フランス存在日記

exmouthcoc.exblog.jp
ブログトップ

Cuglieri、冷や汗かいた迷路の村

b0069848_6321687.jpg
今回の旅行、宿や船の手配はすべてニコラだったので、
どこに何日滞在するのか、どんな行程で旅を進めていくのかも聞かされなかった私…。
当日になって、印刷された紙を渡され、
「はい!今日の宿はここで、途中、キレイな所があればストップします。」
そんな感じの、ゆる〜い旅のスタイルなのです。
b0069848_633345.jpg
で、この日に泊まる宿も、
「今日はB&Bでなく、ホテルでもなく…山の上の一軒家に泊まるよ。」と。
ふーん、そうなのか…。と、ちょっと期待が高まります。
b0069848_646127.jpg
Cuglieri。
目的地である村へ到着したものの、その家が見つからない!
おまけに、この村、鷹の巣村のように丘の上にそびえ立っていて、
道も迷路のようにごっちゃごちゃ。
b0069848_720531.jpg

しかも、車が一台通るのがやっとなくらいの細い道で、
追い討ちをかけるように、道が急勾配!

何度も何度も村のくねくねした細い道を通り、
迷いながら、ここであろうという番地へ行こうと思うものの、
ここから先、車入れないでしょう?入ったら、車落るよね?
そんな道しかなく…。
別の道から行こうものなら、階段に出くわし…
大型免許もすべて持っていて、運転得意なニコラでさえ、
この村の道にはもうお手上げ状態。
b0069848_7205523.jpg
この、右の小道ですよ〜。
入って出てくる勇気、ありますか?

そんな私たちを前に、入れないであろう道にズンズンと入っていく車あり。
ありえない…。
イタリアの人、運転が上手いのでしょうか?
この国で、小さくて小回りの効く小型車が多いのに妙に納得したのでした。
b0069848_72221100.jpg

暑いせいか、住人はほとんど外におらず、ゴーストタウンのような印象。
きっと、外国人が来たから、家の中からそぉ〜っと見ているんでしょうね。
ニコラがあちこちの家をノックして、いろんな方に助けていただいてやっとその家までたどり着いたのでした。

b0069848_728860.jpg
一軒家とは言え、村の集落の家。
石作りの古い家をキレイにリノベーションしてありました。
日本式に言って、1階が浴室。2階がベッドルーム。
b0069848_7294644.jpg
3階がキッチンとサロンの作り。
これがなかなか面倒臭い。
歳とったら、無理だな、ここでの生活…。
と言っても、村人はご年配ばかり。

残念なことに、実際、廃墟と化してる家も多かったです。
b0069848_7305515.jpg

鷹の巣村って、ちょっと憧れたりもするけれど、
実際、生活するにはかなり苦労があるのかも。
色々と、いい経験をしました。

でも、この眺めは素晴らしい!
b0069848_7315187.jpg

ちょっと村人になった気分。
屋上に上ってテンション上がりまくり。
b0069848_7322253.jpg


初体験!道の上に、洗濯物を干してみた図。
イタリアらしいー。これだけで、嬉しくなったりして。
b0069848_733939.jpg


村を散歩してたら、おばあさんがNinaを見るなり
「あら〜!カワイイ子ね。キスさせて〜」と、寄ってきた図。
Ninaっち、逃げてました。(笑)
b0069848_7334424.jpg


興味あったゴミ収集車。
一回り小さな車がこうやってゴミを集めてました。
小さくてもパワフル。
b0069848_7342625.jpg


ここで日の入りを見たのは2回。
b0069848_7352681.jpg

空も、真っ赤。
キッチンも真っ赤に染まってます。
b0069848_7371646.jpg


次回は周辺の海を紹介します。
[PR]
by exmouthcoco | 2015-06-07 07:42 | こんな所行った…

「おフランス」ってよく言われるけど、実際はそんなに優雅じゃない。普段着の田舎での生活を日々書き留めています。


by exmouthcoco