フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

ガチョウとおんどりがやってきた。

この1ヵ月、雨という雨が降らず、毎日、いい天気。☀ฺ
日中の平均気温は26度だし、洗濯物はカラカラに乾くし、気分はいいしで、なんだか得した気分。
夕方6時から、毎日のように畑に水遣りに出かけては、夜の9時に戻ってくる生活。
あぁ、そろそろ雨でも降ってくれないかなぁ~~。水不足も心配だ、と思ってたら…
今日は念願の夕立!滝のような雨が降り続いたのでした。

が!あれだけ降ったにもかかわらず、家の前の石畳の石はすぐに乾いてしまった。
それだけ暑かったんだね~。


さて!話は変わって、たまには食の話題など。

最近、自分では買わないような珍しい食材をもらうことが多い。

ある時、ファンファンからoie(ォワ)=ガチョウの半身をもらった。
b0069848_5284458.jpg

結構、グロいでしょう?しかも巨大。

ちなみに、向こうに写ってるのは、アヒルの卵の塩漬け。
これも私にとっては珍・食材。


え?ガチョウ?食べたことないよ~~。(汗)
どうやって調理するの?

ファンファン曰く、水でコトコト煮るとおいしいんだよ~。
鴨よりももっとおいしいんだから!

水ねぇ…。煮込みねぇ…。そう思うものの、味付けをどうしたらいいのかいまいちわからない。
ネットでも調べたけれど、コレというレシピも見つからないのでちょっと困ってしまった。

そんな時、勤務中のオットからの電話で「ねぇ、ラピヌー。
焼きワが食べたい。」と一言。

焼きワ?ナンじゃそれ?ちくわ?浮き輪?うーーーん、何だ?と思ったら、
どうも、「焼きoie」らしいことが判明。

以前、「焼き肉」は肉を焼いたもの、
「焼き鳥」は鳥を焼いたもの、と、簡単に説明したのだった。

焼きoieといっても、これを解体して、串に刺すのも何だかな~。
ロティ(ロースト)で我慢してもらいますか。

と、スパイスをもみこみ、付け合せのジャガイモを用意して…
器に入れてみたものの、あまりの大きさに入らず。(笑)
我が家で一番、大きな耐熱皿の登場。えいっ。
b0069848_5402655.jpg

オーブンにいれること約1時間…
焼きoieの出来上がり。

気になるお味は…?鶏肉のような臭みはないけれど、結構野生的な味。
いわゆる地鶏以上に噛み応えがあって、しっかりしたお肉。貴重な経験。


そしてそして、その何日か後に、我が家にまたこの手のものがやって来た!


b0069848_5475591.jpg

coq (コック)

=おんどりサン
です。

しかも、頭とトサカ付き。

b0069848_5452311.jpg


ヒィィ~~~。(→ิД←ิ)



私。魚は下ろせるけど、肉類を下ろすのは苦手。
普段、骨付きの鶏モモを買ってきて、骨を外すくらい、か。
首付き、しかもトサカ付きだなんて…やったことないし、第一、怖いよ~。

オットのニコラ、彼はもっと苦手。
骨系のモノを見ると、ヒィ~~~っと首をすくめて行ってしまう。
当然、今回も当てにならず。

丸のままの鶏を見ると、どうしてもローストチキンのイメージなんだけど、
若鶏ではないので、固いので煮込んだ方がいいらしい、とのこと。
で、決まったレシピは「coq au vin」コッコォヴァン。鶏肉のワイン煮込み。

私が解体して、ニコラが作る、ということに決まった。

さて、私。このおんどりさんの首を取るのにかなり苦労する。
関節に包丁を入れて…というのは知ってるんだけど、どこも固い固い。
なるべく鶏の顔を向こうに向けて、包丁をグリグリしてると、
急にコォ~~~~っと起き上がって、くちばしで突っつかれたりするんじゃないかと冷や冷やする。
やっとのことで首を取ったら、あら不思議!なんとも普段見慣れた丸の鶏の姿。


一方、ニコラ。いまだかつて作ったことないメニューなので、早速、ママに助けを求める。
「アロー、ママン。サヴァ?…」とろけるような声を出して、母上にコッコォヴァンのレシピを訪ねる息子。
すげー。日本男児でこういう人、まずいないだろう。
b0069848_6131749.jpg

早速、調理。

男の料理。

コトコト…コトコト…。

外は暑いのに、薪ストーブを焚いて煮込むこと2日。


写真はないけど、愛情たっぷり、コラーゲンたっぷりのcoq au vin の出来上がり。

さて…次はどんな食材が登場するのだろう。
ある意味、ドキドキな毎日である。
[PR]
トラックバックURL : http://exmouthcoc.exblog.jp/tb/6795271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by netherbury at 2007-04-30 07:04
すごいね〜。こんなに珍味なお肉がどんどんやってくるなんて〜。普段使わない材料を前にどうしていいかわかんないよね〜。でも、さすがココさん、パパって調理してるからな〜。
ニコラさんもお母さんにレシピ聞いたりするんだ〜。実はフィルぽんなんかそんなことしょっちゅうなんよ〜。レシピはもちろん、ガーデンのこととか、、、。初めのころ、「この人マザコン?」って思ったものだったわ〜。^^;
Commented by オスカルの父 at 2007-04-30 09:21 x
こんにちは。
わ~すごいな~食べがいありそうですね。
ニワトリはお顔にフキンをかけて包丁を使うと、少し気分も楽になるかも・・
いやいやでも、結構勇気がいりますね。
でも味は最高においしそうです。(^0^)

先日の地元の交番のお話ですが、去年近くを通ったら交番がなくなっていました。(@@;)
駅前にもできていたからかな?お巡りさんも色々な人がいるからね・・
では、一足先に3◎才を迎えたケーキ大好きなオスカルの父でした。
Commented by white726 at 2007-04-30 19:48
うきゃ~~~っ
おんどりさんは勘弁して欲しいなあ・・・
私も魚はなんとかおろせるけど、お肉は・・・まるまるだと厳しいなあ・・・
トサカなんて切ったことないし、首を落とすのも恐ろしかあ・・・・
キノコもワンサカ!?あ、間違えて毒キノコ食べないでね!笑
でもでも、ほんとイイ環境だわ~
Commented by freesiasan at 2007-04-30 20:10
しゅげぇぇ〜〜〜〜〜〜〜!!
出来れば調理したのを頂きたい....
その内、ウサギとかも頂きそうですね。。。
(毛付き)
Commented by だび爺 at 2007-04-30 21:36 x
 子どもの頃、鶏をかっていて、クリスマスには母がローストチキンをつくってくれました。それが一番のご馳走でしたよ。
 中学のころはその鶏を絞めるのがわたしの仕事でした。たべるんですからしかたないですよね。
 彦根にすんでるころ、近くのおうちでガチョウ飼ってる人がいました。
 庭においてあるタライで時々水浴びしてましたよ。あまりの大きさにびっくりしました。
 半身とはいえ相当おおきいでしょうね。
Commented by cheris_1et3 at 2007-05-01 01:43
おっ!おっ!おおっ!!美味しそう~~~!
cocoさん、楽しいご近所さんと料理上手な二コラさん・・・。い・い・なっ!
お味見に参上したかったです!
coco家は、二人でしょう?この量は多かったのでは?(と、無理やりお邪魔する理由を探す。笑)
いつもcocoさんの周りは、素敵な時間と美味しそうな香りがいっぱいですね!
Commented by sacchila at 2007-05-01 02:38
こんにちわわ!
今回も題名からして面白い♪
やっぱりファンファンさん、またやってくれたんですね~!!!
リアルなガチョウ半身に、「うわ~」ってなりましたが、その次の、丸一羽の雄鶏には驚愕です!!
肉屋さんで見るには大丈夫ですが、自分のまな板の上でヒックリ返ってると思うと・・・・・私、ペットにインコ飼ってたんで、なんか思い出されて怖いやら、悲しいやら・・・・
いやー、でも調理されたガチョウも雄鶏も美味しそう!!
特に、ニコラママ伝授の2日煮込んだワイン煮は、絶品だったでしょうね~♥

アヒルのタマゴの塩漬けも気になります!ピータンみたいな感じ?!
Commented by emilia2005 at 2007-05-01 04:26
うわーーん、ガチョウ半身を見た後油断してたら
またのびーーーとなった鶏が目に飛び込んできて…
ホントに鳥がよく来るお宅ですね(^^)
うちは義母が何とかしてくれるものの、夫はココさんちのニコラさんの
ように頼もしく甘くナイーヴでクッキングもできてしまうような男では
ないので、2人して抱き合ってきゃーきゃー叫んでるだけだと思います。
今日は下のすずらんのブーケの雰囲気と全然違いますね~。
子どもたちからもらうブーケも嬉しいものですよね。
Commented by anrianan at 2007-05-01 17:55
ん~、相変わらず興味をそそられる内容だ。(笑)
cocoさんは怖いもの知らずで、虫でも鳥でも何でもこいっ! って感じなのかな、と思っていました。(笑) トサカのついたオンドリを「ヒィ~」でホットしました。(爆)
でも、これも毎日毎日見ていたら慣れるのかもね。(かなぁ・・・・・?)
解体と調理の役割がいいねぇ~♪ (冷静に考えると、フツーは逆かな?)(笑)
ファンファンさんと仲良しになって、ほんとに世界がぐ~んと広がりましたね!
Commented by Saori at 2007-05-01 20:01 x
すごい・・・自分で鳥をさばけるなんて、cocoちゃん本当にすごい・・・
尊敬するよ~!私なんて絶対にトサカがついてる部分を見た瞬間にひょえ~と逃げてマス。
さすが食の国、フランスだよね~。材料も半端じゃなく気合が入ってるわ!出来上がったお料理は手をかけた分、とっても美味しいよね♪
出来上がったお料理だけ、頂きたいわ~(笑)
Commented by hiro at 2007-05-01 21:07 x
私には絶対に無理だわ・・・。写真を見るだけで寒気が・・・。
以前、オーストラリアからの留学生が顔つきの魚を見てキャーキャー言ってたけど、きっとこういう気分なのね。今やっと理解できたわ!
Commented by aiko at 2007-05-01 21:31 x
す、す、すごいですね!!!フランスにはもう16年も住んでいるんですが 丸のままのお肉なんてさばいたことありません・・・。
cocoさん BRAVO~~~!!!
Commented by ecureuil at 2007-05-01 23:48
cocoさん、こんにちは。
鶏の頭付きはすごいですねえ。私もトサカ、それにくちばし苦手です。
うちにこれが届いたら、うちのダンナはPho gaを作りそうです。
さばくの大変だったでしょうが、新鮮だから美味しかったでしょうね。
Commented by neige_neige at 2007-05-02 05:22
鶏肉食べれますけど、基本的に私は鳥がダメなんです..
苦手な目、クチバシ、とさかトータルで頂いた日には多分
アッという間に100Mくらい遠くに走ってますわ。
解剖学は大好きなのに..(汗)
でも身の引き締まってそうな"焼きワ”かなり美味しそう..
ラヌピーの一生懸命間でる姿 勝手に想像させてもらって
笑いました。。すんまそん〜*
Commented by exmouthcoco at 2007-05-02 05:35
Θ netherburyさん、こんばんはっ☆
この手のもらいものがあると、顔は一応笑顔なんだけど、内心、冷や汗かいてたりするの。
先日の、車に轢かれて死んだキツネじゃないけど、やっぱり生きてたもの丸ごとって怖いよね。
不思議と魚はそんな風には思わないんだけど。やっぱり慣れなのかなぁ。

フィルぽんもやっぱり、ママにレシピ聞いたりするんだね~。
そうそう、ウチも、レシピだけじゃなく、畑の野菜のことを聞いたりしてる!(笑)
決してマザコンだとは思わないけど、あの、とろけるようなネコなで声を自分の母親にするのって、自分じゃ考えられないなぁ、と。日本の男性じゃ考えられないよね。
Commented by exmouthcoco at 2007-05-02 05:41
Θ オスカルのお父さん、こんばんは。
作りながら、結構ビビッていたりするんですよ~。
以前、活きたエビを剥く話をしましたが、今回の、このおんどりさんは同じくらいの恐怖体験でした。
顔にフキンねぇ…。(笑)考えもしませんでしたよ。
それよりも、急にむっくりと起き出してくちばしで突っつかれるんじゃないかと、そればかり気になって。

中学の脇の交番、なくなっちゃったんですね…。
実家の近くもめまぐるしく景色が変わったそうで…次回の里帰りがちょっと楽しみなような。
一方、私が住んでる村は、20年後も何一つ変わらず、同じ景色だと思われます。
Commented by exmouthcoco at 2007-05-02 05:47
Θ whiteさん、こんばんは~~~っ。
そちらのブログにお邪魔しに行ったら、ウナギが~~っ飛び出してきました。(笑)
食べたい~~~~っ。きっと、今夜の夢に出てくるはず。

おんどりさん、首がねぇ、かなり手間取りましたわ。
だって、首の骨の間に包丁が入らないんだもの。痛そうで…。(爆)
そのうち生き返って振り向くんじゃないかとドキドキものでした。
そうそう、私も魚は大丈夫なんだけどねぇ…丸のお肉は正直、気持ち悪いよね。
しかも、記事に書いてないけど、レバーと心臓、砂肝付きでした。(笑)
焼き鳥屋さんのマスターに来てもらってさばいてもらいたかった…。

森の中はキノコがあるらしいの。時間がなくてまだ探しに行ったことないんだけど。
毒キノコよりも、笑いキノコにやられるほうがいいかな。
Commented by exmouthcoco at 2007-05-02 05:53
Θ フリージアさんっ、こんばんは。
そうでしょ、そうでしょ!?私も、調理済みのほうがうれしいわ~~なんて、密かに思ったりするんだけど。
例のキツネの肉じゃなくてよかったです。(笑)
ウサギはねぇ、そこらの畑にたくさんいるの。
いろいろ種類があるみたいで、普通のウサギよりも後ろ足が大きくて、かなりの高さにジャンプできるらしい。オットはコレを畑で見ると興奮します。(爆)
「ボクの家族だ~~~」←意味不明。
ウチは、ウサギは食べないんだけど(マルシェなどでは売っている)、もらった時はどうしましょうね~。毛付き?それじゃ、マフラーにでも。(笑)
Commented by exmouthcoco at 2007-05-02 06:09
Θ だびサン、こんばんは。
昔は田舎の家では庭でニワトリを飼う家庭が多かったのでしょうか…。
ウチの父が子供の頃もやはり鶏を飼っていたらしく、それらを絞める光景を見て育ったので、今でも鶏肉は食べれないんです。(笑)
母は肉類を口にしないので、当然、実家では鶏肉を食べる機会が減るわけで、自分も含め、子供たちだけが食べていたようなものです。
そんな家庭で育った私が、こうして丸のままの鶏を捌くなんて…自分で言うのもなんですが、たくましくなったなぁと思います。(笑)

ガチョウは日本ではあまりなじみがないですよね。
こちらでは、フォアグラを作るのに飼っているようですが、無理矢理エサを口に入れられてる姿は動物虐待?という感じがします。
ガチョウのお肉、私も初めて手にしましたが、かなり大きかったです。
Commented by exmouthcoco at 2007-05-02 06:15
Θ cherisさん、こんばんは~~!
「怖い」と言う人が多い中、「おいしそう」とおっしゃるcherisさん。(笑)
ニコラは料理は好きなんですが、最近はゆっくり楽しんで作る時間がないんですね。
なので、今回は、ココヴァンの料理長に任命しました。

そう、我が家は2人です。多かったんです!(さすがっ!)
でも、タッパーに何個か分けて冷凍しましたから。(笑)
最近、いろんな人からいろんなものをいただいて…田舎の恵みなんですね。
お返しに何を作ろう?こればかり考えてます。
Commented by awa at 2007-05-02 14:01 x
こんにちは~。

すご~い、そしておいしそうですね~。

cocoさんも、ニコラさんもお料理がお上手で、しかも美食家。

自分の手作りした物をお返しに考えるなんてステキですよね。
私がお返しできるとしたら主人が送ってきてくれる牛肉だけです。(笑)

あと、クッキーくらいかな?

姉は、とても料理上手なんですが私は、凝ったものを作った事がないのでトライしてみたい物です。
Commented by tomokichilin at 2007-05-03 05:25
お~男の料理"coq au vin de Nicora"!美味しかったでしょう~!
ガチョウも大きくて美味しそうですねぇ^^ ファンファンさんいい人ですね^^ cocoさんご近所さんに恵まれてるわ。
いいなぁニコラさんはお料理もされるんですねぇ~本当に夫の鏡! 
愛情たっぷりのcoqは美味しかったことでしょう。
でもトサカ付きは見るとぎょっとしますよねぇ~^^ 
前に、お義母さんがウサギ丸ごと買ってきたときはさすがに”ひっ”って飛び去っちゃいましたよ>_< 目が見てるんだもの~(T_T)
でも調理後は美味しくいただきました♥
Commented by exmouthcoco at 2007-05-03 06:26
Θ sacchilaさん、こんばんわわわワァ~~♪←内山田洋とクールファイブ風です。(笑)
怖いでしょう?結構グロいよね。
私も市場で見る分には大丈夫だけど、目の前に出されるとヒィ~~ってなっちゃいましたよ。
一番怖かったのが、やっぱりcoqの首を切断する時。
死んだ振りしていて、いきなり目が開くんじゃないか、とか、
くちばしで手を突っつかれるんじゃないかとか…ありえないことを考えていたのでした。
ワイン煮はスゴイですよっ。冷めると、お鍋の中で液体がプリンプリン。煮こごり状態なの。
コレ、毎日食べてたら、お肌つるんつるんだろうなぁ。

アヒルの卵の塩漬けは、臭みもなく、塩味のついた卵という感じ。
白身は液体なんだけど、黄身が固まりつつあるの。ゆで卵とか、割ってからオムレツにしたり、黄身だけ取り出して月餅とかの具にしたりするらしい。
保存も利くのでもらうたびにストックしてるんだけど、溜まりすぎました。(汗)
せっせと食べないと!
Commented by exmouthcoco at 2007-05-03 06:35
Θ エミリアさん、こんばんはっ☆
そう、最近、鳥づいてます。というのも、ご近所のファンファンの家では鴨やニワトリを飼っているので、その関係で鳥さんたちがやってくるんです。
いつもは自家製の卵をもらうんですけどねー。親のほうはかなり怖いです。(笑)

ウチのオット、骨付きのモノ、結構怖がるんです。(爆)
なので、買ってきた肉や魚に骨が付いてると、私がいつも取り除いてあげるんですが…
さすがに首まで付いてる鶏だと怖かったです。

イタリアにもスズランの花をプレゼントする習慣があるんでしょうか…?
5月1日は、近くの森はスズランを探す家族で大賑わいだったようです。
Commented by exmouthcoco at 2007-05-03 06:45
Θ anriさん、こんばんは!
私にも怖いもの、あるわよ~~。(笑)
今じゃオバサン入ってるけど、まだ20代の頃は結構女らしかったもの。
この田舎に来てからたくましくなったみたい。
トサカはねぇ、やっぱり気持ち悪いわ。生きてるおんどりのトサカでも気持ち悪いと思ってるのに…。
そういえば、ファンファンと知り合った時に、「トリの足は食べるの?」と聞かれてNonと答えたんだけど、それでOuiと言ってたら、きっと足まで付いていたんだろうね~。(爆)
このガチョウとおんどり、それぞれにレバーと心臓、砂肝入りでした。(苦笑)

そうよね、普通は男性が解体で、女性が調理だよね。(笑)
ファンファンワールド、まだまだ続きますよー。
Commented by exmouthcoco at 2007-05-03 06:54
Θ Saoriチャン、こんばんはっ。
鶏の解体は、普段は骨付きのモモ肉から骨を外すくらいかな。
日本みたいにモモ骨なしってないよね~?
トサカ付きってところがスゴイでしょう?私も最初、袋の中のcoqを見て、
ヒィ~~~って声を出してしまったもの。
ニコラはそれを見て逃げ出すし。(笑)

あらためて、命をいただく大切さを感じたような気がする…。
うーーーん、複雑な気持ち。
Commented by Miko at 2007-05-04 18:31 x
こんにちは・・・台所]彡゚+。サッ
イヤ~ン!この手のものっていまだに苦手でお肉コーナーの前を通るのもドキドキです!なのに頑張ってさばいたのですね・・・(平伏)
ニコラさん料理するからいいよねぇ。うちの夫に爪の垢煎じて飲ませてやりたいわ!
お味の方ですが、愛情たっぷりで美味しかったでしょ???

それからパンは、全く感覚が分からないので箱で売られてるキットを買いました。感想は『こんなものかな』って感じです。やっぱり一度はちゃんと習うべきですね。
Commented by exmouthcoco at 2007-05-05 14:24
Θ Hiroチャン、なんだかお久しぶり~~。
コメントの返事が遅くなってゴメンネ。
丸ごとのチキンなら、結構うれしく料理もするんだけど、首付きはねぇ…。
目をつぶっていたからよかったものの、開いてたら怖いね。(苦笑)
魚に顔がついてキャーキャー言うのって、私にはある意味カルチャーショックだわ。
Ausにも丸ごとの魚が売ってたよね~?
今はスーパーでの切り身だもんね。お肉にしても魚にしても…。
Commented by exmouthcoco at 2007-05-05 14:37
Θ aikoさん、おはようございま~す。
コメントの返事が遅くなってごめんなさい。先ほど、そちらのブログにお邪魔させていただきました…。
16年もお住まいなんですね。大先輩だわっ。
鶏肉の丸ごとはロティをした時になんとか解体できるようになったんですが、首とトサカ付きの生は初めてでした。(苦笑)
何事も経験ですね~~。こうやってたくましくなっていくんだと、最近つくづく思います。
また遊びにいらしてくださいね。勝手ながら、リンクをさせていただきました。
Commented by exmouthcoco at 2007-05-05 14:43
Θ ecureuilさん、おはようございます。
頭付きの鶏って怖いですよね~~?よく中華街に調理されてアメ色になった鶏とかがぶらさがってるけど、あっちのほうがまだいい感じ。
> くちばし苦手です。
って、笑えました。私も苦手~~。それに目をつぶってたからいいけれど、生きてる鶏は目が怖かったりします。
フォー・ガーね!フォーは作らなかったけど、解体した時の鶏がらでスープを作りましたよ。
骨自体が大きくて、すっぽり入る鍋を探すのに苦労しました。
若鶏と違って、ポキポキ折れないの。(笑)
Commented by exmouthcoco at 2007-05-05 14:48
Θ neigeさんっ、おはようごじゃります~。
あ、neigeさん、トリ系苦手なんですね。ウチの父もダメな人で…。
目とくちばし…って。(苦笑)
他の中国のお友達は頭も食べるみたいですよ~。トサカも、かなぁ。
足が付いてなかっただけよかったです。
足をもらったら、今度、neigeさんのためにとっておきますよ。
帽子の飾りにでもいかがです?結構、かわいいかも**(爆)

焼きワ、かなり噛みごたえがあって、少ないお肉でもかなり時間をかけていただきました。
きっとお年寄りの方にはきついでしょうね~。(笑)
Commented by exmouthcoco at 2007-05-05 14:56
Θ awaさん、こんにちは!
GW真っ只中で、お忙しいでしょうね~~。

オットのニコラは料理は好きなんですが、最近は時間がなくて以前に比べてキッチンに立つ時間が減りました。
週刊誌に載ってるレシピのページとか切り取って集めてたりして、それがオバチャンみたいでかなり笑えます。

おすそ分けなどのいただき物はうれしいですが、そればかりだとかえって心の負担になってしまうんです。逆に、自分が作ったものをあげて喜ばれるとやっぱりうれしいものですよね。

お顔の傷、大丈夫ですか?おだいじになさってください。
Commented by exmouthcoco at 2007-05-05 15:10
Θ tomokichilinさん、おはようございます。
そう、ご近所さんには結構恵まれてますね。
ファンファンだけじゃなく、他の方からもお花の苗や、読み終わったインテリア雑誌(我が家ではリフォームの参考になるので)などいただいたりしてます。

ニコラは実は料理好きなんだけど、最近はリフォームで時間をとられてしまって、
キッチンに立つことがあまりないんです。
普段は雑誌で見つけたレシピの切り抜きとかを取っておいたりするんですけどね~。(笑)

ウサギ、私は買ったことがないんだけど、あの目と口が怖いよねぇ?
お尻はかわいいとか思うんだけど。(爆)
Commented by exmouthcoco at 2007-05-05 15:37
Θ Mikoさん、おはよう~~。
我が家にやってきたのでやらざるを得ないという状況だったのも事実…。自分で買うにはまだまだ時間が要りそうです。だって、大変だったもの。

Mikoさんの旦那サンはお料理はしないのかな?
ウチの人は結構好きみたい。最近は時間がなくてやらないけど。
味はもちろん、おいしかったですよ~。

パンは作ってみたのね。手ごね?それともロボ?
う~~ん、文だと説明しにくいんだけど、やっぱり生地の扱い方とかがあるから
時間があれば習った方がいいのかなぁ、やっぱり。
自分が通っていたパン教室は、機械で捏ねて、後はあれよあれよという間にできていたけど、
生地の扱い方とかはそんなに突っ込んで教えてもらってなかったような。
考えてみると、それ以前に実家近くの公民館で3週間ほど通ったパン教室のほうが内容は濃かったかな。
日○製粉のインストラクターのようなおじさんが先生だったんだけど、すべて手ごね。
粉に関して科学的に説明してくれたり、なぜこんな風にこねるのか、とか、奥が深かったのは確か。
近くにパン作りに得意な人がいたりしたらいいけど。
なにかいい方法があるといいね~。健闘を祈る、Mikoサンっ。
Commented by javin.bowie at 2007-05-07 02:10
cocoさん、ごぶさた~ん♪
久しぶりに訪れたら、世にも恐ろしい画像がっ!(笑)
アタシ鳥苦手なのよねぇ・・・
小学生の時飼育当番の時に鶏にやたらつっつかれてからダメなんだぁ。
食べるのはOKなんだけど、食べるのも骨が見えるとチョッと引く感じ。(失笑)
cocoさんこれさばいたなんて凄いっす。
料理するニコさんカッチョ良いなぁ。
「ママ~ン」ってとろけるような声で言ってくれる息子、自分の息子なら発狂するぐらい可愛いだろうなぁ。(笑)
Commented by exmouthcoco at 2007-05-07 06:19
Θ ジャビちゃんっ、お久しぶり~~~!
あはは、トリ系、苦手でしたか。私も、あの目が嫌い。怖いのよね。
ジャビちゃんは子供の頃、トリたちに人気だったのね~。(笑)

私ねぇ、子供の頃、骨付きの鶏肉(チューリップとかあるでしょう?)を食べたことがなくて、密かに憧れだったわ。我が家には登場しないメニューだったから。

首付きトサカ付きの鶏をさばいたの、初めて…。
ブロイラーと違って、骨が固くてねぇ~~。
まな板に一部穴が開いたわ。(笑)←本当。

ダッチョはママ~~ンと甘えないでしょうね。
いつか是非、真似してやってもらいたい!
Commented by awa at 2007-05-07 17:20 x
cocoさん、こんにちは~。

顔の腫れも大部引き、少し傷が痒くなってきた所です。
ただすこしめまいが・・・・。

ご心配お掛けいたしました~~。

今日、やっと仕事も一段落しました。(ホ!)

早速、我が家では、甘夏のジャムと甘夏の皮の砂糖煮を作っています。

美味しく出来ると良いんだけど・・・。
Commented by exmouthcoco at 2007-05-09 06:09
Θ awaさん、こんばんは~!
GW、終わりましたね~。お疲れさまでした。

甘夏のジャムと甘夏ピール、おいしそう!
農薬使ってないからこそできるんですよね。
おいしいですよ、きっと!

お顔の傷、だいぶよくなられたようですが、めまいもあることだし、
あまり無理をなさらないでくださいね~。おだいじに。
Commented by parasail at 2007-05-10 06:48
お久しぶりです。
元気にしてるかしら~?

すご~~い!と唸ってしまう食材がいっぱいだね。
それを見事に料理してしまうcocoさん、さすがっす!
美味しそう~~♪
ヨガを始めてからあまり肉食してませんが、
ちょいと食べてみたくなりました。

GWは、久々にアジアへ行ってました。
暑かったけれど、いい物を見られました☆
Commented by カト at 2007-05-10 10:46 x
この間は突然電話をして、びっくりさせてごめんなさい!
ちょっと声が聞ければと思っただけなのでした。
あの雨って、一ヶ月ぶりの大雨だったのね?!
(ちょうどパリに着いた翌日)
パリは一部で、ひょうも降ったようですよ(私は見てないけど)。

しかし、とさかつきの雄鶏(しかも内臓入り)、cocoさん偉すぎる!!
私なら、泣く。 が、その後解体するかな?
友人宅(日本)にオットの実家から鴨1羽(それも羽根むしる前)が送られてきたと聞いたときもびっくりしたましたが…。
Commented by awa at 2007-05-10 14:42 x
こんにちは~。

cocoさん、優しいお言葉有難うございます。(^0^)

cocoさん、甘夏のジャムと甘夏のピール上手にいきました。
同じ職場の人にも少しおすそ分けをして、母にも・・・。

今日は、アルバイトのおばさんから自分の畑で採れたふきを頂いたので甘醤油で、煮付けました。
田舎は、こういうやり取りが出来るからいいのかも・・・・。

Commented by exmouthcoco at 2007-05-11 04:52
Θ parasailチャン、こんばんは~~!
なんだか久しぶり!元気だよー。

すご~~い!と言うよりも、コワーーーイ!が先にでてしまったわ。
ヨガのことはよく知らないんだけど(興味はあるんだけどね)、
お肉はあまり口にしないのか~。
焼きワ、かなり噛みごたえがあって、少量でかなり満足感があったよ。

インドネシアに行ってたのね。ブログを覗いては、あぁ、今頃!って思ってたの。
いい想い出になったかしら?(笑)
今度ゆっくり飲みたいね~~。
Commented by exmouthcoco at 2007-05-11 05:07
Θ カトさん、こんばんは!
いやぁ、先日は本当にびっくりしました。
頭の中が真っ白になった感じ。(笑)歳のせいでしょうか?適応力が欠けてきた?(笑)
でもでも…つかの間でもお話できてうれしかったです~。
時間があったらよってもらえればよかったのに、と後悔…。

鴨一羽、羽をむしる前の状態ってのもスゴイですね~。
絞めたままの姿?(苦笑)
oieをもらった時、これは羽毛をむしるのが大変で…と言われ、さらに怖くなって身震いをしていたわがオット。
ああ見えて、結構怖がりなんですよ~。
Commented by exmouthcoco at 2007-05-11 05:50
Θ awaさん、こんばんはー。

甘夏のジャムとピール、成功されたようでよかったですね~。
おすそ分けされた方はうれしかったことでしょう。

ふき…かぁ。こちらにはないだろうなぁ。
色もきれいだし、春の食材ですね。
田舎は食材も、心も豊かになりますね。
Commented by fuchsia24 at 2007-05-11 06:47
私もcocoさんと初対面に備えて(笑)コラーゲンたっぷりなcoq au vin
食べて、ふるふるお肌目指さなきゃ~。
Commented by teinei at 2007-05-11 16:06
わお~^^;
みているだけでもヒヤヒヤします。
写真だけでも、起き上がりそうですねぇ。
やっぱり、フランスの方々は、皆さん自分で調理されるんでしょうね~。

うちもダンナが、鳥を飼ってそれを食べようというのですが、
やっぱりムリです~^^;
cocoさん、素晴らしい~。
Commented by lovecarrie1 at 2007-05-11 16:22
エグ過ぎる〜って私なら多分毛だらけ袋持って家出してるかも(笑)。
ココさんって凄く勇気ありますよね。やっぱり解剖チックなのは私絶対駄目かも。でも食の宝庫のフランスではそんな柔なこと言ってたら駄目なんですよね。ソーセージとかだって自分で作る人も居るんだし。
私だったら「私ベジタリアンになりま〜す」とか超情けないこと言ってしまいそう。ニコラさんの方がビビっているっていうのが実は非常に面白いです。そっか〜ココ家ではズボンをはいているのは実はココさんだったのね(^_<)*
Commented by exmouthcoco at 2007-05-12 04:35
Θ fuchsiaさん、こんばんは~!
コラーゲンの力を借りないとお肌がプルプルできない年齢になりました…。
coq au vin が冷めた時、お鍋の中が煮こごり状態でしたよ~。しかも、プルンプルンで強力でした。(笑)

私は今回、おんどりサンの解体に挑戦したけれど、密かにfuchsiaさんの豚足調理にヒィ~~スゴイ!って思ってたのでした。
食べたことないわ~。

この ココヴァンの効力はすでになくなった模様…。(涙)
私も、その日に備えてフルフルコラーゲンのモノ、食べないと!
Commented by exmouthcoco at 2007-05-12 04:44
Θ teineiさん、こんばんは~!
そうなんですよ~~っ!急にムクっと目が開いて突っつかれるんじゃないかとヒヤヒヤものでした。
ありえないんだけど、解体しながら空想の世界に入り込んでいたようです。(笑)
マルシェとかに行くと、たまに頭だけ毛が付いて胴体は毛がむしられて真っ裸のトリを見かけます。(何のトリかは不明)
最初はこれもヒェ~~と思ってましたが、新鮮な証拠なんでしょうね。買いたくないけど。

オットの実家でもニワトリを飼っていて、たまに卵やトリ肉をもらいます…。
畑仕事とかをしていると、余った野菜とか むしった雑草とかをトリが食べてくれるし、
その代わりに毎日、新鮮でおいしい卵をもらえるし…田舎の暮らしというのは無駄がないものだなぁ、とつくづく感じます。

卵目当てならいいかもしれませんが、絞めるのはちょっと勇気が要りますよね~。
こういうものも慣れるものなのかなぁ…。
Commented by exmouthcoco at 2007-05-12 04:55
Θ lovecarrieさん、こんばんはー☆
そう、結構グロイでしょう?毛だらけ先生が見たらどういう行動をするでしょうかね~~。(笑)
普段は鶏肉でも骨付きのモモ肉から骨を外すのは結構するんです。
でもね…頭つきは初めてでした。
そちらはフィレ状態のモモ肉を売ってます?かなり手間がかかるので、面倒だなぁと思いつつ…、
やっぱりムネ肉よりはおいしいと思うのでしょうがなく解体しております。

そうそう!ニコラのほうが実は結構繊細だったりするんです。
骨がキライってあなた…。そんな訳で、お魚を買った日には、隅から隅まで小骨を取って調理です。

Commented by bio at 2007-05-30 19:53 x
良いですね~ご主人がお料理するって♪
うちの仏人旦那さまはお料理だけは年に2~3度くらいしか出来ません!!!私が調子が悪いときや、誕生日とかいう"スペシャルDay"だけです(笑) それにしても、ご主人は俳優の阿部寛さんに似てる気がするのですが^^どうでしょうか??
Commented by exmouthcoco at 2007-07-06 01:09
Θ bioさん、お久しぶりです~~。
コメントの返事がとっても遅くなりました。1ヵ月も経ってしまうのですね。恐縮しております…。
フランス人男性って、日本の男性にくらべたら結構、キッチンに立つことが多いような気がするんですが、どうでしょう?
オットの家系はどうやら男が細々と働くみたい。(笑)
義理ママはソファでTV、パパのほうはキッチンで料理ということもたまにあります。
ニコラのお兄さんなんて、子供のおむつ替えから洗濯物干し&取り込み、料理までなんでもこなしてますが、見てるとある意味かわいそうで。(爆)
阿部寛さんに似てますか~~?
誰に似てるかなぁ。出会った時はジャッキー・チェン!と思ってたんだけど、全然違う。(笑)
でも、日本では結構よく見かける顔かもしれません。ふふ。
by exmouthcoco | 2007-04-30 06:19 | 食べること、大好き♪ | Trackback | Comments(52)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco