フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

暖炉のその後のその後のその後…

お待たせしました、暖炉の続編デスー。
と言っても、このまま、その後がしばらく続きそうで…(汗)
そのうち、「暖炉のその後 x3」といか言うタイトルになるかもしれません。シェ~~~。

前回の話は こちら から。

さて、前回はニコラ鉄工所で終わりましたね。

正面上部のくり抜いた壁の部分…。
煙を上にスムースに送るために、セメントボードのようなもので傾斜をつけていきます。
b0069848_7144945.jpg
なんだろねー。
まるで、高野豆腐を薄く切って立てかけて干してるみたい。(笑)

でもコレ、10分ほどで固まりマスー。

つっかえ棒はご愛嬌ってことで…。


さて!ここでやっと登場するのが、鋳物でできた récupérateur de chaleur という代物。
日本語だと、うーーーん、(→ฺ㈈←) (→ฺ㈈←); 「熱循環装置!」とでも言えるかな。
b0069848_741734.jpg


以前の暖炉は火の位置が床と同じ位置だった。
火を起こすにも、しゃがまないといけないし、なんかちょっと遠いのよねー。
ということで、今回は暖炉の高さを膝くらいの位置まであげることにした。
補強のため、鉄の棒を入れ込んでセメントを流します~~♪


鋭い方はここでお気づきのはず!
以前、壁に埋めたアルミのチューブ、実はコレにつなげるためデシター。

この装置、表面の鉄板だけでなく、厚さ5cmほどの空間がある。
薪を燃やして熱くなった鉄板の中を、暖かい空気が上に上がっていくという構造。
まぁ、ここまでは単純。空気の対流でその熱を再利用しようというわけ。
もちろん、暖められた空気は煙の混ざらない、キレイな空気。
そのまま部屋につなげると温風が出てきますー。

が!我が家はさらに一ひねりを加えます。
これはちょいと複雑なので、またの機会に…。 また延ばすのか~!

b0069848_865367.jpg

これが、全体図。

まだ古い暖炉がバリバリ残ってますなぁ。




b0069848_895771.jpg

セメントを流し終えたところで、実験!

がっ!


煙る…。

ガクっときてるニコラ。



b0069848_8112779.jpg

でも、めげずにがんばりますよー。

両脇の囲いを取っているところ。



b0069848_8135433.jpg

なんとなくすっきりしてきた?

もともとあった暖炉なのに、囲いを取ると妙に大きく感じる。



b0069848_8161421.jpg

デコレーションの途中経過。イメージはフランス南西部の家。

古い瓦を切って、貼って、積み重ねて…。

左半分、ニコラ。
右半分、私。

左右のバランスがずれてる?(笑)


さて、目地も終わったところで、煙を部屋に逃さないように、鉄のフードをつけてまいります。

自分たちで模型を作って角度を計算。
切断して、鉄の骨組みにくっつけた。
b0069848_825650.jpg


おぉ~~、ぶら下がってるぅ~~!
大丈夫?落っこちない?私はこればかり気になります…。

b0069848_8271023.jpg

鉄板…なんだけど、欲しい厚さのものが店に売ってないので、鉄工所に勤める知人に欲しいサイズでオーダー。
こういう時、とってもありがたい。



b0069848_828994.jpg

もう後は、鉄工所のニコラにお任せ…。



b0069848_8285798.jpg

この角度を見つけるのに結構苦労したなぁ。




b0069848_829503.jpg




そして、今とほぼ同じ状態。
b0069848_8333942.jpg


壁に穴を開けて外気を取り入れて、汚れた空気は煙突内のステンレスのチューブを伝って外へ。
キレイな暖かい空気は壁に埋め込まれたアルミのチューブを伝わって上へ上へ…。
その仕組みはまた後ほど!


ふぅ~~。長いね…暖炉の話。
完結してないけど、最後まで読んでくれてありがとう!
[PR]
トラックバックURL : http://exmouthcoc.exblog.jp/tb/6226936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by momimam at 2006-12-22 09:35 x
う~~ 煙が目にしみる~~

ごくろうさん!!
煙って ごほごほ・・・・
なんでだろ~~? ?
春! 火付け役、下手っぴになった自分に ため息ばかり・・だったわ~
中学生のころまで かまどでご飯焚き だったそんな昔 を生きて来た
私、焚き付けは 火吹き竹でむせびながらも ちゃんと 熾せていたのに
そっちの 焚きつけの木切れも 古紙もぜ~~んぶ湿気っぽくて
呆れるほど 火が点かない!!
これでは 放火なんてまずないね!  て思ってしまったけど。

そんな 根本から違う 私の 不思議?? とはまるで違うのよね!
なんかいも 施工の挑戦 頭がさがります。

三月 この目と焚き木で しかとたしかめなくては!!
暖炉のスタイルは あのかわいいブロカント屋のおばちゃん家風になったね! れんが とってもすてき!
ニコちゃんのちょっと やや 不ぞろいのがなんともステキ!に見えるから!!!   
Commented by Hiro at 2006-12-22 12:42 x
こんにちは。

相変わらず頭の構造が二次元の私にはいまいち暖炉の構造がよくわからないんだけど、出来上がりの暖炉はとっても素敵!!
古いレンガがいい味出しててとてもやさしい感じ。
いつもみてて感心してます。
Commented by m-mokuren at 2006-12-22 16:41
cocoさ~ん!あの暖炉、とうとうここまで。。。(涙)
すごいわ~♪
確かにこの特注(?)の鉄板がかかがんでる上から落ちてきたら・・・と思うと怖いわ(笑)

やっと、今私はこの1週間の恐ろしい仕事量を無事終えました(涙)
えぇ、えぇ、聞くも涙、語るも涙の量でしたわよ。
毎日次の日になるまで仕事してたとニコラ氏にお伝えの程よろしく~♪
Commented by ニコラの阿蘭陀主婦生活 at 2006-12-22 19:29 x
こんにちは~。
完成ですね!!すごい~~~!!!うちの旦那じゃ~できない作業っす!(爆)
この暖炉で、コトコト煮物なんかも美味しくできそう~。(食いしん坊です・・・)やっぱり暖炉って、いいな~~~!!!
でも家は借家なので、勝手に工事できません。(涙)
Commented by Saori at 2006-12-22 21:39 x
ちゃくちゃくと暖炉が出来上がってきてるね。
個人的にフランス南西部の家風暖炉、かなりお気に入りです♪
DYIって理科や科学の知識も必要だね。
あったかい空気がアルミのチューブを伝ってあがって行った先には・・・何かあるのかな?この辺は次のx3で紹介予定なのかしら?!
うちの暖炉、まだ煙突もついていて使おうと思えば使える仕組みにはなっているのだけれど、確か法律かなんかで、薪とか使って煙を出しちゃいけないらしいのよ。昔、よく霧の都って言われてたのは、家庭から出る暖炉の煙と工場などの排煙で有害な霧が発生してたんだって。
なので、今や家庭で薪をくべる暖炉は使用できないのでした。
フランスにはそういった話はないのかな???
Commented by exmouthcoco at 2006-12-23 06:52
Θ momimamさん、こんばんはー!
そうだったね、今年の春に来てくれた時、火がなかなか点かないって嘆いていたもんねー。
最近になってわかったけど、紙だったら何でも燃えるとは限らないらしい。
紙の質、使われたインクとかによって全然燃え方が違うんだもの。
しかも、冬は湿度が高いしねー。そちら関東とは逆でございます。

今度来るときには、前回の家の温度との違いが明確にわかると思うわ!
また週末にでも電話しまーす。
Commented by exmouthcoco at 2006-12-23 06:57
Θ Hiroちゃん、こんばんはっ!
うーーん、写真と文章だけじゃなかなかうまく伝えられないのよね…。
やっぱりコレは来て、見てもらわないと!(笑)

よその家に行っていろんな暖炉を見る度に、あーだこーだと、自分たちのスタイルを探していたの。なんとなく南西部風。
作業を進めるたびに、自分たちのオリジナルも加わって、何とか今の形になってきたよ。まだ終わってないんだけど、後もう少し、頑張るわ~。
Commented by exmouthcoco at 2006-12-23 07:09
Θ ミユキさん、こんばんは☆
暖炉ねぇ…果たして進んでるんだか、進んでないんだか…。
あの鉄板、重いでしょう?壁に埋め込んでセメントで固めたりしているので、落ちる心配はまずないんだけど、最初の正面の一枚を溶接した時はブラブラしてて怖かったわ~。

ミユキさん、ブログの更新もままならない様子だったので、きっとお忙しいのだなーと思ってました。やっぱり!
普段でも忙しいのに、年の瀬迫って、さらに忙しいんでしょうね。
ニコラにミユキさんの多忙さを伝えたら、信じられない、と言ってました。
そうだよねー。うちのニコラなんて、今日から1ヵ月以上のバカンスですよー。(爆)
Commented by exmouthcoco at 2006-12-23 07:18
Θ ニコラさん、こんばんはー!
いやいや、大まかな外観はほぼできたのですが、まだ完成ではないのですよ~。
細かい所だと、両脇の瓦の目地をキチンと入れないとだし…
今は暖炉の下の、空気を循環させる空間作りをしています。

そうそう、前回、アルミのチューブは何に使うのか?って質問ありましたが、
お分かりになりましたか?
説明したものの、ちゃんとみんなわかってくれてるのか不明…。(苦笑)

>この暖炉で、コトコト煮物なんかも美味しくできそう。
オットは、大きな鉄鍋をぶら下げてプルォポ(ポトフの鶏肉バージョン)を作るのだ~~って張り切ってますよ。
子供の頃に読んだ物語によくありましたよね?スープが暖炉で暖まってる図。
実際にこんな生活をするなんて、当時は考えもしませんでした。
Commented by exmouthcoco at 2006-12-23 07:30
Θ Saoriチャン、こんばんはっ!
少しずつだけど、こうやって振り返ると進んでるね~。(笑)
暖炉、褒めてくれてありがとう。うれしいわ。
温かい空気がアルミのチューブを上っていって…さて、何があるんでしょう~?
器具は用意してあるものの、まだそれにつなげてないので、紹介できるのはもうちょっと先かな。春になっちゃったりして。

え?Saoriちゃんの家の暖炉、実際に薪で使えないの?
ということは…電気?ガス??
フランスではまだまだ薪から出る煙の規制はないみたい。遅れてるってこと?(笑)
ガス代も電気代も年々上がって、このまま価格が上昇していくと消費者にとっては深刻な問題でもあるのよね。
幸い、周りにはまだたくさんの森があって、薪の需要も供給も多いよ。
エネルギーとしては、一番安いんじゃないかな。
むやみに木を伐採せずに、森も大切に守っていかないとだよね。
Commented by chiota at 2006-12-23 19:43 x
exmouthcoco さん、こんにちは。

暖炉って、こんな風にして出来てるんですね。
今まで出来上がったものしか見たことがなかったのでとっても新鮮で、
また暖炉のある有難みを感じることが出来ました^^

スペインは寒波が降りてきて冷えてきていますが、そちらはどうですか?
お互い風邪など引かず、楽しいクリスマスに出来るといいですね。

Merry Christmas
Commented by cheris_1et3 at 2006-12-23 20:00
cocoさん こんにちは!

暖炉、すてきです!

また、帰宅してから、ゆっくり参ります。 これから、オットの両親のところまで、、、。

それでは、cocoさん、JOYEUX NOEL !
Commented by exmouthcoco at 2006-12-24 06:18
Θ chiotaさん、こんばんは~~!
ノエルのメッセージ、ありがとうございました。うれしかったです~。

そういえば、暖炉をコツコツ作ってるところって見たことないですよね。(笑)
親戚や友達の家にある暖炉もすでに出来上がった状態だし、最近ではガラスの扉がついたタイプも多くて、こんな風に毎日が「実験君」のような暖炉って貴重かもしれませんね。
でも自分でも、まさかこうして手作りしてしまうなんて考えたこともなかったです。まぁ、やればできるんですね…。ははは。

スペインよりも北の我が家、結構寒いです~。
毎日霜が降りて、日陰となる部分の屋根は瓦が白いままだったりします。
いよいよノエルですね。我が家は当日でもリフォームをする予定ですが(笑)、作業着で外に出るのは恥ずかしいので、屋根裏の作業などしようと思ってます。あ、でも正月は休みますよ~~。
chiotaさんも楽しいノエルと、よいお年をお迎えくださいね。
来年もどうぞよろしくお願いします。


Commented by exmouthcoco at 2006-12-24 06:25
Θ cherisさん、こんばんは!
今頃、ご両親のお宅でくつろいでいらっしゃる頃かな。
お出かけ前にメッセージありがとうございました。
賑やかで楽しいノエルをお迎えください~~。
またお話できるのを楽しみにしています!
Commented by l-instant at 2006-12-24 06:56
joyeux noel!!!!
今、F君とパパと一緒にブログ見ています。いつ見てもすごい作業ですね。。。。
本日は助っ人F君、Mさんのお二人と共に石壁づくりでーす。
Cocoサンの所のお写真後ほどお送りしますね。

ではでは、楽しいノエルを、お過ごしください。

今年お二人に出会えたことは我が家にとって本当に嬉しいことでした。来年も引き続き宜しくお願いします。
Commented by vaucluse1vaucluse at 2006-12-24 10:24
cocoさん、お久しぶりで~す(泣)こんばんは!!
すごい!本当に・・・mokurenさん経由でお話は聞いていたのですが、何もかもお二人でされていて尊敬です。レンガすっごい可愛いですね。仲良く半分な所も♪時々古い家の外装で見かけた事があったのですが、こんな風になってたんですね!小さく切ってはめ込んでるのかな?と思い込んでました。きっとcocoさん宅みたいに、1枚1枚手間をかけて作られたものだったのですね。この鉄板厚みがあるので、落ちてきたら確かに怖いですよね(笑)しかし、その鉄板の屋根?の勾配にも一苦労あったんですね。職人さんに頼んだり既製品でも、それなりに勿論愛着は沸くんだろうけど、こうやって苦労があるからこそ愛着のある家になって行くんでしょうね。そして時の思い出もあるんだろうなぁ。リフォーム思っている以上に大変なんでしょうね!これからも、どんどん素敵な家になっていくんだろうな♪

ちょっと早いですが、楽しいクリスマスを!そして良い年末を♪2006年も仲良くしていただいてありがとうございました。来年もどうぞ宜しくお願い致します。
Commented by beau_tableau2006 at 2006-12-24 15:00
わぁ~、すごい!暖炉が完成するまでには色々なご苦労が・・・それにしてもニコラさんって本当にスゴイですね。溶接も出来ちゃうんだ~^^私の妹のアパルトマンも秋からリフォーム中のようですが、フランス人って何でも自分でやってしまう人が多くて感心してしまいます。日本人はすぐに完成を急いでしまいますもんね^^;cocoさんご夫妻も暖かい暖炉で素敵なノエルをお過し下さい♪
Commented by exmouthcoco at 2006-12-25 06:43
Θ rumikoさん、こんばんは~~☆
この週末に石壁の作業をするとのことだったので、どうだったかな~って思ってました。
ノエルのイヴだったのにね…皆さん、本当にお疲れさまでした。
賑やかに作業が進んだんじゃないかしら?うらやましいわ。
我が家も今日はフツーの日と変わりなく働いてました。
今もこうして、屋根裏で働いている人若干一名。(笑)
24日の22時半過ぎなんだけどねー。何かにとり憑かれてるのか…?あの人。

私たちも、今年はrumikoさんご一家とお近づきになれて、とてもうれしい年でもありました。同じ気持ちだったらうれしいわ~♪
また来年も、そしてそして…末永くどうぞよろしくお願いします。
Commented by exmouthcoco at 2006-12-25 06:52
Θ vaucluseさん、こんばんは~~!
なんだかとってもお久しぶりです。こちらもミユキさん経由でいろいろ話を伺ったりしてたの。
メールを送ろうかな、とも思ったけど、ネットもつながないのかも、と控えておりました。
その後、回線はちゃんとつながるかしら?我が家のネット、最近なんだか調子が良くてある意味不気味。(笑)

ミユキさんとも話してたんだけど、いつか気分転換に遊びにいらして~!
CDGまでTGVで、それからはお迎えに行くよ。時期さえ合えば、rumikoさんも呼んでおくから。(なーんて、勝手に決めてます・笑)

来年もどうぞヨロシクね!いつかお目にかかれる日を楽しみにしています。
Commented by exmouthcoco at 2006-12-25 07:05
Θ b_tさん、こんばんは~!
我が家の暖炉、手がけてからもうかれこれ…丸2ヶ月ですっ!(汗)
いやぁ、終わらないもんですねー。もう冬真っ只中なのに。
毎日が実験君なんで、この先、果たしてちゃんと機能するのかさえわからず。(大汗)
ブログで公表してるからには、もう元に戻れませんね。ははは。なんとかしなくては!
イヴの今日もリフォームでした。ノエルの明日もバリバリリフォーム。
でもお正月はお休みしますよ~。

妹さんのお宅もリフォーム最中なんですね。
考えてみたら、我が家も以前はアパルトマンでした。が!新築だったので、全然趣がなくて、面白くもないモダンな住居空間でした。
パリのアパルトマンはステキな雰囲気たっぷりなんでしょうね。

b_tさん、今年も楽しくブログでお付き合いさせていただいてありがとうございました!また来年もどうぞよろしくお願いします。
by exmouthcoco | 2006-12-22 08:40 | 我が家のリフォームとDIY | Trackback | Comments(20)

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco