季の入ったお医者様の様で頼りになるのかならないのか...って感じで私ならぶち切れそうです。(笑)ニコラは本当に命がけで家作りですね。もちろんcocoさんも。そんな想いとエネルギーの結晶のお家はそこに住む人の健康と幸せを守ってくれますよ。でも工事現場は要注意ですね。
でもがんばってね。
Commented by ニコラ at 2008-02-17 03:48 x
あぁ~、痛そう~~~!!!
でも無事だったようで、良かったですね!
やはり皆さんもおっしゃっているように、ヘルメット着用で!
Commented by メギー at 2008-02-17 05:11 x
こんにちは!

やはり、工事に怪我はつきものでも、大事に至らなくて良かったですね。それにしても、お医者様のアシスタントを頼まれたなんて!映画にでも出てきそうですね。リフォームの仕上がりを見せていただくの、とっても楽しみにしています!うちは今年の夏に向けてプールを造っているけれど(業者が)、プールのコンクリート工事が終わったのはいいけれど、今のところ水も入っていないし、深いので、見ているだけでも怖いです。

また、ぜひお邪魔しますね。今、私のブログは、隣人の家の中を紹介しているのですが、終わったら、私と夫の手作りの書斎を載せますので、ぜひ遊びに来てくださいね!

またお邪魔します。
Commented by anrianan at 2008-02-17 08:13
ほんとにハラハラしながら読みました。
あんな太い鉄の棒が頭に倒れてくるなんて、死んでもおかしくないですよ。
次からはヘルメット着用必至ですね。(^_^;)
それに、手が震えたドクターもドキドキするし、麻酔なしで縫うのも・・・・・、
ちょっと刺激的過ぎる話の連続です。(笑) 無事だったから笑えるのですけどね。
その後、容態は大丈夫ですか? 後遺症なんて出ていませんか?
それにしても、出会った日にこの事故とは!
よっぽど衝撃的な出会いだったんですね。(笑)
Commented by ajisai at 2008-02-17 19:46 x
cocoさん、お久しぶりです!!
背筋の凍るアクシデントに思わずコメントしてしまいましたよ…。でもその後、問題はなかったようで安心しました〜。(^_^) お二人の“運命の日”に救われましたね!!それにしても、おしどり夫婦のcocoさん家で、思わぬ悲劇が起こってしまったら…。ショックで私は眠れなくなってしまいそう…。(-_-) このブログを見ている方々のためにもほんとお気をつけ下さいね〜。

ちなみに、只今我が家でも、ヴァカンス用のおうちの工事中なのですが、リアルタイムでうちの旦那さんも、étaiで支えて壁を破壊中なもので…、今、思いっきり心配になりました(汗)。しかも、その家は自宅から2kmほど離れているので、私は工事現場を監督できずさらに心配〜〜(さすがに、ベベ連れでホコリまみれの現場にはいけなくて…)。(-_-) 気をつけるように言っておきます!!
Commented by cunico at 2008-02-17 19:50 x
ぞぞっ・・・とした。 いやいや笑い事じゃないよ、この話。
ほんと何も無くてよかったけど、頭だもん頭。 頭って大切だからねぇ。
よかったー、不幸中の幸いか? しばらくお大事にしてねー>ニコラさん。
やっぱりヘルメットする? 
Commented by Saori at 2008-02-17 21:01 x
怖いねえ・・・読んでいてぞっとした。
これくらいの怪我で済んでほんっと良かったよ・・・
やっぱり工事をしていると何が起こるかわからないね。
これからはヘルメット被って工事しないといけないかな?!

それにしてもおじいさんドクター・・・ある意味ドキドキだよ><
昔パブに行った時におじいさんバーテンダーが出してくれたオレンジジュースが手の振れでコップ半分になって出てきた事件を思い出したよ(汗)
払うお金、半分じゃいけないかなあ、と真剣に考えちゃったっけ^^;
Commented by オスカルの父 at 2008-02-17 22:10 x
こんばんは。
いやー大事に至らなくて本当によかったです。
頭の怪我は怖いですから、是非今後はヘルメットをかぶって下さいね。
数年前に柔道で頭から落ちて、私は一時的に文字が書けなくなったことがあります。(マジ話)
本人は何がおきたか分からないまま病院でした。(笑)
お大事にしてくださいね。
Commented at 2008-02-18 01:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-18 06:59
Θ neigeさん、こんばんは~~。お待たせしました!
そう、大変なことが起きてたのですよ。
ちょこっと縫うだけで済んで本当によかったです。
普通にアレを頭で受けると、星がグルグルしそうだけど、さらに角ですからね。(笑)
傷はすっかりよくなったというか、もう忘れてるみたい。ははは。

タケノコと、ガーゼのニコラ。なかなか撮れない構図ですがな。

お次?近いうちに…。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-18 07:03
Θ サチさん、こんばんはー!
工事現場のヘルメットって、妙に高さがあって格好悪いなぁって、普段から思ってたけれど、無駄にあるものじゃないんだということが、この時初めてわかりました。
せめて、帽子でもねー。

工具って、キケンなモノ多いですよね。
ウチにあるだけでも、チェーンソーとか、電動ノコギリ、電動タイル切断機、電気ドリル…一歩間違えると大変なことになります。
本当、油断は禁物です。
今回の事件で、初心に帰りました。
サチさんも気をつけてねー。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-18 07:26
Θ kazukoさん、こんばんは。
パニックになっちゃいけない、落ち着かないと!と言い聞かせて平静を装っていましたが、
あの、彼の目がイってしまった時は、本当に蒼くなりました。
普段から、救急の場合のことを考えておかないといけないですね。
考えてみたら、オットの家族の電話番号さえ知らない…。
探せばわかるんですが、いつも控えていないんです。

温かいメッセージ、本当にありがとうございます。
一度、知人を泊めた時、よその家ではなかなか眠れないけれど、
この家にはぐっすりと休める空気が漂っている、と言われたことがあります。
それは、生活している人間が作り上げたもの、だと。
家というものは、奥が深いのですね。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-18 07:37
Θ ニコラさん、こんばんは。
痛そうでした!血が出てるとか、重いとかよりも、縫ってるほうが!
想像しただけで、お尻がムズムズしてきますよね。

ヘルメット、確かに無駄なものではないようです。
でも、我が家にはあの工事現場用のは…。
せめて帽子でもかぶらないとですね。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-18 07:49
Θ メギーさん、こんばんは☆
リノベーションが日常化してくると、「安全第一」の気持ちが薄れてきますね。
そんな私たちに、喝を入れるための事件だったように思います。
大事に至らなくて本当によかったです。

高さがある現場も怖いですよね。
以前、屋根裏部屋で作業をしていた時、天井ばかりに気をとられていていたら、
階段の穴部分スレスレのところを歩いていました、私。(汗)
あと5cmずれていたら落下してました。(大汗)

メギーさんのお宅も手作りのスペースがあるんですね。
楽しみにしています。
Commented by cheris at 2008-02-18 18:21 x
怖かったです。
ニコラさん、大事に至らなくてなによりでした。
cocoさん、偉かったですね。

これからも工事はまだあるんですよね。
本当にお気をつけて。
Commented by wakaba at 2008-02-18 20:43 x
ひぇぇっ、読んでるだけで鳥肌が(汗)。
ヘルメットしないと、ヘルメット!工事現場は安全第一が必須ですよ~!
cocoさん、冷静な対応が素晴らしいですね。ちなみにイエローページ、HPもあるんでご活用ください♪(我が相方はPJ勤務です)
引き続き頑張って下さいね!

Commented by mihori at 2008-02-19 01:12 x
ニコ、気をつけてね!!

先週、会社の研修でお世話になったトレーナーがニコラそっくりでした!
ニコラ・・・と思うと楽しくて、研修にまったく集中出来ませんでした。笑

ニコラにもnaocoさんにも会いたい~!!!!!


Commented by exmouthcoco at 2008-02-19 07:02
Θ anriさん、こんばんは。
ハラハラさせてごめんなさい~。でも、あれから約1年経つので、そろそろこの話題もいいかな、と。
当時、ブログにこのことを載せたら、それこそ大騒ぎとなりますからね。
本当、ヘルメットって侮れないです。でも、スタイル的にはいまだに受け入れられないんですけど…。

鉄の棒を頭に受けるだけで痛いのに、麻酔なしで縫うのもさらに痛いですよね。
ナイロンの糸、他の色はないのか~?って思いましたよ。ブロンドの人用なのかしら?

その後、後遺症もなく、元気にしてますよ~。
でも、安全第一、肝に銘じます。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-19 07:08
Θ ajisaiさん、こんばんはー!お久しぶりです。
本当、運命の日に救われましたね~。
2人の思い出を封印することにならなくてよかったです。(笑)

旦那サマ、まさに工事の真っ最中なんですね。
本当、慣れというのは怖いもので、最初にこのétaiを見た時は、すごいなぁ、重そうだなぁとか、好奇心と共に少しの恐怖心もあったんですが、最近はなんとも思わなくなりましたね。この気持ちがヤバイ!ですよね。
赤ちゃん連れで工事に立会いはできませんね~。
娘さんのためにも、くれぐれも気をつけてもらわないとですね。
お互いに、安全第一、健康第一です。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-19 07:15
Θ cunicoチャン、こんばんは。
もう1年経つからこうしてサラりと記事を書けるのよ。
事故があった時は、本当に不安でしょうがなかったもの。
ニコラがいなくなったらどうしようとか、私はこの先どうしたらいいのだろう?とか、
この家は誰が続きを終えるんだろう、とか。(苦笑)

ヘルメットはとってもダサいけど、やっぱり安全だよね。
ちょっと家庭内でする勇気がないので、当分は帽子でいきます。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-19 07:29
Θ Saoriチャン、こんばんは。
リフォームが日常になってしまうと、工事の危険性とかを忘れがち。
この事件で、本当に思い知らされたよ。
初心に帰らないとね、たまには。
ヘルメットは…なるべくしたくないけれど、やっぱり大切な頭を守るという点ではこれ以上のモノはないね。そこまで勇気がないので、帽子どまりだけど。

おじいさんドクター…手が震えるってのは考えものだね。
Saoriチャンのおじいさんバーテンダーのオレンジジュースの話、笑えた!
せめて目の前でついでくれたらねぇ…。

高校の時の家庭科の先生のこと思い出した!
やはり年配だったんだけど、彼女も手が震えるの。
調理実習で「鯖の味噌煮」を作ることになって、材料を説明する時、鯖を手に持ったら、まさに活きのいい鯖になってました。生徒たちが「生きてるよ!」と、のたもうた。
Commented by ねる at 2008-02-19 08:04 x
ひぇ~~(怖)。ニコラさん、人柱にならないようにっ!←縁起でもないことを失礼しました。
いや、ホント安全第一ですよね。頭はすぐ血が出るから余計怖いです。
うちに来てくれる左官さんたちも、作業がしにくいとか面倒とか言って
ヘルメットや手袋なしで仕事するときがほとんどなんですが
何かあったらどうするんだ?!とすごく不安です。
仕事での事故は、土木建築現場が一番多いそうです(少なくともイタリアでは)。
お二人とも本当に気をつけてくださいねー。
P.S.タケノコとの2ショットが好き♪
Commented by teinei at 2008-02-19 10:26
きゃ~、恐ろしかったですね;;
読みながら、いっしょにドキドキ、早くお医者さんに~~と、あせっちゃいました;;
とりあえず、無事でよかったですね ホッ。。。
でも、やっぱり、最後は笑ってしまいました。お医者さん、だいじょ~ぶ??
Commented by emilia2005 at 2008-02-20 05:46
うわぁーん、ニコラさんもcocoさんもビックリ仰天でしたねー。
でも↓の工事現場を見ていると、そんな事件が起きても決しておかしく
ないような状況でありますね。新築より改修工事のほうが何倍も
大変なのだなぁというのを痛感しますョ。
抜糸もこの震える手のじーちゃん先生のところ?汗
ニコラさん、どうぞお大事にね。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-20 07:38
Θ オスカルのお父さん、こんばんは!
後頭部って、本当にキケンだと言いますよね。
オットは救急救命の勉強をしてきていますが、本人が怪我の場合、どうしようもないですね。私も、少しは学ばないとと思いました。
でもねぇ、皆さんおっしゃるけど、家庭内でヘルメットって…どうですか?(笑)

オスカルのお父さんも頭を打って大変なことが起きたんですね。
柔道の時もヘルメットが必要かも!(爆)

頭を打った本人、本当に何が起こったかわからないみたいですね。
気を引き締めて、リフォームに励みます。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-20 07:42
Θ 鍵コメさん、こんばんはー!
説明なくても、「嫁」がなくても、名前でわかりますよ~。(笑)
そう、こういう時って、外国人の私にとって、とてもツライ状況になります。
ただでさえ、こんなことドキドキしちゃうのに、ね。

旦那サマも血が弱いんですね。ニコラも一緒、一緒!!(笑)
肉を骨から外したりするのも苦手らしい。コレってどうなんでしょうね~。
Commented by だび at 2008-02-20 22:54 x
 ニコラさんきのどくでしたね。
 
 でも1針縫うだけだったら局麻の注射のほうが痛いですよ。
 麻酔なしが正解です。副作用も心配無しですし。
 いいお医者さんにあたってよかったですね。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-20 23:36
Θ cherisさん、こんにちは!
本当に冷や汗ものですよね。こういうことって。
慣れないだけに(当たり前ですが・苦笑)、自分を落ち着かせようと精一杯でした。

上からモノが落ちてくる危険性は減りましたが、
工事現場はいつも危険がいっぱい。
肝に銘じて、安全第一に励みます。cherisさん、ありがとう。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-20 23:40
Θ wakabaさん、こんにちは~!
ヘルメットをつけてまで、家庭でリノベーションって…ちょっと笑えませんか?(笑)
でも、今回のことで、ヘルメットの重要さを痛感しました。
我が家では帽子どまりかな。

相方さんはPJ勤務でしたか!
でも、ウチ、すぐ近くの隣町はウチのPJに載ってないんです。
遠くの県内よりも近くの他県!と思ってしまいました。
次はHPを活用します。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-20 23:43
Θ mihoriチャン、お久しぶり~~!
年末は会えるチャンスがなくて残念でした。
せっかくメールをもらってたのにゴメンネ。

また新たな環境にチャレンジしてるのかな?
ニコラにそっくりだというそのトレーナーさん、楽太郎さんとかジャッキーにも似てる?(笑)
息をはぁ~~~~ってかける?(爆)

ニコラがメッセージをありがとう、って。
時間のあるときにまたメールします。
お元気でね。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-21 00:17
Θ ねるサン、こんにちは!
本当、ほんと、作業をやっていて死人が出たりしたら、もう大変なことですよね。
プロの人に限って、慣れてるからこそ、注意を怠りがちなのはよくわかります。
ウチの人も、手袋をしないで作業をすることもしばしば。

建築現場での事故って本当に多いらしいですね。
こちらでは、電動ノコギリなどの、工具で大怪我をする人が多いみたいです。
気をつけないと!
Commented by exmouthcoco at 2008-02-21 00:52
Θ teineiさん、こんにちは!
あれから1年経とうとしていますが、あの時の気持ちはいまだに忘れられません。
普段、健康でいられるからこそ、家の作業もできるのですよね。
常に気持ちを引き締めてないと、工事現場は非常に危険だと、あらためて感じました。

あのお医者さま、妙に急いでいましたから、多分、その後、ランデヴーでもあったのでしょう。
お洒落していたのはそのせいかな?(笑)
Commented by exmouthcoco at 2008-02-21 05:27
Θ エミリアさん、こんばんはー。
リフォームが日常化して、工事現場が大変危険だということ、すっかり忘れていました。
そう、エミリアさんがおっしゃるように、改修工事って本当に手間がかかりますよね。
新しい家だったら、プラモデルのようにキットがあるから、もう今頃終わってるだろうな~とか、考えます。

ところで、このお医者さま、あくまでも緊急として使わせていただいたので、抜糸の時はホームドクターのところに向かいました。いくら近くてもねぇ…震える手はちょっと怖いですよ。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-21 05:34
Θ だびサン、こんばんはー!
このリフォームの記録も、これが最後かと思いましたよ。(苦笑)
大事に至らなくて、本当によかったです。

局部麻酔の注射のほうが痛いのですか?ひぃ~~。
私、大怪我というものをしたことがないので(一度、目の上を縫う怪我をしましたが、神経が切れていて痛みを感じませんでした。幸か不幸か…。)、この手のことはいまいち。
副作用というのもあるんですね。

だびサンの考え方、すばらしい!
このお医者さまに感謝しないとですね。
Commented by fuchsia24 at 2008-02-21 05:35
エテが倒れてきて、えてててて?(いてててて?)
っておやじギャグを飛ばしてる場合じゃないっすね、不謹慎、不謹慎。

震える手で傷口を縫う医者を見て、cocoさんの手も違う意味で震える?
今となっては昔話、と思えるだろうけど、その時はまじどきどきだったんでしょうね。
今の元気なニコラさんの姿、ありがたく思わなきゃ、ですね。
あ、neigeさんとこでのお礼のお言葉、ありがとう♪嬉しかったです。
Commented by miniAA at 2008-02-21 20:11
ご無沙汰しています♪
いやはやっっっ!!無事で何より!
久方のサイトご訪問で、お家のアンバイはいかに~♪と思って
読み出したら、、、それどころじゃないですね。
それにしても良かった。。。
素敵なお家完成に向けて、これからも気をつけてくださいね♪
またまた楽しみにしています☆
Commented at 2008-02-23 06:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-23 07:00
Θ fuchsiaさんっ、おばんです~。
すごいッスね。fuchsiaさんのおやじギャグ。
苦笑いさせていただきました。(爆)

ナイロンの糸が黒いのはブロンドの髪用?とか思ったんだけど、
日本でも同じなのかしら?白髪みたいに白かったら目立つのにねぇ。

相方の元気な姿、本当にありがたいと思わないとですよね。
この人がいなくなったら、我が家はどうなっちゃうんだろう?って、この時思いましたよ。
って、今はその気持ちすら忘れて、こき使ってますけど。(苦笑)

>あ、neigeさんとこでのお礼のお言葉、ありがとう♪
いやいや、私もうれしかったの。ついつい、返事しちゃいました。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-23 07:23
Θ miniAAさん、お久しぶりです~~~。
こちらも、すっかりご無沙汰…と、思っていたら、日本にお戻りだったのですね。
うぅぅっ。ちょっと羨ましい…。

この怪我からもうすぐ1年経とうとしています。
大事に至らなくて本当によかったです~。
このétai エテを見るたびに、よくもやったな、コラ!とガンを飛ばす私。
これからも安全第一に努めます。
Commented by exmouthcoco at 2008-02-23 07:31
Θ 鍵コメさん、お帰りなさい~。
こうしてメッセージを受け取って、元気そうで安心しました。

階段から落ちるのって、恐怖だね~。
子供の頃、私も親戚の家の階段から落っこちたような記憶が…。
それにしても、お医者さんで私と同じような体験をしているのね。ちょっと笑えました。
こうして強くなっていくのよね。

馬糞の落ちてる森の小道で…そこがランデヴーだよ。
Commented by ウェスティモール at 2008-02-26 21:12 x
cocoさん無沙汰です。
がっ、しばらくぶりで見ていたらニコラさんお怪我。。。
以前も何かお怪我しましたが、工事現場は大変危険が付きもの
第一に人の安全管理、仕事はそれからのことですね
フランスの工事用ヘルメットはカッコいいのかな
ぜひ見たいですね

Commented by exmouthcoco at 2008-02-27 22:05
Θ ウェスティーモールさん、お久しぶりです。
そうなんです、以前は手伝ってくれた同僚にハンマーで指を叩かれて大怪我をしました。
その時はちょうど、母屋の屋根を葺き替えし始めた時だったので、苦労しました。
セメントを打つにも慣れない左手でやったりして、今更ながらよくやったと思います。

やっぱり工事現場にはキケンが付きものですよね。
今回のことでまた気持ちが引き締まる思いです。

フランスの工事用ヘルメットって…どうなんでしょう?
我が家になぜか工事現場用ヘルメットが1つ転がってます。
日本の物と大して変わらないような
モードの国とはいえ、オシャレとはほど遠いです。(笑)

by exmouthcoco | 2008-02-16 20:19 | 我が家のリフォームとDIY | Trackback | Comments(44)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco